片岡義男の検索結果

  • アンデル 2017年10月号
    NEW
    ■連載小説 堀江敏幸「あとは切手を一枚、貼るだけ 四通め」 ■連載長編小説 原田ひ香「節約メリーゴーランド」(第4回) 山崎ナオコーラ「偽姉妹」(第5回) ■連作短編小説 朝比奈あすか「戦うなと彼らは...
    試し読み

    フォロー

  • 海を呼びもどす
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    説明しすぎることは「説明的」であることをはるかに凌駕する この長篇小説には、著者によるまえがきがある。 そのまえがきを読むことによって たちどころに読んでみたくなったとしたら、 おそらくそれは幸...
    試し読み

    フォロー

  • 敍情組曲
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    あの過去は現在のために 男と女の、極めて印象的な再会のシーンから始まる長篇小説。 二人は高校の同級生であり、17歳だったあの頃から 15年の時を経て今は32歳だ。 偶然の再会は、今まで意識していなかっ...
    試し読み

    フォロー

  • とにかくメロディーを聴かせてくれ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    抑えること、でも忘れないこと。それがメロディー 後輩に対する先輩の好意から、あるお見合いの機会が訪れる。男性側にも女性側にも、相手がどんな人物か一切教えないというかなり変わった、ミステリアス...
    試し読み

    フォロー

  • いなくなりたい
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    いつか必ず、自分はいなくなる ここでは、おそらく誰もが人生の中で多少なりとも感じていながら突き詰めて考えたり苦しんだりしたことの無いことについて、あまりの純粋さゆえにのめりこんでいく少女の姿...
    試し読み

    フォロー

  • 一日じゅう空を見ていた
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    最高の贈りものは時間である 一日じゅう空を見ていることを可能にするもの、 それも最高の条件で見続けることを可能にするのはいかなる状況か、ということをこの小説は描いている。 どんな高価なプレゼント...
    試し読み

    フォロー

  • 熟睡する女性の一例
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    熟睡できることは力だ 不思議なタイトルの短篇であり、様々に解釈できそうなストーリーだ。 片岡義男の小説群は、美人しか登場しない、 というおそるべき特質を備えているが、 彼女たちがことごとく警戒心...
    試し読み

    フォロー

  • 私はいつも私 片岡義男恋愛短篇セレクション 別れ
    通常版1巻540円 (税込)
    会いたくてたまらなかった。もう会うこともないだろうし、二度と会わなくても構わないと思っていた。しかし、離婚してはじめての秋、男は、別れた妻にもう一度会いたいという気持ちを抑え切れず、彼女に電...
    試し読み

    フォロー

  • 波乗りの島
    無料あり
    通常版1巻0円 (税込)
    この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。

    試し読み

    フォロー

  • 愛し愛され
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    同じ過去を歩んだ2人は、実はもう同じ現在にはいない 互いに好きで、結婚したい意志もありながら、それが実現しない。 そういうことは、人の一生においてはありうるだろう。 しかしそれが過去の痛恨事であ...
    試し読み

    フォロー

  • 愛してるなんてとても言えない
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    愛してるなんて とても言えない と、言うとき、彼女が語っていること。 彼女と彼の出会い。またしてもそれは路上だ。 片岡義男の黄金のパターンがここでも踏襲される。 トラブルの渦中にある彼女を拾い、...
    試し読み

    フォロー

  • 逢いたかったのに
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    「逢いたい」と「逢いたかった」は同じか、違うのか ふとしたことで、流れが変わってしまうことはある。「逢いたいな」と思って何度か電話をした女性に逢うことができず、ふと一人になった時に、バッタリ...
    試し読み

    フォロー

  • 愛とハッピー・エンディング
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    人工の女、自然の女 作家は常にストーリーを考えている。女性だ。彼女の担当編集者もまた女性。彼女は時に一人でストーリーを考え、それを今一度確認するように編集者に披露する。今書きつつあるのは、ジ...
    試し読み

    フォロー

  • 愛の基礎としての会話
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    「私は」と「私も」 片岡義男の小説にはしばしば作家が登場し、 今まさに思いついたストーリーを 目の前の相手(作家はたいてい男で相手は女だ)に向かって 語ることで成立している作品群がある。 ここで...
    試し読み

    フォロー

  • 愛は、どうにでもなれ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    愛はどうにでもなれ、では、百合は? 1人の男性の写真家がいる。 仕事は比較的順調で、依頼には事欠かないようだ。 写真家3人で事務所を構え、うち1人は愛子、という名の女性。 そして男性には、1人、...
    試し読み

    フォロー

  • アイランド・スタイル
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    アイランドとは、どのような場所か? 不気味な重低音の意味が、明らかになるその時。 小説の前半部は、夜の海だ。 星空と月明かりがあり、その絶妙の光の中で 「僕」は海と、この島と、サーフボードが完璧...
    試し読み

    フォロー

  • 愛をこめてはいけない
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    昼は娘と、夜は妻と これは片岡義男の小説では、珍しい部類に属するのではないだろうか。 なにしろ、3歳の女の子が全編にわたって活動しているのだ。 作家としての夫、有能なビジネスマンとして毎日出かけ...
    試し読み

    フォロー

  • 青い色の短篇集
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    2人の家は、今夜、3人になった 男性の住まいに、居候させてほしいと女性がやってくる。同居しているもう一人の女性の都合でしばらく家を明け渡さなくてはならないようだ。快諾した男性とくつろいでいる...
    試し読み

    フォロー

  • 青いガーディニアの部屋
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    彼女が部屋の花に気づく時 登場人物は二人だけ。片岡作品にはめずらしく、中年の男女だ。彼らの様子はあられもない。セックスの後にセックスを語り、語りが一呼吸すると、またセックス。そのあいだに、な...
    試し読み

    フォロー

  • 青い空、甘い風
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    きれいに晴れ上がった空のあった時代を、カラダの中に住まわせること 18歳で高校を卒業し、そこからまた18年。 結婚して、離婚して、ヨリを戻す、というようなこともチラホラ。 紆余曲折もありつつ、未来...
    試し読み

    フォロー

  • 青いマスカラの涙
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    理由があろうがなかろうが、泣く時はいくらでも泣くといい 二人の中年女性。46歳。学生時代からの親友だ。一人はピアノ弾きをしており、彼女がカクテル・ラウンジで弾いている所へもう一人が不意に、予告...
    試し読み

    フォロー

  • あおむけに大の字
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    無防備を撮り、それを交換する関係とは何だろう? 短編というよりは掌編。 そしてちょっと不思議な一編である。 登場人物は女性2人だけ。 酔った1人をもう1人が介抱し、その後、時を経て一緒に京都に旅...
    試し読み

    フォロー

  • 赤い靴が悲しい
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    1人になって思い返す、ある決定的な痛みについて 時間は、いろいろなものを遠ざける。 ふと呼び出してやろうと思った男性は 組織の奥深くに紛れ込み、電話をつなぐにも手間がかかる。 そして彼には妻ばか...
    試し読み

    フォロー

  • 赤い靴が悲しい
    通常版1巻388円 (税込)
    恋人からのプロポーズを「今のままがいい」と断わった綾子。二人の関係はやがて男の結婚によって終わりを迎える。だが……。快適な恋愛関係を求める恵まれた女たちのさまざまな在り方を、鮮やかな筆致で描く...

    試し読み

    フォロー

  • 秋時雨
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    秋時雨の中を走って、4人の男女の組み合わせが順番にめぐってくる 吹き付けるような秋時雨の中を 2台のクルマが走っていく。夜もかなり深い時間だ。 2台には男女が2組ずつ。合計4人。 互いに恋人同士と呼...
    試し読み

    フォロー

  • 秋の夜長とは
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    眠ったら、けっして目を覚まさない女性の傍らで 28歳の女性がいる。出張先でさんざんな思いをして疲れ果てた彼女は同い年の友人を呼び出し、食事をし、酒を飲み、息を吹き返す。そこに友人の親しい男友達...
    試し読み

    フォロー

  • 朝になったら、タッチミー
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    夜を徹して走るハーレー スーパーグライド。 彼女はなぜ、そうまでして走り続けるのか? 起点は港のフェリー・ターミナル。 そこでハーレー スーパーグライドに乗る美女を目撃した4人の男たちは 戯れに...
    試し読み

    フォロー

  • 明日が来るわけない
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    起きてしまった愚かさ。 行くことも戻ることもできず、ただ顔に陽が射すだけ。 2つの不良グループがある。 抗争が起き、犠牲者が出る。 やられたら、やりかえす。必然的にそれは エスカレートしていき、あ...
    試し読み

    フォロー

  • あなたは男で私が女
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    あなたは男で私が女、あの人が女で、女がもう1人 このタイトルから類推されるのは例えば女と男のラブストーリーだろう。 その予測は間違いではない。が、本流でもない。 高原のテニスコート、という巧みな...
    試し読み

    フォロー

  • あの影を愛した
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    「今日の私は聞き役です」 長篇小説の中心にいるのは美佐子という女性。 中心、というのは登場の頻度が最も高く、 彼女の視点が基本のトーンになっている、ということで 実は美佐子がこの小説の中では最も...
    試し読み

    フォロー

  • あの雲を追跡する
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    「入ってきて」と彼女は言った 『夏と少年の短篇』(ハヤカワ文庫)所収の1篇。 18歳の少年にとっての、もっとも鮮やかな瞬間を切り取っている。 最初は、バッタリと道で遭い、そのままプールへ。 2度目...
    試し読み

    フォロー

  • 甘く優しい短篇小説
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    彼にとって1人である2人の女性 甘く優しい短篇小説、というタイトルを持つこの短篇小説が その通りに「甘く優しい」かどうかは個々の読者によってむろん違うとはいえ、 小説の前半と後半で様相が相当に...
    試し読み

    フォロー

  • アマンダはここに生きている
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    「ただのラブ・ソング」と 「アナザー・ラブ・ソング」。 月明かりのハイウェイを、巡業用バスが走っている。 運転しているのはアマンダ。女性として、妻として、母として完璧であり、 カントリー・ミュー...
    試し読み

    フォロー

  • 雨に唄えば
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    カメラとビー玉 何も起こらない小説、と言ってみたくなる。 それはもちろん嘘で、ここには女と男が登場し、 女は仕事をこなし、男は女を送りおどける役目を果たしている。 それは非合法に抵触しているもの...
    試し読み

    フォロー

  • 雨の柴又慕情
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    寅さんを導入として日本を語る 小説による日本論と言っていいかもしれない。片岡義男の小説で「日本」が問題になる時、そこには必ず「日本語」の問題がある。今回はなんと、素材は「寅さん」、つまり、映...
    試し読み

    フォロー

  • 雨の伝説
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    レインメーカー・アイランドの奇跡に 立ち会う幸福。 雨の日のほうが多く、 通称“レインメーカー・アイランド”と呼ばれるポリネシアの島。 広い場所が好きで、ただ旅をする目的だけで来た青年・西本は 偶...
    試し読み

    フォロー

  • 雨のなかの日時計
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    父親であることを知らなくても、父親は父親 再会がある。二つの再会だ。 最初に男同士の再会があり、そこである疑問が浮かび そのことの確認も含め、2度目は男と女の再会がある。 そこで明らかになったこ...
    試し読み

    フォロー

  • 雨の降る駐車場にて
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    立ち止まる時間がほとんどないような彼女が、ふと立ち止まるその時に 作家がそのような語彙を用いているわけではまったくないが、 これは近年の言葉で言えば「シングルマザー」の物語だ。 彼女には4歳にな...
    試し読み

    フォロー

  • アメリカの青い色
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    やってきて、去っていくアメリカの青 金髪。そして美しい青い瞳。アメリカからジャズ・ピアニストの女性がやってくる。右も左もわからない彼女を迎えに行き、なにかと世話するのは、彼女と同じエージェン...
    試し読み

    フォロー

  • 荒馬に逢いたい
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    シャッター押さなかったことによって 定着された1枚の絵。 そこにこめられた荒馬の歴史をカウボーイが語る。 ごく短い酒場のシーンを前後にして 真ん中に荒野の情景が挟まっている。 荒馬の絵と、絵を語る...
    試し読み

    フォロー

  • アリゾナ・ハイウェイ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    移動する時間の長さが違えば、 別れと、別れの後の出発の仕方も違うはずだ。 ある者はロディオ・ライダー。かつて栄光に輝いた彼も 今年は惨敗、負傷し、おまけに妻は1人になりたがっている。 そのロディ...
    試し読み

    フォロー

  • 歩いていく彼のヴァリエーション
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    「彼」は放り出され、一人で歩いていく 6つのエピソードからなる短篇だが、一筋縄ではいかない。 なにしろ、6つがバラバラなのだ。 最初の章に男が6人(6人、とわざわざ書いてある)出てくるから、 その6...
    試し読み

    フォロー

  • ある種の素敵なことがら
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    料理に始まり、そこに戻り、何事かに気づく、ということ 親密になるきっかけが料理だったとすれば、再びよりを戻すきっかけもまた料理だった、ということがどうやらここで起きている出来事のようだ。あな...
    試し読み

    フォロー

  • ある日の真夜中
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    真夜中の続きは朝 このストーリーは、このあと、どうなるのだろう? それを考えるのが非常に楽しい作品だ。 用心深く注意をはりめぐらし、出来事が起こらないように行動することと およそ正反対の主人公が...
    試し読み

    フォロー

  • アロハ・オエ 
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    現れては消えるのが歴史。 その歴史を映像で見る時代にわれわれは生きている。 片岡義男の処女作「白い波の荒野へ」を起点として 連作のようにして書き継がれたうちの一篇。 「いま」を象徴するハリウッド...
    試し読み

    フォロー

  • アロハ・シャツは嘆いた
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    歴史をひもとけば、そのシャツには人に対する肯定的な気持ちと悲しみが込められていることがよくわかる 観光地化する以前のハワイ。その類まれな美しさを象徴する 1つの実物として、アロハ・シャツ、とい...
    試し読み

    フォロー

  • and I Love Her
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    春から春へ。事件無き彼女の肖像。 1人の女性がいる。 この小説は、彼女の輪郭と所作だけを丁寧に追ったものだ。 彼女がどんな部屋に住み、どうやってコーヒーを飲み、クーペを運転し、どのように眠り、バ...
    試し読み

    フォロー

  • イアリングをつけるとしたら
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    つけるときよりもはずすとき 編集者と書き手の情事。 ここでは編集者が男性であり、書き手はまだ書くことの経験が十分ではない。 小説とは、いかにして書かれるものなのか。 会話の中から、そして動作を伴...
    試し読み

    フォロー

  • いい気分だ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    波が高まって、やがて凪。いい気分だ 舞台はプール。 水をたたえた空間だが人工物であり、やや密閉感じもある空間。 主役は2人の女性。というより、身体と視線だ。 もしかすると互いを捕らえる正確さと貪...
    試し読み

    フォロー

  • 生きかたを楽しむ
    完結
    通常版全1巻270円 (税込)
    オデンを経由して、やがてみんな写真に収まる 作者と同じ、「ヨシオ」という音のつらなりを持つ17歳がいる。 カタカナのヨシオだ。ヨシオは高校の卒業に際し、大学には行かないことを選択する。 両親は離...
    試し読み

    フォロー