加藤元の検索結果

  • うなぎ女子
    通常版1巻1,296円 (税込)
    都内のお不動さん参道にある鰻屋「まつむら」。地元の人が家族で通う懐かしい雰囲気のお店には、売れない俳優と所帯をもつ女実業家、大学教授と見合いする立ち食い蕎麦屋のおばちゃん、小さな文学賞を受賞...
    試し読み

    フォロー

  • キネマの華
    通常版1巻831円 (税込)
    「死神」と「花嫁」二つの顔を持つ女優。彼女の人生にはいつも一人の女性がいた。激動の昭和初期、「銀幕の花嫁」と呼ばれる女優・木下千鶴は、清楚な外見とは裏腹に勃興期の映画業界で成功を収めていく。だが彼女...
    試し読み

    フォロー

  • 最新版 はじめてのチワワ 飼い方 しつけ お手入れ
    通常版1巻1,166円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 はじめ...

    試し読み

    フォロー

  • 最新版 はじめてのトイ・プードル 飼い方 しつけ お手入れ
    通常版1巻1,166円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 これか...

    試し読み

    フォロー

  • 山姫抄
    通常版1巻648円 (税込)
    逃げたいのに、逃げればいいのに、逃げない女。山に消えた女たちの「山姫伝説」が残る奥深い田舎町で、女は一風変わった男とともに暮らし始めた。男の秘密と凶暴性が徐々に顕わになっていく。『誰もが知っ...
    試し読み

    フォロー

  • 蛇の道行
    通常版1巻1,404円 (税込)
    なにがあっても、離れない。家族は失った。けれど、隣にはお前がいる。昭和24年、上野。戦争未亡人ばかりを集めたバー・山猫軒で、二人はひっそりと暮らしていた。バーを切り盛りする青柳きわと、住み込みで...
    試し読み

    フォロー

  • 十号室
    通常版1巻1,296円 (税込)
    コーポ中里――。枇杷の木が茂る四階建ての古い鉄筋アパートには八世帯が暮らす。二十数年前、母子家庭の幼児が行方不明となった事件に、住人たちは誰もが口を閉ざす。苦しみを背負い、ひとり住まいのままこ...
    試し読み

    フォロー

  • 好きなひとができました
    通常版1巻1,199円 (税込)
    「好きなひとができたから」。これほど人を傷つける残酷な言葉があるだろうか……。人から「好き」と言われるたびに次から次へと女性とつきあい、すぐに「好きなひとができた」と言って、別れを告げる男、神...

    試し読み

    フォロー

  • 1999年の王
    通常版1巻1,512円 (税込)
    東京で殺人未遂事件が発生。実行犯の供述から、飲食店経営・北條和美と内縁の夫・安西俊貴が逮捕される。捜査が進むにつれ、安西が主犯として保険金目当ての連続殺人を過去に仕掛けていたことが明らかにな...
    試し読み

    フォロー

  • 泣きながら、呼んだ人
    通常版1巻658円 (税込)
    母娘を描いた感動の家族小説。 多くの読者を感動に包んだ小説『泣きながら、呼んだ人』。待望の文庫版を電子化。  作者は、「人間描写の達人」と評される加藤元。  物語は、4名の女性を主人公に、ロンド...
    試し読み

    フォロー

  • 嫁の遺言
    通常版1巻699円 (税込)
    満員電車でふと自分の手に触れた冷たい手。間違いなく、それは、38歳で死んだ嫁の手だった。生前からちょっと変わったところのある女だった嫁が、どうしても伝えたかったこととは――。不器用だけれどあた...
    試し読み

    フォロー

  • 四百三十円の神様
    通常版1巻1,296円 (税込)
    伊集院静氏、角田光代氏から絶賛された『嫁の遺言』から5年。「ちいさく、みみっちく、弱くてずるく、それでいてたくましい、人の姿と営みをあますところなく書いていく作家」(角田氏)と評された、加藤元が満...
    試し読み

    フォロー

  • 私がいないクリスマス
    通常版1巻691円 (税込)
    家族だから、嘘をつく。突如として宣告された進行癌。三十歳で独身、中島育子はクリスマス・イヴに手術室にいた。終始ツキのなかったこれまでの人生。朦朧とした意識の中、毎年クリスマスには家を空けていた...
    試し読み

    フォロー