自己啓発 - ビジネス・経済 - 轡田隆史一覧

  • 「考える力」をつける読書術 発想力、表現力の高め方から、多読の技術まで!
    3.0
    「読む力」は「考える力」を育てる。そして、「考える力」とは「生きる力」であり、「成功する力」なのだ。 ――著者ベストセラー『「考える力」をつける本』の著者が教える、本がどんどん読める、頭のいい方法。◎「いい本」と出会う、とっておきの方法◎頭の中にいっぱい「引き出し」を作ろう◎本を読み、まねる――これが最もいい「学び方」◎「読んだふり」も、読書家の技術◎気分を盛り上げてくれる「定番の本」を持とう◎「好奇心」が芋づる式にわいてくる思考法……etc.誰も教えてくれなかった「読む技術」「思考の技術」、そして「勉強の技術」がわかる、最高の知的実用書!
  • 心に効く いい人生をつくる11行の話
    -
    チラと空を見上げて、「アッ、青い!」とつぶやく。それだけのことだけど、ときどき立ち止まるのが、好きだ。<本文より>何でもない毎日にこそ、幸せは転がっている――。本書を読むと、そんな当たり前のことに気づかされます。とびきり大粒の牡丹雪、古代の香りがにおいたつような柏餅、夏の朝に響く、子どもたちの「お早う!」。人生を彩る、美しく尊い物事を、12カ月ごとに並べました。季節の妙を感じる小話は、スピーチや手紙のお手本にも最適です。著者は朝日新聞の論説委員を務めたジャーナリスト。「文章とは、このように書くものか」と、膝を叩くような発見があるかもしれません。一話につきたった11行ですから、いつでもどこでも読み始めることができます。通勤のお供に、病院での待ち時間に、寝る前のベッドで――。あなたの傍らに寄り添う、やさしい暮らしの歳時記です。

    試し読み

    フォロー
  • 100歳まで読書
    4.5
    100万部突破の大ベストセラー『「考える力」をつける本』の著者にして稀代の読者家がユーモラスに提案する――「死ぬまで本を読む」知的生活のヒント年を取ると、たしかに読書はちょっと大変だ。文字は読みにくくなるし、集中力も長くはつづかない。時間だって、意外と思うように取れないことも多い。だから、ちょっとした工夫や発想転換が必要になってくる。年を重ねたなりの、成熟した本の読み方、楽しみ方――。そのヒントを、ぼくなりに提案できればと思う。――著者◎本は最期まで人生のよき相談相手になってくれる◎本の「拾い読み」こそ、極上の「暇つぶし」◎いくつになっても、いい本との出会いは楽しい◎たとえば、荷風を読むならこれ、鴎外を読むならこれ◎日本人なら死ぬまでに一度は触れたい古典……より深く、面白く、豊かに読書を味わい尽くす極意

    試し読み

    フォロー
  • 60歳からの人生の整理学 これから「必要なこと」 もう「不要なこと」
    -
    人生後半、本当に大切なことだけに、自分の時間とエネルギーを使うために。◎仕事には「区切り」はあっても「終わり」はない◎「なんの変哲もない1日」に喜びを見出す◎「ひとつの時代を生きた」ことへの自負を持つ◎60歳からの酒には、いささかの“気取り”が必要◎現役の延長線上での遊びなんて、つまらない◎「世代ギャップ」を埋める努力は、こちらから◎60歳からの別れは「しみったれずに景気よく」……仕事のこと、人間関係のこと、家族のこと、趣味のこと、生きがいのこと――いま、“棚卸し”して、整理しておきたい、42の人生テーマ

    試し読み

    フォロー

無料で読める自己啓発 - ビジネス・経済 - 轡田隆史