あさとえいりの検索結果

  • うらはらな予感
    「俺とつき合えよ」――留学先から一時帰国していた工東藍を待っていたのは、突然の告白! 大人の男に成長した幼馴染みの古藤亮からの告白は、藍の心を大きく揺さぶる。亮は幼い藍が好意を抱き、想いを告げ...

    試し読み

    フォロー

  • ささやきの色彩
    千坂学院高等部に通う熱川陽佑は、恵まれた体躯と成績優秀な頭脳をもち、人使いの荒い鬼の生徒会長。その一方家では、だらしない父親のために家事に、家のアパートの管理にとあくせく働いている。そんなあ...

    試し読み

    フォロー

  • とまどいの行方
    「今日からここが、おまえの家だよ」。祖母の葬式の日、幼い紀野直実の手にのせられた鍵と優しい男の手。あの日から直実はひたむきに、自分の保護者となった外科医の氷室知之を慕い続けていた。優しい時間...

    試し読み

    フォロー

  • あの空に落ちてゆく【SS付電子限定版】【イラスト入り】
    通常版1巻648円 (税込)
    【限定配布されたショートストーリーが付いた電子限定版♪】母が亡くなり、義理の父と小学生の妹と暮らす廉だが、義父が莫大な借金を残したまま出奔。高校を中退してバイトで生活を支えてきた廉だが、幼い妹...

    試し読み

    フォロー

  • 愛される貴族の花嫁
    通常版1巻918円 (税込)
    「わたしさえ黙っていれば、誰もきみと妹が入れ替わっていることなど気づくまい」双子の妹である桃子の死が確認された日、一葉は妹の婚約者である滋野井伯爵家の跡継ぎ・奏から、身代わり結婚を申し込まれ...

    試し読み

    フォロー

  • 雨のち恋模様
    医者一家に生まれながら、病弱で医者にはなれず、親族が経営する病院の健康管理室長を務める吉永裕孝。そんな裕孝の下に、若く華やかな容姿の優秀な外科医・三条が配属されてくる。 体が弱いことがコンプレ...

    試し読み

    フォロー

  • 異国の館に恋の降る
    通常版1巻756円 (税込)
    天涯孤独の千尋は建築の才能を見出され海外留学を果たす。だが後見人となり導いてくれた子爵のフランツは、多くを語らぬ気難しそうな人だった。戸惑いながらも、一度だけ触れたフランツのやさしさを胸に頑...

    試し読み

    フォロー

  • オフィスで君は甘く蕩ける
    通常版1巻712円 (税込)
    最悪だ…新しい上司がライバル視してきた男・但馬だなんて――。プライドが高く左遷されてしまった一流プランナーの機音。凄腕の美丈夫・但馬に反発する機音だったが「君が必要だ」という力強い瞳に信頼を寄せ...

    試し読み

    フォロー

  • きみの背中を見ている
    通常版1巻918円 (税込)
    ずっと好きだった親友の結婚式の日、嶋津一哉は、酔った勢いで見知らぬ男と一夜をともにしてしまう。夢だと思いたい。けれど肌に残る痕がなによりの証拠だった―― 数か月後、一哉はある事情から親友の弟・...

    試し読み

    フォロー

  • くちづけは嵐の予感
    将来を嘱望される優秀な外科医・吉永佳隆は、見合いの席で相手の兄を見て言葉を失った。そこにいたのは、以前酔った佳隆が流されるように体を重ねてしまった男だったのだ。政治家であるその男・久我原は、...

    試し読み

    フォロー

  • 告白はフルコースのあとで
    大学時代の先輩から頼まれフレンチレストランの経営改善を担当することになったフードコンサルタントの高宮悠里。ところがオーナーの伊井因近は常軌を逸した金銭感覚の上、傲岸不遜な頑固者。無計画な経営...

    試し読み

    フォロー

  • 人工楽園
    半端な身体は、恋する資格もないのだろうか? 研究者の桐原崇生は、病気の弟、晴夜に心臓を移植するため、晴夜のクローン、セイを生み出した。人里離れた山奥で二人きりで暮らすうち、いつしかセイを愛し始...
    試し読み

    フォロー

  • 好きと言えない
    通常版1巻918円 (税込)
    十五歳の秋、晴は父親を亡くし、子供のころ別れたきりの母親の再婚先・柚木家で暮らすことになる。誰からも必要とされてこなかった晴は、誰かに甘えることなど知らずに育った。自分を捨てて家を出た母親に...

    試し読み

    フォロー

  • 月と海賊
    フランス公爵令息のセシルは政略結婚で恋人を奪われた悲しみをいやすため、軍艦アフロディーテ号の処女航海に乗り込む。ところが艦が商船のふりをしたイギリス海賊に襲われ、セシルは乗組員共々捕虜となっ...

    試し読み

    フォロー

  • 緑陰 たったひとりのあなたへ
    お願いだから……このまま突き放さないで。先生の……ぬくもりをください……っ 偶然発見した幻の名作「幻影」に強い印象を受けた美術館の学芸員・佐保雅和は、顧問の榊原秀一郎の助けを得て、作品全点の収集に...
    試し読み

    フォロー