古森義久の検索結果

  • アメリカが日本を捨てるとき
    通常版1巻650円 (税込)
    日米安保条約は、日本の平和と繁栄を、半世紀にわたって担ってきた。ところが鳩山新政権が誕生して半年あまり、同盟に大きな疑問符が突きつけられている。民主党首脳は「日米中関係は正三角形」と述べ、核...

    試し読み

    フォロー

  • アメリカの「影」の勢力
    通常版1巻1,279円 (税込)
    悪名高いマフィア、東西冷戦で活躍した陰の主役・CIA、急成長した政治勢力キリスト教連合…。超大国を動かす「主役」たちの実像を活写する。『THE21』の連載を一冊にまとめた。

    試し読み

    フォロー

  • いつまでもアメリカが守ってくれると思うなよ
    通常版1巻759円 (税込)
    自由と民主主義の旗手、アメリカに異変が起きている。初の黒人大統領オバマは、軍事力を忌避し、国防予算を削減させ、世界の盟主としてのリーダーシップの発揮をためらう。消極外交はアジア政策にも及び、...
    試し読み

    フォロー

  • オバマ二期目の“標的”となる中国 【Voice S】
    通常版1巻100円 (税込)
    再選を果たしたアメリカ・オバマ大統領は、中国に対してどのような政策をとるのだろうか。そのなかで日本の進むべき道は――米中両国に精通するジャーナリストが語る、いまこそ知っておきたい安全保障の新常...

    試し読み

    フォロー

  • 終わらない対中援助 かくて国益は損なわれる
    通常版1巻1,199円 (税込)
    2008年度で対中国ODAの中止が決定した。しかし、――。驚愕の事実が次々と飛び出す、対中ODA追及で最強の二人の対談集!日本のODAは、いまのいままでまともな検証がまったく行なわれていない。なかでも中国に...

    試し読み

    フォロー

  • 「ODA」再考
    通常版1巻650円 (税込)
    年間、一兆数千億円に上る日本のODA(政府開発援助)支出。不況と財政赤字に苦しむ国が、なぜこれほどの公的資金をつぎこむのか。認知も感謝もされていない、総計三兆円超の対中ODA。日本以上に整った巨大施...

    試し読み

    フォロー

  • KGBが日本を狙う 情報戦略なき国家
    通常版1巻800円 (税込)
    1984年刊行。当時毎日新聞記者としての著者が、渾身のスクープ記事「レフチェンコ証言」を世に送り出されてから2年後の作品。当時ソ連のKGB(国家保何委員会)の工作員であったレフチェンコ少佐。その証言...
    試し読み

    フォロー

  • 「謝罪外交」を越えて アジア再考(小学館文庫)
    通常版1巻594円 (税込)
    軍事大国化する中国に、なぜ巨額のODAを行うのか。韓国・中国にいつまで謝り続けるのか…。「日本はアジアで嫌われている」「アジアは一つ」などの言い方が戦後日本では大手を振ってきたが、実態は違う。日...
    試し読み

    フォロー

  • 主張せよ、日本 国際社会からの謂われなき汚名をそそぐ
    通常版1巻1,100円 (税込)
    アメリカの一部には、日本自体への偏見や誤解がある。アメリカ議会下院が2007年に採択した慰安婦決議問題は、その最たる実例だろう。しかし日本政府は、この不当な日本叩きの動きに対し、自国側の主張をほ...

    試し読み

    フォロー

  • 迫りくる「米中新冷戦」 日本と世界は大動乱の時代を迎える
    通常版1巻1,279円 (税込)
    米中関係がいまや一段と険悪になった。新たな冷戦と呼べるほどの対立状態ともなってきた。ただしアメリカ側ではオバマ政権がもっぱら守勢に立ち、なお中国への融和をも試みている。中国はその消極性に乗じ...

    試し読み

    フォロー

  • 戦争がイヤなら 憲法を変えなさい
    通常版1巻1,249円 (税込)
    「憲法を口実に米軍を助けないなら、尖閣は守らない」(米議会・下院議員) アメリカは憲法9条が日米同盟を機能させる上で“危険な障害”になったと考えている。 尖閣・沖縄に襲いかかる中国を目の前に、憲法...
    試し読み

    フォロー

  • 中・韓「反日ロビー」の実像 いまアメリカで何が起きているのか
    通常版1巻1,199円 (税込)
    なぜ日本は中国・韓国という隣国に、こうも悪しざまにいわれるのか――。本書の著者だけでなく、心ある多くの日本人がそう感じていることだろう。2013年7月30日、カリフォルニア州・グレンデール市の中央公園...

    試し読み

    フォロー

  • 中国「反日」の虚妄
    通常版1巻1,000円 (税込)
    2005年春に中国各都市で荒れ狂った反日暴力デモ。その裏に隠されているものは一体何なのか。著者の長年の国際報道記者としての視点と、産経新聞初代中国総局長を務めた経験から、無法国家・中国の策動を余...

    試し読み

    フォロー

  • ベトナムの記憶 戦争と革命とそして人間
    通常版1巻1,199円 (税込)
    ベトナムに特派員として3年半赴任していた著者が、離任した後、現地でいまだ続く激動のドラマを書きとめてきた記録をまとめたもの。20年の歳月を経て彼らが得た物は何だったのか。数奇な運命の数々。

    試し読み

    フォロー

  • 北京報道七〇〇日 ふしぎの国の新聞特派員
    前に進まないウサギ、姿を消す猫、空飛ぶブタ……、中国報道はまさに「ワンダーランド」だった。自他ともに認める第一級の国際報道記者が迷い込んだ「一見ふつう」だが「根底が異常」な世界とは?ベトナム報道...

    試し読み

    フォロー

  • 「無法」中国との戦い方 日本が学ぶべきアメリカの最新「対中戦略」(小学館101新書)
    通常版1巻540円 (税込)
    アメリカはここまで“敵”を研究している 常軌を逸した中国の無法ぶりに、日本はどう対すればよいのか。 尖閣諸島の国有化を機に、日中関係は戦後最悪ともいえる状態になっている。そのため、現在すでに多く...

    試し読み

    フォロー

  • ヨーロッパの戦略思考 米ソの“はざま”で何を選択するか
    通常版1巻800円 (税込)
    「ソ連は脅威なのか、脅威ではないのか――」。世界がその実態や真意を量りかねていた1984年に、欧州の専門家たちに著者が切り込んだインタビュー録。アメリカ側からの視点に偏らないために、ヨーロッパの実...

    試し読み

    フォロー

  • 凜とした日本 ワシントンから外交を読む
    通常版1巻650円 (税込)
    本書は、安全保障や危機管理を主題とした国際情勢の最新レポートである。世界唯一の超大国アメリカの首都・ワシントンからの視点は、日本のマスメディアに今なおはびこる戦後の「平和主義」が、いかに非現...

    試し読み

    フォロー

  • ワシントンレポート ジャパンを叩け! 特派員だけが知っている米国最新情報
    通常版1巻800円 (税込)
    「日本を叩く」といった言葉は、ワシントンの国政メカニズムの中でさえ、この頃はよく耳にする。政府部内で対日折衝にかかわる官僚や、日米関係を高所から追っている学者や、より客観的で冷静な立場にある...

    試し読み

    フォロー