たそがれ食堂一覧

  • たそがれ食堂 vol.25
    -
    これまでのグルメコミック誌に満足できなかったアナタに贈る、美味しすぎる一冊。 たそがれ食堂 vol.25待望の電子化! あなたの〈ごほうび〉麺は? そして、おススメの〈辛み〉料理は何ですか? 《ごちそう麺&旨辛料理》2大特集!! 【Line Up】 「独酌讃歌」 「たそがれ優作」弐拾 安倍夜郎 「菜道具009」第12話 ラズウェル細木 「今夜もひとりですが何か?」第6話 いくえみ綾 「はなれのおねえさん。」第26話 きくち正太 「ごはん、まだですか?」第19話 杉作 「ひとり飲みの帰り道」最終話 山本あり 「すべっちゃいけない芸人ごはん」第7話 ヒデ┴鈴木マサカズ 「菜道具009」第13話 ラズウェル細木 「はなれのおねえさん。」第27話 きくち正太 「今夜もひとりですが何か?」第7話 いくえみ綾 「たそがれ優作」弐拾壱 安倍夜郎 「木戸番の番太郎」第12話 くるねこ大和 「すべっちゃいけない芸人ごはん」第8話 ヒデ┴鈴木マサカズ
  • 冷蔵庫のアレ、いつ使うの?
    4.0
    マンガ家・山本ありは、結婚3年目の新米夫婦。サラリーマンの夫との食事はすれ違い気味だけど、根っからの食いしん坊であるふたりは〈自宅ごはん〉が大好き。 今宵も晩酌のアテを探して、冷蔵庫を物色中。すると、、、いつぞやに買った調味料が中途半端な量で賞味期限が間近です。ミニマリスト体質な夫が「コレ、どうするの」?と責めるように妻にたずねるのは日常茶飯事。すると、無駄が嫌いな妻(調理師免許を持ったマンガ家)は、見事に美味しいメニューに変身させちゃうのです──
  • はなれのおねえさん。 (1)
    完結
    4.0
    全4巻693~715円 (税込)
    マンガ家の八沢木耕太郎は生活費の足しになればと《はなれ》を賃貸することに――さあ、そこに引っ越してきたのが秋田出身の看護師・三輪安奈さん。何かにつけて世話焼きな彼女は料理上手な「七輪女子」だったのです!!
  • 木戸番の番太郎 昔の噺と食の愉しみ (1) 【電子限定おまけ付き】
    5.0
    古典落語+季節の美味いものを、くるねこ大和が絶妙にアレンジ!猫の姿の木戸番・番太郎がお届けする、笑ってお腹が減る落語絵巻! 電子限定おまけ付き!!
  • 鳥居准教授の空腹 ~世界のスラムにうまいものあり~ (1)
    完結
    5.0
    鳥居裕造は考古学の准教授。普段は上司の厄介ごとに振り回される日々だが、ひとたび海外に出れば、圧巻の行動力でガイドブックにはのっていない地域や街に入り込む。その原動力はズバリ「空腹」。スラムだろうと危険地帯であろうと、目的のメニューに辿り着くまで諦めない――准教授は世界を食べつくす!!
  • あなたに捧げる私のごはん
    完結
    4.0
    保育園で出会った幼馴染みの(菜恵)と(翔ちゃん)。ふたりは念願かなって結婚──でも、そんな夢のような時間は束の間だった。新婚旅行の帰りの飛行機で翔ちゃんが心不全で突然の他界。これから始まるはずだった新婚生活を菜恵はひとりで迎えねばならなかった。そんな悲しみのどん底にありながら、菜恵の愛情は変わらなかった。お供えと称して作る思い出満載の料理は、時に甘く、時にしょっぱく……涙なしには語れぬ極旨料理ばかり。未亡人・菜恵の切なくて、可愛すぎる、夫への愛情の行方は……。
  • 【電子限定おまけ付き】 いいわけごはん
    完結
    4.0
    全1巻1,210円 (税込)
    どんなときでも、食べるものには理由(わけ)がある。『ド丼パ!』『あやぶた食堂』の杏耶presents──《ある男》と《ある女》のワケありクッキングレシピとある町に住み、とある私鉄沿線のスーパーを利用している“ひとり暮らし”の男と女。男は不規則な生活がデフォルトな在宅デザイナー、女は徹夜なんか当たり前な超多忙マンガ編集者。言葉を交わすことはないけれど、いつもどこかですれ違っている。それは、何故かというと……ふたりの食生活の基本スタイルが『自炊』だからなのです。「真夜中の煮玉子&ビール」「仕事後まわしの肉入りラタトゥユ」「ミートボールスパゲティな休日」「徹夜明けの公園カツサンド」「特売アジのたたきで腕磨き」「もらいものワインでハッシュドビーフ」「二日酔いにはカレードリア」ほか 電子限定おまけ付き!!
  • おいしすぎて深刻なエラーが発生しました。 (1)
    完結
    5.0
    保険会社に勤務する《不破さん》は、仕事も私生活もキッチリキッチリな28歳。家計管理に栄養管理、自己管理には余念なき理系女子。 最近、週末に立ち寄るお気に入りのビストロができた。料理の美味さも然ることながら、素敵なシェフも気になるところ……。そしてそして、食べるのも飲むのも大好きだから、自炊だって「お手のもの」!! きちんと出汁から組み立てます。 でもでも、計算どおりに進んだはずの料理がおいしすぎた時、彼女の中の何かがエラーを起こしてしまう──。
  • 【電子限定おまけ付き】 今日はお茶碗ふたりぶん ~“おいしいね”が聞こえる幸せ~
    完結
    -
    中間管理職で気付けばアラフォーと呼ばれる年になっていた愛子。有給を使い家でのんびりテレビを見ていたら、画面に映ったのは故郷にある馴染みのパン屋だった。 高校時代、毎日のように通いコロッケパンを食べていたのが懐かしい。あの頃と変わらずそこにあるパン屋を見て思わず電車に飛び乗った愛子がその先で出会った人物とは…? ピュアな大人の恋愛や、目頭が熱くなる家族の絆を描いた物語の中に登場する様々なメニュー達! 「生意気娘よりお父さんへ~おばあちゃん直伝の“玉子丼”~」「今日はカレーの日」「笑顔を呼ぶ、はんぺんフライ」など『たそがれ食堂』にて掲載された12作品を収録!!電子限定おまけ付き!!
  • くわた屋食堂
    完結
    5.0
    桑田乃梨子が描くテーマ型日常系グルメ漫画。 ・ビール ・お弁当 ・とろろ蕎麦 ・れんこんのはさみ揚げ ・焼き鳥 ・瓶ビールと餃子 ・ねぎ味噌 ・おでん ・焼き魚&煮魚 ・焼肉…さまざな料理と共に女同士の友情や、社内恋愛、きょうだいの思い出が詰まったショートストーリーズ12編。
  • 今夜も割りカンで (1)
    完結
    -
    小さな相談も引き受ける、町の弁護士・武尾恵蔵。実家が喫茶店を営むアラサー女子・小堀結希。恵蔵の姉・真保と親友だった結希は、真保の死をきっかけにしょぼくれている恵蔵を気にかけ、食事に誘い始める。だが、以前から《ふたり》の間にあった微妙な距離感が食事の邪魔をする……そこで結希が提案したのが「割りカン」だった。そのルールが《ふたり》の関係を次第に変化させていく──。 実在の飲食店を舞台にした物語では「町のレストランでグラタン&カキフライ」や「人気のイタリアンでアクアパッツァ」、「思い出の焼肉屋でロースに白飯」などが登場。巻末では、それらのお店も紹介する。
  • 【電子限定おまけ付き】 僕らはグルメなサルである ~腹ペコ会社員たちの日常~
    完結
    -
    とある広告代理店、新橋アドエージェンシー。今日も忙しく働く社内は、営業、デザイナー、受付、総務などそれぞれの部署でトラブル続き。キーキーうるさいサル山のような会社だけど、美味しいものだけが彼らを救ってくれる。働いた後のメシは格別だ! 電子限定おまけ付き!!

最近チェックした本