エートゥシー・プロダクション一覧

  • 世界の艦船 2019年 01月号
    続巻入荷
    5.0
    1~43巻1,375~1,782円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 1月特大号:「新時代の海上自衛隊」  中国の海洋進出や北朝鮮の核・ミサイルの脅威など,わが国をめぐる安全保障環境は大きく変わりつつある。その中にあって海上自衛隊はどうあるべきかを多角的に分析。写真頁では現有自衛艦の全艦影を紹介するとともに,本文記事では注目の新型艦をはじめ,BMDや島嶼防衛など多様化する海上自衛隊のミッションを詳しく解説。 <世界の艦船> 1957年に創刊されたわが国唯一の艦船総合情報誌。世界の軍艦や官庁船,クルーズ客船,一般商船の最新情報をビジュアルに伝えるとともに,毎月,一流執筆陣による「海上自衛隊」「世界の空母」「対潜水艦戦」といった興味深い特集を組み,時宜に適ったテーマを深く掘り下げている。
  • 世界の艦船 増刊 196集 ネーバル・ヒストリー・シリーズ⑥ 戦艦「三笠」と日本海海戦
    NEW
    -
    1巻2,799円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」6月号増刊:ネーバル・ヒストリー・シリーズ⑥ 戦艦「三笠」と日本海海戦 三笠保存会が所蔵する英観戦武官ペケナム大佐の秘蔵写真を多数収録し,三笠の歩みやメカニズム,当時の日露軍艦,損傷した旅順艦隊やバルチック艦隊所属艦艇,日本徴用船舶などを紹介!  本文頁では日本海海戦についても詳しく解説し,カラー写真頁には今日の三笠や日本海海戦の戦争画を掲げた。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。 ※ デジタル版は固定レイアウトとなっております。 そのため、タブレットなど大きいディスプレイを持つ端末で閲覧することに適しています。 また、文字の拡大や、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。 ご了承下さい。
  • 世界の艦船増刊 195集 海上自衛隊セレクション第3弾 BMD/島嶼防衛/MOOTW
    -
    1巻2,500円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」2022年5月号増刊:海上自衛隊セレクション③ BMD/島嶼防衛/MOOTW 好評のシリーズ3弾目は,注目の海自ミッション!  核ミサイルの脅威からの防衛体制は? 島嶼防衛,対テロ,海賊対処,大規模災害への対応は? これらに対する海自の現況をカラー写真と有識者による詳細な解説記事でまとめました。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。 ※ デジタル版は固定レイアウトとなっております。 そのため、タブレットなど大きいディスプレイを持つ端末で閲覧することに適しています。 また、文字の拡大や、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。 ご了承下さい。
  • 世界の艦船増刊 第189集『ネーバル・ヒストリー・シリーズ(5)名艦クライマックス 25隻の「その刻」』
    -
    1巻2,300円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:ネーバル・ヒストリー・シリーズ⑤ 名艦クライマックス 25隻の「その刻」 海軍史がテーマのシリーズ第5弾は,本誌人気連載「名艦クライマックス」! 連載24隻分に書下ろし1隻を加え,第2次大戦を戦った25隻それぞれのプロフィールとクライマックス・シーンを解説。 さらに当時の軍艦や艦上生活にちなんだコラムのほか,モノクロ写真頁では25隻の貴重な艦影を掲げ,カラー頁で戦艦ビスマルク,空母エンタープライズ,駆逐艦雪風などの洋上模型作例を紹介した。 第2次大戦の艦艇ファンにお薦めの一冊である。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。 ※ デジタル版は固定レイアウトとなっております。 そのため、タブレットなど大きいディスプレイを持つ端末で閲覧することに適しています。 また、文字の拡大や、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。 ご了承下さい。  好評のうちに売り切れとなった2011年8月号増刊「自衛艦 100のトリビア」が電子版として復活! 海上自衛隊の自衛艦を対象として,「自衛艦は軍艦なの?」「自衛艦の種類あれこれ」「自衛艦の進水式」「水上艦の艦内編制」「指揮官旗」「潜水艦のトイレ」「艦内神社」等々,初心者はもちろん,マニアでも知っているようで知らないトリビア100を満載。
  • コミッカーズ☆トリップ
    -
    1巻1,650円 (税込)
    漫画家とは何か。漫画とは何か。面白い漫画を描いて、売れっ子になるにはどうしたら良いのか――。 デビューはしたものの伸び悩む漫画家、主人公の高田一夫。自分にしかかけない面白い漫画とは何かを、日々考えすぎて、脳内トリップという名の現実逃避を繰り返す。 ある日、一夫は売れっ子漫画家『馬場一子』というキャラクターの登場する漫画を描き、担当編集者の巣鴨に見せる。一夫の渾身の作品を読んだ巣鴨は一夫の熱意を余所に、ボロクソなダメ出しをはじめる。自身の才能に限界を感じた一夫は…。 東京新宿区四谷、昭和の風情を色濃く残す元花街の荒木町で、『三味線流し歌う漫画家ちえ』として活躍する芸人、荒木ちえが、漫画家デビュー前に師事した小池一夫塾で学んだキャラクター原論を元に描いた、前代未聞の"漫画小説"。面白い漫画とは何か、漫画家荒木ちえの自身への問いかけでもある作品。
  • 世界の艦船 増刊 第194集 世界の海軍2022-2023
    -
    1巻2,999円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」4月号増刊:世界の海軍2022-2023  ポケット・ジェーン年鑑として好評の海軍年鑑最新版! 世界の全海軍122カ国を対象に,GDP,国防予算,海軍人員,艦種別艦艇隻数,航空機数を列記。中核兵力である潜水艦,空母,主要水上戦闘艦,大型揚陸艦については,計画中のものも含めて全タイプを網羅し,それぞれ要目,艦名リスト,艦影を掲げた。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。 ※ デジタル版は固定レイアウトとなっております。 そのため、タブレットなど大きいディスプレイを持つ端末で閲覧することに適しています。 また、文字の拡大や、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。 ご了承下さい。
  • 世界の艦船 増刊 第193集 傑作軍艦アーカイブ⑬空母「蒼龍」「飛龍」「翔鶴」「瑞鶴」
    -
    1巻2,500円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:傑作軍艦アーカイブ⑬空母「蒼龍」「飛龍」「翔鶴」「瑞鶴」 シリーズ最新刊は,日本機動部隊の中核を担った4空母!  未発表を含む多数の写真と研究者による記事で,その全貌を徹底解説。 巻末折込には飛龍の公式図を付した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。 ※ デジタル版は固定レイアウトとなっております。 そのため、タブレットなど大きいディスプレイを持つ端末で閲覧することに適しています。 また、文字の拡大や、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。 ご了承下さい。
  • 世界の艦船 増刊 第95集『日本航空母艦史』
    -
    1巻1,375円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:日本航空母艦史  日本海軍が保有した全空母を対象に,正規空母,改造空母の別なく就役時期の順に時系列に紹介したピクトリアル・マガジン。タイプ別に詳細な艦型図と解説を付し,水上機母艦,搭載機についても全タイプを網羅した。日本空母の全貌を知る上で不可欠の情報資料である。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。 ※ デジタル版は固定レイアウトとなっております。 そのため、タブレットなど大きいディスプレイを持つ端末で閲覧することに適しています。 また、文字の拡大や、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。 ご了承下さい。
  • 世界の艦船 増刊 第90集『戦艦大和 100のトリビア』
    3.0
    1巻2,074円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:戦艦大和 100のトリビア  増刊トリビア・シリーズの第1弾は,世界最大最強の戦艦大和。 「建造費はいくらか」や「主砲塔のメカニズム」「主機のメカニズム」「防御力の概要」など,大和の基本的な情報に加えて,「大和型の旗艦設備」「司令長官の食事」「士官室とガンルーム」「散髪や洗濯はどうしていたか」等々,トリビアルながら大和をめぐる興味津々の話柄・知識100を満載。  沖縄特攻時の詳細なカラーCG,艦内一般配置図(新造時)付き。
  • 世界の艦船 増刊 第98集『自衛艦 100のトリビア』
    -
    1巻2,095円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:自衛艦100のトリビア  好評のうちに売り切れとなった2011年8月号増刊「自衛艦 100のトリビア」が電子版として復活! 海上自衛隊の自衛艦を対象として,「自衛艦は軍艦なの?」「自衛艦の種類あれこれ」「自衛艦の進水式」「水上艦の艦内編制」「指揮官旗」「潜水艦のトイレ」「艦内神社」等々,初心者はもちろん,マニアでも知っているようで知らないトリビア100を満載。
  • 世界の艦船 増刊 第79集 日本戦艦史
    -
    1巻2,409円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:日本戦艦史  弊誌創刊50周年を記念して刊行した大型増刊。日本海軍が保有した全戦艦を対象に,貴重な写真 と艦型図を添えて詳細に解説。各艦の要目や艦歴についても新たに検証し,日本戦艦発達の歩みを知る上で,まさに決定版といえる情報資料であ る。戦闘射撃中の戦艦陸奥の折り込み写真付き。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第101集『日本巡洋艦史』
    -
    1巻2,409円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:日本巡洋艦史  未成艦,戦利艦を含めて,日本海軍が保有した巡洋艦全タイプを俎上に,周到な調査に基づいて視覚的に解説した内容である。刮目に値する未発表写真を多数収録し,本文頁には日本巡洋艦の建造の流れやハードウエア,戦歴など貴重な考察を掲載した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船増刊 第191集 アメリカ海軍 2022
    -
    1巻2,649円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:アメリカ海軍 2022  好評のアメリカ海軍年鑑の最新版! 現在アメリカ海軍が保有する主要戦闘艦艇全タイプと航空機,艦載兵器を網羅し,階級章/制服/旗もカラーで紹介。 解説頁にはアメリカ海軍の現況と将来,艦船,航空機の動向分析記事に加え,資料として同海軍の組織,基地と造船所,艦種記号一覧,略語解説を添えた。 まさに現在のアメリカ海軍を知るうえで不可欠な一冊である。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。 ※ デジタル版は固定レイアウトとなっております。 そのため、タブレットなど大きいディスプレイを持つ端末で閲覧することに適しています。 また、文字の拡大や、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。 ご了承下さい。
  • 世界の艦船増刊 第190集 『米攻撃原潜「ヴァージニア」級』
    -
    1巻1,400円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:米攻撃原潜「ヴァージニア」級  米海軍の最新鋭攻撃原潜ヴァージニア級を多角的に紹介。 高性能とライフ・サイクル・コストを両立させたコンセプトで,最終的に50隻に迫る量産を視野に鋭意整備中である。 魅力的なカラーと厳選したバックナンバー記事でその全貌に迫る。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。 ※
  • 世界の艦船増刊 第192集 精鋭自衛艦のすべて⑦「まや」型護衛艦
    -
    1巻2,095円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」2月号増刊:精鋭自衛艦のすべて⑦ 「まや」型護衛艦  好評の精鋭自衛艦シリーズ第7弾は,注目のイージス艦「まや」型を取り上げた。 最新のイージス戦闘システムを搭載し,弾道ミサイルの迎撃と対空戦を同時に行なえる機能(IAMD)を米軍艦以外では初めて導入した本型の全貌に,魅力的なカラーと懇切な解説で迫った。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。 ※ デジタル版は固定レイアウトとなっております。 そのため、タブレットなど大きいディスプレイを持つ端末で閲覧することに適しています。 また、文字の拡大や、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。 ご了承下さい。
  • 世界の艦船 増刊 第105集『潜水艦 100のトリビア』
    -
    1巻2,200円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:潜水艦100のトリビア  海の忍者として登場し,今や航空母艦と並んで,海軍の最重要艦種に登りつめた潜水艦をめぐる100のトリビア。  内容は構造,推進システム,兵装,運用などの他,史上に名を残した潜水艦や軍人,さらに艦内生活など,バラエティに富んだ内容です。各トリビア末尾の4択クイズにも是非挑戦してみてください。
  • 世界の艦船 増刊 第151集『海上自衛隊 2018-2019』
    -
    1巻2,647円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:海上自衛隊2018-2019 2005年の初版刊行以来好評を博している海上自衛隊イヤーブックの最新版! 艦艇、航空機全タイプはもちろん、ウエポン・システム、旗、制服、階級章などもカラーで紹介。本文解説頁では海上自衛隊の現状分析記事のほか、防衛省の組織図、艦艇・航空機部隊の編成表、海将のプロフィールなど、海上自衛隊を知る上で不可欠な情報を網羅した。 <世界の艦船> 1957年に創刊されたわが国唯一の艦船総合情報誌。世界の軍艦や官庁船、クルーズ客船、一般商船の最新情報をビジュアルに伝えるとともに、毎月、一流執筆陣による「海上自衛隊」「世界の空母」「対潜水艦戦」といった興味深い特集を組み、時宜に適ったテーマを深く掘り下げている。
  • 世界の艦船 増刊 第159集『現代の潜水艦』
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の海軍」5月号増刊:「現代の潜水艦」 本誌で2年半,30回にわたって連載した「現代の潜水艦」を一冊にまとめた画期的増刊! 著者の小林正男氏は,海上自衛隊で潜水艦隊司令官を務めた生粋のサブマリナーで,その実体験に基づいた緻密な解説は,潜水艦の構造,主要装備,兵装,オペレーションなど多岐にわたっており,現代の潜水艦を包括的に知る上で必携の文献といえる。 増刊刊行に当たっては,より読みやすいよう構成を改め,巻頭に世界の潜水艦の魅力的なカラー映像を収録した。 <世界の艦船> 1957年に創刊されたわが国唯一の艦船総合情報誌。世界の軍艦や官庁船,クルーズ客船,一般商船の最新情報をビジュアルに伝えるとともに,毎月,一流執筆陣による「海上自衛隊」「世界の空母」「対潜水艦戦」といった興味深い特集を組み,時宜に適ったテーマを深く掘り下げている。
  • 世界の艦船 増刊 第157集 『傑作軍艦アーカイブ(7) 戦艦「扶桑」型/「伊勢」型』
    4.0
    1巻2,343円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の海軍」3月号増刊:傑作軍艦アーカイブ(7) 戦艦「扶桑」型/「伊勢」型  好評のアーカイブ・シリーズの最新刊! 新造時世界最強の戦艦と謳われた扶桑型と,史上唯一航空戦艦に改造された伊勢型の2タイプ4隻のメカニズムを徹底解説。大正期の演習シーンなど,貴重な写真を多数収録した他,巻末には山城(新造時)と伊勢(航空戦艦時)の折込み図も添付した。 <世界の艦船> 1957年に創刊されたわが国唯一の艦船総合情報誌。世界の軍艦や官庁船,クルーズ客船,一般商船の最新情報をビジュアルに伝えるとともに,毎月,一流執筆陣による「海上自衛隊」「世界の空母」「対潜水艦戦」といった興味深い特集を組み,時宜に適ったテーマを深く掘り下げている。
  • 世界の艦船 増刊 第152集『傑作軍艦アーカイブ(6) 英戦艦「キング・ジョージ5世」』
    -
    1巻2,343円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:傑作軍艦アーカイブ⑥英戦艦「キング・ジョージ5世」級  大好評のアーカイブ・シリーズ第6弾は,英新戦艦キング・ジョージ5世級! 本邦初公開を含む多数の写真と本文記事でそのメカニズムや戦歴を解説した。 さらに洋上模型作例や1番艦の新造時と終戦時の大型側平面図を付して,その艦影を再現している。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第158集『世界の海軍 2019-2020』
    -
    1巻2,852円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」4月号増刊:世界の海軍2019-2020  2005年の初版刊行以来好評を博しているポケット海軍年鑑の最新版。 従来版と同様,海軍を保有する全122カ国のGDP,人口,国防予算,海軍勢力,主要艦艇のデータを網羅するとともに,今年版ではページを増やし,新たに世界の海軍の現況を包括的に解説した「ネーバル・レビュー」と題する記事を収録,シーパワーに対する読者の理解を深めるよう配慮した。 <世界の艦船> 1957年に創刊されたわが国唯一の艦船総合情報誌。世界の軍艦や官庁船,クルーズ客船,一般商船の最新情報をビジュアルに伝えるとともに,毎月,一流執筆陣による「海上自衛隊」「世界の空母」「対潜水艦戦」といった興味深い特集を組み,時宜に適ったテーマを深く掘り下げている。
  • 世界の艦船 増刊 第135集 『傑作軍艦アーカイブ(2) 米空母「レキシントン」級』
    -
    1巻2,037円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の海軍」8月号増刊:傑作軍艦アーカイブ② 米空母「レキシントン」級 好評のアーカイブ・シリーズの第2弾! 「レディ・レックス」「シスター・サラ」と呼ばれ,米国民に親しまれたレキシントン級空母2隻のハードウェアと戦歴を,多数の貴重な写真と詳細な本文記事で解説したものである。 さらに模型作例,カラー・イラストなどを盛り込み,その姿を鮮やかに再現した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第130集 『傑作軍艦アーカイブ(1) 重巡「妙高」型/「高雄」型』
    -
    1巻2,037円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の海軍」増刊:傑作軍艦アーカイブ① 重巡「妙高」型/「高雄」型  好評のアーカイブ・シリーズの第1弾! いかにも重巡らしいスマートかつ重厚な艦容で人気の高い妙高型と高雄型を対象に、未発表写真を含む多数の写真と詳細な本文記事で、両タイプのハードウエアとオペレーションを徹底解説。 模型作例とカラー塗装、折り込み図面を付してビジュアル的な理解にも配慮した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第111集『日本海軍 100のトリビア』
    -
    1巻2,200円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:日本海軍100のトリビア 日本海軍ファン待望のトリビア・シリーズ。 海軍の歴史から,任務と組織,教育,人事,軍備と用兵,提督たち,海戦,事件の章立てで日本海軍の真実に迫る。 各章には「駐在武官の仕事」「軍港と要港」「海軍のシビリアン」「軍備計画の変遷」など,興味津々のトリビアが満載。 各トリビアに付された4択クイズにも挑戦したい。
  • 世界の艦船 増刊 第171集『ネーバル・ヒストリー・シリーズ(2)連合艦隊の興亡』
    -
    1巻2,300円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:ネーバル・ヒストリー・シリーズ② 連合艦隊の興亡  終戦から75年の節目に,連合艦隊の誕生から終焉までを一冊に凝縮! 写真頁では,その主要艦艇を紹介するとともに,大正期の主力艦演習シーンや練習戦艦比叡の内地巡航,軽巡夕張の外洋航海を取り上げた。 本文頁では,連合艦隊の盛衰,組織と編成,教育制度などを中心に,今日では貴重な本誌バックナンバー記事を掲載した。巻末には折込として連合艦隊の年表を付し,連合艦隊の概要が把握できるように配慮している。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第179集 アメリカ海軍2021
    -
    1巻2,649円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:アメリカ海軍2021  世界最強の陣容を誇るアメリカ海軍の全貌に迫る一冊。戦闘艦艇,作戦機の全タイプの詳細な解説に加えて,各種補助艦,艦載兵器,さらに制服,階級章までをビジュアルに紹介。また本文ページには,アメリカ海軍の現況を伝える論文のほか,国防組織の構成,主要基地の配置など各種情報を収録した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第175集『英巡洋戦艦「フッド」「リパルス」「リナウン」』
    -
    1巻2,400円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●世界の艦船 増刊 第135集『傑作軍艦アーカイブ(10)英巡洋戦艦「フッド」「リパルス」「リナウン」』 イギリス最大の主力艦で悲劇的な最期を遂げたフッド,マレー沖に消えたリパルス,近代化改装で艦容を一変したリナウンのメカニズムや戦歴を,多数の写真と本文記事で解説する。 さらに洋上模型作例や色鮮やかなリパルスとリナウンの公式図を掲げ,往時の英巡洋戦艦の姿を紙上に再現した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第173集『海上自衛隊2020-2021』
    -
    1巻2,649円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」7月号増刊「海上自衛隊2020-2021」  2005年の初版刊行以来好評を博している海上自衛隊イヤーブックの最新版! 現在保有する艦艇・航空機全タイプに加えて,ウエポン・システム,旗,制服,階級章等もオールカラーで紹介。解説頁では海上自衛隊の現状と将来分析,艦艇・航空機部隊の編成表,海将のプロフィールなど,海上自衛隊を包括的に知る上で不可欠な情報を収録した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第170集『ネーバル・レビュー2020』
    -
    1巻3,300円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」 増刊 :「ネーバル・レビュー2020」 この増刊第170集は,全世界84カ国の海軍を対象に,その現状を分析した新企画の増刊である。 各海軍の歴史,国防組織,艦隊編成,艦艇・航空機,兵力,基地,造船所,海兵隊について,それぞれのエキスパートが解説の筆を取っている。 世界の海軍力を包括的に知る上で,まさに必須の文献といえる。 なお本増刊のデータは2020年3月末現在の数字である。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第177集『ネーバル・ヒストリー・シリーズ(3)日本海軍の水雷戦隊』
    -
    1巻2,300円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:日本海軍の水雷戦隊  シリーズ第3弾は,太平洋戦争で八面六臂の活躍を見せた日本海軍水雷戦隊! 大正期~太平洋戦争期の部隊の変遷,巡洋艦や駆逐艦の写真に加え,敵味方の艦型識別に使用された「艦艇識別要表」(軍令部作製)を初めて掲載。さらに強運の駆逐艦雪風をはじめ,水雷戦隊の戦い振りを伝え、1960年代~2010年代初頭の貴重な本誌バックナンバー記事を再録し,一冊で水雷戦隊を理解できる構成とした。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。 ※ デジタル版は固定レイアウトとなっております。 そのため、タブレットなど大きいディスプレイを持つ端末で閲覧することに適しています。 また、文字の拡大や、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。 ご了承下さい。
  • 世界の艦船 増刊 第172集『ドイツ潜水艦史』
    -
    1巻2,600円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」6月号増刊:「ドイツ潜水艦史」  ドイツ潜水艦Uボートは,2度の大戦で連合国に痛撃を加えたドイツ海軍の象徴的存在で,その伝統は今も受け継がれている。本書は草創期から現在に至るドイツ潜水艦全タイプを,多数の未発表写真に詳細な解説を付してモノクロ頁で網羅し,本文頁ではその技術的特徴と壮絶を極めた戦いの記録に多くの紙幅を割いた。一世紀を越える歴史を有するUボートの全容を,ハード,ソフト両面から知りうる一冊である。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第178集『米イージス艦「アーレイ・バーク」級』
    -
    1巻1,200円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:米イージス艦「アーレイ・バーク」級 計画時からイージス・システムの搭載を考慮して建造されたアーレイ・バーク級駆逐艦。海上自衛隊のイージス護衛艦のモデルともなったこの量産艦を,誕生の経緯からハードウエア,さらにイージス・システムの歩みを俎上に,魅力的な写真多数を交えてコンパクトにまとめた。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第174集『精鋭自衛艦のすべて(6)』「そうりゅう」型&「おやしお」型潜水艦
    -
    1巻2,500円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」8月号増刊:精鋭自衛艦のすべて⑥ 「そうりゅう」型&「おやしお」型潜水艦  好評の精鋭自衛艦シリーズの第6弾! 海上自衛隊の潜水艦勢力を二分する“そうりゅう”型と“おやしお”型を俎上に,鮮明なカラー映像で艦上艦内を視覚的に紹介。 さらに本文解説頁では両タイプの船体構造,機関,ウエポン・システムなど,ハードウエアの全貌にメスを入れた。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第176集 アメリカ揚陸艦史
    -
    1巻2,850円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:アメリカ揚陸艦史  第2次大戦で連合軍勝利の一翼を担い,冷戦時代を経た今日,空母機動部隊と並んで他の追随を許さない陣容を誇る米揚陸艦群。 この増刊では大戦期から現在に至る米揚陸艦全タイプを,詳細な解説と写真多数で綴った。使用写真のうち9割以上が未使用写真である。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第102集『空母 100のトリビア』
    -
    1巻2,304円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:空母100のトリビア  航空機の発達により,第2次大戦において戦艦に代わって主力艦の座についた航空母艦に関する100のトリビア。 2012年3月刊行増刊の電子版で,空母の発達史やメカニズム,艦内生活,発着艦の方法,戦闘記録,搭載機などなど,興味深いテーマを満載。 100のトリビアそれぞれに楽しい4択クイズが付いています。全問正解を目指して頑張って下さい。
  • 世界の艦船 増刊 第125集『第2次大戦の日本軍艦』
    -
    1巻2,647円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:第2次大戦の日本軍艦 第2次大戦に参加した日本海軍艦艇の全貌を,貴重な映像と艦型図,要目を添えて解説。戦艦,空母,巡洋艦,駆逐艦,潜水艦は全タイプを,その他の戦闘艦艇,特務艦艇も全艦種の艦影を網羅した。 前大戦の終結からすでに70年余が経過した今,戦時下の日本艦艇研究に必携のピクトリアルといえよう。なお巻末に詳細なクラス/艦名索引を添えた。
  • 世界の艦船 増刊 第127集 国産護衛艦建造の歩み
    -
    1巻2,343円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:国産護衛艦建造の歩み  長く艦艇建造計画を担当してきた元自衛艦隊司令官による,好評連載記事を一冊の増刊にまとめたもの。草創期の護衛艦からイージス艦まで,国産護衛艦建造の歩みを克明にトレースして,各タイプの技術,用兵的特徴を余すところなく浮き彫りしている。 国産護衛艦研究に不可欠な基本文献! ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第181集『傑作軍艦アーカイブ(11)空母「赤城」「加賀」』
    5.0
    1巻2,349円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●世界の艦船 増刊:第181集『傑作軍艦アーカイブ(11)空母「赤城」「加賀」』 大好評のアーカイブ・シリーズ第11弾は,日本機動部隊の中核を担った赤城と加賀! そのユニークなメカニズムを徹底解説するとともに,初掲載の写真多数を収録。 さらに巻頭カラーでは洋上模型作例を紹介し,折込には赤城(改装後)の艦内側平面図と横断面図を付した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船増刊 第185集 海上自衛隊2021-2022
    -
    1巻2,649円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:海上自衛隊2021-2022  毎年好評を博している海上自衛隊イヤーブックの最新版! 現有艦艇,航空機の全タイプはもちろん,ウエポン・システム,旗,制服,階級章などもカラーで紹介。 本文解説頁では海上自衛隊の現状分析記事のほか防衛省の組織図,艦艇・航空機部隊の編成表,海将のプロフィールなど,海上自衛隊を知る上で不可欠な情報を網羅した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第183集『ネーバル・ヒストリー・シリーズ(4)太平洋戦争の日本戦艦』
    -
    1巻2,300円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:ネーバル・ヒストリー・シリーズ④ 太平洋戦争の日本戦艦 好評のシリーズ第4弾は,太平洋戦争のわが主力艦群! 写真頁では,本誌初掲載の武蔵の空撮映像を含む大和型以下5タイプ12隻の艦影とともに,昭和11年大演習における主力部隊の貴重な活動シーンを掲げた。 本文頁は,入手困難なバックナンバー記事に書下ろしを追加し,日本戦艦の砲戦力やメカニズムの実相を一冊で理解できるように構成。 さらに巻末のカラー折込では大改装後の戦艦比叡の中央部切断公式図と霧島の側平面図(第2次改装後)を収録した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第180集 海上自衛隊セレクション(1)『空母型DDH』
    -
    1巻2,200円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:海上自衛隊セレクション(1)空母型DDH  海上自衛隊の現在、過去、未来に切り込む増刊新シリーズの第1弾!  今回は空母型DDHをテーマに、“いずも”型および“ひゅうが”型4隻のハードとソフトを魅力的なカラーと、貴重な再録記事で徹底分析。 幻に終わった2次防のヘリ空母計画や、現在進行中の“いずも”型空母化工事など、興味津々の内容! ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船増刊 第187集 傑作軍艦アーカイブ(12)米戦艦「ノース・カロライナ」級/「サウス・ダコタ」級
    -
    1巻2,400円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:傑作軍艦アーカイブ(12)米戦艦「ノース・カロライナ」級/「サウス・ダコタ」級 シリーズ第12弾は,日本海軍と激しく戦った米35,000トン級新戦艦! 2タイプ6隻の本誌初掲載写真多数とともに,建造経緯,メカニズム,戦歴などを徹底解説。カラー頁では実艦写真に加えて700分の1スケール洋上模型を紹介し,カラー折込には両級の激闘を示すノース・カロライナ(1942年被雷時)とサウス・ダコタ(同第3次ソロモン海戦時)の損傷図を掲げた。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第182集『世界の大型水上戦闘艦』
    3.0
    1巻2,799円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●世界の艦船 増刊:世界の大型水上戦闘艦  満載排水量3,000トン以上の大型水上戦闘艦(巡洋艦,駆逐艦,フリゲイト,哨戒艦)全タイプを網羅。原則として各タイプに写真,要目,艦名一覧,艦型図を添え,最新情報に基づく詳細な解説を付した。 現代海軍の基盤戦力といえる大型水上戦闘艦の現況を把握する上で,必携の情報資料といえる。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船増刊 第188集 海上自衛隊セレクション(2) ASWオペレーション
    -
    1巻2,300円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:海上自衛隊セレクション② ASWオペレーション シリーズ第2弾は,海上自衛隊のお家芸とされる「ASWオペレーション」を取り上げた。 最先端技術を用いた現代ASWの実相と,それを支えるハードとソフト,さらには海自ASWの歩みを今では入手困難な貴重なバックナンバー記事から厳選した。 また巻頭カラー頁では現有対潜艦全タイプ,モノクロ写真頁では海自がこれまで保有した対潜艦艇全タイプを収録している。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第184集『ドイツ戦艦史』
    -
    1巻2,600円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:ドイツ戦艦史  第1次大戦において英戦艦陣と覇を競ったドイツ戦艦は,祖国の敗北により無に帰したが,第2次大戦では小規模ながらビスマルクなど著名戦艦を擁して甦り,連合国のシーレーンを脅かした。 この増刊ではドイツ海軍が保有した戦艦の全容を,ポケット戦艦を交え,多くの未発表写真を盛り込んで網羅した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船増刊 第186集 米原子力空母「フォード」級
    -
    1巻1,799円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:米原子力空母「フォード」級  米海軍最新の原子力空母フォード級の全貌を、迫力満点のカラーと詳細な解説で浮き彫りに!  カラー頁では建造工程や搭載機を視覚的に紹介、本文頁では厳選したバックナンバー記事を、最新情報に基づいてリニューアルし、本級のハードとソフトを掘り下げた。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第149集『傑作軍艦アーカイブ(5)戦艦「金剛」型』
    -
    1巻2,343円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:傑作軍艦アーカイブ⑤戦艦「金剛」型 大好評のアーカイブ・シリーズ第5弾は,太平洋戦争の殊勲艦金剛型! そのメカニズムと戦歴を,貴重な建造シーンを含む多数の写真と本文記事で解説した。さらに霧島の大型精密模型や金剛,榛名の700分の1洋上模型作例,新造時金剛と第2次改装後霧島の精密図面も付している。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第145集『傑作軍艦アーカイブ(4) 米戦艦「アイオワ」級』
    -
    1巻2,343円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」2017年9月号増刊(第866集) 〈傑作軍艦アーカイブ④〉 米戦艦アイオワ級 電子版  米海軍最後にして最強の戦艦「アイオワ」級4隻の航跡を,多数の貴重な写真と詳細な本文記事で徹底解説!  メカニズムや戦歴に加え,模型作例や精密図面も盛り込み,その姿を立体的に再現した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第140集 『傑作軍艦アーカイブ(3)戦艦「長門」型』
    -
    1巻2,240円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の海軍」増刊:傑作軍艦アーカイブ③戦艦「長門」型 好評のアーカイブ・シリーズの第3弾!  戦前,長きにわたって日本海軍のシンボル的存在だった長門と陸奥を,本邦初公開を含む約120枚の写真と詳細な本文記事で徹底解説。 さらに700分の1洋上模型作例や折り込み図面を付して,両艦の艦影をビビッドに再現した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第169集 傑作軍艦アーカイブ(9)平賀デザインの巡洋艦
    -
    1巻2,349円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:傑作軍艦アーカイブ⑨平賀デザインの巡洋艦 夕張/古鷹型/青葉型/妙高型 大好評のアーカイブ・シリーズ第9弾は,日本建艦史上に名高い平賀譲が設計した軽巡夕張,重巡古鷹型,青葉型,妙高型の4タイプを対象に,そのデザインの変遷や特徴を新たな切り口で徹底的に解説した。 多数の貴重な写真に加え,公式計画図や洋上模型作例,夕張最終時と青葉新造時の大型精密図面などを付して,在りし日の艦影を浮き彫りにしている。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船2019年11月号増刊 ネーバル・ヒストリー・シリーズ1 第2次大戦 海戦と軍人
    -
    1巻2,300円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●ネーバル・ヒストリー・シリーズ① 第2次大戦 海戦と軍人 世界の海軍史を幅広く紹介する新シリーズがスタート!  第1弾は本誌に24回にわたって連載された「第2次大 戦 海戦と軍人」です。気鋭の戦史研究家白石氏の手になる海戦とそこで活躍した海軍軍人の物語は,万感胸に迫るものがあります。増刊化にあたり新たに書き下ろし6話を加え,折り込みに海戦マップと主要海軍の階級章を収録しました。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第163集 『傑作軍艦アーカイブ(8) 米空母「ヨークタウン」級』
    -
    1巻2,343円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の海軍」9月号増刊:傑作軍艦アーカイブ⑧ 米空母「ヨークタウン」級  好評のアーカイブ・シリーズの最新刊!  東京初空襲,ミッドウェー海戦,ソロモン攻防戦など,幾多の海戦で日本海軍と激闘を繰り広げたヨークタウン,エンタープライズ,ホーネットの3隻を徹底解説。 搭載機のカラーイラストや700分の1模型作例を収録したほか,巻末には精密な折り込み図面を添えた。
  • 世界の艦船 増刊 第160集『海上保安庁のすべて』
    -
    1巻2,647円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」6月号増刊:海上保安庁のすべて 尖閣諸島警備や漁業保護,海難捜索救助など,多方面で活躍する海上保安庁の現状を,現地取材による写真多数を交えて紹介! 船艇,航空機のメカニズムをはじめ,各管区の特徴,近年大きく変貌した注目の基地などを詳細に解説。 旗と階級章や組織といった資料,現状分析記事はもちろん,海保をより深く知るためのコラムも多数収録した。 まさに若年読者だけでなく年季の入ったマニアも納得する「ジャパン・コースト・ガード」の決定版!
  • 世界の艦船 増刊 第167集 『アメリカ海軍2020』
    -
    1巻2,649円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の海軍」1月号増刊:アメリカ海軍 2020  世界最強の陣容を誇るアメリカ海軍の全容を伝える豪華レファレンス。 現有艦船,航空機,艦載兵器を詳しく解説し,さらに階級章・制服・旗についても視覚的に紹介。 解説頁ではこの一年のアメリカ海軍を振り返るとともに,その将来展望をハード,ソフトの両面から分析した。 まさにアメリカ海軍を知る上の決定版といえる。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第162集 精鋭自衛艦のすべて4 「あさひ」型護衛艦
    -
    1巻2,138円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」8月号増刊:精鋭自衛艦のすべて④ 「あさひ」型護衛艦  好評の精鋭の自衛艦シリーズの第4弾。  海上自衛隊最新の汎用護衛艦“あさひ”型を俎上に,大判カラー写真を多用してその艦上,艦内のディテールに肉薄。 また本文解説頁では特徴ある対潜能力やその運用構想,護衛艦で初めて導入されたCOGLAG推進システムなど,本級のハードとソフトを詳しく解説した。
  • 世界の艦船 増刊 第168集 精鋭自衛艦のすべて5 「あたご」型護衛艦
    -
    1巻2,160円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」2月号増刊:精鋭自衛艦のすべて⑤ 「あたご」型護衛艦  好評の精鋭自衛艦シリーズの第5弾は,現在イージス・システムの更新を進めつつある海上自衛隊2タイプ目のイージス護衛艦“あたご”型。 大判カラー写真を多用して刷新されたCICなど,最新の艦影をビジュアルに紹介。また本文頁ではハードウエアの現状とともに,その近代化計画について詳細に解説した。 ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第164集『アメリカ護衛艦史』
    -
    1巻2,444円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「アメリカ護衛艦史」 第2次大戦において独Uボートの脅威に直面した米海軍は,輸送船団や艦隊の護衛艦として膨大な隻数の護衛駆逐艦やパトロール・フリゲイトを建造した。このアメリカにおける護衛艦の系譜は戦後も受け継がれ,対ソ連ASW部隊のワークホースとなった。  本書はこれらアメリカが今日までに整備した護衛艦全タイプを,多数の未発表写真で網羅するとともに,「付」として大戦中に護衛艦任務に活躍した米コースト・ガードのカッターと,次世代の護衛艦ともいえる沿海域戦闘艦を加えた。 ※電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。ご了承ください。
  • 世界の艦船増刊 第166集『現代の自衛艦』
    -
    1巻2,400円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●カラービジュアル 現代の自衛艦  令和の海上防衛を担う空母型護衛艦,イージス艦,新鋭汎用護衛艦,さらにはAIP潜水艦など多様な艦種の精鋭自衛艦を,2頁見開きの大判カラー写真を多用して収録! さらにモノクロ頁では現役自衛艦全タイプの艦名一覧と主要目を,それぞれの写真を付して掲げた。海上自衛隊ファン必携の一冊である ※ 電子版は雑誌(紙媒体)とは一部異なる部分がございます。 ご了承ください。
  • 世界の艦船 増刊 第161集「海上自衛隊2019-2020」
    -
    1巻2,647円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」増刊:海上自衛隊2019-2020  毎年好評を博している海上自衛隊イヤーブックの最新版!現有艦艇,航空機全タイプはもちろん,ウエポン・システム,旗,制服,階級章などもカラーで紹介。本文解説頁では海上自衛隊の現状分析記事のほか,防衛省の組織図,艦艇・航空機部隊の編成表,海将のプロフィールなど,海上自衛隊を知る上で不可欠な情報を網羅した。来たる10月に実施される令和初の観艦式にも必携である。
  • 第155集『アメリカ海軍 2019』
    -
    1巻2,647円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」1月号増刊:アメリカ海軍2019 世界最大・最強の戦力を擁するアメリカ海軍の現況を魅力的な写真と詳細な解説で紹介。 カラー頁では現役戦闘艦艇全タイプに加えて,主要な航空機や艦載兵器を詳しく解説,さらには各種旗章,制服,階級章にも頁を割いた。 また本文頁には,米中新冷戦といわれる環境下,その戦略・戦術・戦力を詳しく分析,将来像にもメスを入れた。まさにアメリカ海軍の「今と明日」を知る上で必携の一冊である。 <世界の艦船> 1957年に創刊されたわが国唯一の艦船総合情報誌。世界の軍艦や官庁船,クルーズ客船,一般商船の最新情報をビジュアルに伝えるとともに,毎月,一流執筆陣による「海上自衛隊」「世界の空母」「対潜水艦戦」といった興味深い特集を組み,時宜に適ったテーマを深く掘り下げている。
  • 第156集『精鋭自衛艦のすべて(3) 「いずも」型護衛艦』
    -
    1巻2,343円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ●「世界の艦船」2月号増刊:精鋭自衛艦のすべて(3) 「いずも」型護衛艦 「空母化」改装計画で俄然注目を集めているヘリコプター護衛艦“いずも”型のハード,ソフトを徹底解説。 カラー頁では大判写真を多用して,魅力的な洋上写真とともに,艦上,艦内を視覚的に紹介。 一方,本文頁では船体・機関・兵装の構造や能力解説に加えて,話題の「空母化」計画に多くの頁を割き,その将来像を詳細に分析した。 <世界の艦船> 1957年に創刊されたわが国唯一の艦船総合情報誌。世界の軍艦や官庁船,クルーズ客船,一般商船の最新情報をビジュアルに伝えるとともに,毎月,一流執筆陣による「海上自衛隊」「世界の空母」「対潜水艦戦」といった興味深い特集を組み,時宜に適ったテーマを深く掘り下げている。
  • デイ・アフター・デイ 〜ぼくのミュージック・ライフ〜 1964-1989 Vol 1
    -
    キーボーディスト/アレンジャー/プロデューサー/コンポーザー/Merge/ズカルフ/千葉トリオ/ピアノ個人レッスン講師などマルチに活動する板倉雅一。 自らの道程を自らが書き下ろす半生を描いた自伝的ストーリー。 板倉少年は、音楽好きの姉の影響からピアノを習うことになる。そして中学生になるとロックミュージックにのめり込み、その魅力の一端に触れ、やがてプロのミュージシャンになることを夢見るようになる。 高校生になってもその夢は色あせることなく、アマチュアバンドを結成しコンテストに応募する。見事決勝大会まで勝ち進み、さらに夢に一歩近づくかと思いきや……。 高校卒業後、大学には進学せずに音楽の専門学校への道を選択したのだが、自分が思い描いていたものとは違うことに失望する。 そんなとき、アマチュア音楽サークルの仲間からかかって来た一本の電話が、板倉雅一の人生を決定づけることになろうとは、そのときは知る由もなかった。 後に庄野真代、甲斐バンド、浜田省吾、尾崎豊、佐野元春、松山千春、大友康平らのツアーやレコーディングに参加することになる、キーボーディスト/アレンジャー板倉雅一の、ミュージシャンとしての階段を駆け上っていく姿を、本人自らが小説風だったり、時にはエッセイ的に綴って行くシリーズ本の第一弾。

最近チェックした本