教育 - 学術・語学 - 河添房江一覧

  • 唐物の文化史 舶来品からみた日本
    4.2
    正倉院の宝物、艶やかな織物や毛皮、香料、楽器、書、薬、さらには茶や茶器、珍獣まで……。この国の文化は古来、異国からの舶来品、すなわち「唐物」を受け入れ吸収することで発展してきた。各時代のキーパーソンとの関係を軸に、唐物というモノを通じて日本文化の変遷を追う、野心的な試み。【カラー口絵8頁】

    試し読み

    フォロー
  • 光源氏が愛した王朝ブランド品
    5.0
    『源氏物語』をはじめ、王朝物語には唐物といわれる舶来ブランド品が登場し、荘厳な世界が展開され、人物の地位や性格によって巧みに使い分けられる。王朝の世界を彩る華麗なブランド品の世界を読み解く。 ※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

無料で読める教育 - 学術・語学 - 河添房江