高橋睦郎の検索結果

  • 漢詩百首 日本語を豊かに
    通常版1巻723円 (税込)
    返り点と送り仮名の発明によって、日本人は、ほんらい外国の詩である漢詩を自らのものとした。その結果、それを鑑賞するにとどまらず、作詩にも通暁する人物が輩出した。本書は、中国人六〇人、日本人四〇...
    試し読み

    フォロー

  • 歳時記百話 季を生きる
    通常版1巻712円 (税込)
    歳時記は俳句を詠む人だけのものではない。季節を知り、人生を生き抜くため、私たちが祖先から受け継いできた知恵が詰まっている。すべての日本人の心情と生活の原点なのだ。本書では四季を彩る花々を中心...
    試し読み

    フォロー

  • 百人一句 俳句とは何か
    通常版1巻648円 (税込)
    『小倉百人一首』は、万葉時代から新古今時代まで五百年余に作られた和歌から精選された名歌集だが、そののち、古代から当代までを通覧してのアンソロジーは普及しなかった。そのことはわが国の詩歌の中心...
    試し読み

    フォロー

  • 百人一首 恋する宮廷
    通常版1巻680円 (税込)
    鎌倉時代初期、藤原定家によって編まれた「百人一首」は、カルタとしての普及もあって、私たちが最も親しんでいる和歌のアンソロジーである。時代ごとにさまざまな読まれ方を許容する奥深い世界は、現代に...
    試し読み

    フォロー

  • よむ、詠む、読む―古典と仲よく―
    通常版1巻1,382円 (税込)
    六条御息所はなぜ藤壺には祟らない? 伊勢物語の「むかし、をとこ有けり」の一句にこめられた意味は? 芭蕉の俳号・桃青に秘められた壮大な望みとは? 能は生の意味を死の側から照らすのに対して、歌舞...

    試し読み

    フォロー