森本哲郎の検索結果

  • ある通商国家の興亡 カルタゴの遺書
    通常版1巻540円 (税込)
    二千年前、広大な版図を擁した軍事大国ローマと小さな通商国家カルタゴ。その勤勉さと商才で未曾有の経済的繁栄を遂げたカルタゴは、なぜローマによって壊滅させられたのか?その答えを求め、著者は地中海へ...

    試し読み

    フォロー

  • 生き方の研究
    通常版1巻800円 (税込)
    自分の生き方について、人生について、考え、悩み、迷う。そうしたとき、最も信頼のおける道標となるのは、先人たちの生きた足跡、遺した言葉に他ならない。だが、古今東西の膨大な数の先人たちのなかから...

    試し読み

    フォロー

  • 神の旅人 聖パウロの道を行く
    通常版1巻540円 (税込)
    古代ローマ帝国が地中海を制していた時代。イエス・キリストが教えを説き、そして十字架にかけられた。聖パウロは、このイエスの教えに深く共鳴し、ユダヤの律法を捨ててイエスへの信仰に生きることを決心...

    試し読み

    フォロー

  • ことばへの旅(上)
    通常版1~2巻749円 (税込)
    人間が長い歴史を経て築き上げてきた、果てしなき“ことばの森”。そのなかを放浪し、すばらしい“ことばの木”に出会い、その木のなかにイデア(本質的な特徴)を発見したときの感動!著者のそうした感動から生ま...

    試し読み

    フォロー

    シリーズ一覧へ
  • この言葉! 生き方を考える50話
    人は、どんな言葉と出会うかによって人生観、世界観が大きく左右される。迷いを断ち切る言葉、知恵を授けてくれる言葉、心を癒す言葉……。本書は、古今東西の寓話、聖典、思想家、詩人らの一言一句を題材に...

    試し読み

    フォロー

  • サムライ・マインド 日本人の生き方を問う
    通常版1巻540円 (税込)
    サムライ精神とは、はたして封建的で古くさいものなのか?否、それは長い歳月をかけて日本人自身が醸成し、我々の生き方の支柱となってきた価値観なのである。日本のアイデンティティーとはサムライ・マイン...

    試し読み

    フォロー

  • 戦争と人間 歴史が語る20の教訓
    21世紀を迎えた今日、戦争やテロの恐怖はますます増大している。人類発生以来、絶えることのなかった「争い」の歴史。数多の経験則を積み上げながら、人間はなぜ「戦争」を放棄する英知を持ち得ないのか。...

    試し読み

    フォロー

  • ソクラテス最後の十三日
    通常版1巻540円 (税込)
    「哲学の祖」とも称され、生涯を賭けて人間の本質を探究し続けた古代ギリシアの哲人ソクラテス。無実の罪に問われながらも、粛然と毒杯をあおって死を選んだ生き方の根底にあった思想とは?そして、人生の最...

    試し読み

    フォロー

  • 旅は人生 日本人の風景を歩く
    通常版1巻600円 (税込)
    日本人はよく旅をする。今は新幹線や飛行機など国内の交通網が発達し、遠方へ行くにも比較的容易に、また気軽に行くことができるようになった。しかし私たちは、果たして旅を本当に味わい、愉しむことがで...

    試し読み

    フォロー

  • 地球曼荼羅 世紀末を歩く
    20世紀という試行錯誤の時を終え、今こそ世界、そして日本は足許を見すえなければならない。日本から遠く離れて「世紀末」の地球を歩き、地球を旅して「世紀末」の日本を想い、未来への不変なものをさぐる。

    試し読み

    フォロー

  • 中国詩境の旅
    通常版1巻650円 (税込)
    中高年層を中心に、静かな漢詩ブームが続いている。李白・杜甫・白楽天・陶淵明らの詩を愛誦するばかりでなく、実際にゆかりの地を訪ねる人も跡を絶たない。古来より日本人が強い憧れを抱き、想像をたくま...

    試し読み

    フォロー

  • 読書の旅 愛書家に捧ぐ
    読書は旅である――万巻の書を読み、万里の道を行くとき、新しい知的空間のきらめきに、生きる充足感と読む醍醐味を知る。書物が開く"未知の世界"に旅する愉しさは、何物にも替えがたい。自分の世界がすこし...
    試し読み

    フォロー

  • 懐かしい「東京」を歩く
    通常版1巻650円 (税込)
    お台場・丸の内・六本木をはじめ、ここ数年の都内の再開発には目を見張るものがある。しかし、その一方で、谷中・根津・千駄木に代表される江戸の昔を髣髴とさせる地区も、静かなブームとなっている。江戸...

    試し読み

    フォロー

  • 日本語 根ほり葉ほり
    通常版1巻378円 (税込)
    語源も分からない「けじめ」をつけろと言われても……?「そこをなんとか」のそことはどこ? なんとかとは何?「厳粛に受けとめて」「前向きに善処する」と言えばそれで一件落着? 物事を認識するために最...

    試し読み

    フォロー

  • 日本十六景 四季を旅する
    通常版1巻600円 (税込)
    時代とともに季節感が薄れてきていると言われる。しかし今の日本でも、春・夏・秋・冬、いたる所で季節を感じることはできるのではないだろうか。本書は、旅の思索家である著者が、十六の地方を訪ねる。「...

    試し読み

    フォロー

  • 日本人の暮らしのかたち
    通常版1巻600円 (税込)
    遠い昔から、ずっと日本人の暮らしと共にあったものたち。――火鉢、下駄、手拭い、提灯、屏風から、井戸、水車、濡れ縁、露地などである。これらのものが、私たちの生活の中から消え去って久しい。確かに、...

    試し読み

    フォロー

  • 吾輩も猫である
    通常版1巻600円 (税込)
    吾輩も猫である。名前は小次郎という――夏目漱石の『吾輩は猫である』から百年、同書をこよなく愛する著者が、愛猫四匹と暮らす日常を主人公の小次郎の視点から描いた長篇小説。日常雑感のような体裁をとり...

    試し読み

    フォロー