大栗丹後の検索結果

  • 哀愁人肌恋路 葵の裏隠密二条左近
    将軍・家光から鳥羽藩の内政探索を命じられた裏隠密・二条左近は、志摩の領民から築城を名目に重税を課す藩主への不満の声を聞く。その憤りの声を背景に、かつての名門・九鬼一族の血を引く女海賊の珠姫は...

    試し読み

    フォロー

  • 明智光秀―謀叛にあらず―
    元亀二年九月、木下秀吉と京都奉行の任務に当たっていた明智光秀は、織田信長から比叡山焼討ちを命じられる。老若男女を問わぬ大虐殺を目にした光秀は、ある決意を胸に秘めた。それは十年の日々を経て、秀...

    試し読み

    フォロー

  • 江戸恋闇路 葵の裏隠密二条左近
    賭け将棋の誘いを受けた左近が神田明神下の茶寮へ赴くと、待っていたのは見目麗しき二人の女人。将軍・家光から世継を巡る揉め事を聞かされた左近は、過日の茶寮を舞台に大奥を捲き込んだ将軍家乗っ取りの...

    試し読み

    フォロー

  • 直参旗本裏御用 京女の義理立て
    通常版1~3巻514円 (税込)
    天下のご意見番を大久保彦左衛門から譲られ、二代目となった直参旗本の近藤登之助。また、それは将軍直属の隠密御用のお役でもあった。京での不穏な動きを告げられた登之助は、手下の万七と共に公家や大商...

    試し読み

    フォロー

    シリーズ一覧へ
  • 蜂須賀小六 野盗にあらず
    従来、戦国の世に野盗の頭目として現われ、矢作川の橋上で助けた少年こそ後の秀吉であり、出世の糸口と語られることの多い蜂須賀小六(正勝)だが、実際は織田信長に繋がる武家の出であった。竹中半兵衛と...

    試し読み

    フォロー

  • 悲恋伊勢桑名路 葵の裏隠密二条左近
    将軍・家光の従兄弟という身分を秘め、「賭け将棋と絵師」を表看板に江戸の巷に暮らす美形浪人・二条左近。桑名藩の不審な動きを探る密命を受け、おえんを伴い伊勢に向った左近は大坂の陣で悲劇の人となっ...

    試し読み

    フォロー

  • 慕情小夜時雨路 葵の裏隠密二条左近
    平藩の江戸家老による増禄工作と、それを逆手に私腹を肥やそうと企む大老の土井利勝。その探索に乗り出した葵の裏隠密・二条左近に近づく、前藩主の娘を名のる御高祖頭巾の妖しい女。三者三様の思惑と哀し...

    試し読み

    フォロー