学術・語学 - 加藤草平(Jet Bull)一覧

  • TOEIC(R) L&Rテスト満点者の頭ン中――990点60回講師のナカミ丸見せ
    -
    ・「英語を英語のまま理解する」って具体的にどんな状態? ・TOEICに出る全ての単語を覚える方法(ただし簡単ではない) ・満点取得者がTOEICを解いているときに頭の中で起こっていること 本書を読めば、知る機会の少ないこうした秘密が全て分かります。 <著者からのメッセージ> 「TOEIC満点を取る人の頭の中ってどうなってるの?」 本書は、この疑問にできる限り明確に答えるために書かれました。 僕自身、TOEICで満点を取るまでは、「TOEICで満点を取る人は、一体どれくらい英語ができるのだろう」と非常に気になっていました。 本書ではざっくりと以下の3点が分かるようになっています。 ・TOEIC満点である自分(=著者)はどの程度の英語力なのか? ・その英語力をどのようにして身に付けたのか? ・TOEIC本番ではどのようにして問題を解いているのか? 本書を読み進めていただければ、その「TOEIC満点取得者」「英語上級者」が実際のところどの程度のレベルなのかというところを理解していただけるはずです。 僕自身がどのようにして英語を学習してきたのかも具体的に書いていて、やる気さえあれば、まねできるようにしています。 TOEIC満点取得者の頭の中を本書でのぞき、ぜひ今後の皆さんの英語学習に役立ててください。 TOEIC YouTuber加藤草平(Jet Bull、猛牛) 【目次】 第1章「英語を英語のまま理解する」ってどんな状態? 第2章 TOEIC満点を取るにはここまで「意識高い系」になれ! 第3章 TOEICに出る全ての単語を覚える方法 ※ただし簡単ではない 第4章 TOEIC満点や英語上級レベルに必須の多読多聴の3段階学習法 第5章「英語が口を突いて出る」や「直読直解」を可能にする音読トレーニング法 第6章 TOEIC満点や英語上級になるには学習法を探さず育てろ!システム面と能力面での進化方法 第7章 TOEIC満点者の解き方:Part 1は聞いた後で写真を見る/Part 2は会話の状況をイメージ 第8章 TOEIC満点者の解き方:Part 3とPart 4は設問のみ先読みし、聞き終わってから選択肢を見る 第9章 TOEIC満点者の解き方:Part 5とPart 6は文を最初から読んで内容を理解して解く 第10章 TOEIC満点者の解き方:Part 7は文書の大枠や関係性を把握し、選択肢を全て読む 【著者プロフィール】 加藤 草平(Jet Bull): TOEIC YouTuber。TOEIC対策動画を配信する「猛牛ちゃんねる」でYouTuberとして活動中。YouTuberになる前はフリーランスTOEIC講師。TOEIC満点は通算60回以上取得、最高で40回連続満点を取得したこともある。書籍『TOEIC(R) L&Rテスト プライム模試400問』(アルク)を監修するなど、TOEIC教材の制作にも携わっている。
  • TOEIC L&Rテスト 猛牛の文法問題
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 TOEIC学習者の間で「わかりやすい」と評判の YouTubeチャンネル「猛牛ちゃんねる」から 「600点講座 Part 5編」が書籍になりました! 各UNITと実戦問題の一部は、 YouTubeチャンネルの解説動画を 見ることもできます。 《本書の構成》 ・各UNITで「600点に必要なポイント」を学習  ↓ ・「実戦問題」で理解度チェック  (チャンネルにはない新作問題も収録しています)  ↓ ・問題をランダム掲載した「ランダム実戦問題集」で仕上げ ※本書には解説動画が用意されておりますが、電子書籍ビューア上での動画再生はできません。また、解説動画を掲載しているサイトへは、本電子書籍から直接リンクしておりません。 お手数ですが、本文内のQRコードを使って他の端末でご確認いただけますようお願い申し上げます。または、webブラウザで「TOEIC 猛牛ちゃんねる」を検索してください。
  • TOEICテスト最強攻略PART1&2[MP3音声付] (パート別攻略シリーズ)
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ■スコアアップと実力アップを両立 スコアアップを実現しつつ、センテンス全体が聞き取れる骨太なリスニング力と、使える英語力を身につける1冊。「自分で言える英語はラクに聞き取れる」ため、リスニングセクション対策本でありながら、発信トレーニングを豊富に組み込んでいます。一見簡単そうで、実は最も実力の差が出やすい PART1、2。聞き取れた一部分だけを頼りに判断するのではなく、全文を聞き取って高得点をめざしましょう。模試4回分、赤シート付き。 【PART 1】 TOEICテスト満点講師陣の知恵を結集して、頻出フレーズ110と、センテンス130を厳選。Listen & Repeat(聞き取ってポーズの間に繰り返す)、Read & Look up(音読したのちテキストから顔を上げ、英文を見ずに空で言う)、日→英 Quick Reponse(和訳音声を聞いて、英語で言う)の、3つのトレーニングを、付属の赤シートを使って行います。 ●「解法のストラテジー」 1. 写真のパターンをチェックし、主語を予想 2 .写真のパターン別に、聞こえてきそうなキーフレーズを予想 3. 選択肢のセンテンスの形を意識しながら、全文を聞き取る ●「学習のストラテジー」 [人物写真・フレーズ編] 人の動作を表すフレーズを発話する。 [人物写真・描写文編] 人の動作を表すセンテンスを発話する。 [風景写真・フレーズ編] 位置や状態を表すフレーズを発話する。 [風景写真・描写文編] Part1で最も難しいセンテンスを、屋内・屋外別に発話する。 [ミックス写真・描写文編] 人、モノどちらも主語になり得る写真のセンテンスを発話する。 【PART 2】 本試験に限りなく近い英文に仕上げる、スピーキングに直結する使える英文に仕上げる。この2つの基準を満たした、120セットの設問と正答例を用 意し、赤シートを使ってトレーニングします。 ●「解法のストラテジー」 1. 設問全文を聞き取って、出題パターンを判断する 2. 聞き取った設問を記憶にとどめ、脳内プレイバックしながら各選択肢を聞き取る 3. 典型的な応答トリック(ひっかけ)を見抜く ●「学習のストラテジー」 以下の6つのパターン別にListen & RepeatとRead & Look upで設問全文を聞き取る力をつけ、さらに一段階上の「高負荷トレーニング」で、設問+正解文のセット単位 を攻略します。 パターン1 [WH疑問文] パターン2 [Yes/No疑問文][付加疑問文・否定疑問文] パターン3 [平叙文] パターン4 [機能文] パターン5 [間接疑問文] パターン6 [選択疑問文] ●パゴダ製作の模試4回分で力固め 本書の後半はPART1、PART2の模試4回分です。問題作成は、韓国を代表する外国語教育機関であるパゴダ(Pagoda Education Group)。これまで門外不出だった問題が、本書で初めて掲載が許可されました。解答と解説ページには、日本語訳と、著者による語注、設問のタイプ表 示、難易度判定、解説を掲載しています。さらに設問文と正解文を使って、発信トレーニングができるように工夫しています。

無料で読める学術・語学 - 加藤草平(Jet Bull)