山本利男の検索結果

  • 詩集 断続
    通常版1巻540円 (税込)
    解説文は詩人杉本春生。36歳の山本利男(十四尾)は、杉本氏が関西の重鎮とは知らずに解説文を所望した。前詩集の折りに丁寧な批評をもらったことで、次回は杉本氏に頼みたいと思い続けていたという。類ま...

    試し読み

    フォロー

  • しもつかり
    通常版1巻540円 (税込)
    本書は、詩人・山本十四尾が、まだ本名で書いていた昭和44年の詩集。 三十代、三冊目の本書は、すでに詩人としての大きな水脈が縦横に張り巡らされ、著者自身が現在の活躍を予言しているかのようである。...

    試し読み

    フォロー

  • 「母のことなど17の小品」
    通常版1巻540円 (税込)
    1965年(昭和40年)11月に刊行された山本利男の2冊目の詩集。自分の生にかかわる感動を詩にしていた20代後半の作品から、17篇を自選している。 夭折した兄への思い「鯖雲」や、流産で亡くした第一子と妻の「...

    試し読み

    フォロー