男性向けライトノベル - 槻影一覧

  • 嘆きの亡霊は引退したい ~最弱ハンターによる最強パーティ育成術~ 1
    続巻入荷
    4.7
    その男――稀代の英雄か、 それともただの人か。 富と名誉、そして力。栄光を求め、危険を顧みず、 世界各地の宝物殿を探索するトレジャーハンター達の黄金時代。 トレジャーハンターになろうぜ―― クライ・アンドリヒと幼馴染達との誓いは、 挫折を余儀なくされたはずだった。 クライには何一つ才能がなかったから……。 にも関わらず、何故かいや増していく周囲の期待。 跳ね上がるのは命の危険。 人間離れしていく幼馴染達が大暴れするたびに、 クライの土下座スキルは高まっていく……! これは一人の青年が円満引退を目指す物語。
  • 昏き宮殿の死者の王
    5.0
    病に苦しみ、命を落とした少年が再び目覚めた時――彼は邪悪な死霊魔術師【ネクロマンサー】の力により、最下級アンデッドとなっていた。 念願の自由な肉体を手に入れ歓喜する少年エンドだが、すぐに自らを支配するものが病から死霊魔術師に代わっただけであるという事実に気づく。 彼は真の自由を勝ち取るために死霊魔術師と戦うことを決意するも、闇に属する者をどこまでも追い詰め、滅する事に命を賭ける終焉騎士団もまた彼の前に立ち塞がり……!? 「勝つのはロードでも終焉騎士団でもない。――この僕だ」 連載版からの大幅改稿に加え、書籍だけの特別エピソード――エンドの日常『楽しく悲しいアンデッド生活』、ルウの“その後”を描く『ルウ・ドーレスの憂鬱』を収録。
  • 誰にでもできる影から助ける魔王討伐
    4.5
    魔王クラノスが人類に宣戦布告して十年。 大国ルークスは、異界から聖勇者・藤堂直継を召喚した。 そんな彼をサポートする命を受けた僧侶アレスは、集められたそのパーティメンバーを見て愕然とする。 魔導王を始祖に持つ魔導士リミスは、火系統以外の魔法が使えず、 プラーミャ流剣術最高師範、剣王の娘、アリアは最近流派を変えたばかりだという。 さらに肝心の聖勇者は、女性ばかりを傍らに置き、無謀な行動を繰り返す……。 しかも平均レベルが15って、どうやって倒すんだよ魔王。色物集めてんじゃねえぞ。 そこでアレスは自分のレベルを隠し、彼らの旅が円滑に進むよう影からサポートするのだが――。 並みいる強敵は事前に退け、彼らの失敗は完全隠蔽。 これは、ハイ・プリーストであるアレスが、聖勇者を英雄に導くまでの物語。
  • 天才最弱魔物使いは帰還したい ~最強の従者と引き離されて、見知らぬ地に飛ばされました~【特典SS付】
    4.3
    脆弱すぎる体と、優れた弁舌。フィル・ガーデンの『魔物使いの神話』――Tamer's Mythologyが始まる。読者を熱狂の渦に巻き込んだあの作品が、リニューアルして書籍化。書き下ろし短編付き! 「ここはどこだ……」気づいたら、僕は異国の往来の真ん中に立ち尽くしていた。さっきまで使役する従者と、魔王を打ち滅ぼさんとしていたのに――。これまでとは言葉も違う。文化が違う。気候も違う。鞄もないから金もない。武器もない。コネもないし、身分証すらない。なにより……大切な従者とのリンクも切れてしまっている。僕は覚悟を決めると、いつも通り笑みを作った。「仕方ない。やり直すか」突如レイブンシティに現れた、異国の男フィル・ガーデン。彼は遥か彼方からやってきたSSS等級探求者。そして、伝説級の《魔物使い》で……!? その優れた弁舌と、培ってきた経験(キャリア)で、あらゆる人を誑し込む! 常識破りの英雄物語、ここに登場!! ※電子版はショートストーリー『一流《魔物使い》は挫けない』&槻影先生豪華書き下ろし「天才最弱魔物使いは帰還したい」(一迅社ノベルス)×「嘆きの亡霊は引退したい」(GCノベルズ)スペシャルコラボSS付き!
  • アビス・コーリング 元廃課金ゲーマーが最低最悪のソシャゲ異世界に召喚されたら
    4.8
    最強の集金システムと呼ばれ、数百万のユーザー達をどん底に叩き落とした末、法整備によりサービス終了した最低最悪のゲーム『アビス・コーリング』。その世界に迷い込んだ元プレイヤーの男が、再びその闇に挑む!
  • 堕落の王
    4.5
    男の名はレイジィ・スロータードールズ。かつてしがないサラリーマンだった彼は死後、異世界に転生し悪魔のクラスを得るが、自堕落に過ごし続けいつしか怠惰を司る魔王になっていた。その彼に「反旗を翻した暴食の王ゼブル・グラコスを討滅せよ」と大魔王の勅命が下る。だがベッドからピクリとも動かない怠惰の王レイジィ。そんな魔王の代わりに臣下である強欲のデジ、色欲のミディアが暴食の王の討伐へと向かうが――!? 欲望渦巻く堕落転生ファンタジー!!

無料で読める男性向けライトノベル - 槻影