関裕二の検索結果

  • 新史論/書き替えられた古代史1  「神と鬼のヤマト」誕生(小学館新書)
    通常版1~6巻540~842円 (税込)
    日本書紀は何を隠したか?新史論スタート! 日本人とは、天皇とはなにか?それを知るには古代に遡らなくてはならない。しかし、日本の古代史はなかなか解明されない。「それは、日本書紀がヤマト建国の詳...
  • [図解]「古代史」――日本誕生の隠された真実
    通常版1巻800円 (税込)
    縄文から弥生、そしてヤマト誕生から律令制度導入まで、日本という国家の成立の過程は数多くの謎に包まれている。しかし、近年の考古学の発展や文献の解読などにより、その様子はだんだんと明らかになりつ...

    試し読み

    フォロー

  • 前方後円墳の暗号
    通常版1巻745円 (税込)
    世界で最も大きなお墓は、大阪にある! しかし、なんでそんなに大きなお墓を作ったのか……。われわれはどこからやってきたのか、われわれはどこに行こうとしているのか……。古墳がわかれば、古代史がわかる。...
    試し読み

    フォロー

  • 大化改新の謎を斬る! 中大兄皇子・中臣鎌足の野望
    通常版1巻600円 (税込)
    645年の大化改新―聖徳太子亡き後、天皇の実権を剥奪、反動勢力の代表となった悪役・蘇我入鹿を、改革派の英雄・中大兄皇子や中臣鎌足らが討ち倒し、いわば王政復古を実現した政治クーデターというのが定説で...

    試し読み

    フォロー

  • 出雲大社の暗号
    「大きな神殿を建てればおとなしくしている。そうしないと暴れるよ」。神話の中で語られてきた大国主神の言葉は真実だったのか?ここ30年の研究の成果から、弥生時代後期、出雲や山陰地方に無視できない...
    試し読み

    フォロー

  • 東大寺の暗号
    通常版1巻648円 (税込)
    「お水取り」とは何なのだろう? 古代史案内人、関裕二が地味ながら重要な存在「東大寺」に託された暗号を明らかにします!
    試し読み

    フォロー

  • 聖徳太子の秘密 「聖者伝説」に隠された実像に迫る
    摂政として推古天皇を補佐し、十七条憲法を制定し、遣隋使を派遣するなど、国家としての態勢を整え、大陸文化の移入に努めた聖徳太子……。われわれが描く聖徳太子のイメージは、仏教を重んじた清廉な政治家...

    試し読み

    フォロー

  • 天皇家と古代史十大事件
    通常版1巻600円 (税込)
    7世紀までの古代史には蘇我氏、物部氏、大伴氏など、有力豪族の名前が頻繁に登場していた。さらに天皇の母もほとんどが皇族だ。しかし、平安時代には朝堂と外戚の地位を藤原氏がほぼ独占している。この百年...

    試し読み

    フォロー

  • 「出雲抹殺」の謎 ヤマト建国の真相を解き明かす
    通常版1巻540円 (税込)
    「出雲は逆立ちしている。出雲の何もかもが、あべこべなのである」。本書の「はじめに」で著者は、いかに出雲という国が謎めいている存在であるかを示唆する。さらに「たとえば、旧暦の十月を普通は神無月...

    試し読み

    フォロー

  • 継体天皇の謎 古代史最大の秘密を握る大王の正体
    通常版1巻540円 (税込)
    継体天皇――。この人物ほど、古代史ファンの関心をそそるテーマはあるまい。天皇との血縁がうすいうえに、都から遠く離れた北陸にいた田舎貴族が、なぜ皇位を継承できたのか。皇位継承に相応しい人物は、ほ...

    試し読み

    フォロー

  • 鬼の帝 聖武天皇の謎
    通常版1巻500円 (税込)
    聖武天皇といえば、藤原不比等の孫であり、藤原氏に操られた「傀儡天皇」のイメージが強い。しかし、本書の著者の視点は異なる。聖武天皇は、歴史の敗者や闇の世界の人々(鬼)を取り込むことで、権力と対...

    試し読み

    フォロー

  • 古代史の謎100問100答 未解決のあの疑問、あの人物の正体が次々と明らかに!
    通常版1巻500円 (税込)
    他の時代の歴史と比べ、古代史には「知っているようで知らないこと」が多いのではないだろうか?例えば、「日本人はどこからきたの?」「結局、邪馬台国ってどこにあったの?」「天孫降臨って本当にあった...

    試し読み

    フォロー

  • 「古代史」封印された謎を解く あまりに意外な「あの人物・あの事件」の真相とは?
    通常版1巻500円 (税込)
    「古代史についての記述にあいまいな点が多いのは、何者かによって歴史が意図的にゆがめられているからだ」……こうした視点を元に、古代史の真相に迫るのが本書である。キーワードは「蘇我と藤原」「天智と...

    試し読み

    フォロー

  • [愛蔵版]古代史の秘密を握る人たち  誰が本当の歴史を封印したのか?
    通常版1巻500円 (税込)
    古代史の世界に衝撃を与えたベストセラー『古代史の秘密を握る人たち』が、多くの新説を携え愛蔵版として再登場! 「卑弥呼の正体はわかっていた!」「聖徳太子の本当の功績とは?」「蘇我入鹿は悪人では...

    試し読み

    フォロー

  • 伊勢神宮の暗号
    通常版1巻648円 (税込)
    伊勢神宮は何を目的に造営されたのだろうか? 『日本書紀』によれば、第十代崇神天皇が宮中で祀っていた天照大神を宮の外に遠ざけ、東の果ての伊勢神宮に祀ったという。霊威に圧倒されたというが、天照大...
    試し読み

    フォロー

  • 「入鹿と鎌足」謎と真説
    通常版1巻514円 (税込)
    西暦645年、天皇家の外戚で権勢を極めた蘇我入鹿が暗殺された。刺客は藤原氏の始祖・中臣鎌足と天皇家の若き世継ぎ・中大兄皇子。この乙巳の変で「大化改新」は幕を開けた。本当に入鹿は巨悪なのか?皇位継...

    試し読み

    フォロー

  • おとぎ話に隠された古代史の謎
    通常版1巻500円 (税込)
    これまでの常識にとらわれず、つねに斬新な古代史解釈を提示してきた著者の関裕二。著者の作品には、単なる古代史の読物ではなく、まるでミステリーを読み解くような面白さがある。それはまさに「関ワール...

    試し読み

    フォロー

  • 海峡を往還する神々 解き明かされた天皇家のルーツ
    通常版1巻600円 (税込)
    スサノオは日本に来る前に、朝鮮・新羅に降臨したと『日本書紀』にはある。また『古事記』や『日本書紀』には、「アメノヒボコ」という新羅の王子が描かれている。一方、新羅には、海の彼方からやってきた...

    試し読み

    フォロー

  • 百済観音の正体
    通常版1巻760円 (税込)
    正史『日本書紀』は、蘇我氏が物部氏を「だまし、滅ぼし、財を奪った」と記す。それならばなぜ、権力を掴んだ蘇我氏は、敗者である物部系の王を擁立したのか。来歴も作者も不明な、たぐいまれな造形美で知...
    試し読み

    フォロー

  • 消された王権・物部氏の謎 オニの系譜から解く古代史
    通常版1巻500円 (税込)
    日本史で、時の権力者が天皇の権威を利用した事例は枚挙に暇がない。例えば古代では蘇我氏や藤原氏がその典型だ。ところが権力を得た者たちが、天皇の権威を剥奪せずに温存させたのはなぜか。その謎解きを...

    試し読み

    フォロー

  • ここまで解けた! 「古代史」残された謎  あの人物・事件・遺跡の常識を180度覆す
    通常版1巻500円 (税込)
    「邪馬台国の場所」「ヒミコの正体」「初代天皇は誰か?」など、古代史にはまだまだ解かれていない謎が多い。だが、近年は考古学上の発見などもあり、多くの謎が次々と明らかになりつつある。それに加え、...

    試し読み

    フォロー

  • 『古事記』と壬申の乱
    通常版1巻650円 (税込)
    日本最古の歴史書『古事記』には数々の解けない謎がある。『日本書紀』と合わせて、どちらも天武天皇の勅命による編纂というが、なぜ同じ政権が“2つの歴史書”を必要としたのか? なぜ『古事記』の記述は新...

    試し読み

    フォロー

  • 古代史悪党列伝 「正史」に封印された謎と真実
    通常版1巻432円 (税込)
    歴史の中で「悪」のレッテルを貼られているものどもは、ただ単に「政争に敗れたものども」にすぎないことがままある。その一方で、これまで「正義の味方」と思われていた英雄が、じっさいには、「本当の悪...

    試し読み

    フォロー

  • 古代史から見た方がよくわかる なぜ日本と朝鮮半島は仲が悪いのか 「日本人の正体」につながる物語
    通常版1巻1,199円 (税込)
    とかく、隣国づきあいは難しいものである。だが、日本と韓国・北朝鮮の間柄は、人種や宗教など、いさかいの根源にあるものがはっきりせず、非常にモヤモヤした関係を続けてきている。近年は、「歴史問題」...

    試し読み

    フォロー

  • 古代史 9つの謎を掘り起こす
    通常版1巻500円 (税込)
    古代史ファンに、古代史のどのようなところに面白さを感じるのか、理由を尋ねてみると、異口同音に「ミステリアスなところ」という答えが返ってくる。たしかに、邪馬台国がどこにあったのか、未だに結論を...

    試し読み

    フォロー

  • 古代史 50の秘密
    通常版1巻583円 (税込)
    なぜ、中国は倭国を重要視したのか。『古事記』が書かれたのはなんのため? 古代版政権交代・大化の改新の真相は。天照大神は本当に女神なのか。「任那日本府」は存在しなかった? 古代日本の戦略と外交...

    試し読み

    フォロー

  • 古代史は知的冒険
    通常版1巻1,279円 (税込)
    著者の古代史は、大胆な推理、緻密な分析、ユニークな視点が身上で、多くのファンに親しまれている。本書は、より細かな視点から、古代史の興味尽きない話題を通覧する、古代史エッセイである。内容は、◎ま...

    試し読み

    フォロー

  • 古代史はどうして謎めくのか
    通常版1巻720円 (税込)
    これまで『日本書紀』は、編纂を命じた天武天皇にとって都合のいい歴史書とされてきた。だが、この思い込みが、古代史の謎をさらに深くしてしまったのではなかろうか。実は、この書が天武天皇没後の政権に...
    試し読み

    フォロー

  • 壬申の乱の謎 古代史最大の争乱の真相
    通常版1巻540円 (税込)
    西暦672年、古代史最大の争乱・壬申の乱が勃発した。この争いは天智天皇亡き後、大海人皇子と大友皇子が皇位継承権を巡り対立、日本を東と西に二分する争いに発展したのは有名だ。ところが、軍事的に劣勢で...

    試し読み

    フォロー

  • 神武東征とヤマト建国の謎 日本誕生の主導権を握ったのは誰か?
    通常版1巻600円 (税込)
    『古事記』や『日本書紀』で語られる神武東征。初代天皇・神武が九州から困難を乗り越え、ヤマト入りする神話だが、実はこの話、史実だったのではないかと思われる遺跡がある。それが纒向(まきむく)遺跡...

    試し読み

    フォロー

  • 神武東征の謎 「出雲神話」の裏に隠された真相
    通常版1巻500円 (税込)
    日本神話のなかでも、とりわけ謎めいているのが神武東征である。南部九州・日向の高千穂峰に降臨した皇祖神が、なぜ山を下って辺境の地「野間岬」に行き着いたのか。その末裔である神武天皇は、なぜ「日向...

    試し読み

    フォロー

  • 地形で読み解く 古代史
    通常版1巻1,055円 (税込)
    ◎日本で独裁者が現れなかった理由は地政学でわかる! ◎関裕二の新作書き下ろし新作 ◎詳細な地図・写真つき ◆地理から読み解く邪馬台国の外交戦? ◆高良山は九州の中心? ◆タニハの謎を解くのはヤタガラス? ◆...
    試し読み

    フォロー

  • 創られた英雄 ヤマトタケルの正体
    景行天皇の皇子で、熊襲を討ち、後に東国を鎮定したといわれる古代史の英雄「ヤマトタケル(日本武尊、倭建命)」。古代史ファンならずとも、その名を知らぬ者はいないだろう。しかし、冷静にこの人物の足跡をた...

    試し読み

    フォロー

  • 天孫降臨の謎 『日本書紀』が封印した真実の歴史
    通常版1巻600円 (税込)
    天孫降臨は、たしかな事実である……。こう切り出せば、多くの人は「そんな馬鹿な」といぶかしがることであろう。「神話」は絵空事であったとする、現在の常識的な理解からすれば、皇祖神・天照大神(あまて...

    試し読み

    フォロー

  • 天皇と鬼
    通常版1巻239円 (税込)
    なぜ天皇は永続しているのか。なぜ日本では天皇に代わる王が現れなかったのか。──古代史を謎だらけにしているのは「天皇」の存在だ。天皇の歴史には、語ってはいけないタブーがある。そのキーワードは「天...
    試し読み

    フォロー

  • 日本人はなぜ震災にへこたれないのか
    通常版1巻650円 (税込)
    地震、津波、噴火、洪水、寒波、干害、疫病……。日本は古来より「災害列島」と呼ばれるほどに、幾多の“天変地異”に見舞われてきた。しかし、日本人は自然を恨むことなく共生の道を探り続け、災害をばねにし...

    試し読み

    フォロー

  • 日本を不幸にした藤原一族の正体
    通常版1巻540円 (税込)
    改革を妨害し天皇家をないがしろにした逆臣、蘇我馬子。これを中大兄皇子と藤原(中臣)鎌足とが誅殺し、大化改新を成し遂げた――これが通説の教えてきた歴史であった。しかし、古代史の検証が進み、どうも...

    試し読み

    フォロー

  • 伏見稲荷の暗号 秦氏の謎
    通常版1巻1,296円 (税込)
    伏見稲荷大社と秦氏は、「古代史最後の謎」といっても過言ではない。    伏見稲荷最大の謎は、数が多いことだ。日本各地で祀られ、八幡神と並び、祠の数で他を圧倒している。なぜ伏見稲荷が、これほど...
    試し読み

    フォロー

  • 藤原氏の悪行
    「藤原氏はどうやって日本を乗っ取ったのか!?」平安時代から近代まで続いた、藤原氏と天皇家のただならぬ関係を読み解く。天皇家の母親をみると、ほとんどは藤原氏の女性で占められている……それはなぜか...
    試し読み

    フォロー

  • 名君・英雄・影の男・謎の女… 古代史 謎解きの「キーパーソン50」
    通常版1巻540円 (税込)
    たとえば、大政奉還に始まる明治維新。江戸幕府が崩壊し、天皇を中心とする新政府が成立し、日本は近代国家への第一歩を踏み出した。この歴史の大転換期に前後して登場したのが坂本龍馬であり、勝海舟であ...

    試し読み

    フォロー

  • ヤタガラスの正体
    通常版1巻690円 (税込)
    サッカー日本代表のシンボルマークであり、神武天皇をヤマトに導いた伝説の“ヤタガラス(八咫烏)"。日本国を裏支配してきた世界最古の秘密結社としても謎が深い。人気歴史作家が『日本書紀』を読み解きなが...

    試し読み

    フォロー

  • ヤマト王権と十大豪族の正体 物部、蘇我、大伴、出雲国造家……
    通常版1巻600円 (税込)
    饒速日命の末裔の物部氏、武内宿禰の末裔の蘇我氏、長髄彦の末裔の尾張氏――これら古代豪族はヤマト建国黎明期にそれぞれがヤマトの頂点に君臨し、また王家と血縁関係を結び、王家に女人を送り込んできた人...

    試し読み

    フォロー