エッセイ・紀行 - 長谷川泰三一覧

  • 命のカウンセリング(あさ出版電子書籍)
    4.5
    ――今、つらい思いをしているすべての人へ 生きる喜びを伝えたい はじめに プロローグ みんな「助けて」が言えない ●第1章 心の感覚の麻痺と向き合う ・心の感覚の麻痺とは? ・地震で負った深い傷 ・感覚を取り戻してもらうために ・近くて遠い1・5メートル ・解けた3年間の封印 ・がまんした感情を吐き出すことで、道は開ける ・今も残る震災の傷跡 ・人はみんな、必要とされたい ●第2章 出生のトラウマ(心的外傷)と向き合う ◆母親殺し ・「自分さえ生まれてこなければ……」という苦しみ ・誕生日は母親の命日 ・お母さんはあなたに「ありがとう」と言っている ●第3章 私がいちばんの問題を抱えていた ・4歳で初めて身近に感じた「死」 ・一家離散とひとり暮らし ・暴走族入りと親友の死 ・お母ちゃんとの再会と交通事故 ・「君は一生自分の足で歩けない」 ・障害者の希望の星に ・両親との別れと新たな出会い ・突きつけられた厳しい社会の現実 ●第4章 自殺未遂と再起 ・突如出発した「迷惑をかける旅」 ・初めて知った人のやさしさ ・こみあげた涙と「ありがとう」 ・大人数での東尋坊到着 ・「ありがとう」がつなげたやさしい人の輪 ●第5章 私がカウンセラーになるまで ・それでも逃れられなかった死の恐怖 ・私は疫病神なのか…… ・カウンセリング相手の自殺、人殺し ・逃亡先での人生を変える出会い ・つかみかけた幸せを自ら手放した ・平さんの喝と救いの手 ・教えてもらった「残された人の苦しみ」 ・今までの苦しみは、人を助けられる喜びに変わった ・どんなことがあったって、幸せになれるよ ●第6章 命のカウンセリング ・カウンセラーの私ができること ◆一家心中 ・残された人の苦しみ ・もうがんばらなくていい―― ・生き残ったのには意味がある ・「人殺しの子」 ・ようやく出たひと言と救い ◆子どもの事故死 ・お母さんの苦しみは尋常じゃない ・言えなかった「ありがとう」 ・女神に子どもを返すセラピー ・これからを歩んでいくために ●第7章 苦しむすべての人へ ・自殺は大切な人の人生を狂わせる ・心を開けば、相手もきっと助けてくれる ・「受け取る」ことを知ってほしい ・上手に受け取れれば、人生が変わるのだから ・おわりに ■著者 長谷川泰三
  • 車イスが教えてくれた ありがとう(あさ出版電子書籍)
    -
    今、つらい思いをしているすべての人へ生きる喜びを伝えたい ●第1章 苦しみから抜け出すために ・繰り返す「死にたい」思い ・自殺大国日本 ・歩けなくなったバスケットボール選手 ・彼に自殺を取りやめさせたひとこと ・見方を変えることができるのが、カウンセリングの力 ●第2章 私を救ったカウンセリング ・平準司さんとの出会い ・見つけられた居場所 ・気持ちとは裏腹の破壊衝動 ・後遺症の神経痛に悩まされる日々 ・自殺を止めた、いない人の腕 ・カウンセリングで「痛み」を治す ・後遺症が教えてくれた、子どものころの記憶 ・痛みは「助けを求める声」 ・消えた罪悪感 ・母親代わりのマリア像 ・母親の気持ちを母親に返す ・「感情コピー」の法則 ・自殺を止めたのは、父親 ●第3章 駆け出しのカウンセラー、苦悩の日々 ・ひどい無力感…… ・相談者とともに成長した6年間 ・「忘れられていたこと」が本当にうれしい ・ガンで亡くなった先生からのカウンセリング依頼 ●第4章 独立と挫折、そして再起 ・神戸メンタルサービスとの別れ ・「カウンセリングをやめようか……」 ・再起を決めた、1通のメール ・北陸、東北へカウンセリング巡業の旅 ●第5章 罪悪感を、手放そう ・東日本大震災で故郷を失った南相馬市の参加者 ・震災、避難を乗り越え、1年ぶりの再会 ・「セラピーを受けていなかったら、自殺していたかもしれない」 ・時を忘れた2時間 ・被災者を苦しめる「罪悪感」 ・あきらめずに「助けて」と言おう ・使えない生命保険 ・母親の罪悪感が子どもに伝染する ・天国の旦那さんなら、何と言うか ●第6章 心の苦しみと向き合う ・難病を抱えた女性の恋 ・「私にできるわけがない……」 ・明日で命が終わりだったら…… ・「私、今、幸せ」 ・彼の「終戦記念日」 ・施設で育った子どもの話 ・まだ見ぬ「理想の家族」を求めて ・「正しいこと」が「攻撃」になっている ・両親との再会、和解 ・お父さん、ありがとう ●第7章 転機となった交通事故、出版、ドラマ化へ ・突然の事故、死への直面 ・動き出した突風のような日々 ・出版を喜んでくれた仲間 ・まるで売れずに過ぎた数年間 ・2年後に突如ベストセラーに ・番組出演、大きな反響 ・日本武道館まで、みんなが車イスを押してくれた

無料で読めるエッセイ・紀行 - 長谷川泰三