傲慢一覧

  • 伯爵の華麗なる復讐
    値引きあり
    4.3
    パーディタ――彼女の名の意味は〈捨てられし者〉。大海賊の情婦として処刑されるところを、名高き伯爵アンボーンに買われてそう呼ばれることになったが、パーディタには隠している素性があった。伯爵は私を何かに利用しようとしている。それがわかるまで無知で言葉を話せないふりをしよう。たやすく人を信用して騙された、あの過ちを繰り返さないために。だが互いを探りあいながらも、いつしか惹かれあうふたり。伯爵の目的の裏で、実りがたい恋が生まれようとしていた。
  • CEOと偽装結婚
    -
    この結婚、100万ドル!?婚約者に捨てられ、困窮したクレアは巨大ブライダル会社「バニスターウエディング」に好条件で就職する。しかしそこには、予想だにしなかった裏事情があった!傲慢な社長と急接近してしまったクレアの運命は!?ときめきと感動のオフィスロマンス!
  • 花嫁の持参金
    完結
    -
    「これが結婚の最後の儀式だ。服を脱ぐがいい」猛々しい騎士アレクサンダーの抗う隙も与えぬ命令に、修道院を出たばかりの領主の娘リリスは無垢な体を震わせた。故郷に帰る途中で隣の領地からの襲撃に遭ったリリス。その領主であるアレクサンダーに戦争を避けるためと脅され、民を思って囚われの花嫁になったのだが…。悲しみに暮れる彼女はまだ知らない。やがて愚かにも非情な騎士を愛してしまい、さらに大きな悲しみの剣で心を貫かれてしまうことになるなど――!!
  • 偽りの指輪に愛をこめて
    完結
    5.0
    結婚式直前に婚約者に裏切られ女性としての自信を失っていたエミーは、訪れたリゾート島でハンサムな男性マルコの熱い視線に胸をときめかせた。つらい現実を忘れ、心の傷を癒したい…エミーは彼とまるで恋人のように1週間を過ごし、ベッドをともにした。この素敵な思い出があれば生きていけるわ。ところが5か月後、仕事の取引相手のCEOとしてマルコが現れた。そんな…彼がニューヨークの大富豪だったなんて! 私は伝えるべきなの? 彼の子を妊娠していると…。
  • 凍てついたハート 1
    完結
    2.0
    11歳年上の牧場主ブーン・シンクレアに密かに思いを寄せているキーリー。けれど彼はいつも彼女を子供扱いし、冷たい態度をとる。わかってるわ、私はただの子供だって…でも憧れることすら許されないの? そんな時、キーリーはブーンの弟から恋人役を演じてほしいと頼まれた。兄に恋人との交際を反対されたので、キーリーを隠れみのにしてデートをしたいと言う。断りきれずひき受けたキーリーだが、ブーンから「幼なじみになぜ急に恋を?」と問い詰められ…。
  • ハーレムの花嫁 前編
    -
    16世紀半ば、イングランド貴族令嬢エレナは地中海を航海中に海賊にさらわれてしまう。行き先は奴隷市場。絶望するエレナだが…。「その娘、私が買おう」彼女を買ったのは政府高官の子息、傲慢で危険な魅力に満ちたスレイマン。さらに彼はエレナをハーレムに閉じ込めてしまう!「あの美しい男の慰み者になるなんて!」脱走を決意するエレナだが…。
  • アテネで永遠に
    完結
    4.0
    年の離れた富豪ユージーンの後妻となった従姉フェイのために、ケンドラはギリシアを訪れていた。妊娠5か月でマタニティブルーになったフェイの話し相手になるためだ。空港で彼女を出迎えたのは、ハンサムだが傲慢なデーモン。ユージーンの親戚筋にあたる彼は自身も億万長者の会社経営者だ。出会ったときからケンドラは彼に強く惹かれる何かを感じていた。だがデーモンは彼女を財産目当てで結婚したフェイと同類と決めつけて、軽蔑に満ちた目つきで冷たい態度をとり…。
  • 十七歳の純愛を王に
    完結
    -
    叔父の手により、悪名高い王への貢ぎ物として差し出された17歳のリナ。ところが王は急逝し、若き国王となったサイードはハーレムを持つつもりはないと告げ帰宅を命じた。「私にはもう行く所はありません…ここで雇っていただけませんか?」懇願するリナが文字も読めないと知るとサイードは彼女の後見人になると宣言し、学ぶ機会を与えた。彼に恩返しがしたい…その一心で勉学に励むリナ。4年後、すっかり大人に成長したリナにサイードは思いがけない要求をして…!?
  • 花嫁を買ったイタリア富豪
    完結
    5.0
    カリブ海の島で慈善事業団の一員として働くエヴァは、たった二度しか会ったことのない大富豪ダニエレから求婚され、驚愕した。「先祖代々の土地を相続するため、妻が必要なんだ。交換条件として毎年300万ドルの寄付をしよう」愛のない結婚だなんてばかげているわ。だが被災地の悲惨な現状に日々心を痛めているエヴァは悩んだ末、この申し出を受けることに決めた。一緒に暮らしはじめ、エヴァは思いがけない真実に気づいて動揺する。私、彼を愛してしまっている……。
  • 愛の言葉を花束にして
    完結
    4.0
    料理の腕を買われ入院中の姉に代わりレストランを切り盛りするホリーは、パーティーの正餐の準備のため、街で屈指の名家マディガン家を訪れた。料理の準備をするかたわら、優雅なしぐさで客をもてなす屋敷の御曹司サイモンの姿を見てホリーは目をみはった。これが数時間前、美しい顔をゆがめ、私を怒鳴ったあの傲慢な男なの――!? しかし黒のディナースーツを身に纏う彼はとても洗練されていて最高にゴージャス。ホリーは突然胸の鼓動が激しくなるのを感じて…!?
  • 欺かれた無垢な花嫁
    完結
    5.0
    キャシディは妊娠9か月。子供嫌いな大企業の副社長ドノヴァンに、妊娠を打ち明けられず別れたきりだったが、ある日、彼が突然訪ねてきた。妊娠している彼女を見て、驚くことに彼は「結婚して父親になりたい」と言いだす――本当は彼が恋しくてたまらなかったキャシディは、自分を大切に思ってくれていたドノヴァンの誠実な言葉に心を開き、彼の変化をいぶかりつつも求婚を受け入れる――まさかそれが、彼がCEOに就任するための便宜結婚とはつゆ知らず。
  • 甘い闇の記憶
    完結
    5.0
    「借金はその体で返してもらおう」ギデオンの言葉にカレッジは耳を疑った。雇い主である大富豪ギデオンから祖母の治療費を借りたことがこんな事態を招くなんて。少女の頃、甘い官能というものを少しだけ教えてくれた“あの人”かもしれないと、胸をときめかせていたのに。彼がさらに残酷な言葉を投げつける。「自分で服を脱ぐか、それとも脱がせてほしいか?」壁に追いつめられたカレッジは、絶望的な思いで目を閉じた。これが、わたしが憧れ続けてきた人の正体なの!?
  • 失われた夜に
    完結
    5.0
    アニーはどうしてもその屋敷、マンクス・ホールを手に入れたかった。幼い頃の、幸福だった家庭を思い出させてくれるから。婚約者のノーマンとの新婚生活は、絶対ここでスタートさせたい! ところが、そんなアニーの夢を粉々にしようとする男が現れた。ノーマンの従兄弟だというルークが、マンクス・ホールを競り落とそうとしているという。危険な香りを放つルークは不安なアニーをさらに追いつめ、強引にキスをして言い放つ。「本心では君も僕を求めてるんだ」
  • 運命の三週間
    完結
    -
    新米獣医ジョージアのドッグトレーニングに、いたずら好きの犬ベンがやって来た。つき添いはいつもの老婦人ではなく、ハンサムな男性。婦人の甥だという彼…ピアズの見守る中、やんちゃなベンの訓練は散々な結果に。するとピアズはジョージアを批判し「君には期待できそうにない」と苦情を入れてきた。なんて嫌な人なの!? 一対一で訓練すればきちんとしつけられるわ! ジョージアの言葉にピアズは、伯母が旅行中の3週間、住みこみでベンをしつけてみせろと告げて!?
  • エゴイストの恋~CEOは愛を理由に束縛する~
    5.0
    これで父の入院費を工面できる…。麻里は、ファッション通販サイトを運営する大企業で清掃の仕事が決まり、ほっとしていた。でも、その喜びもすぐに消え失せた。突然現れたCEOに、「君はここで何をしている」などと言いがかりをつけられたのだ! 麻里が掃除中の床にわざとコーヒーをこぼし汚す彼をつい咎めてしまい麻里はクビを覚悟するが、彼は「俺の専属秘書になれ」と迫ってきて…!?
  • 教授と麦わら帽子
    完結
    -
    1か月の休暇から戻った看護師のジュディスは、勤務先の病院にあのチャールズ教授の母親が入院していることを知った。彼とは休暇先で知りあったのだが、礼儀知らずの歴史学者に彼女は振りまわされ、ずっと嫌な気持ちにさせられていたのだ。彼の屋敷には見事な庭があり、思わずため息が出るほど素敵な所だというのに、どうして彼はあんな無神経なのかしら。しかし、病院で再会を果たした教授はなんとジュディスに母親の専属看護師として来てくれないかと提案してきて…!?
  • ギリシアの神の誘惑
    完結
    4.5
    ニコス・ニアルコ--世界有数のグループ企業代表にして社内外から神と称賛される男。仕事でもベッドでもその行動は伝説的で、花嫁候補の美しい女性たちが彼の前に列をなすという--…。ギリシア本社からやって来たそんな有名人直属の個人秘書となったキジア。噂どおり有能でセクシーだが傲慢な彼にキジアは反感を覚えるが、ニコスは思いどおりにならない彼女になぜか、あの手この手で誘いをかけてくる。私を誘惑するのはやめて、あなたの魅力に負けたくないの!
  • 君主の誓い
    完結
    5.0
    男性不信のマライアは、日ごろから“お金持ちでハンサムな男はみんなくず”と思っていた。最近、隣人になったザヤドも、異国の王を思わせる堂々たる立ち姿が、いかにも自信と傲慢さに満ちあふれていて反感を覚える。ところがある日、彼女は入浴中に転倒し動けなくなった。悲鳴を聞いてかけつけてきたのは、よりによってザヤドだった!裸のぶざまな格好を彼にだけはさらしたくない!入ってこないでと懇願したのに、彼は容赦なくドアを開けてきて…。
  • 幸福の企み
    完結
    -
    優しい娘キャサリンは、イギリス郊外にある古い館の敷地内で小屋を借り、慎ましく暮らしていた。大家でよき友人でもあった老婦人が亡くなり、新しい相続人に期待と不安を抱いていたある日、ついに待ち人は現れた。「君は誰だ、誰の許しを得てここにいる!」ザックと名乗る男性は都会的で冷たく、慈悲の心などひとつもないように見える。きっと追い出されるに違いないわ…嘆くキャサリンはまだ知らない。この最悪の出会いが、ある幸福の企みの幕開けであることを…。
  • 拒まれた純愛
    完結
    4.3
    トップモデルのケンジーは、複合企業経営者ドミニクと幸せな結婚をするが、それはすぐに幻だと気づかされる。彼は妻に愛情を抱くことはないうえ、ケンジーの幼い頃から夢みていた“子供を産むこと”を拒絶したのだ。さらに彼女が化粧品会社の専属モデルの仕事を引き受けたところ、彼はそこの社長と浮気したと決めつける。限界だと感じたケンジーは彼と別居し、ふたりの間にもう愛はないと諦めた。だが4か月ぶりに再会した彼にあるお願いをしなくてはならず!?
  • 大富豪と人形の花嫁
    完結
    1.0
    大富豪のスコットは、取引先で出会ったサラに一目惚れ。「すぐにでもその指に指輪をはめなければ!」誓いどおりに3か月で結婚までこぎつけるが、ビジネスでは無敵のスコットも妻の愛にはいつも不安で…。結婚記念日に1通のメールが届くと、そこにはサラと同僚の密会を匂わせる写真が…。我を忘れたスコットは激情を抑えきれず彼女を欲望のままに抱いた。浮気を疑いながら自分を抱いた夫への不信感から家を飛びだしたサラ…。でも体は彼の愛撫を忘れられなくて…。
  • 秘密のまま別れて
    完結
    3.3
    エリンが勤めるホテルを買収しようとやってきたのは元恋人クリストだった――エリンは彼の経営するホテルで働き、激しく愛しあい、そして非情に捨て去られた。そして今、彼はまたしてもエリンを追いつめようとしていた。かつて働いていたホテルで彼女が2万ポンドを盗んだ証拠がある、黙っていてほしければ条件を受け入れろと…。無実の罪をきせられ、動揺するエリンにこう言いはなった。「君が欲しい。過去の償いとして週末を一緒に過ごしてもらう」
  • 僕だけを愛して
    完結
    4.0
    アリーの願いは家を買って母に幸せになってもらうこと。そのためにモデルになりお金を貯めていたが、亡くなった叔父がアリーに屋敷を遺したと知らせが入った! ところが相続の条件は、叔父の死後1か月以内にアリーが結婚していること! 屋敷のために便宜結婚することを決めたアリーは、自分に夢中なしがない窓拭き屋のジェスロに結婚話を持ちかけた。ところが甘いマスクで明るい性格のジェスロが、別人のような傲慢な眼差しで見つめてきて…あなたは何者なの?
  • 摩天楼のスペイン公爵
    完結
    -
    「今宵ひと晩、将来の約束はなしに向こう見ずになって僕に抱かれてくれ――」ニューヨークきっての大富豪アンヘルに熱く求められた平凡なウエイトレスのベル。自信家で傲慢で世界一美しい彼が私を? ありえない。でも確かに今、アンヘルの濡れた瞳は私を女として見つめている。今夜だけ…いい子のベルは忘れて奔放になってみたい! 夢のような経験はベルのいい思い出になるはずだった。のちにアンヘルに純潔を捧げたことが一生後悔するほどの過ちに変わるまでは…。
  • 別れの薔薇でなく
    完結
    -
    ニコラのボス、ラングは頑固で傲慢、けれどとびきりハンサムなプレイボーイ。恋人に興味がなくなると、別れのしるしの赤い薔薇を送りつけてお払い箱にしてしまう。その花を手配するのはいつも秘書であるニコラの役目だ。あんな人のどこがいいの? そう思いながらも彼の破天荒な魅力に惹かれてしまうニコラ。そんな彼女のもとに突然、妹が転がりこんできた。妹はラング好みの肉感的なブロンド美人。もし彼がこの子に興味をもったら…。ニコラの胸はざわめいて?
  • 一夜の後悔
    完結
    5.0
    お嬢様育ちのフランセスカは初めて秘書として仕事を始めた。ボスのオリバーは世間知らずの彼女に冷たくあたるが、とても魅力的なボスに、フランセスカは惹かれていった。ある夜、息がかかるほど顔を寄せオリバーがささやく。「僕に抱かれたいんだろう?」体から力が抜け、彼女はたくましい胸にすべてをゆだねた。ところが満ち足りた行為のあと、オリバーの態度は豹変した。彼女を愛するつもりなどないと言う。フランセスカはわけもわからず絶望の淵へ突き落とされた!
  • 運命の招待状
    完結
    3.0
    インフルエンザで寝込んでいたベルは、ドアを開けて元夫ルークを目にした直後、気を失った。大手投資顧問会社で働いていたベルは、当時大学院生だったルークとたちまち恋に落ち、若くして結婚した。収入の差も社会的な地位の違いも愛の前では関係ないと信じて…。だが結婚生活はうまくはいかず、傷つけあって離婚してから7年。目の前の彼は怖いくらいハンサムで、うっとりしてしまうほど成熟した男性になっていた。でも、なぜ彼は今頃現れたの――?
  • カリブの娘
    完結
    3.5
    かつて社交界の女王と呼ばれたミランダが暮らすカリブ海の無人島に、突然ルイスと名乗る男が不法侵入してきた。彼はミランダの境遇を知り尽くしており、その語り口は高圧的だ。しかもトドメとばかりに衝撃の言葉を放った。「君の伯父さんからこの島と、君の人生の1年間を買った」と。ひどいわ伯父様!! 私はあなたのせいで俗世間を捨ててひとり島で生きていくと決めたのに…。ミランダはルイスに唇を奪われ、怒りよりも先に熱く疼いてしまう体に動揺した――。
  • 軽はずみな誘惑
    3.2
    DJのチャリスは、ある若者が送ってきたデモテープに惹かれ連絡を取った。ところが約束の時間に現れたのは、高級スーツに身を包んだ、優雅で自信たっぷりの男――若者の叔父リチャード。彼ら一族はダイヤモンド鉱山を所有する大富豪だと言う。チャリスを財産目当ての女と思い込み、甥に近づかないよう警告した。その傲慢な態度に腹を立てながらも、なぜかチャリスは彼から目を離せずにいた。いくら彼がセクシーでも、ずっと年上の、あんな尊大な男性に惹かれるのはなぜ?
  • 傲慢男爵の禁じられた花嫁
    完結
    -
    父親の事故をきっかけに知り合ったフレサンジュ男爵。大学の学費を援助してもらう代わりに、卒業後は彼の会社で恩返し!のはずが、提示されたのは“妻”の座!!驚きながらも彼なりの愛に応えようとするメリサンドだけど、匂い立つような彼の色香に翻弄されてしまい―――年の差ロマンスに甘く酔わせて♪
  • 三カ月だけの愛人契約〈恋はゴージャスに II〉
    完結
    2.0
    ダニエルは大富豪のフリン・ドノヴァンから届いた督促状を手に彼のオフィスを訪ねた。こんなに素敵な男性が存在するの? 不安とは裏腹に魅力に吸いこまれそうになるが彼はひどく冷酷な態度で亡き夫には20万ドルの借金があると告げた。何も知らないダニエルに「君の素行は聞いている。浪費家で男から金を搾りとれるだけ搾りとる悪女だと」しかも、今すぐ借金を返せないならば、自分の愛人になれという条件を出してきて…。私はそんな軽薄な女じゃないわ!
  • 復讐のための誘惑
    完結
    -
    イブはその夜、突然モデルとして華やかなファッションイベントに出演することになった。大舞台に緊張で足がすくむが、亡き妹のために頑張らなければ…。妹の残したメモにあったラファエル・ディ・ラザロという名前こそ、妹の死の真相を知る鍵――今日はその“ラザロ”のショーなのだから。けれどランウェイを歩きながらイブはある男性と見つめあい、どうしようもない運命を感じる。だが彼女は知らなかった。傲慢で冷酷な彼こそが、探していたラファエル本人だとは!
  • 運命をこの身に宿して
    完結
    4.0
    大好きだった継父が亡くなりジニーは落ち込むが、母と妹は遺産のほうが重要らしく遺言書が読み上げられる日を心待ちにしていた。そしてついにその時がやって来たが…「――亡くなった父の財産はすべて僕が相続する」突然現れた継父の実の隠し子、アンドレがすべてを奪い去ってしまった! 相続して当然だと思っていた母と、結婚目前で豪華な披露宴を計画していた妹は無効だと彼を脅迫するがまったく効果はなかった。そして彼はジニーへ値踏みするような視線を向け…。
  • 蝶に魅せられて
    完結
    -
    キャリアウーマンとして成功を収めながら、老婦人の屋敷に間借りをしているリーザ。そこへ老婦人の甥で伯爵のニコライが訪ねてきた。彼はリーザをひと目見るなり、悪女と決めつけ、正体を暴くために彼女を執拗に追い回すようになる。リーザはニコライの傲慢な態度に怒りを覚えつつも、彼の獲物を射るような眼差しに捕らえられてしまい――。
  • あなたを憎んだ過ち
    完結
    4.0
    「マルコが単独インタビューに応じるそうよ!」編集長の言葉に、記者のイザベルは興奮をおぼえた。企業を買収して巨万の富を築きあげたマルコは、その冷徹な手腕と華麗な外見で世間の注目の的だ。予想どおり彼は傲慢な人物で、会うなり言い放った。「今からニースの僕の家へ行く」私は彼に従うしかないというわけね!反発しつつも同行を決めたイザベルだが、取材を進めるうちに、マルコの意外な一面を知り、心乱されてしまう。彼に惹かれてはいけない理由があるのに。
  • 王子と間に合わせの妻
    完結
    5.0
    病身の母との生活を支えるため、仕事を掛け持ちし働きづめの毎日を送っているジャズ。思いあまって母の元雇い主に窮状を訴える手紙を送ったところ屋敷に呼ばれるが、現れたのはその息子、レロヴィア国の皇太子ヴィターレだった。かつての想い人とまさかこんな形で再会するなんて…。ヴィターレは、ある事に協力し、しばらく宮殿に住み込むなら援助をしようと約束した。だが数週間後、事態は急変する。ジャズが妊娠したのだ。たび重なる彼の誘惑の罠に落ちて――。
  • 断罪のギリシア富豪
    完結
    -
    父の会社を乗っ取った相手から、面接に来てほしいと手紙が届いた。私の能力を評価してくれるなら…そう思い面接に訪れたナタリアは、CEOとして現れた男性を見て驚愕した。アレクシス…5年前、私を無残に捨てたあなたがなぜ…!? 彼はナタリアの父が不倫している証拠をつきつけ、公表されたくなければ自分の下で働くよう命じてきた。父の会社を奪ったうえ、私をこれ以上傷つけようというの? かつて愛したアレクシスの残酷な要求に、ナタリアは従うしかなくて…。
  • ニューオーリンズに降る雪
    完結
    4.0
    祖父が遺したホテルの総支配人として働くローラ。伝統こそあるものの破産寸前のホテルを立て直そうとするなか、ホテルを買収したという男が現れた。ジャクソン・ホーク。経営破綻した企業を強引な手口で買収している、美しく冷酷な大富豪だ。ホテルは絶対に渡さないわ! 買い戻そうと気丈にふるまうローラにジャクソンは賭けをもちかけた。それはローラがクリスマスまでに500万ドルを用意できれば買収はあきらめる、用意できなければ彼の愛人になるというもので!?
  • 愛あれば
    完結
    -
    ロンドン屈指の大手企業の社長ライアンから呼び出されたカシアは、身に覚えのないミスで一方的に咎められ会社をクビになってしまう。次の仕事を探すも面接前から断られてしまい理由を聞くとあのライアンから直々に命令されて雇えないと言う。しかし、次の面接では採用され怪しんだ彼女は、思い切って彼に連絡すると意外な優しさを見せられ戸惑ってしまい!? 今まで思いやりのない傲慢な人だと思っていたのに何度も電話をするうちに彼との電話に喜びを感じはじめ…。
  • 愛される価値
    完結
    5.0
    半年前に亡くなった父の遺産があると聞いてシェリーは驚いた。なぜなら、子供の頃から父親は死んだと聞かされていたからだ。すべての答えを知るため、シェリーは父の再婚相手の家族のもとへ旅立つ。すると待ち受けていたのは、映画のスクリーンから抜け出してきたような美しいヒルヴァレス伯爵だった! こんなに美しい男性が義理の兄? 一瞬で心を奪われるシェリーだが、彼はシェリーを見るなり、冷たい視線で遺産目当ての女と罵ってきて…。なんて傲慢な人なの!?
  • 愛したのは略奪者
    完結
    -
    オーラは父が経営するホテルの買収相手に少しでも条件を有利にさせる作戦を練るため、敵情視察としてロンドン・チャッツフィールドホテルに滞在した。そしてひとり訪れたホテルのバーで、憂いを帯びたセクシーな男性に惹かれ互いの名も告げぬまま熱い一夜を過ごしてしまう。数時間後、オーラは買収交渉の席で思いがけず彼と再会する。アントニオ・チャッツフィールド? 私は“敵”に体を許したの!? 狼狽するオーラを見つめる彼の目にはまだ炎がくすぶっていた…!
  • 愛しているとささやいて
    完結
    3.0
    一族で経営する高級リゾート施設のスパを取り仕切るメリッサは、地元の牧場主シェーンと秘密の関係を続けていた。しかし、妊娠していることに気づきメリッサは愕然とする。昔気質の亡き父が作りあげたリゾートへ出資する人たちからの評判を落としてしまう! メリッサは別れ話を切りだすが、責任を感じた彼は逆に結婚を申し込んできた。愛のない、義務感だけの結婚なんて絶対にいや。なのに彼のとろけるような笑顔と説得に…!?
  • 愛人島
    完結
    5.0
    亡き父が遺したフロリダ沖の小島で暮らしているアシュリー。ある週末、セバスチャンと名乗る謎めいた男性が島を観光で訪れた。彼の荒々しい魅力に抗えず、アシュリーは深入りしないと心に誓い、熱い夜をともにする…。彼が島を去ってすぐ、借金のかたとして巨大企業に島が買収されたと知らせが届く。そしてその会社社長こそ、あのセバスチャンだった。 せめて島だけは返してと懇願するアシュリーに彼は傲然と言った。「1か月間、僕の愛人になるなら島を返してやろう」
  • 愛人には幼すぎて
    完結
    -
    夕闇にまぎれ、裸でカリブ海を泳いでいたリリーは、最近NYから越してきた大富豪のレイフにその姿を見られてしまう。ひとまわり以上も年上の彼にはよくない噂がつきまとう。真面目な牧師の娘リリーは、彼に近づいてはいけないと理性ではわかっていても、レイフの危険な魅力に心奪われ、誘いを拒むことができない。夢中でキスに応えてしまうリリーにレイフは警告する。「これ以上、僕に近づかないほうがいい」どうして!? 彼を想うだけでこんなにも胸が苦しいのに……!
  • 愛という名のもとに
    完結
    3.3
    ロージーは窮地に陥っていた。祖父の遺言によって、結婚しないと彼女が住む由緒ある屋敷が貪欲な親戚の男の手に落ちてしまうのだ。そこで弁護士は、遺言のための契約結婚を強く勧め、相手として彼女の幼なじみのガードの名前を挙げた。気が進まないロージーだったが、祖父が愛した屋敷を救う手段はそれしかなく、屋敷に興味を示していたガードも提案に応じた。傲慢で意地悪なガードは理想にほど遠いのに、その魅力に心揺さぶられてしまう…。彼の狙いはこの屋敷なのに。
  • 愛と指輪の重さ
    5.0
    19歳の姪が旅先で突然結婚!? 彼女は大学の奨学金も得て、人生もこれからなのに!ネルは急遽スペインへ飛び、姪の相手ルイスと面会する。ところがその男性は、同じ名前だという従兄だった。途方に暮れるネルに彼は「病気の祖母の前で婚約者のふりをすれば、ふたりの居場所を教えよう」と提案する。こんな傲慢な人と偽りの婚約なんて、冗談じゃないわ!けど、姪たちの行方は見当もつかず、彼を頼るしかない。やむなくネルは彼の家に代々伝わる指輪をはめた--。
  • 愛なきハネムーン
    完結
    2.7
    「おまえの婿を決めた。期限までに結婚しろ!」ギリシアの大財閥を率いる養父の言葉にイオーネは愕然とした。養父は彼女の気持ちなどおかまいなく、経営手腕をみこんだ名門一族のアレクシオを婿にして事業を継がせようというのだ。アレクシオと言えば2か月前、私をメイドと勘違いした傲慢な彼!これまでも令嬢とは名ばかりで養父に道具のように扱われても耐えてきたけれど、もう我慢できない。ハネムーンがチャンスよ。そのまま彼も家も捨てて逃げ出すわ!
  • 愛にとらわれて
    完結
    -
    会社を経営するセイラの前にフランシスコと名乗るスペイン人が突然訪ねてきた。黒い瞳に鋭い眼差し、魅力あふれる男性。彼は横柄な口調で彼女の父親の居場所を教えるように迫ってきた。なんと父が、彼の18歳の妹を誘惑してつれ去ったというのだ。きっと何かの間違いよ。とっさに嘘をついてその場を逃れ、唯一心当たりのあるアンダルシアへと飛んだ。ところが、セイラを見張るためにひそかにあとをつけてきたフランシスコの罠にかかり、彼の城にとらわれてしまう――。
  • 愛の虜
    完結
    3.0
    一人息子を抱えるティファニーは、経済的に困窮していた。ある晩彼女の前に、アラブ人首長でハッサンと名乗る男が現れる。彼は亡き夫の弟で、彼女の息子を引き取ると言うのだ!何故か敵意を持ち、傲慢な態度をとる彼に、ティファニーは猛反発する。だが、彼に連れ去られ、砂漠での夜を過ごす内に――!!
  • アイルランドの魔法
    -
    美しい自然に囲まれながらも、ケイトリンは怒りに震えていた。ある男のせいで、三代に渡り所有してきた土地・館が奪われてしまうのだ。父は心労で亡くなり、残されたのは、莫大な借金だけ・・・。と、車が近づき、見慣れない男が現れた。傲慢だが魅力あふれる彼に、一瞬心惹かれるケイトリン。が、彼の正体を知り!
  • 愛を買った億万長者
    完結
    -
    先祖代々の屋敷を維持すること。それがヘレンの願いだ。だが、どこからも融資を受けられず、ヘレンは頭を悩ませていた。最後の頼みの綱として助成金の審査を受けに行ったヘレンは、そこで危険な魅力に満ちたフランス人大富豪マルク・ドラローシュと出会う。将来を約束したボーイフレンドがいる身ながらも、マルクに強く惹かれるものを感じてしまい、とまどうヘレン…。ある日突然、屋敷を訪ねてきたマルクは、屋敷への援助をにおわせつつ強引に迫ってきた。「ヘレン、僕とベッドをともにするかい?」
  • 愛を禁じた二人
    完結
    5.0
    理学療法士として優しく誠実に働くマリアン。穏やかな日々。そんなマリアンの元に両親の事故の知らせが飛び込んだ。両親を亡くし、悲しみにくれるマリアンの前に現れたのは、冷たく深く、凍てつく海のような青い瞳を持ったホテル王、レイフだった。彼はマリアンの住む屋敷を買い取ってホテルにしたいと持ちかける。レイフの冷静な判断と口調に傷つきながらも、彼の内面の優しさと苦悩を感じたマリアンは、陽だまりのような優しさでレイフの心を溶かそうとするが…。
  • 愛を運ぶウエイトレス
    完結
    -
    「ひゃ…140億ドル!?」グレーシーがウエイトレスとして働く店にやってきた弁護士は、彼女に莫大な遺産が託されたと言った。それも、なんの血縁でもない元隣人から。彼…ハリーが大富豪だったなんて。平凡に過ぎていく――そう思っていた彼女の人生は一変することに。場違いな豪邸へ連れてこられ、そこで出会ったハリーの息子ハリソンに一瞬で目を奪われるグレーシー。しかし、彼女が相続人とわかると彼の表情は変わり、父親を誑かし遺産を奪い取る詐欺師と罵られて!?
  • 熱い過ち
    完結
    4.5
    不毛な愛に終止符を打とうと別れを告げるロバータを、傲慢な実業家マックは容赦しなかった。彼女を強引に抱きしめ、唇を奪おうとする。ロバータはたくましい腕を振りほどこうともがいた。いつまで待ってもマックは結婚してくれようとしない。彼の周囲からも愛人扱いされ、誇りを踏みにじられてきた。もう我慢はしないわ。しかしその抵抗は、彼女に不利な結果を招いた。独占欲の強いマックは、いつもと様子の違う女の抵抗に刺激され、欲望に火がついてしまったのだ!!
  • あなたにすべてを
    完結
    -
    シカゴの敏腕弁護士J・Dのもとで働く秘書のガビーはある日突然、イタリアへの同行を命じられた。目的は誘拐された彼の妹を自力で救出するというのだ! 驚く彼女にJ・Dはさらに敵を欺くための提案する。「怪しまれないよう、休暇を楽しむ恋人同士としてふるまってほしい。だから、夜も僕と同じベッドで眠るんだ」男性とつきあった経験のない私に恋人役が務まるの!? 不安に駆られるガビーに、彼はいきなりキスをして…。
  • 甘い週末
    完結
    5.0
    会社員のアビーは突然、社長のタナーからプロポーズされた!しかし、それは製菓会社を買収するための“仕事”。傲慢な申し出に戸惑うアビーだが、時折見せるタナーの優しい笑顔に魅かれていき…。そして迎えた買収交渉。出された条件は『オリジナルスイーツを作り、その出来で買収相手を決める』というもの!!二人の甘い共同作業が始まった…。
  • 雨とシークとウエディングドレス
    完結
    -
    天涯孤独のレインは古い洋服をリメイクする職人。砂漠の王子シーク・ザイードにからウエディングドレスのリメイク依頼をされ、「いくらかかってもかまわない」と豪奢な宮殿へと連れていかれ、トラブルに巻き込まれたレインはそのまま宮殿に囚われてしまう。傲慢なシークに反発するが漆黒の瞳に孤独の影を感じ惹かれてるが…。
  • 一日限りの恋
    -
    亡き父の借金返済のため、住まいのコテージを富裕層相手の貸し別荘にすることにしたソフィー。ほどなくついた借り手は、ギリシア人作家のテオ。傲慢な態度にはあきれたが、彼の精悍でセクシーな風貌にソフィーの心はざわめいた。一方テオも、うぶなソフィーに興味を覚えていた。この田舎町に滞在する2か月だけの情事も悪くない。秘書が気をきかせて僕の身分を偽ってくれたおかげで、誰もが名前を知る実業家だと知られずに休暇を楽しめる――と。
  • いつか愛して
    完結
    5.0
    ケイティはギリシア人のボス、アレクシとベッドをともにする仲だった。けれど妊娠の疑いがもち上がったことをきっかけに、愛なき関係に絶望した彼女は会社を辞めて彼と別れる決意をする。幸い、退職後すぐに新しい職が見つかり、ケイティは人生の再スタートを切った。ところが初出勤の日、CEOと対面した彼女は絶句した。なぜ彼がここに!? その会社は秘密裏にアレクシに買収されていたのだ。彼は傲慢にも、いつでも彼女を意のままにできると思っていて…。
  • 偽りの誘惑
    完結
    -
    私が父の愛人ですって!?やっと出会えた実の父から譲られた遺産のせいで「愛人」に勘違いされてしまったローラ。しかし亡き父と交わした約束のために実の娘だと告白することもできない…。そんな時現れた、嫌味で傲慢な男-クイン。父の家族と親密な付き合いのある彼は、ローラを金目当ての悪女と罵る。憤りを感じるローラだったが、彼の青い瞳を捉えた瞬間、体中に火花が走って!!-その青い瞳におぼれたい…。…あなたが信じてくれるなら-
  • 命のブーケ
    完結
    -
    ドミニク・ウィンター…その名のとおり冷酷な男に刹那の慰めを求められて、ソフィーは抱かれた。彼は自分の婚約者がソフィーのせいで死んだと思い込んでいたが、誤解とわかると憔悴した顔で詫びた。他人に…しかも下流の者になど決して頭を下げないドミニクのその姿に同情して抱かれたのだが…。ソフィーは彼に惹かれていてこの時を望んでいたのだ。おそらく半年前の出会いからずっと――。あざとく肌を重ねた罪はやがて彼女に大きな罰を与え、人生を狂わせていく!!
  • ウエディングに憧れて
    完結
    -
    「私、結婚することにしたわ!!」イベント会社に勤めるホリーは友人たちにそう宣言した。仕事ではロクな男性に出会わず、このままでは一生独身で寂しく暮らすと危機感を覚えたのだ。さっそくブラインドデートを計画してもらうが、そこに現れたのは先日、通りを歩いていたとき、ものすごい勢いでぶつかってきた失礼な男。彼ジェイコブは一見、ハンサムなエグゼクティブだが、傲慢なプレイボーイで理想とは正反対。そんな彼と、仕事でもかかわることになってしまい…!?
  • オアシスの愛と砂漠の掟(カラー版)
    完結
    -
    砂漠の宮殿で双子の王女を世話する養育係のエイミーは、子供たちの父親であり厳格な支配者でもあるアミール国王から突然プロポーズされた。1年前に王妃を亡くしたアミールは、男子しか世継ぎと認められないこの国のために再婚を急いでいた。「君は双子を愛し、僕を愛している」そう断言する王者の扇情的なまなざしを受けて、エイミーの体が羞恥で熱くなる。彼への愛に気づかれていたなんて。でも私には決して王妃になれない理由がある。砂漠の掟を揺るがすほどの理由が…。※この作品はオリジナル版に着色したものとなります。
  • 億万長者と結婚?
    完結
    -
    教会の控え室でサラは思い悩んでいた。幼なじみの婚約者との愛に不安を抱えたまま結婚式当日を迎えてしまったから。その時、いきなり見知らぬ男が乱入してきた。混乱と心労から気を失ったサラが次に目覚めたとき、彼女は高級車のなかにいた。ライアンと名乗った彼は、なぜかサラのことをジェシカと呼び「僕は君の婚約者だ」と告げた。なんてこと…私はきっと人違いで誘拐されたんだわ! 誤解を解けないまま、サラを乗せた車は彼の所有する山荘に向かっていった。
  • 億万長者の願い事
    完結
    4.0
    船医デラの乗船する豪華客船のオーナーが亡くなった。船の相続人である甥のルークは敏腕と名高いホテル経営者で、今までどおり船を航行してくれる保証はない。2年前の事件で醜い傷を負った私にとって、ここは唯一安らげる聖地なのに。落ち込むデラだが、遺言書開示の日、弁護士はデラに船の所有権の半分が遺されたと宣言した! 「きみは伯父に何をした?」色じかけと決めつけなじるルークに、デラは怒りを募らせた。こんな人と船を共同所有することになるなんて…!?
  • 御曹子の傲慢なプロポーズ
    完結
    3.0
    亡国カレンブルクのプリンセス、ユージニアのお腹には外交官ジャックの子どもが宿っていた。しかし気まぐれで奔放なユージニアは、大統領への階段を着実に上るジャックの妻になる気も、彼の愛を確かめるつもりもなかった。短いバカンスの代償に打ちひしがれるユージニアだが、母親として自立することを決意。それでも彼と抱きあう衝動を抑えきれないユージニアは愛を確かめずにはいられなくなる。お腹の子どもを愛するように、彼のことを愛しているから――。
  • 御曹子の秘密
    完結
    -
    両親のつくった古き良き遊園地が、大企業に買収され、なくなってしまう--。アンバーは、父の夢である遊園地をどうしても守りたかったが、経営難に打つ手はないかに思われた。ところが、交渉にやって来たゴージャスな雰囲気の男性は、傲慢な態度でアンバーに申し出た。「これは取引きだ。きみがぼくと結婚するのなら、遊園地を救う資金を提供しよう」と。わからないわ…この結婚で、いったい彼にどんなメリットがあるというの!?
  • 御曹子のプロポーズ
    完結
    3.6
    マロリーは化粧品会社の重役を務めるキャリアウーマン。休暇でリスボンを訪れたその日、海で溺れかけた少女を助け、少女の父ラファエルと出会う。彼は名家ダフォンソ家の当主で、見るからに傲慢で威圧的、しかも…信じられないほど美しい。娘の世話役を探していた彼は、マロリーがその役をひき受けることになると、結婚を強要してきた。プロポーズの言葉は「僕の女になれ」――マロリーは言葉を失うが、あまりにも魅力的な彼の申し出を無視することができなくて…?
  • 過去を探しに
    完結
    -
    母の記憶がなく、5歳で父に捨てられ施設で育ったエマのもとに、父の訃報と手紙が届いた。そこには「バリモアのバレンタイン邸に行くように」とだけ書かれていた。自分のルーツを知りたい…そう屋敷を訪れるが、出迎えたのは疑惑の目と「エマは君でふたり目だ」という驚愕の言葉だった。相続人候補って、なんのこと? 彼女を公平な目で見てくれるのは、屋敷を統括するジョンただひとり。彼の支えがあるから、真実がわかるまで屋敷に滞在することになったが…。
  • 家庭教師の恋わずらい
    完結
    -
    仕事を紹介されオーストリアの雪山に立つ美しい城を訪れたヴィクトリアは、ここなら不誠実な男性に傷つけられた心を癒せると期待する。しかし彼女を出迎えたのはハンサムだけど冷たくぶっきらぼうな男爵ホルストとひとり娘ソフィ。ヴィクトリアの仕事は住み込みの家庭教師だが、ソフィの不安定さが気になり男爵夫人について男爵に訪ねると…「ソフィの母親のことは話題にするな」と言われる。だが娘を思いやる横顔はやさしく――だめよ、彼にはきっとふさわしい奥様がいるのよ…。
  • 悲しい絆
    完結
    3.0
    姉の結婚式準備のため、故郷に帰ってきたエヴァは、懐かしくも恐ろしい声が聞こえ凍りついた。億万長者となった彼は今、町にはいないと聞いていたのに! 声の主…ジェレドは侮蔑のこもった冷たい目でエヴァを見すえた。4年前、彼と恋に落ちたエヴァは父の逆鱗に触れ、ひとり町を出た。ジェレドにとって私は裏切り者…彼に知られるわけにはいかない。密かに赤ん坊を産み育ててきたことは…。けれど彼はエヴァに「今度は簡単に君を逃がしたりはしない」と告げてきて?
  • 悲しい誤解
    完結
    3.0
    “雇い主を誘惑するふしだらなベビーシッター”誰もが私をそう思っている、美しく傲慢なマリオ・マルコリーニもきっと――…。名家のスキャンダルに巻き込まれ汚名を着せられたサブリナ。真実を口にすることもできず日陰で生きる彼女に突然、イタリアの大富豪マルコが期限つきの契約結婚を申し入れてきた。密かに心惹かれていた相手からのプロポーズに動揺を隠せないサブリナだが、彼はあの噂を信じ、大金さえ与えれば彼女の身体を好きにできると思い込んでいたのだ!
  • 悲しい約束
    完結
    -
    酔った母親の運転する車に同乗し、事故に遭ってしまった看護師のデイナ。その事故で母は亡くなり、デイナの顔にも一生消えない傷が残ってしまう。デイナは、悲しみをまぎらわすため、一時的に失明した男性の自宅看護をひきうけることになる。だが、患者のギャノンは失明以来、傲慢で攻撃的な人間になっていた。「闇で閉ざされた彼の心に、光を取り戻したい!!」デイナの誠実で献身的な看護はギャノンに通じ、やがてふたりは、深く惹かれあうようになるが…。
  • カリブで見た夢〈失恋に乾杯! I〉
    完結
    3.5
    船舶会社のCEOジェファーソン・ライアンの人生は順風満帆そのものだった。だがある日、有能アシスタントのケイトリンが突然、彼の傲慢な態度を責め、一方的に辞職を告げる。そしてすぐさまカリブのリゾート地へ旅立ってしまった! 残されたライアンは困り果てていた。彼女ほどの有能な人材はいない。悩んだ末、すばらしい解決方法を思いついた。ケイトリンを誘惑して自分の虜にし、離れられなくするのだ!? 邪な笑みを浮かべると、さっそく自らもカリブへ向かった。
  • 甘美な誤算
    完結
    3.0
    父のホテルを買収したチェイスをひと目見て、マドリンは衝撃を受けた。なんて傲慢で冷酷で…魅力的なの。いいえ、私の愛するホテルを奪おうとする男に惹かれてはだめ。しかしチェイスは彼女の反発も意に介さず強引なアプローチを仕掛けてくる。仕事では有能さを発揮し、社交の場では最高の笑顔と洗練された態度で人々を虜にする彼に、いつしかマドリンは夢中になってしまう。チェイスのキスに情熱的に応えた瞬間、彼の瞳が怪しく輝いたことには気づきもしなかった。
  • 危険なシャッターチャンス
    完結
    2.7
    小型航空機チャーターの仕事をしているミッキーのもとに、世界的なカメラマン、ライアン・ダグラスから仕事が舞い込んだ。しかし仕事の依頼は口実で、彼の甥を捜しにやって来たらしい。ミッキーの妹にたぶらかされ、駆け落ちまでした甥をつれ戻したいというのだ! なんて憎らしい、失礼な人なの。ミッキーは憤慨して妹をかばうが、ライアンに強引にふたりを捜す旅に同行させられてしまう。こうして傲慢なのにとびきりセクシーな彼とふたりきりの日々が始まって!?
  • 危険な招待
    完結
    4.0
    ある絵画展のパーティーで、ロミリーはネイラー・カーデルを紹介された。有能な企業人らしいが、話してみると傲慢でロミリーは腹立たしさを覚えた。もともと男性にはなんの期待もしていない。実はロミリーの母は画家なのだが、暴力的な父に支配され、今は心を病んでいる。その母を陰で支える彼女にとって、男なんて信用できないものなのだ。だが、ネイラーのぶしつけな瞳に見つめられると、なぜか胸がざわめく。…おかしいわ。私は男性に惹かれたりしないのに。
  • 危険なライオン
    -
    駆けだしのメイクアップアーティスト、アリスはある日、ニューヨークで一番のCMディレクター、アレックスに大抜擢される!傲慢で意地悪な彼に最初は反感をおぼえるが、彼の仕事に対する真摯な姿勢、ふとかいま見せる優しさに心ひかれていく…。ロケ先のハワイで、アリスは彼の野獣のような危険な魅力にあらがえず、とうとう二人は…!?※本作品は提供元が宙出版からハーレクインコミックスに変更になりました。本編に変更はないので、重複購入にご注意ください。
  • キスはあなたと
    -
    ルーは父が再婚した時に失った幸福な家庭に憧れを抱いていた。なのに、ある日、恋人が義妹エリーとかけおちしてしまう! 二人の裏切りに傷つき、家を飛びだしたルーを、同様に裏切られたエリーの婚約者アレックスが追いかけてくる。 傲慢で危険な魅力を持つ彼は、ルーにとんでもない提案をもちかけてきて・・・!?
  • キスよりもっと
    完結
    4.0
    「アーム・キャンディ」…それは、協定を結んで男性に同伴するモデルのような美女――。その役目をまさか自分が務めているなんて。デザイナーのノーラはまさに今、隣にいる男性デイヴィッドのアーム・キャンディとしてパーティーに出席していた。初対面の彼は息をのむほどハンサムだが、傲慢で、頭にくる相手だった。今日1日だけのことと我慢し、ノーラは無事に役目を終える。けれど数日後、再び彼から同伴の依頼が! 1度は押し込めた感情が高揚するのを感じた…。
  • 傷だらけのナイト
    完結
    4.0
    吹雪に見舞われスリップ事故を起こしたリア。彼女を救ってくれたのはなんと、人気絶頂の俳優ショーン・ギャラガーだった! ショーンのコテージに避難したふたりは、そのまま雪に閉じこめられてしまう。私はもしかして夢でもみているのかしら!? あのショーンとひとつ屋根の下でふたりきりだなんて――しかも彼はいきなり激しく情熱的なキスをしてきた。ところがリアが熱くキスに応えると、ショーンは冷たく言い放った。「君は男を渡り歩く女の典型だな」
  • 希望と名づけた愛の証
    完結
    5.0
    大切な友人の葬儀に参列中、倒れてしまった身重のミアは、運ばれた病院で思いがけない人物と出会う。友人の兄イーサン──傲慢きわまりない億万長者。7年前、ミアとイーサンは出会い、ひと目で激しい恋に落ちた。だが彼は彼女を捨てて一方的に去っていったのだ。そして今、ミアのおなかの子の父親が弟だと知ると、彼女を詐欺師呼ばわりし、財産目当てと決めつけて責めたてている。たとえ真実を話してもきっと彼は信じないだろう。だからこの秘密は絶対守らないと…。
  • ギリシア大富豪の愛し方
    完結
    3.5
    ギリシアの大富豪である夫の家を出て2年。ようやく心の傷も癒え、宝飾デザイナーとしての人生を歩みはじめていたレクシーの前に突然、その別居中の夫ゼノンが現れた。彼女の弟が多額の借金を抱え、ゼノンに泣きついてきたと言う。以前と変わらない端正な顔に傲慢な笑みを浮かべ、彼はある条件を突きつけてきた。それは弟の借金を肩代わりする代償に妻として自分のもとに戻ってくること。あの日、あなたは私を冷たく拒絶したと言うのに…いったいどういうつもりなの?
  • ギリシア大富豪の略奪
    完結
    -
    コミューンから逃げ出したリーザがようやく手に入れた大切な居場所──だが、亡き父から受け継いだ会社は今や破産の危機に瀕していた。会社を立て直すにはギリシア人の大富豪ザゴラキスの支援が必要だ。しかし彼の興味は会社ではなく、金融界で才媛と名高いリーザに移っていた。獲物を狙う獣のように、彼はとんでもない条件を提示した。ギリシアの別荘で1週間かけて僕を説得してほしいと。まるでリーザがその挑発を拒むことなどできないと確信しているかのように…。
  • 砕かれた情熱
    完結
    -
    都会での華やかなインテリアデザイナー生活で体を壊し、家政婦の職に就くため自然豊かなテキサスの牧場へやって来たジェニー。しかし、必死の思いでたどり着いた牧場で彼女を迎えたのは約束の相手ではなく、大柄で無愛想なカウボーイ、エバレット。雇用主はどこ? 不安な面持ちで尋ねた彼女に、彼は目をぎらつかせて言いはなった。「弟は…1週間前に死んだ」なんですって!? 行くあてのないジェニーを不憫に思った彼は、弟の遺志を尊重して彼女を雇うことにするが…。
  • 唇の刻印
    完結
    2.3
    世界有数の宝石会社に勤めるホリーは、傾きかけた会社を再建するためにやってきたジェイク・バンスのアシスタントに抜擢された。彼はかなりのやり手だが邪魔な人間は容赦なく潰す冷酷な悪魔。企業乗っ取りの悪評も高いと聞く。警戒を強めるホリーだが、彼のむせるような色香に心を掻き乱され、会社のエレベーターで唇を奪われてしまった。ダメよ。ジェイクの魅力に溺れたら、あの任務が果たせなくなるわ。私の忌まわしい過去を消すために、絶対に成功しなくては…!
  • クレタの聖像
    完結
    -
    社長アレックスの母親の秘書に抜擢されたソフィ。5年前の“思い出”に心を曇らせていた彼女にとってギリシャ、クレタでの仕事は願ってもないものだった。ただひとつを除いて――。それは、すべてを支配しようとする暴君アレックスの存在。彼に唇を奪われ、奥底に封じたはずの女性としての本能を残酷にも暴かれてしまう。彼は思いどおりにならない女性に初めて出逢って、むきになっているだけよ。そうわかっているのに、彼のものになりたいと望んでしまいそうな自分が怖くて…。
  • 汚れなきギリシアの愛人
    完結
    3.5
    エラは窮地に陥っていた。父の家具店が倒産寸前のうえ、借金の形に自宅を没収されることになったのだ。債権者として現れたのは、ギリシア人実業家ニコロスだった。彼は1年前、婚約者を亡くしたばかりの彼女の唇を強引に奪った傲慢な男性。「君には3か月間、僕の屋敷で愛人として暮らしてもらう」借金を帳消しにする無慈悲な要求だが、家族のために受け入れるしかなかった。しかし愛人の身でありながら、エラは彼がふいに見せた笑顔に惹かれていってしまい――?
  • 結婚と償いと
    完結
    3.0
    5年前、レイニーは憧れの人ガブと結婚したが、遺産狙いのためだと知り、家を出て母の元で暮らしていた。しかし母の死後、それは間違いだったと気づく。彼は貪欲な母から彼女を守ろうとしていたのだ。真実が明らかになった今、レイニーは謝罪のために彼のもとへ向かったが、彼から軽蔑に満ちた眼差しを向けられて…。
  • 恋する個人秘書
    完結
    -
    映画制作を学ぶためイタリア屈指の映画プロデューサー、サント・コレッティの個人秘書となったエラ。シチリア名家の御曹司でもある彼は傲慢なプレイボーイでありながらまぶしいほどのオーラを放ち、甘い微笑みでエラを惑わせる。ダメよ。私はボスとは関係をもたないと決めているのだから。ところがある朝、サントから呼び出されたエラは思いもよらない彼の姿に驚愕した。これが自信に満ちあふれていたサントなの? たまらなくなったエラは思わず彼にキスしていて…。
  • 恋のスタンバイ
    完結
    5.0
    いったい…これはどういうことなの!?-フライトを終え、空港に戻った客室乗務員(フライトアテンダント)のティファニーはボーゼン…。なんと彼女と機長(パイロット)のベンが“婚約”したという噂が空港中に広まっていたのだ!ハンサムで有能なパイロットのベンだけど、いつもティファニーを厳しい目でにらむ苦手な上司。―あんな冷徹で傲慢な人と結婚だなんて!冗談じゃないわ…!-慌てて噂を打ち消そうとするティファニーだが…。「だめだ、しばらくはこの婚約を成立させる」。-なぜ!?彼は私が嫌いなはずなのに…-
  • 恋ふたたび
    完結
    4.0
    エキゾチックな灼熱の大地、モロッコ。米大使館員としてこの国に赴任したキャサリンは、かつて婚約者との純粋な愛を残酷に引き裂いた彼の兄、ラシードと運命的に再会する……。従順な女性を理想とするこの国で、相変わらず傲慢で強引な考えをぶつけるラシードに反発せずにはいられないキャサリン。一方、恋の再燃を許さないラシードはキャサリンを屋敷に連れ去り!?囚われの地で知るラシードの素顔。強い意志、精神力、そして情熱。多くの壁を乗り越えて、砂漠を焦がす恋の炎はやがて……!!
  • 公爵と私
    -
    公爵家に家庭教師として住みこむことになったアリス。庭園の生け垣の先でアリスを待っていたのは、顔に大きな傷を持つ公爵・エルガーだった。妻を亡くして以来、心を固く閉ざす公爵。だが、公爵の悲しみに満ちた瞳の奥に秘められた優しさに、いつしかアリスは惹きつけられていた。「身分違いでもいい…ただ、あなたの笑顔を取り戻したいの」※本作品は提供元が宙出版からハーレクインコミックスに変更になりました。本編に変更はないので、重複購入にご注意ください。
  • 氷の富豪と愛のナニー
    完結
    -
    クレアが勤める養子斡旋所で、赤ん坊ベラは4日間も放置されていた。ようやく迎えに来たのはなんと複合企業のCEOマット。ベラの後見人の彼は、クレアに「育児の手伝いをしてくれたらいくらでも払う」と言う。過去に男性から裏切られた経験のあるクレアは彼の魅力をおそれ一度は拒む。が、ベラのため彼の豪邸で住みこみのナニーとして働きはじめる。ここにいるのは恋に落ちるためではない、私はただの使用人だと揺れる心に言いきかせるが…!?
  • 氷の富豪と無垢な王女(カラー版)
    完結
    -
    エーゲ海の小さな島国キョーノス。王女エヴァには、ささやかな夢があった。それは愛する男性と幸せな結婚をすること。しかしその夢は、王女としての立場にあるエヴァには決して叶えられぬものだった。20歳になったエヴァは父親の決めた相手と政略結婚をすることに。結婚まで半年と迫ったある日、エヴァに新しいボディガードがつくことになった。冷静沈着で感情をまったく表に出さないボディガード、マックにエヴァの心に自分でもわからない不思議な感情が湧き!?
  • 孤独な城主と誘惑の9カ月
    完結
    2.0
    濃い霧に覆われたペンリス城に住み込みの理学療法士としてやって来たダイアナ。雇い主である城主は2か月前に事故にあい、リハビリを必要としていると言う。暗くて不気味な城に時代がかったメイド…城主は偏屈な老紳士かもしれないわ。そんな予想を裏切りダイアナを待っていたのは、若くてセクシーな男性エドワードだった。何もかもを拒絶するような冷たい瞳をもつ彼は、ダイアナがバージンだと見抜くとなぜか「僕のそばにいてほしい」とささやき、抱きしめてきて…!?
  • この結婚は期限付き
    完結
    -
    イアン・マクニール! 莫大な富を誇る一家の次男がなぜここに? リゾートホテルの改装の仕事でマイアミを訪れたリディアは、突然現れた彼を見て凍りついた。1年前、リディアはタヒチでイアンと出会い恋に落ち、情熱のときを過ごした。ところが、ある日、彼の不実の証拠を見つけ、数週間の濃密な関係に終止符を打ったのだった。再びリディアの目の前に現れたイアンは、彼女の弱みを利用し、耳を疑うような提案をする。「12か月間だけ僕の妻になってくれないか?」
  • このプロポーズは運命?
    完結
    4.4
    一刻も早く結婚相手を見つけなくては!ジェンは仕事の都合上どうしても夫が必要になり、自分にぴったりの男性を探すことに決めた。だが、夫選びの過程で偶然出会ったコールという男性は、ジェンの結婚に対する考えは間違っていると非難していた。あてにならない感情より、理性に従って夫を選んだほうがいい。そう信じていたジェンだったが、傲慢だけど途方もなくハンサムで、結婚には愛が必要だと考える、まるで自分の理想とは正反対のコールに次第に惹かれて…!?
  • この胸の嵐
    完結
    -
    売れっ子モデルのスザンナがこの世で一番会いたくなかった人物…パスクアーレ。その彫りの深い端正な顔立ち、まぶしい程の笑顔に、7年前、まだ少女だったスザンナがひと目で恋に落ちた最も魅惑的な男…。そして、スザンナの心を引き裂き、青春の全てを奪い去った、最も残酷な男…。突然訪れた彼と7年ぶりの再会から、スザンナの心は恋の嵐に襲われたかのように大きく揺れ動き…!!
  • 傲慢な落札者
    完結
    2.5
    完璧なパートナーとして自分を売り込むべき大事なオークションで、ステージから転げ落ちてしまったアンジェリカ。激突に備え固く眼を閉じた彼女だが、次に感じたのは広く温かい男性の胸だった。力強く響く心臓の鼓動とほのかに香るコロンの匂い…恐る恐る目を開けた彼女の目前には、冷酷な実業家として有名なポール・スターリングの端正な横顔が…!自分の失態に青くなるアンジェリカをよそに、ポールは2万ドルもの大金で彼女を競り落とす。彼の目的はいったい何!?

最近チェックした本