木村幸比古の検索結果

  • 新選組戦場日記 永倉新八「浪士文久報国記事」を読む
    新選組の幹部であった永倉新八の手記が、このたび発見された。これは研究家の間ではその存在が知られ、「幻の手記」と言われていた超一級の史料である。本書は「浪士文久報国記事」と題された手記の原文を...
    試し読み

    フォロー

  • 新撰組顛末記
    通常版1巻864円 (税込)
    『新撰組顛末記』は、大正2年に小樽新聞にて連載された永倉新八のインタビューをまとめたもの。新選組の大幹部・永倉の実戦談は第一級の史料として新選組研究者・ファン必携の書となっている。新書版刊行...
    試し読み

    フォロー

  • 新選組日記 永倉新八日記・島田魁日記を読む
    通常版1巻730円 (税込)
    副長助勤・永倉新八の幻の手記『浪士文久報国記事』と、『島田魁日記』を読み解く。池田屋事件、箱館戦争など、新選組の実像が明らかに。

    試し読み

    フォロー

  • 知識ゼロからの西郷隆盛入門
    NEW
    2018年大河ドラマも決定し、歴史上の人物の中でも不動の人気を誇る西郷隆盛。 革命家、政治家、教育者、思想家、軍人と数多くの顔を持つ西郷どんの、謎多き実像に迫ります。 西郷隆盛の実像を、豊富な図像...
    試し読み

    フォロー

  • 25通の手紙で読む龍馬の肉声
    完結
    通常版全1巻648円 (税込)
    「日本を今一度せんたくいたし申候」坂本龍馬のありのままの姿が映し出されている彼の「手紙」。現存する130余通のなかから兄、姉、お龍、木戸孝允、海援隊同志に宛てた25通を厳選。英雄ではない「人間・龍...
    試し読み

    フォロー

  • 新選組と沖田総司 「誠」とは剣を極めることなり
    通常版1巻699円 (税込)
    幕末の激動期、将軍警固と京の都の治安維持を目的として結成された新選組。近藤勇、土方歳三が率いたその組織には、捨て身で戦い、国を護るという天然理心流の「剣の訓え」が息づいていた。本書は、不治の...

    試し読み

    フォロー

  • 吉田松陰の実学 世界を見据えた大和魂
    通常版1巻699円 (税込)
    幕末、世界の現実を知るべく、ペリーの黒船で密航を企てた吉田松陰。その生涯は、諸国を旅し、議論を交わし見聞を広める実践の学問で貫かれた。本書は、海外事情をいち早くつかんでいた松陰の飛耳長目(ひじ...

    試し読み

    フォロー

  • 龍馬暗殺の謎 諸説を徹底検証
    通常版1巻650円 (税込)
    幕末最大のミステリー・坂本龍馬暗殺事件。それは、大政奉還から戊辰戦争へと時代がうねる中で起きた惨劇だった。当初、実行犯と目されたのは新選組、だがそれを覆す供述で見廻組が浮上。それら幕府側の組...

    試し読み

    フォロー

  • 龍馬語録 自由闊達に生きる
    通常版1巻1,000円 (税込)
    「わがなすことはわれのみぞしる」「なんの浮世は三文五厘よ。ぶんと屁のなるほどやってみよ」――。坂本龍馬の生涯をユニークな名言とともに紹介。時代を先取りする先見力、決断力、行動力、組織力――新しい...

    試し読み

    フォロー