学術・語学 - 和田修二一覧

  • 教育課程
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 新・教職教養シリーズ第2巻の担当は「教育課程」である。そこでの主要な課題は教育内容の編成・組織をいかに行うかを解明することにある。教育課程編成における教育的世界観=教育哲学の存在が、どのような形で教科内容の組織、教材計画の全体を規定しているかを明らかにすることから、この巻の論究は始まっている。
  • 教育経営
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 学校など教育の場に無縁と思われる経営的な活動が、実は教育組織体を効率的効果的に運営するためには、いかに重要であるかを示した第10巻。国や地方公共団体における教育経営、あるいは私立学校における教育経営の法制や実態、学校経費の実態、さらには教育経営の具体的な機能について解説する。
  • 教育制度
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 国民の多種多様な教育要求や教育需要に的確に応えながら、しかも教育の質的水準を維持向上させる制度を確立することは容易ではない。第9巻ではそうした制度を確立していくための基礎作業として、これまで歴史的に形成されてきた教育制度の基本的理念ないし原理と現代的な課題を明らかにすることを狙いとした。
  • 教育方法
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 新・教職教養シリーズ第3巻では、教育方法の一般的性格と原則、その歴史的変遷及び現代の教育方法がかかえる課題とその背景等を明らかにしようとした。大学や短期大学・その他の教育機関において、未来の教師を志している人々や、子どもの発達にかかわる専門家としてすでに実践に取り組んでいる教師たちに向けて。
  • 生徒指導・進路指導
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 学校生活を全体としてどのように組織し直していくことが子どもの人間としての尊厳を守り、人格の望ましい発達を促していけるのか。そのような課題に直面している生徒指導・進路指導の役割はきわめて重要になってきている。本書第5巻ではその意義・理論・方法の解明およびその解説を行う。
  • 特別活動・教育実習
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ホームルーム、児童会・生徒会、部活動などの特別活動は、決して教科教育で扱われない残余領域の教育といった地位にあるべきものではなく、教科教育を含めて学校教育全体を支える教育として捉えられるべきである。第11巻では特別活動の意義やその歴史について考察し、後半では教育実習と人権学習について論じている。
  • 道徳教育
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 「思想なき時代」といわれる現代にあっても、「道徳」という人間存在の根幹に関わる問題を教育の焦点に据えようとするときには、道徳「観」、人間「観」と呼びうる思想的性格の顕著な思考を抜きにしては成立しない。原理的・思想的・歴史的な角度からの問題の考察に重点を置き、それに基づいて社会的・実践的な場面の思考展開に触れていく第4巻。
  • 発達と学習
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 幼児期から青年期にかけての子どもの生活実態と、それを取り巻く社会的環境とが子どもの発達と学習にどのように関わっているのかを説明する第6巻。読者自身もそのような社会的環境に取り囲まれ、またその一部でもあることを理解し、自分としてどうすべきかを考えるための基礎を提供する。

無料で読める学術・語学 - 和田修二