学研新書一覧

  • 信長と家康 清須同盟の実体
    3.0
    信長と家康、二人は同盟した。信長は天下統一を目指し、家康はそれに協力する。関係は信長が死ぬまで続く。はたしてその同盟関係は一様なもの不変的なものだったのか? 戦国時代の基軸となった清須同盟の真...

    試し読み

    フォロー

  • 平城京 全史解読 正史・続日本紀が語る意外な史実
    3.2
    1巻 752円 (税込)
    日本書紀に続く第二の正史・続日本紀とは、どのような書物なのか? 意外に知られていない続日本紀のさまざまな謎と問題点、そして、中央集権国家の成立、大仏開眼、鑑真来日、長屋王の叛乱、道鏡事件など...

    試し読み

    フォロー

  • 名古屋の品格
    4.0
    トヨタ、中日ドラゴンズ、みそかつ…いまだに元気な名古屋(人)の魅力を独特の視点で分析。これまで「ない」と言われてきた名古屋にこそ、実は真の品格があると主張。「品格」という概念に新しい解釈を吹き...

    試し読み

    フォロー

  • 戦国の合戦
    3.8
    戦国百年の間、毎日どこかで戦いが繰り広げられていた。どうして抗争は起こり、また合戦はどのように準備し、軍団構成し、統制していったのか。武将たちはどんな戦略・戦術を駆使したのか。戦国の内面・合...

    試し読み

    フォロー

  • 戦国の群像
    4.0
    戦国という争乱の中、どんな人が、どのように暮らし、どんな役割を果たしていたのか。戦国大名を始め、家老から小者まで家臣団の組織と生き方、百姓や商人、職人たちの実態、女地頭など女たちの生き様、僧...

    試し読み

    フォロー

  • 戦国の城
    4.2
    戦乱を生き抜いた『戦国の城』は、今ではほとんど消滅している。しかし戦国は城の時代だったといっても過言ではない。石垣も天守もない土の城が乱世を動かしていたのである。『戦国の城』を知らずして戦国...

    試し読み

    フォロー

  • 秀吉の接待 毛利輝元上洛日記を読み解く
    3.3
    時は天正16年(1588)、舞台は豊臣秀吉の人誑(たら)しの凄さと、絢爛たる桃山文化が開花し、秀吉の手により改造された京都。西国の雄・毛利輝元は秀吉に初めて対面するため、緊張と不安が入り混じる上洛...

    試し読み

    フォロー

  • 四字熟語で読む日本史
    4.0
    1巻 732円 (税込)
    「尊王攘夷・公武合体・武力討幕」「富国強兵・殖産興業・文明開化」「三国同盟・日米交渉・奇襲攻撃」「経済大国・平成不況・構造改革」…時代を映す三つの四字熟語で近現代史が簡単に理解できる!「世界一...

    試し読み

    フォロー