シルエット・スペシャル・エディション一覧

  • 仮面のプリンス バイキングの花嫁たち
    -
    小国のプリンセスである親友の結婚式に参列するため、ダルシーは異国の宮殿にやってきた。そこで顔に大きなやけどの跡があるプリンス・ヴァルブランドを紹介される。ハンサムな顔に残る、世にも醜い傷跡。彼はいったいどんな過酷な運命をたどってきたのかしら。好奇心に駆られるまま、ダルシーはその夜ヴァルブランドと踊り、いつのまにか恋に落ちてしまったことに気づく。身分の違う私が、こんな気持ちを抱くべきではない。とまどうダルシーを、ある悲劇が待ちかまえていた。★大好評だったミニシリーズ『バイキングの花嫁たち』の関連作です。三姉妹の兄で悲劇のプリンス、ヴァルブランドの命を賭けた恋をたっぷりとお楽しみください。★
  • 愛することを教えて ある運命の物語 VI
    3.0
    イラストレーターのリズはうんざりしていた。目の前にいるモデルが、どうしてもイメージと違うのだ。あきらめ半分で、休憩をしようと外に出たリズは偶然すれ違った男性を見て息をのむ。私の理想にぴったりだ!デビッドと名乗る男性は、一日だけモデルを務めることをこころよく受け入れてくれた――夕食をともにする条件で。翌日にはモスクワに赴任するという彼と、互いに引かれ合いながら、リズは熱いキスだけをかわして別れた。ほんの一日だけの、甘い思い出は心に秘めたままにしよう。だが五年後、ある皮肉な運命が二人を待っていた。★エキゾチックなモスクワの街を舞台に、再会した二人の恋ははたして……。★
  • 愛と癒しの島
    -
    『あの夜へもう一度』―ターンアバウト島でハーブ店を営むアニーのもとに、姪のライリが突然訪ねてきた。理由がわからず、アニーが戸惑っていると、さらに驚くべき人物が現れた。かつての憧れの人、ローガン! 二人の出現によって、アニーの脳裏には十六年前の苦い記憶がよみがえった。 『波音の誘惑』―またしても結婚指輪が送り返されてきた。二年前にニューヨーク市警を辞め、家を出て行った夫のサムとは離婚手続きも終了している。それなのに、なぜ彼は指輪を受け取ろうとしないの?真実を知るため、ディレイニーはターンアバウト島へ向かった。
  • 月夜の秘密 愛と癒しの島 I
    -
    つらい過去を思い出し、月夜の浜辺で一人泣いていたメル。 出会ったばかりのルークの優しさに触れ、思わず身を委ねた。 大胆な行為の結果を予測できないわけではなかったが、 素性も知らない彼に抱き締められ、心の痛みを忘れたかった。 それはまるで、魔法のようなひとときだった。
  • 愛と友情のあいだ ホワイトホーン・マーヴェリック IX
    -
    まさか、本当にジェフがこの町に戻ってきたのかしら?フラワー・ショップを経営するジリーはわが目を疑った。ハンサムで富豪の一家の出であるジェフは、これまでにも華やかな女性たちとのデートをくり返してきた。ジリーは子供のころから彼に憧れていたものの、身分違いの恋と諦め、二人はずっと親友としてつき合ってきたのだ。数年前、彼は町を出ていったが、今やすっかり大人の男性となり、セクシーなほほえみをジリーに向けている。だが、高鳴る胸を押さえながらジリーは自分をいましめた。だめよ。私には、親友のジェフにさえ話せない秘密があるのだから。★人気シリーズ『ホワイトホーン・マーヴェリック』も、いよいよ次作が最終話。数々のロマンスと事件に彩られた町に、最後はどんな奇跡が起こるのでしょうか?★
  • 愛にこたえるとき 都合のいい結婚
    -
    モリーは自分自身を嘲っていた。反発し合っているテイトと、夜をともにするなんて!美容院を経営するモリーと町の有力者テイトは、ことあるごとに火花を散らしてきた。そして数カ月前、彼女がテイトの傲慢な政策に異を唱えて以来、二人の関係はさらに悪化したのだ。だがそんな憎しみは、ある夜思わぬ激情へと変わってしまった……。すべてを彼の思うままにさせ、美容院を失うわけにはいかない。そう決心した矢先、モリーは妊娠していることに気づいた。★モリーの妊娠をきっかけに、徐々に二人の関係は変わっていきますが……。★
  • 愛に背いて
    -
    ●『氷のプレイボーイ』(クリスティ・ゴールド著)大晦日の夜、度重なる誘惑に負けて、検事補のダニエルと一夜を共にしたアリーシャ。彼女が公選弁護人を務める被告の裁判も順調に進み、意気揚々としていたアリーシャの耳に、とんでもない噂が飛びこんだ。彼が裁判の担当検事に就任した、ですって? ●『いとしき悪女』(シェリ・ホワイトフェザー著)スーザンは十数年ぶりにダブル・クラウン牧場を訪れた。すさんだ十代を過ごした彼女にとって、ここは第二の故郷なのだ。牧場内で忙しく働く一人の男性を見かけて、スーザンは驚いた。イーサンなの?彼と目が合ったとたん、熱い火花が散った。いいえ、だめよ。私はもう、あのころの私じゃないわ。
  • 反逆者の花嫁 愛の生まれる町
    -
    ★彼女にとって、やっと見つけた故郷は、彼にとって、二度と戻りたくない場所だった。★軍人だった父についてさまざまな土地で暮らしたリンゼイにとって、リーズバーグは初めて“故郷”と感じられる場所だった。今ではブティックを経営し、町おこしにも活躍している。だが、リンゼイの愛するこの町に、十七年前出ていって以来、一度も足を踏み入れない男性がいた。カル・ホイッティカ―……リンゼイの姉の夫ローガンの弟だ。兄弟のあいだにわだかまりがあるのを察したリンゼイは、橋渡しをするべく、カルに会いに行った。建築関係の仕事をしているという彼に、ブティックの改築と、町の野外音楽堂の復元を依頼するために。案の定、カルはリーズバーグという名前を聞いたとたん、身をこわばらせて拒絶した。
  • 裏切りと情熱の間で 愛のノスタルジア I
    -
    かつての恋人コールを町で見かけて、キャシーは凍りついた。やはり故郷に戻ったのは間違いだった。十年前の夏、二人は若い情熱のおもむくままに愛を交わしたが、その翌日、コールは大学に戻り、二度と連絡をくれなかった。妊娠に気づいたキャシーは逃げるようにして町を出ると息子のジェイクを産み、これまで一人で育ててきたのだ。真実を知られれば、裕福な彼に息子を奪われるのは明らかだ。不安は現実となり、激昂したコールがやってきて彼女に残酷な選択を迫った。「ぼくと結婚するんだ。さもなければ、息子の親権を要求して訴訟を起こす」キャシーは結婚を選ぶ以外に道はなかった。かくして、ひとかけらの愛情もない結婚生活が始まった。
  • ちぎれた絆 愛の女神たち V
    -
    名家の令嬢でありながら、産婦人科クリニックの院長として、マリは新しい命と母親たちのために誠心誠意働いてきた。恋をする暇もなく、胸のときめきがどんなものかも忘れてしまったが、しょせん初恋はつらい思い出でしかない。だが、その相手ブライスが再び彼女の人生にかかわってきた。ある薬を横流ししているとして、マリに容疑がかけられ、今は刑事となったブライスが執拗にマリにつきまとい始めたのだ。悲しい記憶に苛まれながらも、マリはすぐに気づいた――二人の心にはまだ炎が残っていたことに。
  • 愛のめざめ 富豪一族の宿命 XV
    -
    リンダはかつて人生を謳歌していた。美しい容貌と、努力して手に入れたやりがいのある仕事。そしてある男性と恋に落ち……事故に遭ってすべてを失ったのだ。十年間眠り続け、奇跡的に意識を回復したリンダは、恋人の兄だった大富豪ライアン・フォーチュンが、エメットという男性に彼女の世話を託して世を去ったことを知る。だがエメットは、初めて会うなりリンダに冷たく言い放った。ライアンとの約束を果たすためだけに僕はここにいる、と。同情なんてごめんだわ。私は一人でも生きていける。そう思った次の瞬間、リンダは言葉を失った。まさか!エメットがこの家に住み込むですって?
  • 愛はいつも予定外
    -
    成績優秀なリジーは、マイアミ大学の医学部に受かり、意気揚々とテキサスをあとにして、アパート暮らしをしていた。勉強は楽しいが、気にかかることがあってどうしても消えない。それは、出発直前に初めてキスを交わしたハンクのことだ。このままでは勉強に差し障りが起きてしまう。彼を忘れて救急医になるためにも、会ってけりをつけなくては。一方、テキサスで牧場を営むハンクも悩んでいた。牧場は順調だし、そろそろ結婚して家庭を持ちたい。妻となる人は家庭に根を下ろし、牧場を裏から支えてほしい。それなのに、頭に浮かんでくるのはリジーの顔ばかり。医者を夢見る彼女のことは、あきらめたはずだったのに。そこで二人は、再び顔を合わせる決心をした。再会の場で彼らを待っていたものは…。
  • 愛は言葉をこえて
    3.0
    「助けて。お願い、誰か助けて!」瓦礫の下で痛みに耐えながら、アリーは声を振り絞った。大型ハリケーンが通過し、家が崩壊したのだ。十九歳のときから音のない世界に生きるアリーは、静寂と闇に囲まれ、絶望の淵に沈んでいこうとしていた。そのとき、上のほうで何かが動いた。そっと瓦礫が取り除かれ、やっと会えたというように笑顔でのぞき込む男性が見えた。彼は天使なのかしら? 黒髪でラテン系、見たこともないほどハンサムな顔に、アリーは一瞬そう考えた。いや、慎重に近づいてきたのは頼もしい救助隊員だ。“無事に出られたら、ダンスに行こう”彼の唇がそう言っている。社交辞令に決まっているわ。でも、少しだけ夢を見たい。アリーは祈るような思いで、彼が近づいてくるのを待った。
  • 愛はすべてを超えて
    -
    『ガラスの絆』―キャリーとブライアンは、傍目には、裕福でなんの不自由もない幸せなカップルだ。だが、施設に保護された若い未婚の母リサを家に招き入れてから、何かがおかしくなり始めた。心の中で鳴り響く警鐘に、キャリーは必死で耳をふさいだ。 『素顔に恋して』―乳癌を克服し、新たな命を授かったメレディス。ところが子供の出生をめぐり、想像もしなかったトラブルに巻きこまれてしまう。いっときの休息を求めたメレディスは、滞在先のビーチでジャスティンと出会い、心を動かされた。
  • 片思いにさよなら 愛よ、おかえり
    -
    ニッキは病院のベッドで目覚め、目の前にいる男性を見て息をのんだ。上司だったアレックス!彼の秘書だったニッキは、上司へのかなわぬ思いに終止符を打ち、一人で旅に出た。だが滞在先で意識を失い、その先の記憶はなかった。宿から連絡を受け、かけつけてくれたというアレックスは、有無を言わさぬ口調でニッキに告げた。「しばらくは僕が君の面倒を見る」呆気に取られるニッキを車に乗せ、たどりついた先はハネムーン用のコテージだった。★好評のミニシリーズ『愛よ、おかえり』の最新作です。★
  • 愛を告げる五十の方法 都合のいい結婚
    -
    「夏のあいだだけ、恋人同士にならないか」久しぶりに再会したボーの言葉にスターは動揺した。六年前、スターはつき合っていたボーから突然別れを告げられた。あのとき彼に投げつけられたひどい言葉は、今も心の傷となっているのに……。とまどいつつも、引かれる気持ちを抑えられず、スターは彼と一夜をともにしてしまう。愛を信じないと、言い続けるボーをいつのまにか本気で愛しながら、夏が終わろうとするころスターは体調の変化に気づいた。
  • 憧れはせつなく 恋人たちのスキャンダル II
    -
    兄の親友のダンに、リンジーはずっと思いを寄せてきた。たった一度だけ、リンジーの誕生日に彼はキスをしてくれたが、三日後には彼女の前から姿を消した――恋人と駆け落ちをするために。傷心を抱えて故郷を離れたものの、数年ぶりに戻ってきたリンジーは、ダンが離婚したことを聞いて胸のうずきを覚える。だけどあんなに惨めな思いを二度と味わいたくはない。この思いには封印をして、新しい恋を見つけるわ。そんなある夜、リンジーは思わぬ事件に巻き込まれ、アパートメントでダンと一夜を過ごす羽目に陥った。★『恋人たちのスキャンダル』第二話です。今月のヒロインは先月も登場した敏腕記者のリンジーです。彼女がずっと心に秘めてきた思いは、果たしてダンに届くのでしょうか?★
  • 明日が見えなくて 富豪一族の伝説 X
    -
    看護師のビクトリアは、内戦状態にある南アメリカの島国、サント・ボニストの診療所で負傷兵の治療にあたっている。テキサスの大富豪である父からは、何度も帰国するよう言われてきた。だけど戦火におびえるこの町で、傷ついた人々を見捨てることなど決してできない。ある日、いつものとおり負傷兵をのせたジープが到着し、表に出てみると見知らぬ男が車から降りてきた。野性的で傲慢そうなほほえみ。でもなぜか目を離せない男性だわ。全身を貫いた奇妙なうずきから逃れたくて、彼に背を向けたビクトリアは、背後から名前を呼ばれて凍りついた。「ビクトリア」なぜ? どうして彼が私の名を?
  • あなたに帰る夏
    -
    『再会のキス』―マンディは八年ぶりに会った元夫のリックを見て息をのんだ。シャイだった彼がセクシーな大人の男性に変貌していたのだ。思い出話に花を咲かせるうちに、いつしか昔の情熱が再燃し、マンディはその日のうちにリックの屋敷でベッドをともにしてしまう。だが夢のようなひとときのあと、彼女を待っていたのは……。 『プレイボーイに片思い』―キャシーと幼なじみのカイルは偶然にも休暇の時期が重なり、それぞれの親が所有する隣同士の別荘で過ごすことになった。かつて一度きりのデートでふられてしまったキャシーは、カイルを諦めきれず、この機会に思いきって頼んだ。「あなたの誘惑のテクニックを披露してほしいの」
  • あのキスを忘れない マンハッタンで恋を V
    3.0
    エロイーズが主宰する多子出産支援センターは、市長が公表した補助金削減案のせいで存続の危機を迎えていた。~ビル・ハーパー市長、これはわたしへの復讐なの?~遠い昔、たしかに二人は惹かれ合い、熱いキスもかわしたけれど、エロイーズは婚約者を捨てられなかった。それに、野心の強すぎるビルについていけなかったのだ。長い空白を経て、対立する立場で再会するなんて……。思いがけず市長主催の舞踏会への招待状が届き、彼女は承諾する。この目でビルの本心を探り、ことと次第によっては、彼を利用してもかまわないと決意を固めて。★今月のヒロインはセンター主宰者のエロイーズ。かつて惹かれ合ったニューヨーク市長との恋は再燃するのでしょうか?★
  • 甘く危険な取り引き テキサスの誘惑 II
    -
    新進デザイナーのジェナは、閉店間際の店にいきなり現れた男性を見て息をのんだ。数年前、かけおちを約束しながら、黙って姿を消したジェイク!今や複合企業のトップとなったジェイクは、ある女性のためにドレスを数枚デザインしてほしいと言う。あんなに傷つけておきながら、どうしてそんなことが?不信感もあらわに、ジェイクを見つめるジェナにジェイクはほほ笑みを浮かべて言った。「頼みを聞いてくれなければ、君のビジネスをつぶすこともできる」今も忘れられない男性の言葉に、ジェナは同意するしかなかった。★十代のころの初恋が、悪夢となってよみがえったジェナ。はたしてその恋は?★
  • 嵐のなかで 孤独な紳士たち II
    -
    大富豪ジョセフ・マッコイから依頼され、私立探偵のアリソンは、彼の孫ミッチに会いに行く。これまで存在も知らなかった孫を、ジョセフが呼び寄せたがっていると伝えるためだ。失敗ばかりしてきたアリソンにとって、今回の仕事には探偵としての生命がかかっている。だがすでにビジネスで成功を収めているミッチは、富豪の祖父からの申し出には関心を示さなかった。説得を続けるアリソンは、ある夜嵐に見舞われ、ミッチと一緒に夜を明かす羽目に陥った。★大富豪の兄弟たちのストーリー『孤独な紳士たち』をお届けします。嵐の夜を境に、二人の関係は徐々に変わり始めますが……。★
  • 一万ドル物語
    -
    “求む。特別な役がこなせる、若く、熱心な女優。経費は全額支給。ふさわしい人物には高額の支払い”ローレンは偶然見つけた新聞の求人広告をじっと見つめた。ゆきづまった今の生活を変える、願ってもないチャンスだと思った。彼女は婚約者に裏切られ、歯科衛生士の仕事にも興味をなくしている。女優の経験はなかったが、ローレンは早速、広告に応募した。数日後、ローレンの勤めるクリニックに、新しい患者がやってきた。サム・ラトリッジと名乗ったその男性は、治療を受けながら、さまざまな質問を浴びせて、ローレンを戸惑わせる。淡いブロンドの髪に、相手を愛撫するようなブルーの瞳。彼は、魅力ある笑みを浮かべ、しきりに話しかけてきた。ひょっとして、彼は、わたしに惹かれているのかも…。ばかげているとは思いながら、ローレンはまんざらでもなかった。だが、そんな淡い思いは、彼の思いがけない言葉で吹き飛んだ。「ぼくは患者ではない。きみについてもっと知りたくて…。求人広告へのきみの応募のことで来たんだよ」ローレンはショックのあまり、茫然とするばかりだった。
  • 一夜だけの秘密 都合のいい結婚
    4.0
    ひさしぶりに故郷に戻ったローリは、声をかけてきた男性を見て息をのんだ。タッカー・ブラボー!今も私が愛するただ一人の男性。十一年前タッカーは、ローリの双子の妹リーナの恋人だった。だが彼との別離を決めたリーナに、ある日デートの身代わりを頼まれ、ローリはタッカーと情熱的な一夜を過ごしたのだ。ずっと秘めていた彼への思いのたけを、ぶつけるかのように……。今、タッカーを前にして、ローリはとまどいを感じていた。あの夜の真実を、彼には決して知られたくない。ローリは急いでその場を立ち去ろうとした――タッカーの面影のある、ハンサムな息子の手を引いて。
  • 一夜の魔法 富豪一族の宿命 XIV
    -
    カイラの人生の目標――それは会社で昇進することだ。私生活は皆無に等しかったが、少しも苦にならなかった。あとは上司のギャレットさえ私の実力を認めてくれたら……。ある日、出張先で突然の猛吹雪に見舞われたカイラは、ギャレットと二人、小さなキャビンで一夜を明かすことになる。
  • いつか恋に落ちて 恋人たちのスキャンダル I
    -
    父を亡くしたセリーナは、遺された会社を継ぐことになった。この小さな町では、刺激的な恋などきっと手に入らないだろう。だが生まれ育った町で、いつか小さな幸せを見つけてみせる。ある朝、セリーナは道に倒れている若い男性を発見した。顔に青痣はあるけれど――とびきりハンサムな男性だ!救急車で病院に運んだあと、町の警察官が同席する場で、男性はサム・ウォレスと名乗る。犯罪者かもしれない。そう主張する警察官の顔を見ながら、セリーナはぼんやりと考えていた。たしかに彼には何かがある。私の心をときめかせる危険な何かが。★新聞社を舞台にしたミニシリーズ『恋人たちのスキャンダル』が今月から始まります。セリーナは助けた男性のちぐはぐな行動に不審を抱きますが、彼は記憶を失っていたことを知り……。★
  • 偽りの口づけ
    -
    こんな屈辱には耐えられないわ!私を捨てて同僚と再婚した元夫が出席するパーティに出なければならないなんて。困り果てたマギーは、幼なじみのジェイクに頼み込んでエスコートしてもらうことにした。十五年ぶりに会った彼はすっかりたくましい男性に変わっていた。プレイボーイという噂もうなずける。好奇の目を向ける人々であふれ返ったパーティ会場に乗り込むと、ジェイクは恋人同士を装うためか、震えるマギーにいきなりとろけるようなキスを仕掛けてきた。

    試し読み

    フォロー
  • 偽りの誓約 ロマンスは海を越えて II
    -
    「もう一度結婚しましょう」アメリアは自分でも思いがけない言葉を口にしていた。コロソル王国の王女で、慈善活動家でもあるアメリアは、一年前、孤児を養子にするために便宜的な結婚をした。だが、その結婚が本物でないことが関係者に知られてしまったのだ。孤児の親権を守るためには、完璧な夫婦を装うのがいちばんだ。ちゃんと結婚式をあげて、用がすめば別れればいいわ。アメリアはさっそく結婚式の計画を立てはじめるが、ひとつだけ気がかりなことがあった。彼と偶然交わした情熱的なキスを、今でも忘れられないの……。■今作のヒロインは次女のアメリアです。一年前の偽装結婚のせいで王位の継承が危うくなりますが、本当の愛を知った彼女は……。
  • 愛しのエンジェル
    -
    “俳優として成功すること”がヘザーとトッドの夢だった。だが、結局トッドは安定の道を選び、二人の関係は破局した。四年後、ヘザーが小さな女の子を連れて突然トッドの前に現れた。少女の不思議な色合いの緑の瞳は、彼と瓜二つだった。ヘザーが言った。「あなたの娘に会ってもらうころだと思ったの」
  • 失われた一夜 テキサスの誘惑 I
    -
    私ったら、いったいどうしてしまったの?満ち足りた気分で目を覚ましたダニーは、裸でベッドに横たわっているのに気づいて愕然とした。長年のいがみ合いをお互いに改善しようと、数日前、ダニーは人気俳優のボーと一緒に海辺のこの別荘にやってきた。だが夕食の席で酒を飲み、そのあとの記憶はまったくないのだ。覚えているのは、ボーと愛を交わしたとぎれとぎれの記憶と、それがとてもすばらしいものだったということだけ。ダニーは思いをめぐらせ、浮かんできた情景の数々にいたたまれなくなってその場から走り去った。一夜の過ちが、思いがけない出来事の始まりになるとは想像もせずに。
  • 失われた絆 ある運命の物語 III
    -
    派遣会社からの紹介を受け、エリンは仕事の面接へと向かった。ある独身男性が、二歳の女の子のナニー子守りを探しているというのだ。一つだけ気がかりなのは、相手が年のいった地味な女性を探していること。きっと雇い主は、女性には興味のない堅物の男性に違いない。だが面接場所に着いたエリンを迎えたのは、とびきりセクシーなサムという男性の侮蔑に満ちた表情だった。「手違いがあったようだ。帰ってくれないか」そう冷ややかに言われ、エリンは思わず大胆な行動に出ていた。★『ある運命の物語』第三話です。エリンは、ひと目で引かれたサムの影のある表情が気にかかります。やがてその秘密が明らかになりますが……。★
  • 美しき人へ 愛の女神たち III
    -
    身に覚えのないことで訴訟を起こされたミラに救いの手を差しのべてくれたのは、研修医として赴任してきたばかりのカイル・ビンガムだった。訴訟相手の心ない言葉に動揺したある日、ミラは慰めを求めて彼と情熱的な一夜をともにする。カイルがビンガム一族のはみ出し者ビリーの婚外子で、自分のいとこの異母兄だと知りながら。翌朝、自分がしたことの恐ろしさにミラは身を震わせた。母のビンガム家に対する恨みや、職場での噂を思えば、カイルからなんとしても離れなくてはならない……。■愛に傷ついた過去を持つミラは、カイルとの関係を一夜かぎりのものにしようと決心します。ところが、そんな二人に思わぬ事件が持ち上がります。
  • 永遠のファーストキス テキサスの誘惑 IV
    -
    ケルシーはブラディと共同で、亡き両親の遺した事業の再建に取り組んできた。ブラディをパートナーに選んだ理由はほかでもない――彼となら絶対に、ロマンチックな雰囲気にはならないと思えるからだ。だが将来を考えて申し込んだ資金の融資は、ただ一つの理由でことごとく断られる。結婚していない二人には、信用がないから、と。父と母の形見を、こんなかたちで失うわけにはいかない。事務的な口調で、ケルシーはブラディに提案した。「私たちが結婚すればいいんだわ」★おてんばと言われてきた四姉妹の末娘ケルシーが、純粋に恋した相手は……。★
  • 永遠はお嫌い? 都合のいい結婚
    -
    形だけの結婚でもいい。ただひとり愛した彼となら。■ロサンゼルスのホテルのロビーで、メギーは生涯でただひとり愛した男性を待っていた。ネイト・ブラボー。幼なじみで、今はロスの私立探偵。少年と少女だったころ、誰より理解しあっていた相手。だが十九歳の夏、メギーが愛を打ち明けると、ネイトは彼女を拒み、故郷の町を出ていってしまった。あれから十数年、今度こそ、メギーは彼に頼むつもりだった。わたしと結婚して、子供の父親になって、と。“二年以内に結婚して子供を産まなければ、牧場は相続させない”亡き父の遺言のせいで、大切な牧場を失わないためには、夫と、子供が必要だ。その相手はネイト以外考えられない。今も変わらぬ思いを打ち明け、契約結婚をもちかけるメギーを、ネイトは今度も拒絶した。だが一週間後、そのネイトが突然現れ、夫になってもいいと言いだした。
  • 永遠をふたたび 愛の女神たち IV
    3.0
    産婦人科クリニックの新任広報部長として支援金集めパーティーの準備に忙しいリリーの悩みの種は、病院の最高経営責任者、ロン・ビンガムだった。彼は都会育ちのリリーの何もかもが気に入らないらしい。顔を合わせるたびに鋭い言葉を投げ、二人の間には火花が散るのだ。ロンのビジネスの手腕は全国的に知れわたっていても、リリーから見れば、頑固者で融通のきかない田舎紳士だった。ところが、会うたびに本音をぶつけ合ううち、リリーは誤算に気づいた。彼に恋してしまったなんて……。■ミニシリーズ『愛の女神たち』の第四話です。もう二度と恋などしないと思っていたリリーとロン。はたして二人は? 大人の恋をお楽しみください。
  • 選ばれし者たち ロマンスは海を越えて
    -
    ●『内気なプリンセス』(ケイシー・マイケルズ著)コロソルの女王に即位する日を間近に控え、ケリーは王室の古い慣習を学ぶたびに疑問を感じていた。夫であろうと、常に女王の数歩あとを歩かなくてはならないなんて!臣下のデボンに引かれはじめていたケリーは、彼の丁重すぎる態度にもいらだちを感じる。本当の私を愛してほしい。たとえ私が未来の女王であっても。 ●『祖国をなくした王子』(キャロリン・デイビッドソン著)レベッカの家に銃傷を負った男が転がり込んできた。アレックスと名乗るその男性の世話をするうち、彼女はこれまでに感じたことのない熱い思いにとらわれはじめる。だがレベッカの家が銃で狙われるという事件が起きると、アレックスは理由も告げずに忽然と姿を消してしまう。数日後、レベッカのもとを見知らぬ男たちが訪ねてきた。
  • 億万長者の嘘 テキサス・スキャンダル IV
    -
    突然助けに現れたハンサムな男性。あなたはいったい何者なの?■テキサス州ローズヒルで薔薇園を経営するベスは、昨夜の嵐がもたらした被害の大きさに愕然とした。温室の上に木が倒れ、苗がめちゃくちゃになってしまったのだ。去年は夫のエバンが亡くなった。そして、今度はこの嵐だ。食事にも事欠くというのに、これからどうすればいいの?途方に暮れるベスのもとに、ひとりの男性が現れた。寝る場所と食事さえあれば、無給で働かせてほしいという。たくましいけれど洗練されたものごしで、とても仕事を必要としているようには見えない。でも、かまうものですか。今はどうしても助けが要るのだから。ベスは見知らぬ男性を家に招き入れた。その日から、彼女の運命は大きく変わりはじめた。
  • お城の恋はむずかしい
    -
    ★平民との結婚は、だめ! だめ!かくして王さまの恋は燃え上がった。★アドリア海に面した美しい王国モンロヴィア。ハンサムでお金持ち、おまけに知的なモーガン国王は、理想の結婚相手として女性たちのあこがれの的だった。お城の絵画の修復のためにアメリカから派遣されたスザーナも、有名な国王を一度は間近で見たいと思っていたが機会がない。ところが、ある日、溶剤にまみれて一心に作業していると、だれかがアトリエに入ってきて彼女の後ろに立った。「いつもそんな絵筆を使うのかい?」男の低い声が尋ねる。黙っていると、質問は次から次へと続いた。スザーナは苛立ちを抑えきれなくなった。「悪いけど、まわりをうろついて仕事の邪魔をしないでくれる?」「それが国王の特権なんでね」スザーナがあわてて振り向くと、モーガン国王が微笑んでいた。
  • 夫に恋して
    -
    たった一度の経験が、ノエルの人生を大きく変えた。妊娠の事実は幸せな未来をもたらすはずだったが、父親であるジミーはもうこの世にいない。そんな彼女に、ジミーの兄デヴリンがとんでもない提案を持ちかけた。“二年間だけ結婚しよう。そのあとで離婚すればいい”
  • 夫は億万長者? 都合のいい結婚
    -
    億万長者の夫が提示した離婚の条件に、彼女は茫然とするだけだった。■ジェナには、しなければならないことがあった。別れて数年になる夫、マックと正式に離婚することだ。苦労して消息を突き止め、連絡をとった。仕事中毒で家庭など二の次だったマックは、今や弁護士として成功をおさめ、億万長者になっているという。さっそくジェナが話を切りだすと、彼は離婚の書類にサインする条件として、途方もないことを言った。ジェナとふたりきりで二週間過ごすことを要求してきたのだ。まあ、なんて人なの! こんなの恐喝だわ。今さら一緒に暮らしたって、愛がよみがえるわけないのに。しかし、ジェナはその条件を受け入れるほかなく、波瀾に満ちた二週間の生活がスタートした。
  • 思いがけないキス 幸せを運ぶ人 II
    -
    世界中を駆けまわって慈善活動を続ける両親に代わり、ミランダは子供のころから、きょうだいの世話をしてきた。豪奢な屋敷に暮らし、大勢の使用人がいるとはいえ、何をするにも自分が中心になる生活から早く自由になりたい。誰かに愛され支えられたいと、こんなに強く望んでいるのに、気づいてくれる男性はこれまでいなかった。ある日ミランダは、いとこの結婚式で出会った男性に心引かれる。十数年ぶりに故郷に戻った元軍人のネイト・シェパードだ。だが彼は、ミランダの恋人の条件からは大きくはずれる相手だった。■仲人見習い中のエインズリーが縁結びに奔走するミニシリーズ『幸せを運ぶ人』の第二作目。今作のヒロインはエインズリーの姉ミランダです。心から愛する男性との結婚にどうしても踏み切れない彼女は……。

    試し読み

    フォロー
  • 終わりのないハネムーン 富豪一族の伝説 XIII
    -
    マロリーは朝、モーテルのベッドで目覚め、隣に裸の男性が眠っていることに驚いた。結婚式を前にして婚約者のウィンストンを愛していないと気づき、数日前、ひとりになりたくてサンフランシスコを逃げだした。昨夜、リノのバーでシャンペンを飲んだのは覚えているけれど……。隣に眠るカウボーイのセクシーな体に目を奪われながらも、ことの重大さに気づいてマロリーは部屋を飛びだした。だが自分の宿泊先に戻ったとたん、ウィンストンに腕をつかまれる。ここまで追いかけてくるなんて!腕を振り払おうともがくマロリーは、別の男性の声に思わず振り向いた。「彼女は昨夜、ぼくと結婚したんだ」■出会ったその日に、リードと結婚するはめになってしまったマロリー。2人は本当の愛を得られるのでしょうか?
  • 御曹子とシンデレラ ある運命の物語 X
    -
    “独身者オークション”の司会を務めていたジェニーは、魅力的な独身男性が次々と落札されていくのを眺めていた。さえないわたしには縁のないことだわ。だからオークション終了後、権利証を渡されたときは心底驚いた。友人たちが一夜のデートをする権利をプレゼントしてくれたのだ。しかも、相手はエリック・ローガン。御曹子のプレイボーイで、ジェニーがひそかに思いを寄せていた男性だった。彼女は困惑しながらもその申し出を受けたが、デート当日、とんでもないことが起きてしまい……。★大型企画ミニシリーズ『ある運命の物語』では、名門ローガン家を取り巻くさまざまな愛の形を描いています。今月は、王子様のような御曹子エリックとジェニーの物語をお楽しみください。★
  • 御曹子の憂鬱 結婚嫌いの三兄弟 I
    4.0
    祖父の誕生パーティの企画をお願いしたい、ですって?突然かかってきた電話にケイティは仰天した。相手は名門ブラドック家の長男アダム。なぜかケイティをパーティ・プランナーだと思いこんでいる。人違いだわ。わたしは単なるウエートレスなのに。だが、アダムはケイティの説明を遮って話を進め、ロールスロイスを迎えによこすと言った。強引さに負け、会って事情を話すことにしたけれど、誤解は解けずにアダムはさっそく仕事を命じてきた。ケイティは困惑しながらも、好奇心から引き受けるが…。
  • 過去のある情熱
    -
    苦い十代のころの思い出――それは、今なお二人にわだかまりとして残っていた。■「この写真、よく撮れてるじゃない!レイチェル、特にあなたが」共同経営者のアリスが歓声をあげた。レイチェルは、地元の新聞に載った、自分たちの不動産会社の記事をのぞきこんだ。女性ばかりの三人で始めた会社のすべりだしとしては順調といえる。アリスはご機嫌の様子で、声に出して記事を読み始めた。しかし、レイチェルの耳には、その声はもう聞こえていなかった。同じページにある、別の記事に気をとられていたのだ。そこには、開発業者として成功したリーの写真が載っていた。記事は、彼が今度は大規模な分譲住宅を建設中だと伝えていた。その住宅の販売を担当できれば、会社には大きな利益となる。十代のころ、リーは父の薬局でアルバイトをしていたことがある。レイチェルはすぐにでも連絡して、仕事の話を持ちかけたかった。だが、二人の間には、その十代のころ、彼女の両親によってつきあいを禁じられた、苦い思い出があった。彼女はリーのことを思うと、今でも心が乱れるのにとまどいながら、彼に連絡をとるべきか、ためらいを感じてしまうのだった。
  • 悲しい契約 愛の女神たち II
    -
    産婦人科クリニックに勤める助産師シシリアは、毎日、新しい命が誕生する瞬間に立ち会っていた。若い母親たちの幸せそうな顔を見るたび、胸の奥にかすかな嫉妬とあこがれのまじった感情が込み上げる。わたしも赤ちゃんが欲しい! でも、夫はいらないわ。愛は永久に続くものではないと、身にしみて知っているもの。幸せを獲得する方法を考えはじめたシシリアは、雲の上の人と思っていた名家の御曹子ジェフと偶然親しくなる。2人だけで食事をし、シシリアの家で一夜を過ごしたあと、彼女は思いきって計画を打ち明けた。■エリックの姉シシリアがヒロインとして登場します。過去の苦い思い出のせいで愛など信じないと思っていたシシリアの、揺れる心が描かれています。

    試し読み

    フォロー
  • 悲しい再会 富豪一族の伝説 XIV
    -
    どうして新しい上司がよりによってブロディなの?ジリアンは自分の不運が信じられなかった。10年前、オーストラリア留学中にジリアンはブロディと激しい恋に落ちた。だが彼が浮気をしていることを知り、逃げるように帰国したのだ。そして慰めと安定を求めて結婚したが、その夫も最近亡くなった。私に苦い思い出と、おなかのなかの赤ちゃんを残して……。ジリアンは妊娠を隠して仕事をしようと決心するが、いきなりむさぼるようなキスをされてとまどう。いいえ、だめ。もう彼に傷つけられたくないの。■過去に受けた傷を忘れられないまま、再びヒーローを愛するようになるヒロイン。2人がすべてを乗り越えられる日はくるのでしょうか?
  • 悲しみのゆくえ ばら色の恋 II
    -
    私ったら、なんてばかなのかしら。祖母の遺した海辺のコテージで、マギーは自分自身を嘲った。真実の愛を探し求めてきたけれど、いつも涙をのんできた。そして数カ月前、世界的に有名な写真家のリックと知り合い、運命を直感した直後、彼にはほかにも女性がいることを知ったのだ。プレイボーイで有名なリックとの関係に、決して将来はない。今はただ、傷ついた心をこのコテージで癒したい。そんなある日、玄関に現れた男性を見て、彼女は息をのんだ。リック!相変わらずセクシーなほほえみに、心がとろけるのを抑えられない。だが彼の唇が近づいた瞬間、マギーは彼に背を向けた。★『ばら色の恋』の二作目です。リックから逃げるようにコテージにやってきたマギー。その恋は再燃するのでしょうか?★
  • 大富豪の孤独 華麗なる計略 I
    -
    宣伝コンサルタントのメラニーは、友人から甥のリチャードのイメージ戦略をもちかけられた。政界進出をもくろむ彼と仕事ができたら、大きな飛躍になるはず。メラニーは待ち合わせのレストランに急いだが、遅れてしまう。帰りかけた彼を説得してテーブルに戻ってもらったとたん、水の入ったグラスをひっくり返し、彼のズボンをびしょ濡れにした。最悪の結果に落ち込んでいると、またも友人から、今度は甥が滞在するコテージに押しかけろと言われた。余計に嫌われるだけだわ。そう思いつつも、メラニーはもはや失うものはないと、コテージに向かった。■幼いころに両親を亡くし、伯母に育てられた三兄弟は、愛に臆病。そんな甥たちを見かねた伯母は強引な縁結びを画策します。
  • 華麗なる情事 富豪一族の伝説 XII
    -
    家事代行業を営むグウェンは、プレイボーイと評判の顧客ゼインから、彼の恋人のふりをして親族の結婚式に出席してほしいと頼まれた。結婚しろと口うるさく言う親戚たちの目を欺くためだという。二千ドルの報酬にそそられて引き受けたものの、一緒に過ごすうち、グウェンはすっかりゼインに心を奪われる。いいえ、だめ。ゼインと私の生活は天と地ほどもかけ離れているのよ。それに、私には決して彼には話せない秘密がある。そう自分に言い聞かせたが、彼に抱きすくめられ、キスをされると、グウェンの体は喜びに震えた。次のデートに誘うゼインの声がぼんやりと頭のなかでこだました。■『富豪一族の伝説』の第十二話。あまりにも身分の違うゼインと恋に落ちてしまい、とまどうグウェン。彼の優しさに徐々に心を開いていきますが、二人の間にはある障害があり……。

    試し読み

    フォロー
  • 危険なプライド 終わりなき明日へ
    -
    ◆どんなに危険が迫っていても、あなたとのキスは逃せない。◆ その女性の写真を見たとたん、<ペルセウス>の傭兵デブリン・ハンターは心を奪われた。 彼女の名前はクラニ、<ペルセウス>の元メンバー。 今は故郷ハワイのカウアイ島で、観光ヘリコプターのパイロットをしているという。 金色のビーチで、両手を空に掲げて踊っている姿は、 まるでハワイの火の女神、ペレの娘のように見えた。 だが、彼女が今回の任務のパートナーであると聞かされて、 デブリンは唇を引き結んだ。これまでいつも単独で行動してきた。 誰かとパートナーを組む気はない。だが、クラニとはディナーをともにしてみたい。 そんな思いを胸に、デブリンはカウアイ島へ飛んだ。 ◆大好評L・マッケンナの“終わりなき明日へ”―――今回はカウアイ島が舞台です。 美しいガーデン・アイランドで繰り広げられる<ペルセウス>の戦士たちの激しい恋をお楽しみください。◆
  • 危険な報酬 愛を知らない男たち
    -
    護身術のインストラクター、D・J・モンローは、軍主催の模擬戦闘訓練に参加し、敵を一人捕らえた。だがクインと名乗る捕虜の男性は不敵な態度でD・Jを見下す。森で夜を明かすことになっても非協力的で、おとなしくするという条件でキスまで求めてきた。なんて図々しい! そう憤慨しつつも思わず唇を重ねてしまう。翌朝目覚めると、彼はいましめを解いて姿を消していた。屈辱をこらえ、D・Jはクインを捜し出し技能を教えるよう迫る。自尊心を犠牲にしても強くなりたい事情があるのだ。だがにべもなく拒否され、彼女は最後の手段に訴えた。「教えてもらう代わりに、わたしの体をあげるわ」

    試し読み

    フォロー
  • 危険なマスカレード
    -
    「二週間だけ、僕と結婚しているふりをしてほしい」ずっと思い続けてきたブラッドの言葉にゾーイは唖然とした。新聞の編集長を務める彼は、架空の女性~デイジー・ローズ~の名前でコラムを執筆してきた。好評を博したそのコラムが雑誌に取材されることになり、「デイジー・ローズは僕の妻だ」と口にしてしまったのだという。彼と一緒にいられるのならどんなことだってする。だけど約束の二週間が過ぎたあと、私とブラッドはどうなるのかしら。ブラッドの頼みを受け入れる代わりに、ゾーイはある提案を口にした。本物の新婚初夜を送りたい、と。
  • 傷ついた令嬢 デブロー家の伝説 IV
    -
    「きみを誘惑するつもりは毛頭ない」友人の兄ニックの言葉に、エイミーの自尊心は砕け散った。エイミーは友人の赤ん坊をニックと一緒に世話するためにしばらくの間ひとつ屋根の下で暮らしている。ニックは決して恋に落ちない独身主義者と言われているけれど、ともに過ごすうちに、二人の間には何かが芽生えたと思ったのに。エイミーは彼が本気かどうか探るために、大胆な賭に出た。自分のほうから熱いキスを仕掛けたのだ。だがキスが終わってもニックは退屈そうな表情で冷たく言っただけだった。「終わったかい?」■『デブロー家の伝説』もいよいよ最終話。呪いのせいで一族は幸せな恋愛ができないというジンクスを、兄たちに続き末妹のエイミーも破ることができるでしょうか。
  • 昨日までひとりぼっち
    -
    ダラスに引っ越そうと車を走らせていたブリンは事故に遭い、同乗のケリーに大怪我をさせた。偶然通りかかった医者ジョーに助けられ、ケリーは入院。行くあてのないブリンは、ジョーの提案で、彼の実家であるダレッサンドロ家に泊まることになった。そこでは、大家族がそれぞれブリンの身の上を心配し、ナニーとして働かないかとまで誘ってくれた。事故当時から、ブリンとジョーは互いにひと目で心を奪われていた。しかし、少しおせっかいだが心温かい大家族で育ったジョーに、ブリンは素直になることができなかった。彼と違って、里親の家で育った子供時代が孤独だったから。それに、ある事情から母親には絶対ならないつもりだから。
  • きまじめな情事 ロマンスは海を越えて III
    -
    王位継承を辞退した姉の結婚披露パーティで、コロソル王国の王女ルシアは、一目で引かれた年上の男性ハリソンとダンスを楽しんだ。だが国王の顧問である彼は、ルシアの正体を知ると突然よそよそしい態度をとりはじめた。その後国王の意向で、ルシアは次期女王候補に選ばれたことを知る。女王としての適性判断のため、ハリソンと面談したルシアは、仕事に徹してどこまでも冷静な彼にただ動揺する。でも、わたしたちのあいだには特別な何かがあるはず。ルシアは密かに誓った。必ず彼の心を開いてみせるわ。■ヨーロッパの小国の王女たちの恋を描く『ロマンスは海を越えて』の第三作目をお届けします。姉二人が王位継承を辞退し、ついに末娘のルシアに白羽の矢が立ちますが……。

    試し読み

    フォロー
  • 九カ月の約束 都合のいい結婚
    -
    わたし、妊娠してる!大学で会計学を学ぶアビーにとって、計算はお手のもののはずが、計算外のことに、彼女の頭は大混乱。しかし心のなかでは、すでにひとつの答えが出されていた。なにがあろうと、この子を産みたい。でも、どうやって?誰にも相談はできない。相手のキャッシュにも。アビーより十五歳年上のキャッシュは、彼女にとってなんでも相談できる兄のような存在だったはずなのに…。彼女の胸に、あの夜の出来事がよみがえってくる。突然の父の死が受け入れられず、ひとり泣いていたアビー。彼女を、やさしくなぐさめてくれたキャッシュ。やがて、甘美な思いに包まれて…ふたりは結ばれた。キャッシュがこのことを知ったら、なんて言うかしら?でも、彼には絶対に知らせたくない。妊娠したとわかれば、彼は責任を感じて、必ず結婚を口にするだろうから…。
  • 今日からは特別な人
    4.0
    ダラスに引っ越す途中で事故に遭ったケリーは、つらいリハビリを経て回復し、修士号をめざし勉強に励んでいる。心の支えは、入院中に知りあったシェーン・ウォーカーと、姉のように慕ってきたブリン・ラーキン・ダレッサンドロだ。うれしいことに、シェーンとブリンはいとこ同士と判明。ふたりにつながる大家族の輪にケリーも加わるようになった。出会いから一年半、ケリーとシェーンは親友のように楽しみをわかちあい、ときにはふれあってきた。ある夜、シェーンは実母の訃報をケリーに明かし、アル中で一緒に暮らすことのできなかった母への思いを話した。なぐさめようと彼を抱きしめたケリーの中に、突然、熱い炎が燃えあがる。もう親友には戻れないの?ケリーは怖くなった。友達を失うなんて、耐えられない。
  • 共犯者はあなた 富豪一族の伝説 XI
    -
    六年前、探偵事務所を開いて以来、アニーは仕事に熱をあげてきた。おかげで事務所は高い評価を得るまでになり、ある日、大富豪のライアン・フォーチュンからの依頼を受ける。彼の恋人リリーにかけられた殺人容疑を晴らすために調査をしてほしいというのだ。だがリリーの弁護士として紹介された男性を見て、アニーは心臓をわしづかみにされた気がした。六年前、アニーを一方的に捨てた男性――アニーがいちばん彼を必要としていたときに、もっとも残酷な方法で捨てた男コールが立っていた。■『富豪一族の伝説』の第十一話。本当は忘れられなかった男性と思わぬかたちで再会したアニー。はたして二人の情熱のゆくえは?
  • 清らかな悪女
    -
    “ニューヨークのゴシップの女王”と呼ばれているキット。実際は噂とはまったく逆の、傷つきやすい臆病な令嬢だ。ある日、飛行機の中で見知らぬハンサムな男性から誘惑されそうになった彼女は、乗り継いだクルーズ船で再び彼の姿を発見して愕然とする。
  • 口づけの代償 愛を知った日 I
    -
    庭師のアディは幼なじみのゲイブにずっと恋心を抱いてきた。だが名家の御曹司で州議会議員でもある彼に対し、アディは使用人の娘にすぎない。しょせん、かなうはずもない恋なのだ。アディはゲイブを諦め、別の男性と婚約するが、突然訪ねてきたゲイブの姿に驚く。口先だけのお祝いを言いに来たのかしら?私の本当の気持ちなど、決して知ることなどないくせに……。その次の瞬間、ゲイブに唇を奪われ、アディは言葉を失った。★名門ケンドリック家の子息たちの姿を描くミニシリーズ『愛を知った日』が今月から始まります。身分や立場を越えた本物の恋物語をお届けします。★
  • 唇の記憶 ある運命の物語 II
    -
    看護師のリーは、命に携わる仕事に生きがいを見いだしながら、医師になるための勉強も続けている。一人前の医師になるまでは、男性との恋に溺れるつもりはない。過去の苦い恋の痛手を思えばなおさらだ。ある日検査を受ける予定の男性の名前を聞き、リーはその場に凍りついた。アダム――かつて心から愛し合い、傷つけてしまった人。今でも本当は、忘れられないくらい愛している男性。緊張を隠しながら近況を尋ねたリーに、彼は冷たく言い放った。「ぼくは過去について話すためにここに来たんじゃない」★ミニシリーズ『ある運命の物語』の二作目です。運命のいたずらで、生き別れた姉がいることを知ったアダム。さらに十年前、突然彼のもとを去った恋人とも再会し、心乱れますが……。★
  • 偶然のキス
    -
    軽蔑に満ちた視線が、彼女の心を切り裂いた。 ■二人だけの結婚式を挙げる日、花婿はルーシーの前から姿を消した。償いのつもりか、仕事が見つかるまで彼の別荘にいてもいいと留守番電話にメッセージを残して。行く当てのない彼女は、プライドをのみ込み受け入れるしかなかった。ある日、元婚約者の兄が別荘を訪れる。弁護士の彼コナーは、財団を立ち上げるためここで過ごすという。ルーシーの姿を一瞥すると、また金目当ての女かというようなうんざりした表情を浮かべて言い放った。「うちには留守番は必要ないんだ」
  • 経験不要!
    5.0
    男性運は最悪だけれど、せめて赤ちゃんは欲しい。お嬢様育ちで、何でも家政婦まかせだったベイリーは、家事と育児を特訓しようと、三カ月間の休暇を取った。ある日、住み込みの子守り兼家政婦の新聞広告が目にとまる。これなら実地訓練ができると思い、彼女はさっそく応募した。広告主は、建設会社経営のギブという野性的な独身男性だった。いたずら盛りの子供を三人抱え、てんてこ舞いなのだという。全くの未経験であること、三カ月しかいられないことを隠して何とか採用されたけれど、案の定失敗ばかりした。ギブは忍耐強く接してくれ、決して怒ったりはしなかった。ハンサムで優しい彼にベイリーは惹かれていき、隠し事をしているのがうしろめたくなってくるのだった。
  • 結婚という誘惑 ホワイトホーン・マーヴェリック VIII
    -
    実習医のブリンナは、落ち込んだ気分のまま入ったバーで、ある男性に声をかけられた。グリーンの吸い込まれそうな瞳に、セクシーで引き締まった体。こんなすてきな男性が、本気で私に興味を持つとは思えない。だがダンスに誘われ、ぴったりと彼に体をくっつけたとたん、ブリンナのすべての理性は吹き飛んだ。私は日ごろから堅実で、およそ衝動的な人間ではないけれど、理にかなったことばかりを考える生活にはもうあきあきだ。誘われるまま、ブリンナは男性と一緒にバーを出た――その熱い一夜が、ある悲劇の幕開けとなるとは想像もせずに。★山火事にまつわる謎と、心に染みるロマンス。人気作家C・セント・ジョンの世界をご堪能ください。★
  • 恋してはいけない人 ある運命の物語 VII
    -
    自分が養女だったことを知り、出生の秘密を知りたくてエマはモーガンという男性に会いに行く。すべてのいきさつについて、知っている唯一の人物だからだ。だがかたくなに拒絶され、エマは憤慨して席を立つが、数日後、彼から仕事のあっせんの電話を受けて驚く。カウンセラーとしての職を失ったばかりの彼女に、あるキャンプに同行してほしいというのだ。知り合ったばかりの私に、なぜこんなことを?一瞬いぶかったものの、エマはモーガンの依頼を承諾する――彼と昼夜をともにすれば、何か情報を引き出せるかもしれない。
  • 恋するキューピッド 幸せを運ぶ人 I
    -
    互いにぴったり合う男女を結びつけるキューピッド。少女のころからのあこがれの仕事に、エインズリーはついに携わることができた。永遠の愛を誓うにふさわしい一組を自分の勘で見つけ出す。なんてすてきなのかしら。兄や姉は末っ子の私をいつまでも子供扱いしているけれど、恋がどういうものかは私だって知っている。手はじめに、いつも母親気取りの姉のミランダと、兄の親友のアイヴァンを組み合わせてみるのはどうだろう。初恋の人アイヴァンへの、ほろ苦い思いは封印して。

    試し読み

    フォロー
  • 恋に落ちたスパイ 富豪一族の伝説 XVI
    -
    ウィラは、自宅の前で誘拐されそうになったところを以前から顔見知りだったグリフ・フォーチュンに助けられた。初めて会ったときから、ウィラはグリフに思いを寄せてきた。だがなにやら危険な仕事についているらしい彼は、仕事については決して話さず、心を開いてもくれない。グリフはウィラの身の安全を確保するため、彼女を郊外の人里離れたコテージへ連れていく。これからしばらくのあいだ、二人きりでそこで過ごすのだという。ウィラは二人のあいだに徐々に情熱がめばえ始めるのを感じるが、グリフはなぜかかたくなにウィラを拒否し続けた。■脱走犯クリントがついに動き始め、危険にさらされるウィラをグリフは必死で守ります。そんな状況でめばえた二人の恋ははたして……。
  • 恋に落ちたプレイボーイ
    -
    ★名門の御曹子の瞳に映るのは、私への情熱と疑惑。★あの美しいブライアナが産業スパイ?デラコート石油の重役ジェブは驚愕した。信じられなかったが、状況証拠は全て彼女に不利だった。ならば証拠をつかむしかない。彼女をパーティに連れ出し、誘惑して口を割らせよう。プレイボーイのジェブが、なぜ地味な私を誘ったのだろう。豪華なパーティ会場で、ブライアナはいぶかった。こちらを見つめる彼の目には、欲望の炎が宿っている。だが彼の口調は冷たく、質問するのは仕事に関することばかりだ。まさか私の秘密を探ろうとしているの? これ以上関わってはだめ。逃げようとした彼女に、ジェブはいきなりキスをした!
  • 恋に落ちる予感 富豪一族の伝説 IX
    -
    「そそられる申し出だが、見知らぬ女性とはセックスしない」男の言葉に、ハンナはぽかんと口を開けた。なんですって?この人は、わたしを娼婦だと思っているの?親友の経営するレストランでウエイターが粗相をし、客のイタリア製のネクタイを汚してしまった。訴訟ものだと言う彼をなだめようと店の奥の部屋に連れていってこんなことを言われるなんて―ハンナはその場から走り去った。数日後、あるパーティに参加したハンナは、母の婚約者が雇った弁護士パーカー・マローンを紹介され凍りつく。こちらをまっすぐ見つめる鋭いブルーの目。あのときの男だわ。
  • 恋の冷めない距離 都合のいい結婚
    -
    真面目で、平凡。間違っても大声で怒鳴ったりしない男性。それがアンジーの理想とする夫だ。都会の生活で傷つき、数年ぶりに地元に戻ったアンジーは、意外なところで夫候補を見つけた――幼なじみのブレットだ。恋に落ちるなんてばかげてる。親友が夫なんて最高じゃない?
  • 恋は謎めいて ホワイトホーン・マーヴェリック I
    3.0
    ダーシーは、昼はカフェのウェイトレスとして、空いた時間は手作りのパンや菓子を売って暮らしている。隣人の刑事マークは彼女の人柄に惹かれ、親密な関係を持つが、ダーシーの部屋であるものを見つけてから考えが一変する。“彼女はいったい何者なんだ?”
  • 恋は舞踏会で 結婚嫌いの三兄弟 II
    -
    ラーラはその知らせを聞いて愕然とした。敬愛する上司のアダムが結婚を機に社長の座を退いたあと、彼の弟のブライスが後任になったというのだ。女と見れば片っ端から口説くプレイボーイなのに、なぜか私のことは目の敵にしている彼が、新しいボスになるなんて。意地悪をされたあげく、くびになるに決まっている。ならば、こちらから辞めてやるまでだわ。ラーラは辞表を手にブライスのオフィスに乗りこんだが、意外にも、彼はとびきりセクシーな笑顔で迎え、会社にとどまってくれと懇願した。
  • 恋人たちの聖夜
    -
    ●『テキサス式契約結婚』(ティナ・レオナード著)遠く故郷を離れた町で、リリーはサムと恋に落ちた。一度だけのデートのあと、二人は急いで結婚式を挙げるが、実はサムは、リリーとは敵対関係にある一家の出だった。 ●『クリスマスの再会』(リア・ヴェール著)ローリーはもっと広い世界を見ようと、恋人のジャクソンと別れて都会で暮らしはじめた。十年後、大洪水に見舞われた町へ帰郷した彼女を待ち受けていたのは、ジャクソンのさげすむような視線とかたくなな態度だった。 ●『幸せの意味を探して』(リンダ・ウォレン著)グレイとマリエルは、すれ違いの続く日々に耐えかねて離婚した。クリスマスに家族と過ごすため、ひさしぶりに再会した二人は、互いにふたたび恋に落ちたことに気づく。
  • 恋人はプリンセス ロマンスは海を越えて I
    -
    「ぼくは子供を持つつもりはないんだ」ニューヨークで会社経営に携わるシシーは、ビジネスパートナーのシェーンがなにげなく言った言葉に愕然とした。数週間前、彼と仕事のことで言い合いになったあと、思いを抑えきれずにベッドをともにしてしまった。そして、思いがけず妊娠しているのがわかったのだ。彼に頼らずにひとりで子供を育てなければ……。複雑な思いを抱えたシシーは、小国コロソルの王である祖父から、突然王位を譲ると告げられて驚く。いったいどうすればいいの? 未婚の母が女王だなんて。■第一話は、突然王位を譲られ、女王になる決意を徐々に固めていくシシーの物語です。

    試し読み

    フォロー
  • 恋人はボディガード
    4.0
    ★“ホワイトハウスへ異動を命ず”一本の電話は出会いのプレリュードだった。★異動を命じられ、休暇を返上してホワイトハウスにやってきたニックは、大統領のひとり娘、アシュリーの警護にあたることになった。アシュリーは写真よりはるかに美しかったが、窮屈な生活に嫌気がさしていて、不機嫌な様子だ。反目しあうふたりの関係は、アシュリーのスキー旅行にニックが同行することになって一触即発の状態に・・・・・・。しかし、旅行中に大統領夫妻が誘拐され、ふたりは正体のわからない追っ手から逃げることになる。反発はいつの間にか恋へと変化するのだが、冷静で屈強なニックを前に、アシュリーは素直になれない。仕事に私情を持ち込みたくないニックとのあいだには、大きな壁が立ちはだかっていて・・・・・・。
  • 荒野のプレイボーイ キャラウェイ・ダンディーズ
    -
    キャラウェイ家のゴージャスな三人の息子たち、クリント、ケイド、マット。クリントは捜査官のパートナーと、ケイドは美人弁護士と、マットは魅力的な画家と、それぞれ激しい恋に落ちるのですが……。
  • 心は揺れて
    3.0
    ●『司書の秘密』(アリソン・リー著)保安官代理のホルトは、司書のモリーを疑っていた。被害者とずっと一緒に働いてきたモリーが何も知らないはずがない。彼女は何を隠しているんだ?捜査のためモリーの張り込みをしていたホルトは、偶然にも彼女の別の一面を知り、ショックを受けた。 ●『誘惑はゆっくりと』(ジャッキー・メリット著)リンダは思いやりのない夫との冷えきった結婚生活から逃げ出し、誰も知り合いのいない土地での静かな生活を満喫していた。だがある日見知らぬ男性が玄関に現れ、家の改装を任されたと告げる。改装なんて聞いていないけど、なんてハンサムな男性なのかしら……。リンダはうっとりと男性を眺めた――相手の思惑は想像もせずに。
  • 孤島で愛して ある運命の物語 XVII
    -
    ダニーがハワイの孤島に隠遁して四年が過ぎた。愛息の誘拐、妻の死……いまだ、心の傷は完全に癒えていない。ある朝、ダニーはビーチで倒れている女性を発見した。幸運にも、大きな怪我はないらしい。ほっとしたのもつかのま、彼女が言った。「私……自分が誰なのかわからないわ!」
  • 孤独な貴公子 富豪一族の伝説 IV
    -
    「きみと愛を交わしたい」久しぶりに再会したフォーチュン家の御曹子ダラスがいきなり発したぶしつけな言葉に、マギーは驚愕した。亡くなった奥さんに今も思いを寄せているという彼がどうして?マギーは職を失い、行き場がなくなったため、ダラスの経営する牧場で働く両親のもとに身を寄せていた。きっと彼はわたしのことを、妻を忘れるためのつかのまの情事の相手と考えているのだ。ひどい侮辱だわ! 怒りにうち震えながら抗議しようと口を開いた瞬間、今度は唇を奪われた。■品行方正な紳士と評判のダラスが態度を豹変させた真意は? 大人の駆け引きが楽しめます。
  • 孤独なシンデレラ 富豪一族の伝説
    -
    ★雪をもとかすほどの情熱さえあればほかには何もいらない。★映画女優のシアラ・ワイルドは、フォーチューン家所有のコテージに身を潜め、今後の人生に考えを巡らせていた。すると突然物音がして、見知らぬ男が中に入ってきた。シアラは震える手でライフルを取り出すと、男の脇腹に押しつけた。「少しでも動いたら、命はないわよ」ジェイスは仰天した。セクシーな下着を着けた裸同然の美女がぼくにライフルを押しつけている。一人になるためにコテージにやってきて、こんな歓迎を受けるとは。出ていってもらいたいところだが、この吹雪では無理だ。それなら美女と数日間、一緒に楽しむことにしようか。
  • 孤独なプレイボーイ 愛を知った日 III
    -
    家族のために毎日懸命に働くマディソンは、ケンドリック家の次男コードから仕事の依頼を受けて驚いた。コードは王族の血を引くハンサムなプレイボーイで、常にマスコミの注目を浴びている。しがないケータリング業者の私にとって、こんなチャンスはもう二度と訪れないだろう。なぜか熱っぽい視線を向けてくるコードのほうは見ないようにして、料理を終えたあと、彼女はコードに唇を奪われて恍惚となる。たった一度でいいから、見ることも許されない夢を見てみたい。だがコードがある目的を持って近づいてきたことを、マディソンは知るよしもなかった。
  • 琥珀色の涙
    -
    美しい顔にいつも冷静な雰囲気を漂わせた女性。周囲の人々は女性弁護士リンをそう評する。だから大富豪ジョセフの依頼で、彼の孫のリックに会いに行ったときも、リンは事務的な口調で必要なことだけを告げた。今回の仕事には弁護士としての生命がかかっているから、目の前にいる男性のせいで、全身が熱くなっていることは無視して……。ジョセフが孫を呼び寄せたがっていると伝え、リンは説得を続けるが、リックはまったく関心を示してくれない。そんなある夜、リックと一緒にパーティに出席することになり、リンはとまどいながらも大胆な賭に出ることにした。★仕事に情熱を注いできたリンの初めての恋。そのゆくえは?★
  • 拒まれた情熱 富豪一族の伝説 VIII
    -
    ガブリエルは炎上する車を呆然と見つめた。どうやら飛び出してきた馬をよけようとして、事故を起こしたらしい。今わかっているのは自分の名前だけで、自分が何者で、どうしてここへ来たのか、まったく思い出せない。そこへ、ワイアットと名乗る保安官が駆けつけた。何も覚えていないにもかかわらず、これほど魅力的な男性に会ったのは初めてだと確信した。彼女は記憶がないことを告げるが、ワイアットはまったく信じようとせずに言い放った。「どういうことなのか、白状するんだ」。
  • 拒まれたプロポーズ 恋人たちのスキャンダル III
    3.0
    ウエイトレスのテレサは、毎朝やってくる男性が気になっていた。あからさまな口説き文句を口にするわけではないものの、明らかにテレサを誘惑しようとしている。だがみじめなだけだった過去の結婚生活を思えば、ハンサムで口のうまい男性はこりごりだ。住んでいた貸家が売却されることになり、部屋を探し始めたテレサは、ある煉瓦造りの建物にひと目で魅せられる。きっとここでなら、平凡な毎日も楽しく過ごせるにちがいない。契約を結ぼうと、大家を訪ねたテレサの前に立っていたのは――あの男性だった!★
  • 強引な誘惑 富豪一族の伝説 II
    -
    バネッサは心配のあまりどうにかなりそうだった。甥が誘拐されて二カ月がたつのに、何の手がかりも見つからない。状況を打開すべく、フォーチュン家に新たに派遣されたのは、FBIの敏腕捜査官デビン・キンケイドだった。バネッサは、瞳に孤独を漂わせる彼を一目見るなり運命を感じた。捜査を手伝って親密になれたらと願ったが、デビンは素人の口出しなどいらないと、露骨に彼女を避け続ける。業を煮やしたバネッサは、彼を挑発するためキスを仕掛けた。だが、彼の反応は期待していたものとはほど遠かった。「お手軽なセックスなら望むところだ」デビンはそう言うと彼女を乱暴に抱き上げ、ベッドルームへと運んでいった。■『富豪一族の伝説』第二話をお届けします。誘拐事件の捜査と並行して、二人の関係もスリリングに展開していきます。
  • 霧の中の出会い 再会に乾杯 I
    3.0
    スコットランドの村で治療師をするフィオナの家にある日の夜更け、アメリカ人らしき男性が訪れた。ここへはめったに人は訪ねてこないのに、何の用だろう。それに、彼はひどい咳をしている。今すぐ休ませないと、肺炎にかかってしまうわ。見知らぬ男性への興味は、体が弱っていてもなお伝わってくる強烈な男らしさのせいでいっそう駆りたてられた。フィオナが名乗ると、男性はいきなり彼女の手を取って言った。「きみこそ、ぼくが探し求めていた女性だ!」
  • 再会はベッドで キャラウェイ・ダンディーズ
    -
    久しぶりに帰郷したクレイは、キャラウェイ家主催のパーティで、かつて彼を捨てた恋人パメラと思いがけず再会した。動揺と深酒で正体を失った彼は、早々に部屋に引き上げた。翌朝、エロティックな夢から覚めたクレイは、ベッドの隣に見知った女性が眠っているのを見て愕然とする。
  • 砂塵のかなたに アラビアン・ロマンス:バハニア王国編
    -
    王族専用機の窓の下に青い海と砂漠の街が見えてくると、エマは自分が本当に神秘に包まれた国を訪れたのだと実感した。突然現れた国王の使者から招待を告げられたときは、誘拐されてどこかへ連れていかれるのかと思ったけれど。これから~ピンクの宮殿~とよばれる王宮で国王に謁見する。そこにはいったい何が待ち受けているのかしら?不安を覚えながらリムジンから降り立ったエマは、ふと視界の端でとらえたものに視線を向けた。影の中から長身の人物が近づいてくる。それはエマにとって、忘れようにも忘れられない人だった。★1100号を迎えたシルエット・スペシャル・エディション。記念号はスーザン・マレリーのミニシリーズ『アラビアン・ロマンス:バハニア王国編』関連作です。今月から3カ月連続で刊行いたしますので、どうぞお楽しみに!★
  • さよならは告げずに アラビアン・ロマンス:バハニア王国編
    -
    パイロットの訓練士として世界中を飛び回るビリーは、まるで女王のように、空の上では男たちを自由にあしらっていた。地上に降りればごく普通の、おしゃれが好きな若い女性だが、訓練を受けた男たちはビリーを無視することで屈辱感を晴らす。だから恋愛を楽しむこともなく、ひたすら仕事に専念してきた。ところが、果敢にも彼女に立ち向かう男性がいた。富と血筋のよさが全身からにじみ出るような、端整な顔つきの男性――バハニア王国の第四王子、プリンス・ジェフリだ。顔を合わせた二人は激しく惹かれ合い、恋に落ちていくが、王子には国王の勧める花嫁候補がいた。★
  • さらわれた令嬢
    -
    まさか彼があの秘密を知っているはずはないのに……。■「誰か助けて!」そう叫ぶジュリアナの声はむなしく宙にかき消えた。北海に浮かぶ小国ビョルリの路上で、彼女は何者かに襲われ、無理やり飛行機に乗せられた。国王の秘書官の娘であるジュリアナは、国際的な陰謀に巻き込まれたと確信した。だがアメリカの空港に降り立ち、連れていかれた要塞のような屋敷に待っていた人物を見て仰天した。グリフォン・タイナーが不敵な笑みを浮かべてこちらを見ている。ジュリアナの胸に鋭い痛みが走った。二年前、スキー場で出会って恋に落ち、夢のような時を過ごした。だがある朝、グリフォンはベッドで眠る彼女を残し、姿を消したのだ。非情にもわたしを捨てていった彼が、今さら何の用なの? どうしてわたしを誘拐したの?
  • 億万長者と結婚? 三人の花嫁 I
    -
    教会から彼女を連れ去ったのはハンサムな億万長者だった!■サラは教会の控え室でひとり思い悩んでいた。婚約者に対する愛情に確信が持てないまま、ついに結婚式の日を迎えてしまったから。そのとき突然、控え室に見知らぬ男が入ってきた。「ぼくの話をきちんと聞いてくれるまで、きみは結婚できない」混乱と心労から、サラは気を失ってしまう。目覚めたとき、彼女は山道を走る車のなかにいた。運転席に座っているのは、控え室に押し入ってきた黒髪の男だ。この人は何者なの? 目的はなに?彼は、なぜかわたしのことを“ジェシカ”と呼んでいる。なんてこと……。わたしは人違いで誘拐されたんだわ!不安と恐怖に震えながら、サラは助手席で身をすくめた。
  • しあわせな秘密 愛の女神たち I
    3.0
    母を亡くしたときからハンナの人生は大きく変わった。大富豪の婚外子であることが判明して広大な屋敷に引き取られ、家族の期待のままに東部の大学に進学した。だが今、ある事情から、誰にも知らせず故郷の町に帰ってきたのだ。ひとり静かな日々を送るハンナは、意外な人物に再会した。エリック・メンドーサ――十代のころにあこがれた人は、今や郡の中核病院の管理職になっていた。彼は再会を喜び、美しく成長した彼女を情熱的な目で見つめて、大人の男としての思いを熱いキスに込めて伝えてきた。■アメリカの小さな町を舞台に、そこに住む人々の恋愛模様を描くミニシリーズ『愛の女神たち』です。秘密を抱えたまま、十代のころからのあこがれだったエリックとデートを続けるハンナ。でも、ある日ひょんなことからすべてをエリックに知られてしまい……。■

    試し読み

    フォロー
  • 幸せになる条件 マンハッタンで恋を II
    -
    てきぱきと働く有能な看護師ラーラ。ラーラが元女優であることを知ると、人は不思議がるけれど、彼女自身も同僚たちも、天職だと認めている。毎日小さな命が誕生するのを目にしながら、人一倍子供好きなラーラは焦っていた。早くしないと、子供が産めない年齢になってしまう。そんな彼女を気づかって、友人たちは日替わりで~お見合い~をセッティングしてくれるが、ラーラには憧れのドクター・クロス以外は考えられなかった。ある夜、その彼と故障したエレベーターに閉じ込められ、二人は暗闇の中でキスを交わしてしまう。★思わぬキスから始まった恋は、はたしてどうなるのでしょうか?★
  • ばら色の恋 潮風の償い IV
    -
    ジョーは困惑していた。姉の強いすすめで、祖母の遺したコテージで週末を過ごすことになった。だがそこは、ジョーが十代のころに夏を過ごし、将来を誓い合った男性から手ひどく裏切られた過去のある町なのだ。すぐに逃げ帰るつもりだったジョーは、修繕に立ち会うため、コテージにさらに数日泊まることになる。その夜、訪ねてきた建築家を見てジョーは全身が凍りついた。ピート――私の心を打ち砕き、去っていった男性。「帰って!」思わず叫んだジョーは、次の瞬間、ピートに抱きしめられて恍惚となった。★ヒロインは四姉妹の末っ子ジョー。姉妹のなかでもっとも繊細で物静かな彼女の恋ははたして……。★
  • 真実はいらない
    -
    いくら小さな町で独身男性が少ないからといって、兄たちに結婚相手を押しつけられたくはない。だったらこのまま独りでいるわ。ハドリーは憤慨しながら凍った道に車を走らせていた。そして、突然、事故は起こった。接触した相手の車は道路をはずれ、木に衝突して止まった。車内に倒れていたのは額から血を流した男性……。ウッドと名乗る男性との出会いは、ハドリーに女であることを意識させた。あなたの手でわたしを変えて。決して後悔はしないから。★2002年5月にお届けした「舞い降りた天使」に登場したデーンが今月のヒーローです。うしろめたい理由で冬のモンタナを訪れた彼は純粋な心を持つヒロインに少しずつ心を開いていきます。★
  • シークを愛したら
    -
    ★手の届かない人を愛してしまった。婚約者のいる一国の王を・・・・・・。★ヘンリーが行方不明!思いがけない知らせを受けて、ジェンセンは急遽、中近東のスマル王国へ飛んだ。兄ヘンリーは雑誌社の仕事で取材活動中、消息を絶ったらしい。それにしても、なんという暑さ。強烈な光と熱気で窒息しそうだ。こんな異国で手がかりもなく、どうやって捜せばいいのだろう。頼みにしているマイケル・ハサーンという、ヘンリーの大学時代の親友とも連絡が取れないのに。大使館でも、兄に関する情報は得られずじまいだ。途方に暮れ、ホテルの部屋に戻ると、突然、後ろから腕が伸びてきた。「暴れるな」口元を手で覆われ、はがいじめにされる。ジェンセンは男の手に噛みつき、必死になってもがいた。「私はマイケル・ハサーンだ。落ち着いてくれ」なんですって?いったいどういうつもりなの?
  • スキャンダルの香り 孤独な紳士たち IV
    -
    ゴシップリポーターのマデリンは、大富豪ジョセフの誕生パーティを取材していた。そしてふと、ジョセフの息子アレックスの姿が目に入り、彼を追いかけて厩舎へ行く。恋人だったアレックスには、かつて一方的に別れを告げられた。苦しみに満ちた表情で、馬に話しかける彼に何か秘密がある気がして、数日後、彼のオフィスを訪ねたマデリンは驚愕の事実を知る。ジョセフは、アレックスの父ではないというのだ。これを公表すれば、報道リポーターというわたしの夢はかなうだろう。だが、今でも愛している人を傷つけてしまうことになる……。
  • すれちがう思い
    -
    落馬事故で負傷したマディは、兄夫婦がハネムーンに出かける間、彼らの自宅で静養することにした。鎮痛剤が効いてうとうとしかけたマディは、部屋に人の気配を感じてはっとした。泥棒?すると突然、部屋中に男性の明るい笑い声が広がった(『ドクターの受難』)。恋人と別れ、心機一転アイスクリーム店を開いたシャナ。姉の都合で姪のジャズミンを預かることになったが、反抗期の姪は海軍少佐アダムに夢中でシャナには懐かない。シャナはアダムに抗議しようとするが、逆にひと目見るなり恋に落ちてしまい…(『正しい夫選び』)。
  • 聖夜に魔法をかけて
    -
    ★ひとつだけ願いごとがかなうなら……。聖夜には、あなたの幸せを願いたい。★傷ついている人や動物をほうっておけない。自分のすべてで、相手に尽くしてあげたくなる。そんなキャシーは家族史をまとめる仕事を受け、クリスマスシーズン真っただ中の小さな町にやってきた。滞在先は依頼主の甥で、警察官のマイクが管理するアパート。そこでは、とんでもない歓迎がキャシーを待っていた。マイクはいきなり銃を振りまわして泥棒呼ばわりするし、アパートは汚く、とても住めたものではない。結局マイクの家に同居させてもらうことになったが、彼はいっこうに打ち解けず、ひねくれた態度で突っかかってくる。楽しいはずのクリスマスなのに、なぜ私だけこんな目に?それにしても、マイクは変わってる。あんなにすごいハンサムなのに、恋人もいないみたい。なんだか気になるけれど、私の手には負えそうもないわ……。

最近チェックした本