エッセイ・紀行 - 永淵閑一覧

  • シドニー無分別庵便り[第1巻]――滅びてほしくない民族ニホンジンと朝日新聞問題
    -
    1~5巻110~330円 (税込)
    本書は、シドニー在住の著者が、あなたへの手紙の形でまとめた日々の所感です。今回は、全部で7つの項目について、述べています。1滅びてほしくない民族・ニホンジン(海外在住者の眼)、2安すぎる中国産のうな丼(夕食日記)、36種類の仏教(宗教の時間)、4イギリス人の常識(読んで・考える)、5ハラキリと朝日新聞(白日夢)、6中退という言葉がない豪州の大学(教育とは何ぞや)、7知得と体得(大拙を読む)、それに、「下手の横好きですが」というタイトルで日々の心境を俳句にまとめています。どの項目も、著者独特の視点で、読者のあなたへ問題を投げかけています。著者は、世界の魁として人格進化しつつあるニホンジンの役割りを、あなたに考えさせてくれています。読者のあなたは、ちょっとショックを受けたりしながら、眼からウロコがキラキラ落ちていくのに気がつくでしょう。著者は、本書を通じて、ニホンジンであるというのは、どういうことであるのか、人間として生きるというのは、どういうことであるのか、を再認識するいい機会を与えてくれています。あなたの魂に語りかけてくる「シドニー無分別庵便り」シリーズ、ここに第1巻目をお届けします。
  • 【Zen悟り考1】シドニー無常風――「私」探しの物語
    -
    1~3巻440~990円 (税込)
    シドニーに住むようになったニホンジン著者が、ソンザイとしての「私」と向き合った自分探しの旅の途上で気づき、見つけた心象風景の記録。大好評、ユニークな大人のメルヘン『オテントサマの神話』連載(知玄舎電子書籍)で驚くべき奇才ぶりが露わになった著者の無意識から湧いてきたものは、心にふれた刹那の「無常の風」。きのうも、きょうも、そして、多分あしたもとめどなく流れていくシドニーの大地と空の間の、とどまることを知らぬ摂理、諸行無常のメタファ。心を鎮め、目を寛がせ、耳を澄ますことで触れあえる自分という物語を描写した本書は、だれにでもある詩人の心と魂のふるさとに回帰するメルヘンを呼び覚まし、社会生活のさまざまな縛りやこだわりから解放させてくれるメッセージが満載。そこから、たった一つしかない自分の物語があることに気づき、もっとも大切なほんとうの「私」に帰るためのきっかけになれば幸いです。人生の旅の途中で、ちょっと一服、本書をどうぞ。

無料で読めるエッセイ・紀行 - 永淵閑