エッセイ・紀行 - 鶴見俊輔一覧

  • 随想 暮らしの流儀をつくる
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 明治以降百年の、とくに高度経済成長以後の教育の流儀、学問の流儀、考え方の流儀をもう一度とらえかえしたい。大学教授をやめ、“見習い主夫”として暮らしてきた十数年の体験から、ひとつのことばを糸口にして、異なるやり方・考え方・生き方を求める。

    試し読み

    フォロー
  • 対話 生きる足場をどこに築くか
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 経済戦争に勝利した日本。戦争勝利は膨大なツケをまわした。この狭い日本に住む私たちは、未来を設計できるのか。暮らしを楽しむ法を身につけている人びととの対話のなかで、可能性を探る。▼対話者=南伸坊、日高六郎、田辺聖子、森毅、椎名誠、谷川俊太郎ほか。

    試し読み

    フォロー

無料で読めるエッセイ・紀行 - 鶴見俊輔