斎藤純の検索結果

  • 暁のキックスタート
    通常版1巻486円 (税込)
    バイクを愛するすべての人へ贈る、珠玉の短篇集 「オートバイ乗りの心には、埋めようのない深い穴ポコが空いている。オートバイ乗りは、表向きはタフな振りをしつつ、その穴ポコを埋めようとあがいている...
    試し読み

    フォロー

  • 海へ、そして土曜日【完全版】
    NEW
    通常版1巻486円 (税込)
    知人の失踪をきっかけに入手した、16ミリ・フィルム。その自主制作映画のタイトルは『ダークネス、ダークネス』といった。照りつける太陽に海面、旧式のカメラ、そして大型オートバイ・ドゥカティ750SSに跨...
    試し読み

    フォロー

  • 音楽を旅する
    通常版1巻486円 (税込)
    恋をするように音楽を楽しむ……自由な感性あふれるライフスタイル・エッセイ  音楽は人生をより豊かなものにする。音楽に愛されるには、まず音楽を愛すること。男女の恋愛と同じである…。「音楽」を軸に自...
    試し読み

    フォロー

  • オートバイの旅は、いつもすこし寂しい。
    通常版1巻486円 (税込)
    オートバイ乗りは、程度の差こそあれ、心のどこかに埋めようのない穴ボコを抱えている  私はなぜオートバイを降りないのだろうか(あるいは、降りられないのだろうか)。  旅先を「通りすぎる」ツーリング...
    試し読み

    フォロー

  • 風と旅とオートバイ
    通常版1巻486円 (税込)
    自由を求めて走るだけが旅じゃない、自分を求めて走る心の旅もあるのだ 「オートバイ乗りは見慣れた風景のなかを走っているのに、どこか違う世界に迷いこんでしまったような感覚で、今日も自ら風を起こし...
    試し読み

    フォロー

  • 銀輪の覇者(上)
    通常版1~2巻648円 (税込)
    軍靴の音が忍び寄る昭和9年。かすかな地響きをあげ、数多の自転車が中山道を疾走する。国策に反して高い賞金の懸けられた本州横断大日本サイクルレースには、企業チームやドイツからの海外チーム、個人参加...
  • 葬列の朝(あした)
    NEW
    通常版1巻486円 (税込)
    将来を嘱望されながら、映画女優とのスキャンダルによってテニス界を追放された美原耕斗。彼は、失意の中、オートバイにまたがり芳条市へと向かう。この地方都市では洲蔵家という名家があり、次男・孝明と...
    試し読み

    フォロー

  • ただよう薔薇の午後
    通常版1巻432円 (税込)
    いつもは淡白な彼女が積極的に燃え上がった夜、FMから流れていたのは、ブラームスの交響曲第四番だった。チェロの響きが彼女に異変をもたらす。演奏会で無伴奏チェロ組曲を聴いたときは、終演まで待てなか...
    試し読み

    フォロー

  • テニス、そして殺人者のタンゴ
    通常版1巻486円 (税込)
    幻のピアニストが唯一残した演奏テープ、それを巡って起こる殺人事件  幻のピアニスト伊豆田敏郎の演奏テープが発見された。アメリカのレコード会社がそのテープを発売するという話が持ち上がったとき、...
    試し読み

    フォロー

  • 夜の森番たち
    通常版1巻626円 (税込)
    つげが芽吹き、冬ごもりを終えたツキノワグマが、東北のブナ林「鬼石」をのしのしと歩きはじめる。優しさと危うさを秘めた男と女と森の物語。
    試し読み

    フォロー

  • 龍の荒野
    通常版1巻486円 (税込)
    明治の日本絵師、「龍」を求めて大西部を行く! 「従来の恐龍の復元画は稚拙だ。自分ならもっと真に迫ったものが描ける――」19世紀末、狩野派の天才絵師・三田村桂月は、野心を胸に単身アメリカ西部へと渡...

    試し読み

    フォロー

  • ル・ジタン
    通常版1巻432円 (税込)
    パリの裏町の酒場『ル・ジタン』を舞台にくりひろげられる、音楽と一体となったような推理小説。第47回「日本推理作家協会賞短編賞」受賞の表題作をはじめ、四編を収録した、まさに珠玉と形容すべき短編集。
    試し読み

    フォロー