若林滋の検索結果

  • 昭和天皇の親代わり-鈴木貫太郎とたか夫人
    通常版1巻822円 (税込)
    終戦時の首相鈴木貫太郎の夫人は札幌農学校二期生足立元太郎の長女たか(札幌生まれ)で、十年にわたり幼い昭和天皇の養育掛をつとめていた。また貫太郎は瀕死の重傷を負った二・二六事件当時、天皇の侍従...

    試し読み

    フォロー

  • 新たなる北へ-会津屯田兵の物語
    通常版1巻874円 (税込)
    明治八年五月十六日、旧会津、庄内両藩の屯田兵応募者五十七人とその家族、合わせて二百二十三人の琴似兵村入地第一陣を乗せた開拓使官用船通済丸が小樽に入港する。本書は、そこから始まる。八年前の戊辰...

    試し読み

    フォロー

  • 海峡の十字架 松前の百六人殉教
    通常版1巻1,404円 (税込)
    豊臣秀吉の天正禁令に始まる日本のキリシタン迫害史は、そのまま殉教史でもあった。 徳川幕府に引き継がれたキリシタン政策は、三代将軍家光の時代に苛烈さを増し、取り締まりと処刑による殉教が本州各地で...
    試し読み

    フォロー

  • 北の礎 屯田兵開拓の真相
    通常版1巻925円 (税込)
    本書は、最後の屯田兵村・剣淵町生まれの会津入植者三代目にあたる著者が、制度廃止百年に当って「屯田兵と家族の側」から屯田兵制度を検証したものです。市町村史、兵村史、屯田兵の民間刊行物に収録され...

    試し読み

    フォロー

  • 屯田学校 ~北海道教育の礎~
    今、教育をめぐる多くの問題が浮上している。もっとも気になるのは、命の軽視の問題だ。文部科学省の学習指導要領や「生命を尊ぶ心を育てる指導」に任せておけば済むのだろうか。市民として、親として何が...

    試し読み

    フォロー

  • 箱館戦争再考
    通常版1巻1,728円 (税込)
    今から150年前の明治のはじめ、北海道・松前地方で明治維新を締めくくる大きな戦いがあった。 黒船来航以来、変貌する時代の中で度重なる苦難を抱えた松前藩と箱館・松前の民衆たちに、箱館戦争は更なる混...
    試し読み

    フォロー

  • 流刑地哭く クリスチャン典獄と白虎隊看守長
    明治政府は道庁に囚人の強制労働を命じ、道庁は炭鉱や道路建設で囚人を酷使した。彼らは二人一組で鎖につながれ、重い鉄丸を引きずって仕事に追い立てられて大勢死んだ。遺体が路傍に埋められることも。ク...
    試し読み

    フォロー