西野友記子の検索結果

  • 百人一首 雑
    通常版1巻108円 (税込)
    美しい毛筆で鑑賞する百人一首5。「天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山に出でし月かも」(阿部仲麿)「わが庵は都のたつみしかぞすむ世をうじ山と人はいふなり」(喜撰法師)など、ダイナミックに風景...

    試し読み

    フォロー

  • 百人一首 春・夏・冬
    通常版1巻108円 (税込)
    美しい毛筆で鑑賞する百人一首4。「春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山」(持統天皇)「田子の浦にうち出てみれば白妙の冨士の高嶺に雪は降りつつ」(山部赤人)「花の色はうつりにけりない...

    試し読み

    フォロー

  • 百人一首 秋
    通常版1巻108円 (税込)
    美しい毛筆で鑑賞する百人一首3。「秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ」(天智天皇)「あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む」(柿本人麻呂)など、季節の中...

    試し読み

    フォロー

  • 百人一首 恋に
    通常版1巻108円 (税込)
    美しい毛筆で鑑賞する百人一首2。「君がため惜しからざりし命さえ長くもがなと思ひけるかな」(藤原義孝)「かくとだにえやはいぶきのさしも草さしも知らじな燃ゆる思ひを」(藤原朝臣朝臣)など、切なく...

    試し読み

    フォロー

  • 百人一首 恋いち
    通常版1巻108円 (税込)
    美しい毛筆で鑑賞する百人一首1。「天つ風雲のかよひ路吹きとぢよ乙女の姿しばしとどめむ」僧正遍昭「筑波嶺のみねより落つるみなの川恋ぞつもりて淵となりぬる」(陽成院)など、時に熱く、時に偲んで、...

    試し読み

    フォロー