小学館 - 真田十勇士一覧

  • 真田十勇士
    4.3
    狙うは家康の首!“新・真田小説”の決定版。  関ヶ原の合戦から十四年――。世に天下の智将と謳われた真田幸村は、徳川に歯向かった咎から紀州九度山村で籠居生活を強いられていた。  かつての名望とは裏腹に素顔はひどく凡庸で、大坂の豊臣家から届いた挙兵を促す密書も重荷でしかない。  そんな“名将”がとある村で出くわしたのが、猿飛佐助だった。  忍びの里に生まれ育ち、忍び衆に入る人生を拒んで里を抜けた切れ者が、偽りの名将にとんでもない企てを持ちかける。 「おいらが策を授けてやる。それで、あんたをホンモノにしてやる。真田幸村の名と命、おいらに担がせちゃあくれねえかい?」  大坂入城を前に、佐助は同郷の霧隠才蔵をはじめとする精鋭を集めだし、“真田幸村に仕える無双の家来衆、真田十勇士”の評判は日に日に高まっていく。  一方の幸村は、大坂城本丸での軍議に並ぶ武将たちと秀吉の側室淀殿を前に、佐助から譲り受けた秘策を申し出る。それは、徳川の大軍を迎え撃つ先陣に自らの出城を築く、無謀とも思える策だった。  狙いはひとつ、家康の首! 真田丸の死闘に始まる大坂夏の陣の火ぶたがついに切られる!  戦国気風が残る世を、十勇士らが縦横無尽に暴れまわる興奮のエンタテインメント。“新・真田小説”の決定版!
  • 小学館ジュニア文庫 真田十勇士
    値引きあり
    -
    十勇士たちの大逆転劇を目撃せよ! 慶長十四年。天下分け目の関ヶ原より十四年が経った。 徳川家康は、天下統一の総仕上げとして、大坂で復権を狙う豊臣方を一掃すべく動き出した。 危機を察知していた豊臣秀頼の母、淀殿は、天下に並ぶ者なしと評判の真田幸村を大坂城に迎えるべく手紙を出す。 紀州九度山にいた真田幸村は、忍びの里を抜け出してきた猿飛佐助と運命的な出会いを果たす。実は幸村は、世間が評価するほどの智将ではなく、幸運の連続で勝ち抜いてきただけの腰抜け男だったのだ。 自分の実像と世間でのイメージとのギャップに悩んでいた幸村をみた佐助は、幸村を「真の名武将」にすべく立ち上がる。 佐助は、同じ抜け忍仲間の霧隠才蔵やその子分の三好兄弟、関ヶ原にも従軍した槍の名手、由利鎌之助、幸村の嫡男大助などとともに十勇士を結成。 徳川×豊臣の最後の戦いでみせた、幸村の意外な姿と、十勇士たちの大逆転劇がはじまる! 幸村は、「真の名武将」となれるのか!? ※この作品は一部カラー写真が含まれます。

無料で読める小学館 - 真田十勇士