国内ミステリー - 小説 - 尚文社一覧

  • 縄

    -
    1巻 550円 (税込)
    神戸にある中国料理店『桃源亭』の主人にして名探偵・陶展文(とうてんぶん)は、江戸川乱歩賞受賞作『枯華の根』で鮮烈にデビュー。作者・陳舜臣の悠場たる虚構の流れの中で、ずしりとした生活感―不思議な...
    試し読み

    フォロー

  • 異郷の檻のなか
    -
    1巻 550円 (税込)
    ヒスイが暴く歴史の闇。新移民法の実施で拡大をつづける一九六〇年のサンフランシスコ・チャイナタウン。異郷に住む他国者であることを忘れずにくらしてきた華僑一世たちと、戦争を米国民として体験して「...
    試し読み

    フォロー

  • 永臨侍郎橋
    -
    1巻 550円 (税込)
    殺人。その裏には強烈なドラマがある。 この殺人事件は太平洋戦争末期、昭和十六年に起きた。場所はいまでは観光地として有名な中国広西省桂林の近くにある小さな町・永臨である。町外れを小さな川が流れて...
    試し読み

    フォロー

  • 壁に哭く
    -
    1巻 550円 (税込)
    中国内戦の傷跡 日中戦争につづく共産党軍対国府軍という中国人同士の戦争。この連続殺人事件は、共産党中国成立五年後の香港で起きた。 六年まえ、済南地区は陳毅将軍の率いる中共華東野戦軍の攻撃であっ...
    試し読み

    フォロー

  • 囚人の斧
    -
    1巻 550円 (税込)
    神戸八角堂「移情閣」と中国人留学生。 神戸の華商呉錦堂(一六五五~一九二六)は、すでに伝説上の人物となっている。三十歳で日本に来たとき、呉錦堂は裸一貫だった。しがない行商から身をおこし、二十五...
    試し読み

    フォロー

  • 銘のない墓標
    -
    1巻 550円 (税込)
    昭和三十五年六月、東京・本郷の古書店に、日中戦争末期、中国・重慶政府からの和平交渉 代表として来日した中国人繆斌(みようひん)の文書が持ち込まれた。 戦局が日本に決定的に不利となった昭和十九年...
    試し読み

    フォロー

  • にがい蜜
    -
    1巻 550円 (税込)
    私は中国秘密結社の調査のために香港に出かけた。 中国の秘密結社といえば、青幇*チンパン*と紅幇*ホンパン*が有名である。だが、彼らのおもな縄張りは揚子江流域で、根拠地は上海なのだ。華南では三合...
    試し読み

    フォロー

無料で読める国内ミステリー - 小説 - 尚文社