公爵・伯爵・貴族一覧

  • 薔薇の伯爵とワルツを
    完結
    3.9
    地味な付添人フィーには秘密があった。それは今、ロンドンの社交界で注目を集める戦場帰りの伯爵ネイサンの妻だということ。5年前、動乱のスペインで出会い結婚したものの、彼に別の女性がいると知り、逃げ出したのだ。ある日、フィーが身を寄せる屋敷にネイサンが現れる。隠れ見た彼の姿にフィーは驚いた。頬には無残な傷跡、険しい表情…5年前とは別人だわ。心配のあまり、フィーは仮面舞踏会で彼に近づいた。正体を見破られ、領地につれ去られるとは知らずに――。
  • 鷹の王と秘密の愛し子
    完結
    5.0
    「お父さんは死んだって聞いたわ」…ああ、愛しい娘に真実を話す日がついに来てしまった。7年前、アナは魅力的な男性キャスと出会い、激しい恋に落ちた。しかし7日後、連絡先も何も告げずに彼は突然姿を消した。そして妊娠がわかり、ひとりで産み育てる決心したアナは新聞にキャスの姿を見つけ驚いた。彼が次期国王で、許嫁がいるなんて…! それ以来ひっそり平和に暮らしていたのに、なぜ今さら私たちの前に現れるの? そしてなぜ、私の胸は高鳴ってしまうの!?
  • 花嫁市場の身代わり候補
    完結
    -
    花嫁市場…それはサマルカラ国の美しき王オマールが、他国の才芸に秀でた美女を集め、王妃に足るひとりを見定める品評会。優秀な姉の代わりに参加したベスは、平凡な自分が選ばれるはずはないと確信していた。ある大事な目的のために参加費としてもらえる大金が欲しいだけ。しかしオマールは熱い視線でベスを値踏みすると予期せぬ告白をした。「ベス、僕には君が必要だ」と――。その言葉がベスの冴えない人生を大きく変える、波乱に満ちたロマンスの始まりだった!!
  • 愛のゆくえ
    値引きあり
    -
    ソーンロー家では娘が21歳になると肖像画を描かせるのが伝統だ。アラベラは、父への反発から素直にこの伝統に従う気になれない。だが、世界的に有名なハンガリー人画家ゾルターンが絵を描くというので、彼の住む異国の地に興味をそそられるアラベラ。しばらく父から離れてみるのもいい――アラベラはハンガリーへ旅立った。けれども、彼女を迎えたゾルターンの態度は冷淡で、いつまでたっても肖像画を描きはじめようとしない。この気難しい画家は何を考えているの?
  • 伯爵の華麗なる復讐
    完結
    4.3
    パーディタ――彼女の名の意味は〈捨てられし者〉。大海賊の情婦として処刑されるところを、名高き伯爵アンボーンに買われてそう呼ばれることになったが、パーディタには隠している素性があった。伯爵は私を何かに利用しようとしている。それがわかるまで無知で言葉を話せないふりをしよう。たやすく人を信用して騙された、あの過ちを繰り返さないために。だが互いを探りあいながらも、いつしか惹かれあうふたり。伯爵の目的の裏で、実りがたい恋が生まれようとしていた。
  • シンデレラは泣かない
    完結
    -
    孤児のマリーは里親の元で育ち奨学金で大学を卒業し、少しでも恩を返したいと支援してくれた慈善団体で働いている。ある日、そんな彼女が初めて大きいイベントのマネージャーに抜擢され、支援者のザンダーと協力して仕事することになった。マリーは知らなかった。美しく整った顔に優雅な物腰…周りと違うオーラを身にまとう彼が、本物の王子だったなんて! そして亡き姉の幼い娘を慈悲深く愛し育てていると知り、マリーの尊敬する気持ちは別の感情に変化して…!?
  • 授かったのは、王家の秘密
    完結
    5.0
    伯爵家の令嬢アミラは父が決めた結婚から逃げ出した。自由がないなら死んでもいい…そう思いつめた矢先、美しい瞳をたたえたシーク・アディールに救われる。ひと目で惹かれ、あなたとともに行きたいと願うアミラに彼は「必ず迎えに来る」と約束を残した。それから4か月後…アミラの結婚式当日、現れたアディールはアミラを母国へとつれさった。ところが、アミラの婚約者に恥をかかせるために彼女を奪ったのだと告げられ…。そんな!私を愛していたのではなかったの…?
  • 内気なマーメイド
    完結
    4.5
    孤島の別荘で管理人をしているクレアは、ある日、嵐の海で溺れかけていた男性ラウールを助けた。優しく魅力的な彼は、クレアの孤独な生い立ちや複雑な事情を親身に聞いてくれた。島でふたりきりで過ごすうち、クレアはラウールに今まで感じたことのない安らぎを覚えはじめていた。彼は私の片われで、ようやくめぐり逢えた運命の人なんだわ。求めあうまま体を重ねるクレア。ところがラウールは自分の正体が小国の皇太子だと告白し、クレアに母国に来てほしいと告げて?
  • アラビアのプリンスと私
    完結
    4.3
    英国名家の娘キャシーはアラビアの国に滞在中、隣国のプリンスが娘の家庭教師を探していると知った。つらい思いをする母国にはもう帰りたくない…キャシーは素性を隠して応募する。採用され迎えを待つ間、キャシーのテントに突然男性が入ってきた! シーク・ジャミル…私の雇い主だわ。まさか女性が眠るテントに断りもなく入ってくるなんて! 彼はキャシーを奴隷を品定めするような瞳で見すえると「ここは私の国。許可を得る必要などない」と迫ってきて…!?
  • 白馬の騎士と禁断の花
    完結
    5.0
    愛する結婚を密かに夢見ていたオリヴィア王女だったがある日、突然父から国のためにと結婚を強いられる。相手は話したこともない異国のシーク…しかも心の準備もないまますぐ彼の国へ!? オリヴィアはひとりの時間が少しでも欲しくて隠し通路を使って王宮から逃げ出そうとするが、たくましい腕が彼女を捕えた。シークの親友である警備のローマン! 涙を流し、婚姻を受け入れようとしないオリヴィアの気持ちを鎮めるため、彼は危険を承知で無人島に王女を匿うが――!?
  • 偽りの誓約
    完結
    -
    アメリアはコロソル国の王女。1年前、紛争地帯でボランティア中に傭兵ニックと出会った。長身で男らしいオーラをはなつ彼に、「親を亡くした幼い子らを助けたい」と頼まれ、子供を養子にするためだけに、彼と便宜結婚をした。そのあとすぐ帰国命令が出てしまい、身分も本当の名も彼には告げなかったけれど…。今、再会したニックの瞳はとても冷たかった。「僕たちを捨てたきみの正体を、新聞ではじめて知ったよ」そう言ってゴシップ記事をアメリアにつきつけて…?
  • 公爵と裸足のシンデレラ
    完結
    -
    「この恥知らず!」とプルーデンスは、一緒に旅をしていた叔母に批難された。見知らぬ男性が彼女のベッドで寝ていたのだ。まるで身に覚えのないことに、彼と私は互いに驚きを隠せない。自分の部屋で寝ていたのになぜ…。彼に部屋を追い出され自室に戻ると荷物が叔母夫婦とともに消えてしまっていた!! そんなプルーデンスに手を差し伸べてくれたのは、先ほど厄介払いをしてきた彼だった。グレゴリーと名乗る彼が、旅人に姿を変えた第7代ハルステッド公爵とも知らずに…。
  • 傲慢な公爵の陥落
    完結
    5.0
    両親の死により初めて、リゼットは自分が里子で、生みの母がいると知る。パリに呼びよせられ、以来、場末の酒場を手伝っている彼女に声をかけてきたのは気品ある貴族の男性。彼は、この掃きだめから彼女を救いだしてくれると言う。いえ、きっと彼は私を誘惑して楽しもうと思っただけ…。リゼットは自分にそう言いきかせるが、親身になってくれる素敵な彼のことが頭から離れない…。まさか彼が母を捕らえる任務のために彼女を利用しているとも知らずに──!?
  • 獅子王は惜しみなく奪う
    完結
    -
    ハリア王国の王女ガリラは、兄から執務室に呼ばれるも先に部屋にいた男性に驚いた。昨日、彼女は兄の愛のない結婚にひとり悲しんでいた。結婚は愛あってこそだと思う私の前に颯爽と現れ、親身になってくれて、キスを残して去っていったのが彼だったのだ。もう一度彼に会えるなんて…! そう思ったのもつかの間、彼はジリア王国の国王カリムだと名乗り、彼女に結婚を申し込んできたのだ。急すぎる申し出に断るも王家の秘密を切り出されてしまい―――…!?
  • 寵愛は熱く儚く
    完結
    -
    アンジェリクは人気デザイナー。富豪で美貌に恵まれ、双子の妹と、同じく兄たちも双子で美形と来れば、いやでもゴシップ誌の標的とされ、誰とでもすぐ寝る悪女と誤解されていた。ある日、砂漠の国の王子カシムがいきなり訪れ、アンジェリクを自分の妹ハスナの婚約者の愛人と決めつけてすぐ手を引けと怒鳴り込んできた。誤解を解こうとすると、カシムに突然、唇を奪われた。罰するような激しいキスに、抵抗するどころかアンジェリクは彼にすがりついてしまい……。
  • 一夜に賭けた家なき子
    完結
    4.0
    スルハーディ国の王女レイラは、姉の代わりにおまえが死ねばよかったと母に言われ家出を決意する。ニューヨークに降りたった彼女は、16年前亡くなった姉の服をつけ赤い口紅をひきホテルのバーに向かった。そこで彼女は最高級な身なりをしているのになぜか野性的な雰囲気をもつ不思議な男性に目を奪われる。壁に囲まれた宮殿で育った彼女は生まれて初めて大胆な行動に出た。「わたしにふしだらなことして――」しかし、次の朝、彼はバージンを捧げた彼女をベッドに残し…。
  • おとぎの国のプリンセス
    完結
    -
    戦闘地帯で医療活動をしていたキャズとカルロスは、患者のために逃げ遅れて病院に閉じ込められてしまう。やがて互いに惹かれあっていったふたりは、狭い空間の中でその想いを抑えきれず3日目の夜、ついに結ばれる――一度きりのわりきった情事のはずが、オーストラリアに戻ったキャズは妊娠し、ひとりでその子供を産んで育てる覚悟をしていた。しかし、妊娠を知らせたカルロスは、なんとプロポーズをしてきて…!? さらに彼はある国のプリンスだと発覚して…!?
  • 悲しみの子爵夫人
    完結
    2.0
    「結婚していただきたいのです」エドウィーナは自分の耳を疑った。ここはポルトガルの戦場で、自分は看護師。今にも息を引き取ろうとしてる重傷の患者と? この結婚は決して愛からではなく、ただ、その患者マイルズ・ハンプデン中尉の財産と遺族を守るための便宜的なもの。そう説得された彼女は、最期の願いを聞きとどける。安心したのかマイルズは、なんと命を取りとめた。兄の跡を継いで子爵となった彼に、エドウィーナは花嫁として領地へつれていかれることに…!?
  • 氷の伯爵
    完結
    3.6
    マグナス・ダレンヴィル伯爵--ギリシャ彫刻なみの美貌をもつが、心まで石でできていると噂の“氷の伯爵”。住み込み家庭教師のタリーは、彼のため開かれる花嫁選びパーティーの準備に追われていた。そんな折偶然、彼女はマグナスの会話を盗み聞いてしまう。「欲しいのは跡継ぎを産むための丈夫な歯と腰をもつ妻だ」いったい彼は女性をなんだと思っているの!? 憤慨するタリーの耳にさらに信じられない言葉が続く。なんですって、彼は私を花嫁にするつもりなの!?
  • 蝶になれないシンデレラ
    完結
    4.0
    「半年ほどの生活費を融通してほしい」震える心を抑えこみ、ジョージアナは言った。地主の娘だった彼女は、父亡きあと利己的な継母が選んだ相手と、無理やり結婚を強いられそうになっていた。どうにかひとりで生活できないかと切羽つまった彼女が頼ったのは、大好きだった幼なじみ…離れていた10年間、手紙ひとつくれなかったエドモンドだった。いまや近寄りがたい伯爵となった彼は、ジョージアナの願いを聞くと、その冷たいグレーの瞳に激しい怒りの炎を灯した…。
  • 王子と間に合わせの妻
    完結
    5.0
    病身の母との生活を支えるため、仕事を掛け持ちし働きづめの毎日を送っているジャズ。思いあまって母の元雇い主に窮状を訴える手紙を送ったところ屋敷に呼ばれるが、現れたのはその息子、レロヴィア国の皇太子ヴィターレだった。かつての想い人とまさかこんな形で再会するなんて…。ヴィターレは、ある事に協力し、しばらく宮殿に住み込むなら援助をしようと約束した。だが数週間後、事態は急変する。ジャズが妊娠したのだ。たび重なる彼の誘惑の罠に落ちて――。
  • 無垢を摘んだ皇太子
    完結
    -
    砂漠の国の美しい皇太子イリアスに唇を奪われて、マギーは無垢な体を羞恥で震わせた――。星空観賞ツアーで、マギーは眠っていたところをいきなり囚われた。豪奢なテントで待っていたのは、皇太子イリアス。身に覚えのない罪を問われ、憤慨したマギーが水を飲むことすら拒むと、彼が強引に口移しをしてきて…。蜜のように甘いキスは、24歳で未だ純潔なままのマギーの心に、淡い恋の火をともした。やがて皇太子から、ハーレムの寵姫となるよう迫られるとも知らずに。
  • 美しき女戦士
    完結
    4.0
    「俺はこの領地のすべてを要求する。その中にはあなた自身も含まれる」女城主キャサリンは、我が地を奪いに来た騎士サー・セネットの言葉に毅然と逆らう一方で、胸の内ではいまだかつてない感情に動揺していた。彼が領主になる条件は自分との結婚だと王から聞いているキャサリンは、断固として拒むつもりでいたのだが…。サー・セネットの鋭い目、多くの戦場で鍛えあげられた強靭な肉体、それらの野性的な魅力がキャサリンの心を一瞬で捕らえてしまった――。
  • 選ばれたシンデレラ
    完結
    -
    企画会社で働くジェマの前に、突然目もくらむほど美しい長身の男性が現れた。トリスタン・マルコ…最高級ホテルでのパーティーを依頼してきた謎の大富豪だわ! はるばる欧州のモントヴィア国から打ち合わせにやって来たという彼は、ジェマをクルージングへと誘ってきた。ひと目惚れは危険だと嫌というほど思い知ったのに、彼の魅力に抗えない。新たな恋の予感に戸惑いながらも心をときめかせるジェマ。トリスタンの正体が、モントヴィア国の皇太子だとは知らずに。
  • 乙女を愛した悪魔
    完結
    5.0
    「6年ぶりに帰るよ。兄として君と公爵の婚約を祝うために」待ち詫びたサムからの手紙は、令嬢イーヴリンが望んだ答えではなかった。幼い頃、父親が孤児院からひきとったサムに、15の夏初めてのキスを奪われ恋をした。でもサムにとっては遠くの医大へ行く前の、妹への別れの挨拶にすぎなかったのだ。未練を断ち、優しい公爵の愛を受け入れることにしたイーヴリン。しかし麗しい医師となって現れたサムは、純潔を誓う花嫁を惑わす背徳の愛と、罪深い秘密を隠していた!
  • 銀色に光る海で
    完結
    -
    19世紀。ファンが管理人をしている海辺の屋敷に新しい主人が来た。海軍で成功を立て、巨万の富を得た公爵家のジョージ・クレアモント。魅力的な彼に、ファンの胸は甘くときめく。しかし彼女には、彼を愛してはいけない秘密があった…。実はファンは彼と敵対する密輸団の頭領だったのだ!許されぬ恋の行方は……!?
  • 国王と寵愛なき愛人
    完結
    4.6
    「さようなら永遠に」たったひと言のメールを残し、最愛の恋人ザフィルが突然姿を消した。真意を確かめようとローレンは彼の故郷である砂漠の国ベーラートを訪れるが、そこで目にした光景はあまりに予想外だった。なんとザフィルが新国王として現れたのだ! 彼はローレンを見下し宮殿へと連行すると、国王に危害を加えるテロリストだと決めつけてきた。私の愛したザフィルはもうどこにもいないの? 悲しみにくれるローレンだが、彼の子を妊娠していると発覚し…!?
  • 婚礼の夜に
    完結
    4.0
    初めての舞踏会、初めてのワルツ、初めての恋…。ティルダは淡くときめいた紳士にひどい言葉を浴びせられ、深く傷ついた…。7年後、ティルダは付添人として、従妹に求婚した公爵のパーティに出かけた。現れた公爵の顔を見たとたん、ティルダの顔から血の気が失せた。「彼は、あの時の…!?」忘れえぬ恋の思い出に心乱されて…!?
  • 砂漠のラプンツェル
    完結
    5.0
    レイシーは、NYのクラブで砂漠の国の王子ハフィズと出逢い一瞬で恋に落ちた。彼の国ルーデイナを訪れるとそこは、大きな夕日と満天の星空が輝く夢みたいな場所で1年間彼と一緒に過ごした。しかし、突然レイシーは終わりの言葉を告げられる。国王の命令により私ではない名門のお嬢様と結婚するという。悲しみに暮れるなか彼は「君の身体も心も手放す気はない」と言うと、次に彼から出た言葉は私を絶望へとつき落とした。これからは愛人としてそばにいろだなんて…!!
  • 天使を抱いたシンデレラ
    完結
    -
    ウエディングドレスのデザイナーのノエルは、パーティーでこの国の王子であるクリスティアンと再会する。ノエルにとってはかけがえのない恋人だったが、理由もわからぬまま彼はノエルを捨てた。それでも、5年の時が流れた今も、彼はかわらずノエルを強く惹きつけてやまなかった。再会の夜、突然ノエルの家を訪れるクリスティアン。家のなかに入ろうとする彼を、思わず制止するノエル。決して知られてはならないの。家の中にいる彼と同じ金色に輝く瞳をした息子の存在を…。
  • 望まぬ花嫁
    完結
    5.0
    貴族の娘エリザベスは兄の友人であるウォーリック男爵レイナーにひと目で心を奪われた。彼が領地に帰ってしまう前にもう一度会いたい…その一心でついたエリザベスの罪のない噓がスキャンダルを引きおこし、レイナーは責任をとって彼女と結婚することに! 望まぬ結婚を強いられた彼はエリザベスに冷ややかに接し、領地に戻りウォーリック城で結婚生活を始めてもそれは変わらないまま…。けれどそれでもかまわない。いつかあなたが心を開いて私を愛してくれたら…。
  • 伯爵家の相続人
    4.0
    父を亡くし、傷心の旅でカナダからイギリスへきたジギー。大道芸で日銭を稼ぐ彼女の前に、ある日一人の男が現れる。彼は彼女の祖父に頼まれ、迎えに来たと言うのだ。魅力的だが、上流階級を匂わす尊大な態度をとる彼に、ジギーはいらだち、反発する。が、「君は伯爵家の相続人だ」と彼が信じられない事を言い・・・!
  • 伯爵のプロポーズ
    完結
    -
    テッサはイギリスに向かう飛行機のなかで、隣席の男性から突然プロポーズされた。彼はドルストン伯爵チャールズ・キャメロン卿。6週間以内に結婚しなければ財産をひき継げないという。テッサには茶番につきあっている暇はない。事故死した妹夫婦の遺児にかかわるトラブルを抱えているのだから。事情を話すと、意外にもチャールズはてきぱきと解決に向けて動いてくれた。なんて頼りがいのある人だろう。だけど財産のために結婚しようとする人なんか信用していいの!?
  • 炎のドレスの誘惑〈【スピンオフ】南の島のロイヤルロマンス〉
    完結
    5.0
    【最終ページにあとがきが付いて再登場!作品の登場人物や漫画家の素顔に迫れる1ページを最後までお楽しみください。】インド洋に浮かぶ美しい島国モラーツ。君主のラフィークは豪華なホテルのオープニングパーティーで宿敵ガスターノ伯爵の姿を眺めていた。今宵伯爵がエスコートするのは、凍てつくような美貌に高貴な雰囲気を漂わせた金髪の女性。彼女には利用価値がある。もし彼女を彼から奪いこの手に収められたら――不愉快なあの男に限界を痛感させ、そのあと罠でからめとるのだ。彼は美しい顔に酷薄な笑みを浮かべ、何も知らない獲物にゆっくりと近づいた…。
  • 蝶に魅せられて
    完結
    -
    キャリアウーマンとして成功を収めながら、老婦人の屋敷に間借りをしているリーザ。そこへ老婦人の甥で伯爵のニコライが訪ねてきた。彼はリーザをひと目見るなり、悪女と決めつけ、正体を暴くために彼女を執拗に追い回すようになる。リーザはニコライの傲慢な態度に怒りを覚えつつも、彼の獲物を射るような眼差しに捕らえられてしまい――。
  • 灰色の伯爵
    完結
    5.0
    借金の肩代わりに、その冷徹さから“灰色の伯爵”と人々から恐れられる貴族チャールズと結婚したケイト。氷のようにクールな彼との生活に不安を感じるけれど、そんな彼女を陰ながら支えていこうとするチャールズの不器用な愛に気付き、徐々に魅かれていく…。しかし、屋敷で起きた事件が、打ち解けはじめた二人の仲を引き裂いて…!?
  • 屋根裏の男爵令嬢
    完結
    3.0
    借金の山を遺して父親が亡くなり、男爵令嬢のグレースは家も財産もすべて失った。これからどうやって生きていけばいいの…。不安に押しつぶされそうになりながらも、返済のためにパン屋の扉を叩いた。そうして下働きにも慣れた頃、パン屋の常連である老侯爵に思いがけない遺産を託される。屋敷と十分な手当、それから戦争で捕虜にされているという侯爵の子息を――。戸惑いながらも彼女は遺言に従って子息を迎えに行った。予期せぬ運命が待ち受けているとも知らずに…。
  • クリスマスは伯爵と
    3.0
    「私は一生独身よ。貴族の男なんて、軽蔑するわ!」と言いはる男爵令嬢ベスと、「裕福な貴族と結婚して幸せに暮らしたい」と望む孤児の従妹フィーミー。彼女たちは、クリスマスの社交場で幼なじみのキース家の兄弟と久しぶりに再会する。兄のジャックは最近、親族の急死により伯爵の地位を得たばかり。爵位目当ての花嫁候補にうんざりしていた彼は、弟のコリンと密かに入れ替わっていたのだが…? それぞれの事情を抱えたまま、2組のカップルに恋が生まれる!
  • スペイン公爵の愛人
    完結
    2.7
    ローレンは今夜、恋人ラモンに妊娠を告げるつもりだった。ところが、彼は実はスペイン公爵家の跡継ぎで、いずれ貴族の花嫁を迎えるつもりだと宣言されてしまう。君は一時の愛人に過ぎないと言われ、悲しみに暮れるローレンは何も言わず彼の前から姿を消した。1年後、彼女が働く弁護士事務所に突然ラモンが現れ、仕事を依頼される。彼はいったいどういうつもり? 息子のことを知られたらどうしよう。再会した彼の熱い瞳は変わらず私を狂おしく燃えたたせるのに…。
  • 天使を買った伯爵
    完結
    5.0
    多額の借金に苦しむエンジェルは、勝負を賭けることに決めた。それはセレブの集まるパーティーで裕福な結婚相手を見つけ、人生の逆転劇を果たすこと! うまく玉の輿に乗れれば、絶望的な暮らしから解放されるのだ。そんな時、声を掛けてきた男性は、頬に傷を負った逞しい肉体をもつ伯爵レイフ・マクファーランドだった。聞くとレイフは、とてつもなく裕福だという。危険な駆け引きでも彼と結婚するためなら、何をひき替えたって構わないわ!!
  • 情熱の結晶と愛なき婚礼
    完結
    3.5
    リリ王女は子供の頃から隣国の王子との結婚が決められていた。…のに、あろうことか王子は、愛する女性と結婚すると言いだした。涙に暮れるリリを王子の弟アレックスは優しく慰めてくれる。あなたは私を嫌っていたのではなかったの? 戸惑いながらも自分を求める瞳に、リリは純潔を捧げた。2か月後、新しい命を授かったことがわかり、ふたりは結婚することに。ただ、相手を入れ替えただけの結婚なんて…私も本当の愛を知りたい。でも、彼の心にはふれられない闇が…!?
  • 解かれた封印
    完結
    -
    「ボウ」の愛称で知られるボウリュー伯爵はイギリスでも屈指の富豪で、謎解きの名人としても有名な独身の伊達男だ。狩りで弟が大怪我を負ったと聞き、駆けつけたボウは、古びたドレスに頭巾という姿の老婆が、弟の治療にあたっているのを見て驚く。こんな田舎の薬草医にいったい何ができるというのか? ところが、老婆を装っていたのは若く美しい知性に富んだ未亡人、ローラ・マーティンだった。彼女のような女性が、なぜ? はじめは好奇心から近づいたボウだが…。
  • 名目だけの花嫁
    完結
    5.0
    ウエディングドレスが着られるなんて夢みたい。クリスティーナは美しく変身した自分の姿に胸を躍らせた。みにくいアヒルの子とあだ名され、親から冷たく遠ざけられてきた自分に結婚なんて無縁だと思っていたのに。しかも相手はずっと憧れていた男性…アレンチア国の皇太子アントニオ。私の役目は彼の妹のスキャンダルから国民の目をそらすため彼の名目上の花嫁になること。偽りの結婚なんだもの、彼に愛してもらえるはずがないとわかっているのに…なぜ苦しいの…?
  • 十七歳の純愛を王に
    完結
    -
    叔父の手により、悪名高い王への貢ぎ物として差し出された17歳のリナ。ところが王は急逝し、若き国王となったサイードはハーレムを持つつもりはないと告げ帰宅を命じた。「私にはもう行く所はありません…ここで雇っていただけませんか?」懇願するリナが文字も読めないと知るとサイードは彼女の後見人になると宣言し、学ぶ機会を与えた。彼に恩返しがしたい…その一心で勉学に励むリナ。4年後、すっかり大人に成長したリナにサイードは思いがけない要求をして…!?
  • 愛人以下の花嫁
    完結
    5.0
    イギリス人家庭教師ファーンは雇い主に従ってクアマラ国のオアシスを訪れ、妻を亡くした王ザフィルと出会う。ふたりは思いがけず恋に落ちるが、幼い頃から“色欲は罪"と教えこまれてきたファーンは、23歳の今でも純潔を守りつづけていた。ところがザフィルがオアシスを去る前日、情熱に駆られついに身を捧げ、その結果、彼の子を身ごもってしまったのだ。おなかの子は禁忌の証……ザフィルに伝えることすらできず、ファーンはひとりクアマラ国をあとにするが…!?
  • 愛なき王と麗しの花
    完結
    3.0
    モデルのアビーは半年前、砂漠の国での撮影中に盗賊団にさらわれた。もうだめだと諦めかけたその時、麗しい馬が駆けこんできた。馬上には長衣姿の世にも美しい男性が。ザインと名乗る彼が現れてすぐにアビーは解放された。この人は何者なの…? アビーはザインの胸に抱かれ、夜の砂漠を馬で駆けた。イギリスに帰国してからも彼を思うと胸をときめく。そして今、突然呼び出された彼女は驚愕の事実を告げられる。ザインは一国の王位継承者で、あなたは彼の妻なのだ、と。
  • 愛なき君主の手に堕ちて
    完結
    -
    いくつものトラブルを解決してきた敏腕秘書フェリシアの新しい依頼人は、ザジニア国の王太子ケダ。彼と目があった瞬間、フェリシアの体は熱く燃えあがった。いつもなら依頼人とはベッドをともにしないと初めに断言するのに、思わず忘れてしまうほどに、美しきケダの罪深い色香に圧倒されてしまったのだ。彼はじきに花嫁を娶るのよ。私がトラブルを招くなんて決してあってはならない。だが、フェリシアの信念をよそに、ケダに激しく翻弄される運命は回りはじめていた!!
  • 悪魔を愛したシンデレラ
    完結
    -
    祖母を亡くし天涯孤独の身となったピア。ところが、巨大企業の創設者である祖父の存在がわかり彼女は一躍、時の人となった。祖父のジオはピアにすべての遺産を与えると決め、ついては彼女を守るために、花婿探しまで始めことに? お披露目パーティーで出会った祖父の会社のCEOラファエルは、彼女を見るなり、「ジオは王子様を買ったのか?」と罵り、ピアが祖父を騙していると決めつけた。美しい外見とは裏腹に悪魔のような男性、これ以上、彼には近づいてはいけないわ!
  • あなたに捧ぐ詩
    完結
    4.5
    最愛の恋人に南洋へと旅立たれ、さらに父も亡くしすべてを失ったジュリアンナは、卑劣な義兄の命令で見も知らぬ男性に嫁ぐことに。結婚式当日、彼女の前に現れたのは20歳も年上の男性サー・エドマンド。こんな冷淡で人を寄せつけない男性と、これから一緒に過ごすなんて…! 不安なジュリアンナに、彼はなぜか清い関係でいることを提案。ともに暮らしサー・エドマンドの優しさにふれるうち、ジュリアンナは彼に心惹かれていく。そんな彼女の前に恋人が戻ってきて…!?
  • アマルフィの花嫁
    完結
    4.7
    一人旅でやって来た南イタリアの夜。まじめすぎるレジーナにとって、初めての冒険相手は、あまりに危険なジゴロだった!まさかお堅い弁護士の自分が、よく知りもしない男性に一瞬で身を捧げてしまうなんて…。それほど彼、ニコ・ロマーノは、強烈な魅力で周りのすべての女性を虜にするのだ。そんな彼は、地元では有名人らしい。だってほら、彼といるだけで周囲がざわめくわ。けれどレジーナは知らなかった。まさか彼が本当は高名な公爵だったとは…!
  • 異国の君主と花売り娘
    完結
    -
    「シャキル…?」ロンドンのザラット大使館のパーティーでシーク・イドリースを紹介され、アーデンはめまいを覚えた。端整な顔立ち、官能的な唇、なぜか軽蔑のにじむ褐色の瞳――私の人生を一変させて消息を絶ったシャキルその人だった。4年前、旅先で惹かれ恋に落ち、夢のような1週間を過ごしたが、彼は落ち合うはずのパリに現れなかった。偽名を使った火遊びだったとわかり、深く傷つきながらも、アーデンは翌朝訪ねてきた彼と熱い口づけを交わしてしまい…。
  • イタリア貴族の籠の鳥
    完結
    4.3
    弟に誘われローマへやって来たリリー。迎えの車に乗せられ辿りついた場所にいたのは弟ではなく、ギリシアの彫刻のように美しい男性、ドミトリ・スカルレッティ伯爵だった! 冷たい蔑みの目でリリーを見据え、彼は衝撃の事実を告げる。ドミトリの個人秘書である弟が、彼の妹と駆け落ちをしたというのだ。さらに弟が連絡をして来るまでリリーを屋敷に留まらせるという。使用人も休暇に入り、誰もいない屋敷に危険な香りのするドミトリとふたりきりになったリリーは…!?
  • 一万ポンドの花婿
    3.0
    クラリッサは貴族の娘だが両親を早くに亡くし、寄宿学校でさびしい少女時代を送った。そして今、後見人のおじまでもが危篤だという。もし、おじが亡くなれば法によりクラリッサの全財産は没収。それを防ぐには誰かと結婚するしかないというのに、財産目当てのいやらしいいとこがクラリッサにつきまとって離れない。困った彼女は一計を案じ、財産をもたない伯爵家の次男坊ヒューに、「1万ポンドとひき換えに私と駆け落ちして!」ともちかけるが?
  • いとしの王子様
    完結
    -
    幼稚園教諭のローレンは、とてもまじめで堅実なタイプ。そんなローレンが友人の結婚式で初めて出会った相手と一夜の過ちを犯してしまった。アレックスという名前しか知らない彼はとても魅力的だったけれど、もう二度と会うことはないと思っていた。ところが、なりゆきから彼とルームシェアをするはめに。ローレンはけじめをつけようと、絶対にベッドをともにしないというルールを設けるが、得体の知れないアレックスにたびたび誘惑され、心は激しく揺れて……。
  • 美しき義賊
    完結
    5.0
    17世紀半ばイギリスの街道に辻強盗が出没し、王の頭を悩ませていた。片田舎で暮らすセーラは、王の無茶な徴税のせいで貧困にあえぐ村に心を砕き助けていた。私が罪を犯すのにも限界があるわ。そう、辻強盗はセーラだったのだ!! ある日、崖で落ちそうなところを端麗な男性に助けられる。叔父の知りあいの彼は、なんと国王の側近ラトリッジ卿だった。彼は、辻強盗を探しに来たのかもしれないと疑った彼女は距離を置くも「宮廷の礼儀を教えよう」と突然キスをされて!?
  • 美しき公爵の愛の詩
    完結
    -
    大学講師のアビーは失恋を癒しに訪れたヨーロッパ旅行で、美しい男性ラウルに一瞬で心を奪われてしまう。滞在するワイナリーの経営者である彼は、日に焼けた引きしまった体を持ち、黒い瞳はどこか憂いを帯びていて女心をかりたてる。その瞳と熱く視線が絡みあえば、アビーはもう、ラウルこそが運命の恋人であってほしいと願わずにはいられなかった。まさか、彼がフランスの公爵で、家柄を重んじる富豪一族から手ひどい仕打ちを受けることになるとも知らずに…。
  • 王家の花嫁
    完結
    -
    亡き親友プリンセス・ジェンマに彼女の子を託されたアビー。我が子には冷酷なバガトン家の人間に囲まれて育ってほしくない…彼女の遺言に応えるため、アビーは別人になりすまし小さな町で子供と静かに暮らしてきた。ところがある日、ジェンマの異母兄プリンス・カイランが現れる。彼はアビーを誘拐犯だと罵り、子供の引き渡しを要求してきた。ダメ、この子には愛情が必要なのよ。頑なに拒むアビーにカイランは「きみが僕と結婚をすればすべて解決する」と迫って…!?
  • 王子と孤独なシンデレラ
    完結
    -
    二度も恋人に裏切られて男性不信に陥ったシドニーは、専門クリニックで子供をもうけ、ひとりで小さな息子を育てていた。ある日、訪れた百貨店で偶然出会った息をのむほどハンサムな男性ルールに声をかけられる。初めは戸惑ったシドニーだが、息子の事情も受け入れてくれる彼にどんどん惹かれていく…。しかし、驚くことにルールは地中海の公国のプリンスで、さらにシドニーと結婚したいと言いだして!? ――恋に舞いあがる彼女は気づかなかった。彼の重大な秘密を――…。
  • 億万長者のプロポーズ
    -
    社交術を学ぶために名家に預けられることになった伯爵令嬢のアビー。 彼女はパーティの夜、ハンサムな男性、エミリオにダンスを誘われる。舞い上がり彼を求めるが、すげなく拒絶された。 9年後、PR会社で働く彼女の前に取引先の会長として再びエミリオが現れた! しかし、彼はアビーだと気付かずに誘惑してきて・・・。
  • 脅されたプリンセス
    完結
    -
    レイラは小さな国アラクルの王女だったが、独裁者の父親から母親とともにアメリカに逃れた。12年の月日がたち、故国のことも忘れかけたある日、彼女の前にかつて正式に婚約していたアーデルが現れた。突然の訪問に驚く彼女に、彼は冷ややかな眼差しを向けた。そして命令口調で「きみはぼくと結婚しなければならない」と宣言する。幼い頃の婚約など、とうに無効だと信じていた彼女にとってあまりに信じられないことだったが、事態は思わぬ方向に進んでいき――…!?
  • 海賊富豪と愛の妖精
    完結
    5.0
    悲しい過去から堅実さと分別を何より大切に生きてきたアンナは、スペインの島を訪れていた。リゾートを営む母に1か月後の結婚式の準備を頼まれたのだ。そんなある日、クルーザーで上陸する人物に目を奪われた。まるで海賊のような危険な雰囲気のその男性は、花嫁の兄レオだと名乗る。彼のような男に恋をしても傷つくだけ…。頭は警鐘を鳴らすが心は彼女を裏切っていく。その時、レオが結婚式の準備を手伝うと申し出てきて、生活をともにすることになってしまい…?
  • 勝ち気な花嫁
    完結
    4.5
    身重の姉のわがままにつきあい、出産まで田舎の屋敷で過ごすことになったエレナ。社交シーズン中にロンドンを離れるなんて! でも、身勝手な姉には昔からかなわない。あきらめて旅立ったエレナは、運命のいたずらか、とある宿屋で間違ってバックランド伯爵の部屋で眠りこんでしまう。翌朝目覚めると、そこには社交界随一と噂されるハンサムな伯爵が、一糸まとわぬ姿で横たわっていた! おまけにその現場を牧師に目撃され、名誉のため、ふたりは結婚することに…!?
  • 仮面舞踏会は公爵と
    完結
    3.5
    水晶のような青い瞳に瑞々しい肢体――。1812年、ロシア革命のおよそ百年前。ロシア軍に少年さながらの美しさを誇るひとりの大尉がいた。名をアレックス。皇帝のお気に入りとして、この度英国へ随行してきたが、彼の正体は女なのだ!貴族の家に生まれたが、望まぬ結婚を迫られ家出して以来、男のふりをして生きてきた。けれど訪れた英国で聡明なコールダー公爵と出会い、初めての恋を知る。そして開かれた仮面舞踏会の夜。アレックスは女として公爵の前に姿を見せ…。
  • カリアキスの秘密の跡継ぎ
    完結
    -
    国王の伝記制作のため、地中海の島国アゴン王国を訪れたジョーは出迎えに現れた王子様を見て驚愕した。テオ! 5年前、身も心も捧げた運命の恋人。しかし、リゾート島を出ていった彼から連絡はなかった。その彼が、まさかテセウス殿下だったなんて。彼は偽名をつかい、短いアバンチュールを楽しんだに過ぎなかったのだ。ジョーにとっては最愛の息子を身ごもり、人生を変えた夜だったけれど。そして今夜、彼は王家のため舞踏会で未来のお妃探しをすると聞き――。
  • 貴公子と壁の花
    完結
    5.0
    グレイスは16歳のときに両親を亡くしたあと、叔父に引き取られた。最初は優しかった叔父だが、ある晩を境に豹変し、グレイスは虐待を受けるようになった。それから数年後。やっと舞踏会への出席を許されたのだが…。みすぼらしいドレスをまとった娘を誰が花嫁にしたいと言うの? 財産も持参金もない私は、見向きもされない壁の花――。ところが彼女に、伯爵位継承者のケイン・モーリーがいきなり結婚を申しこんできた。負傷して失った片目に、ある思惑を忍ばせて…。
  • 貴公子と裸足の淑女
    完結
    -
    ツアーガイドのフェイスが勤める会社が突然倒産した。家も仕事も失い空港で途方に暮れている時、偶然ガイドを探している男性に出会う。首尾よく臨時ガイドとして雇われたフェイスだが彼の名を聞いて凍りついた。ドミニク・ベレスフォード!? 私と同じ上流階級の貴族だわ! 私の正体…失踪中のファウルミア家の相続人だと知られるわけには…。不安を抱えたまま仕事に打ちこむフェイスだが、ドミニクのやさしさとつらい過去の傷を知るうち、彼に惹かれはじめてしまい…。
  • 貴公子と床磨きの乙女
    完結
    4.5
    覚えていたのは名前と年齢だけ。道端をひとり歩いていたところを保護され、里親を転々とする不遇な子供時代を過ごしたマギー。ある夜、コーヒーショップで働く彼女が床磨きをしていると、護衛たちを大勢ひきつれた尊大な男性がいきなり入ってくる。彼はコンスタンティン国王レザと名乗り、厳かに口を開いた。マギーは彼の隣国の、行方不明だったプリンセスだというのだ。国王自ら王女教育をするというが、その理由は――「君は生まれたときに私と婚約したからだ」
  • 禁断の二人
    完結
    -
    世間からトラブルメイカーと呼ばれている売れない歌手のイジーは、サンティナ王国の皇太子と結婚する姉の披露宴でも、勝手にステージで歌ってしまう。でもそれは、ある大きなコンサートの総責任者である第二王子のマッテオに、自分の歌をどうしても聴いてもらいたかったから。途中でマッテオにステージから引きずり下ろされたイジーは懸命にアピールを続けるが、事態は最悪の展開に。あろうことか冷淡なプリンス・マッテオの邸宅に、閉じ込められるはめになって――!?
  • 金の砂漠と白い雪
    完結
    3.5
    「私と結婚してください」オストリッヒ王国のプリンセス・カタリーナは、“ハジャールの野獣”と呼ばれる同盟国の王ザーヒルに懇願した。だが、鷹のように冷たく鋭い瞳と傷だらけの身体に圧倒されて彼女は言葉を失った。いいえ、私にはこの結婚を成功させる使命がある! カタリーナは、彼に形式的な結婚だと説明して承諾を得るも、驚くことに彼は――「本物の結婚に見せる必要がある」というのだ。書類を交わして帰国するつもりが、ザーヒルの宮殿に住むことに…!?
  • 金の鳥かごの寵姫
    完結
    -
    売れなくなった歌手の母とミリーはハリーファ王の豪華なヨットに招待されるが、そこは怪しげな宴がひらかれ、ひと目でおかしいとミリーは察した。好色な王はミリーにまで迫るが、砂漠の鷹と異名をとるハリド王子の転機で難を逃れる。しかし翌日、母は冷たくなって発見された。王子は母を無事に帰すと約束したのに! 8年後、クリーニング店で働くミリーは“あの”ヨットにシーツを届けることに。ハリド王子に会えば母の死の真実がわかる…そう思っていたら彼が突然現れて!?
  • 恋とワインと伯爵と
    完結
    -
    アメリアは、街中でとてもすてきなフランス人男性に偶然、2度も出くわした。これはもう運命の人だわ!デートを申し込まれ、有頂天だった彼女だが、自宅で新聞を開いて、その男性がきわめて有名なプレイボーイ伯爵レミーだと気がついた。そんな有名人が私なんかを相手にするわけがない。どうやら彼の目的は、アメリアが相続したおばの遺産らしい。それならそれでもいい。恋人にふられたばかりのアメリアは、恋の達人レミーにある願いを叶えてもらおうと決心した!
  • 恋を忘れた公爵
    完結
    5.0
    クララは裕福な貴族の娘。キス1つ知らない世間知らずの箱入り娘だったが、年頃になり、財産目当ての求婚や貴族たちからの浮ついた誘惑にうんざりしていた。そこで彼女は、“ロンドンの偉大なる放蕩者“、セバスチャン・フリート公爵に、男性のあしらい方を教えてほしいと頼み込む。だがクララは考えてもみなかった。以前、世慣れた美青年のセバスチャンに熱をあげたこともあったけれど、まさかすべてを捧げてもいいと思えるほど、再び彼に惹かれてしまうとは…!
  • 公爵に捧げた無垢な恋
    完結
    5.0
    ピアは親友の結婚式に現れた亜麻色の髪の男性を見て、目をみはった。ホーク――3年前、ひと目で惹かれ恋に落ち、初めての夜を捧げた翌朝、突然姿を消した人。唖然とするピアに対し、ホークは変わらぬ魅惑的な笑顔で振る舞っている。しかも参列者たちから“公爵”と呼ばれ称えられていて…!? あまりの展開に憤りながらも、ホークに再び惑わされてはいけないと心に誓ったピア。しかし、事あるごとにホークと顔をあわせることになり、熱い想いがよみがえりはじめ!?
  • 侯爵に盗まれたキス
    完結
    5.0
    学生時代のあだ名は「ガリ勉」。女の子らしいことは何ひとつせず勉強ばかりしていた。高すぎる背も、ぺちゃんこな胸もかわいい女の子にはほど遠い。だからずっと思っていた。私に恋は似合わないって。そんなケイトリンの前に現れたのは精悍な顔立ちの尊大なスペイン人侯爵ラファエロ。しかし、彼は彼女にとって大恩あるサクソン家の私生児で、自分と母を捨てた実の父を訪ねてきたと言うのだ。彼が私を誘惑するのは、サクソン家に勤める私を復讐の道具にするため…!
  • 公爵のたくらみ
    2.0
    考古学者のイゾベルは、海底に眠る古代遺跡の調査のためシチリアにやって来た。公爵家のプライベートビーチで2千年前の沈没船がみつかったのだ。奇跡的な大発見に感動するイゾベルだったが、ある日の海底調査中、古代の貴重な金貨を盗む男性が彼女の目の前に現れる。相手はギリシア彫刻のようなたくましい男性だけど見逃すわけにはいかないわ! 使命感に燃える彼女は犯人を追い詰めるが、彼は悪びれもせず笑みを浮かべ、キスしてくれれば返すと言い張るばかりで!?
  • 侯爵の逃げ出した花嫁
    完結
    3.0
    ベリンダの結婚式の最中、突然男性の声が響いた。「ベリンダはぼくの妻だ」――声の主は不動産王のイースターブリッジ侯爵ことコリン・グランヴィル。2年前に訪れたラスベガスで、ハンサムでセクシーな彼の甘い誘惑に我を忘れ、愚かな言葉を口にした。「結婚するなら、あなたのベッドに行くわ」――まさか本当に結婚式を挙げて、ベッドへさらわれるとは思いもせずに…。しかし翌日、結婚は白紙撤回したはずなのに、いったいなぜ彼は私の結婚を邪魔するの…!?
  • 公爵のプロポーズ
    3.0
    考古学者のジョアンナは、1500年前に朽ちた古城の調査のためモンテジャーノ公爵の館を訪れた。その土地の現在の領主はグスターヴォ・モンテジャーノ、ジョアンナの元婚約者であり、彼女の初恋相手だった。かつてジョアンナは他の女性を愛する彼の幸せを願って、恋心を隠し身をひいたのだ。けれど幸せに暮らしているとばかり思っていた彼は、離婚した妻と娘との関係に悩み、以前はなかった孤独の影を背負っていた。救いを求める彼の手を振り払えないジョアンナは…!?
  • 氷の伯爵と花売り娘
    完結
    -
    花屋で働くイレーナは、隣家の新しい主に思わず目を奪われた。ニコ・ラドクリフ…ヨーロッパの小国の伯爵だという彼は知性と冷酷さでビジネスを成功させつづけるプレイボーイで、危険なほど魅力的だった。彼は別世界の人…惑わされるわけにはいかないわ。ところがニコから思いがけない依頼が舞いこんだ。司書の資格をもつイレーナに、屋敷の古文書の整理を頼みたいという。仕事には興味があるけれど…彼と会う機会が増えてしまう。いったいどうしたらいいの?
  • 国王がついた嘘
    完結
    5.0
    サンティナ王国の不名誉な姫カーロッタは、政略結婚から逃げた妹の身代わりとして、婚約者である近国の王子ロドリゲスに我が身を差し出すことにした。すべては愛する父王の信頼を取り戻すため。かつて犯した過ちを償うのに祖国を興す成婚ほど大きなチャンスはない。高慢なロドリゲスの値踏みするような視線にも耐えたカーロッタだが、次に彼が発した条件は、彼女のかけがえのない心の支えをひどく踏みにじるものだった――。果たして波乱に始まった結婚の行方は…!?
  • 孤高の王のあやまち
    完結
    5.0
    かつてスーパーモデルだったカットは、小さなレストランで働いている。そこへ元婚約者ザフィールが現れた。彼は今や砂漠の国の王となり、自国の観光と外交のため、国宝のダイヤモンドを身に着けて外交訪問に同行する仕事の依頼をしに来たのだった。断ろうとするカットに、ザフィールが高圧的に迫る。その魅力に抗えないカットだが、もうひとつ、どうしても依頼を受けられない事情があった。それを知れば、彼もカットと再会したことを後悔するに違いない事情が…。
  • 孤高の伯爵
    1.0
    ダイアンはお伽噺など信じていなかった。たとえ妹がヨーロッパの小国エルビアの王と結婚していても。だがある日、王の側近トーマスが彼女のもとを訪れ、すべては変わった。不実な夫に去られて傷ついていた彼女を、トーマスは「君には休暇が必要だ」と言って強引にエルビアへと連れていったのだ!伯爵の称号をもつ美しい彼にエスコートされ、ダイアンはふと、お伽噺を信じてみたくなった。身分違いはわかっているわ。でも、この休暇の間だけでも彼と愛しあえたなら…。
  • 孤高の不良公爵
    完結
    3.0
    最高級クラブで露出の高いドレスを着て歌うことになったイシー。所属する劇場の借金を返すためとは言え恥ずかしくて胸がはりさけそう。しかも、客のなかに初恋の人ジョヴァンニを見つける。イシーの母が家政婦をしていた公爵家の御曹子だが、純潔を捧げた翌日に手ひどくふられた冷酷な男性だ。酔っ払いにからまれる彼女を救ってくれた彼は軽蔑のまなざしでイシーを見つめ、「ストリッパーになるくらいなら僕のところに来い」と言う。苦渋の思いで屋敷を訪ねると…!?
  • 孤島の伯爵
    完結
    3.7
    グレイス・ハンターはのっぴきならない用事で来られなくなった教授に代わり、急きょ古文書の調査をまかされた。貴重な古文書が発見されたのは、まるで要塞のような人を寄せつけないイタリアの孤島の城――。城の主はアレッサンドロ・ヴォルタ。ピアニストだった彼は10年前の悲惨な事故で顔を負傷して以来、先祖代々の古城に隠棲してきた伯爵だ。彼はグレイスの姿を目にするなり激怒して言い放った。「呼びつけたのは娼婦ではない。今すぐ出ていけ!」
  • 婚礼宮にさらわれて
    完結
    -
    父の詐欺事件に巻きこまれて破産したジェンマは恋人も失い、唯一残された生きる道をモデルの仕事に求めていた。ところが、砂漠の国サイディアで撮影をしていたとき、人前で肌をさらした罪で国王ミカエルに捕らえられ、厳しい裁定を下される。それは国王の妻のひとりとして異国の宮殿に閉じ込められるという、愛し愛される権利を彼女から永遠に奪う最悪な罰だった。結婚式もないまま国民の目にさらされ、王と16日間のハネムーンを過ごすため宮殿へつれ去られるが…。
  • さすらいのプリンセス
    完結
    -
    ジェイナは車が故障してヒッチハイクをしていた。そこにパトカーが通りかかり、降りてきたのは超美形の警察署長ヘンリー。ちょっと心が騒ぐジェスだったが、彼女は警察とあまりお近づきになりたくない事情があった。彼女はさすらいの民の一員だったのだ。おりしも町では展覧会が催され、王家にまつわる有名なダイヤモンドが展示されることになっていた。しかし、ジェイナのいとこが盗もうとしていたことが発覚し、仲間と疑われたジェイナは、ヘンリーに捕まってしまい…!?
  • サタンの花嫁
    完結
    -
    厳格な清教徒の叔父に育てられたアネリスは禁欲的な生活を送っていた。ある日、亡き父が彼女の後見人として選んだ人物がロンドンにいると聞いた彼女は自由を求め彼――…セントジョン侯爵に謁見することに。アネリスは、侯爵の顔を見て驚いた。村で出逢い心を奪われた王党派の彼だったのだ。運命の恋だと思っていたのに…まさか彼が後見人だなんて! 優しかった侯爵は、荒波のように冷たく私をつき放した。まるで、サタンと呼ばれている秘密を隠すように。
  • 砂漠の一夜の代償/逃避行は地中海で
    完結
    -
    許嫁の砂漠の首長タージに恋しながら、彼の目当てが父親の石油会社との提携だと知り婚約を解消したアンジェリーナ。しかし、彼への気持ちは高まるばかりで、3年後、ナニーとして働く彼女の前にタージがふたたび現れた夜、彼の魅力にあらがえず純潔を捧げてしまった。衝動に身をまかせたアンジェリーナを待っていたのは妊娠…。タージに告げると、宮殿に連れてこられ、有無を言わせず強引に結婚を迫られ!? (「砂漠の一夜の代償」)。「逃避行は地中海で」も同時収録。
  • 砂漠の魔法に魅せられて
    完結
    5.0
    新米看護師のアデルは、医師ザヒールに想いを寄せていたが、これが現実的な恋でないこともわかっていた。彼は砂漠の国マムラカットの皇太子、本来なら気安く口もきけない男性だった。しかし、偶然助けた王妃に気に入られ、付添看護人として彼の国へと招かれることになる。盛装を身にまとったザヒールを見て、住む世界の違いをまざまざと感じるアデル。しかし、ふたりきりになった瞬間、彼は熱いまなざしで唇を重ねてきた。だめよ、彼は隣国の王女と結婚する身なのに…。
  • さらわれた純潔の花嫁
    完結
    -
    幼い時に故国を離れ、自分の素性も知らず育ったブライア。“恐ろしい人間に見つからないよう目立たず生きること。”養父母の教えを守り息をひそめて暮らしてきたが、ある日、何者かに拉致されてしまう。やがて目覚めたとき、彼女は美しい男性の腕の中にいた…。サンタミラグロ国の皇太子フェリペと名乗るその男性は、ブライアの正体が隣国の王女だと告げ、有無を言わせず故国につれ去った。遠ざかる意識の中でブライアは「君は僕と結婚するんだ」という囁きを聞き…。
  • 幸せの約束
    完結
    3.5
    旅の途中で吹雪に見舞われ、キャンピオン城に身を寄せることになった美しい未亡人・ジョイ。クリスマス前夜の思いがけない来客をキャンピオン伯爵は暖かく歓迎する。これまで男性に頼らずに生きてきた気丈なジョイだが、伯爵の優雅で洗練された態度から目が離せない。一方、伯爵も…!?
  • 仕組まれた縁組
    完結
    4.5
    ペニーは異父兄の借金のかたに、ダーレストン伯爵に妹の身代わりとして嫁ぐことになった。少女の頃の不幸な事故のせいで、ほとんど目が見えないという事実を隠して。伯爵はワーテルローの英雄と呼ばれ、女性の憧れの的だが、家督相続のためすぐに結婚して子供をもうけなければならないという。ペニーが騙すような形でやってきたことを知り、伯爵は激怒。3年のうちに跡継ぎができなければ離縁すると宣言し、うろたえるペニーの唇を無理やり奪った!
  • 子爵に片想い
    完結
    4.9
    名付け親の伯爵の死の真相を探るため、令嬢ジョージアナは大胆にも少年に扮してロンドンに向かった。容疑者のひとりに名があがっていたフィンチャム子爵を追ううち、街中で突然子爵が何者かに襲われた。その場にいあわせたジョージアナは、思いがけず彼の窮地を救うことに。命を助けてくれた美しい瞳の少年に心動かされた子爵は、その正体が卑しからぬ身分の若い女性だと見抜くや好奇心を抑えきれず、ある提案を口にしていた。自分の従者として働く気はないか…と。
  • 紳士の約束
    完結
    5.0
    教師のレオノーラは、除隊したばかりの荒くれ兵士モースを3か月で紳士に育てあげようと奮闘中。ことの始まりは伯父との賭け。勝てば財産を譲渡してもらい、彼女はある夢を叶えることができるのだ。モースは見た目こそ紳士らしい風貌でハンサムだが、問題はそれらしくふるまう気がまったくないこと。しかもレオノーラが奥手だと見抜くと、からかうように誘惑してきて…。モースの無鉄砲な恋愛遊戯に授業を阻まれて、レオノーラの夢と清い心は絶体絶命のピンチ…!?
  • シンデレラ・ウェイトレス
    完結
    -
    父を知らず母に捨てられ、施設で育ったミカはひとりで運命を切り開いていこうと決めていた。大事なものは自由。男性にも私自身を捧げたりはしない。しかし、アマルフィで命を助けてくれたラウルは紳士的で信じることができた。お礼にとバイト先を紹介し、始まった共同生活…。ラウルも同じくミカに魅力を感じていたが、軽はずみなことはできないと自制していた。彼の正体は地中海の王国の皇太子。来月には戴冠式のために帰国し、政略結婚をしなければいけない身だった。
  • シンデレラ失格
    完結
    3.0
    ヨーロッパの小国アゴンの王宮博物館の学芸員エイミーは、皇太子ヘリオスと惹かれあい、秘密の関係を持つようになった。しかし、いずれ国王になる彼は王族から后を迎えねばならず、ふたりの関係は初めから彼の結婚が決まるまでと限定されていた。そんなとき、ヘリオスの后選びのための舞踏会の開催が決まった。思いがけない胸の痛みに、彼への愛を再認識したエイミーは、みずから身を引く決心をするが、ヘリオスは無情にも愛人を続けるよう迫り…!?
  • シンデレラの恋は儚く
    完結
    5.0
    放蕩者の父が亡くなり、パブの掃除係として働きづめだったキャリーは憧れのイタリアへ旅に出た。アマルフィのホテルでハンサムな男性ルカに誘われ、アバンチュールに心が揺れるものの彼を拒んでしまう。もうすぐお金も尽きる…夢の時間は終わりだわ。職を求め公国のレモン畑で働き始めたキャリーだが、偶然にもルカと再会する。彼の魅力の前に今度こそ純潔を捧げてしまうキャリー。彼がこの国の大公で、ある条件のため妻と子供を早急に求めていることを知らずに…。
  • シンデレラを拒んだ秘書
    完結
    4.7
    敬愛するボス、ランダルの幸せをいつも願っている秘書のポピー。彼が愛のない政略結婚をすることになり、心配のあまり少しだけお節介を焼いたら、式当日に花嫁が消えてしまう事態に!? ポピーの仕業かと問いつめるボスには、実は迫る35歳の誕生日までに結婚しなければならない理由があった。急いで次の花嫁を決めなければならない。それを知り青ざめたポピーは、ランダルから渡された候補リストを見てさらにうろたえた。なぜ私の名前が書いてあるの!?
  • シークに愛された一夜
    完結
    5.0
    旅先でひったくりに遭い、全財産を失ったティファニー。宿代を稼ぐために雇われた店で、不思議な雰囲気をまとう男性ラフィークに出会う。まるで別世界の住人のようなラフィークに魅せられるまま、ティファニーは彼と夢のような一夜を過ごした。ところが翌朝、ラフィークは彼女を金目当ての商売女だと決めつけてきた。悲しみ、彼の前から立ち去るティファニーはまだ知らない。3か月後、砂漠の国の王子であるラフィークのもとに、妊娠を告げに行くことになるとは…。
  • シークの美しき獲物
    完結
    -
    ニューヨークの路地裏――記者ソフィーは大変な現場に居合わせる。大雨のなか、言い争っているのは砂漠の国スルハーディの国王ザイン・アル-アフマル! ソフィーの存在に気づいた彼は、彼女を強引に自分のリムジンに押し込んだ。一族のスキャンダルを聞かれたことに気づいた彼は、記事にさせるわけにはいかないと彼女を王宮へとつれ去る。そこはソフィーが生きてきた世界とはまるで違う、おとぎ話のように煌びやかな国。幽閉された彼女は心まで国王に囚われて…!?
  • 十年目の蜜月
    完結
    -
    「叔父さん、僕を猿と結婚させるなんてひどいよ!」父に手をひかれ祭壇につれて行かれた幼いベスの心は、美しい少年の言葉にひき裂かれた。彼…アンドルーはまだ10歳のベスにと決められた、若き花婿だった。泣きじゃくるベスをよそにふたりは正式な夫婦となるものの、彼は立ち去り音沙汰のないまま年月が流れ…。10年後、ベスは森で青年に出会う。彼はベスを見るなり美しい妖精だと囁き、唇を奪ってきた。アンドルー…もしかして、私が誰だかわからないというの!?

最近チェックした本