TL小説 - CLAPコミックス一覧

  • 王太子殿下は男装王宮医(見習い)に夢中!
    4.0
    父が事業に失敗した子爵家の家計を支えるため双子の弟になりかわって男性しかなれない王宮医見習いの職についたシンシア。慣れない王宮でなんとか務めをこなしているが王太子のアーヴィンに正体を知られてしまう。彼女の事情を聞き、あと、一ヶ月なら目を瞑るというアーヴィンは、何かと理由をつけてシンシアに触れてくる。おまけに知り合った王宮医見習いの“姉”として本来の姿で茶会に招待され、化粧を落とすとお風呂にまで入れられてしまって――!?「俺だけが知る、おまえの女の顔だ」庶民にも分け隔てなく優しく、美しいアーヴィンに特別扱いされ、触れられて乱れる心。けれど彼と約束した一ヶ月の期限は間近に迫って!?ロマンチックコメディ。
  • 変装令嬢はイケメン侯爵に溺愛される
    3.6
    家計を支えるため、変装し侯爵家のメイドとして働くことにした伯爵令嬢キャロライン。女癖が悪いと評判の若き侯爵カーティスだったが、実は悪い評判はすべて双子の弟のせいだった。誠実で美しいカーティスに好感を持つキャロラインは、ある日、ハプニングで彼とキスしてしまいお互いに意識しあうように。「今夜はお前を離したくない」求められて情熱に流され、一線を越えてしまった夜。伯爵令嬢である身分を明かせばカーティスと釣り合いが取れなくはないが持参金のない令嬢は彼にはなんのメリットもない。あと嘘つきは嫌いだというカーティスには本当のことが打ち明けられない。そんなときカーティスには有力貴族の令嬢との縁談があると知り!?
  • 政略結婚 軍人王は新妻を甘くとろかす
    4.0
    美貌で名高いアルドワン王国のロザリーは新興国バルビエの国王ヴィクトルと政略結婚することに。武勇でならした武王との結婚に不安だったロザリーだが、式場で初めて会ったヴィクトルは荒々しさはあるものの、大層な美貌の持ち主だった。「ロザリー。君はどこまでも甘い」初夜の床で激しく、しかし優しく愛されて知る女の悦び。ヴィクトルに恥じない王妃になろうと研鑽するロザリーを王はさらにのめり込むように愛していく。しかし、以前、ヴィクトルと結婚話があった公爵令嬢が留学から帰ってきて!? 愛と官能のヒストリカルロマン!
  • 国王陛下の甘い蜜 花嫁はジャム作りが得意です
    5.0
    美味しいパンとジャムの店ベイカーズ・ユマの娘ディアナは、店に訪れた王子様のような貴族オズワルドと恋をする「……きみの唇に触れたい」。しかしオズワルドから髪飾りを贈られキスをした後、急に彼が姿を見せなくなる。心配するディアナだったが、新国王の披露目でオズワルドが国王に即位したことを知る。本当に王族だった彼とは住む世界が違うと絶望するも、せめてもう一度会って気持ちを告げたいというディアナに母メアリーが秘密を打ち明ける。母はコリンウッド公爵家の令嬢だったこと、パン屋の父親と駆け落ちしてディアナが生まれたこと。母と訪ねて和解したコリンウッド公爵の邸で令嬢としての教育を受けたディアナは、王城で催される舞踏会に祖父とともに出席する。「私と踊っていただけますか」「喜んで。身に余る光栄です」再会したオズワルドにダンスを申し込まれディアナは踊る。「私……オズに伝えたいことがあって来たの」意を決して伝えるディアナ「あなたのことが好き」。「ディアナ、これからの一生涯を俺とともに過ごしてほしい」オズワルドの求婚にディアナは…!?
  • 初恋の公爵様に甘く淫らに愛されてます
    4.5
    初恋の公爵セルジールが結婚直前に婚約破棄され、急遽、身代わりの花嫁を探しているというのに名乗りを上げて嫁ぐことになったリュエンヌ。彼を必ず幸せにすると意気込むが、セルジールは彼女に素っ気ない。それでも健気に彼を慕い、無邪気に甘えてくるリュエンヌに、彼も次第に心を開いていく。「気持ちがいいなら、素直になっていいのだぞ」お披露目の舞踏会の後、初めて一夜を共にし、一緒に朝を迎えるようになって喜びに浸る日々。しかし「愛している」とは言ってくれない彼にやはり前の婚約者が忘れられないのではないかと悩んでしまう。そんなときセルジールの弟ジェロームが兄が婚約者にあてたラブレターを見せてきて!?
  • 竜王さまに食べられない方法【試し読み増量版】
    無料あり
    4.0
    ミルフィーユは湖で溺れていたところを公爵令息で飛竜軍少佐のライアンに助けられる。気が付くと彼女は別人の体に変わり、記憶をほとんど失っていた。ライアンはその体は彼女の婚約者の王女、フィージーのものだと言う。ミルフィーユとフィージーが入れ替わったらしいと推測し、フィージーを探しにいく二人はお互いに惹かれはじめ!? 恋と冒険のスペクタクルラブロマン!!【試し読み増量版】※こちらは試し読み増量版となります。本編は製品版をご購入ください。

    試し読み

    フォロー
  • 賢者の秘密と黄金の腕輪~乙女は天使に囚われる~【試し読み増量版】
    無料あり
    3.5
    名家の令嬢ルビー・アンジェロは、旅の途中で暴徒と化した群衆に襲われてしまう。そんなルビーを救った青年は、驚くほど博学で、それ以上に傲慢だった。「愚民が! 無謀にもほどがある」放たれた言葉の裏に潜む優しさ。だが彼は、父の仇の怪僧と密かに通じ合っているようで…中世ヨーロッパを舞台に繰り広げられる、愛と美と真実に彩られたミステリアスラブロマン。【イラスト付】※このコンテンツはさらさ文庫にて2011/8/12に出されたものの復刊です。重複購入にご注意ください。【試し読み増量版】※こちらは試し読み増量版となります。本編は製品版をご購入ください。

    試し読み

    フォロー
  • 賢者の秘密と黄金の腕輪~乙女は天使に囚われる~【イラスト付】
    -
    名家の令嬢ルビー・アンジェロは、旅の途中で暴徒と化した群衆に襲われてしまう。そんなルビーを救った青年は、驚くほど博学で、それ以上に傲慢だった。「愚民が! 無謀にもほどがある」放たれた言葉の裏に潜む優しさ。だが彼は、父の仇の怪僧と密かに通じ合っているようで…中世ヨーロッパを舞台に繰り広げられる、愛と美と真実に彩られたミステリアスラブロマン。【イラスト付】※このコンテンツはさらさ文庫にて2011/8/12に出されたものの復刊です。重複購入にご注意ください。
  • 侯爵は甘いもの好きの新妻を溺愛しすぎです
    2.7
    女学校に通う伯爵令嬢セシリアは、急に両親から名門侯爵家の夜会に招待されたと告げられる。夜会で絡んできた暴漢から救ってくれた侯爵、ディオンに求婚され、学校を辞めて結婚することに。領地でつかの間、甘い新婚生活を過ごした二人。王都に戻ってからはディオンは仕事が忙しく、セシリアの大好きな甘い物をいつも用意するなど溺愛してくれるが、傍にはあまり居てくれない。セシリアがクッキーにメッセージを忍ばせると熱烈な恋文が返ってくるも、すれ違いが続いていた。そんなある日、久しぶりの観劇デートの帰りに「やっと決心がついた、子作りをしたい」とディオンに告げられる。甘い生活が戻ってきたかのように思えたが、強まる束縛にセシリア自身は求められておらず、跡取りをもうけることだけが目的なのかと疑念を抱いてしまう。不安がつのるセシリアだったがディオンと一緒にお菓子作りをして心の距離は縮まっていく。しかしディオンが本当は甘い物が好きでは無い事を知り、さらに使用人からセシリアの両親がディオンに借金の肩代わりをさせているという噂を聞いてしまって…!?
  • 国王陛下はヨメと息子が可愛くてしかたない
    3.5
    侍女のアンリーヌは幼い頃から仕える公爵令嬢に頼まれ、身代わりで貴族のふりをし仮面舞踏会に参加する。舞踏会では皆、正体を隠して結婚相手を探すという。そこでバイオレットアイの運命の人と出会った彼女だが、その一夜で子供を授かってしまう。妊娠したことで公爵家を追い出され生まれた息子と二人で生きていく決意をする。就職した王宮で出会った国王ディナールは運命の人と同じ髪と瞳の色をしていた。心通わせた彼に求婚されるも、息子のことや身分差で応じられないアンリーヌだったが、ディナールを隣国の王女と結婚させたい王太后の迫害で、遂には王宮を去ることになる。親切な老夫婦に助けられた彼女は、仕事を探すがなかなか見つからない。過労で病に倒れてしまったアンリーヌに王宮からの迎えが来る。「ずっと探していたんだ」「ディナール様が彼だったなんて信じられません」運命の人、息子の父親はディナールだった。「俺はアンリーヌと結婚がしたい。そして、一緒に息子を育てていきたい」「何があっても大丈夫だ。必ず俺が守る」真摯な告白に心が揺れたが、身分差故に祝福されないだろうと言うアンリーヌに、ディナールは彼女の出生には秘密があると告げて…?
  • 子作りしようと近付いた美青年は恋を知らない王弟殿下でした
    -
    女王の命で婿探しの旅に出た、“戦女神の里・ウラノス国”の女騎士“炎の戦姫”ヴィクトリアは、マーカス王国で知り合った王弟イザヤに協力してもらう代わりに偽の恋人役を引き受ける。夫を連れて帰るか子供を作る使命を果たすため、イザヤに指導を受けるヴィクトリアは、飄々としながらも強く美しい彼に魅かれていく。「ねぇ、気持ち良くなりたくて俺が欲しいの? 子供が欲しくて俺が欲しいの? 王族と接点を持ちたい? それとも違う理由?」「――イザヤ様に私の花園の扉を開けてほしいからです。一つになりたいからです」。甘く淫らな閨の練習の果てに、一線を越える二人。しかしお互いの立場がそれを許さない。「……ううん。俺を好きになっちゃダメだよ」「イザヤ様はずるいですね」。なにも答えてくれない、ずるい男と知りながらヴィクトリアはイザヤを諦めることができない。招待された国王主催の舞踏会で、イザヤが王位簒奪を疑われていることを知ったヴィクトリアは、彼の名誉を守るために騎士団長と決闘する。一方イザヤはヴィクトリアの故郷ウラノス国へ野心を見せる兄王と対峙して…?
  • 花嫁は誘惑される 婚約者が用意したドレスの胸が私にはゆるすぎます!
    3.0
    没落した男爵家の令嬢であるシェアラは、資産家の貿易商エドワード・ロスウェルとの結婚にあたり、彼の弟に、「巨大な胸回りのウエディングドレスに合う巨乳であること」を条件にだされた。貧乳のシェアラは絶望するが、事情を知ったロスウェル家おかかえの癒術師、ヤオに豊胸マッサージを提案される。ためらいつつもその提案を受け、優しく触れられ揉まれて信じられない快感を覚えてしまうシェアラ。「気が遠くなってきたんだろう、達っていいぞ」シェアラが好みだったからと何くれとなく協力し、優しくしてくれる美しいヤオに惹かれていくが、実は彼こそがずっと姿を見せず、弟を通して厳しい条件を出してきた婚約者エドワードだと知って!?
  • 腹黒年下伯爵は行き遅れの令嬢を溺愛する
    3.7
    行き遅れの子爵令嬢ジュリアは、このまま結婚できなければお針子として生きていこうと思っていた。しかし年に一度の王宮の舞踏会でいきなり年下の美貌の騎士に求婚される。彼は戦功を立てて伯爵になった、令嬢たちの注目の的であるアレクシスだった。もっと若くて美しい人がいるのに……と、からかいだと腹を立て求婚を本気にしないジュリアだったが、意外と腹黒なアレクシスに外堀を埋められてしまい結婚することに。年下でも頼りがいと思いやりのある一途なアレクシスにだんだんと惹かれていくジュリア、恋を自覚しても素直になれない日々を過ごすうちに、突然、彼の許嫁を名乗る美少女クレアがあらわれる。クレアが生まれる前に無くなった話だとアレクシスは言うが、詳しい事情は話してくれない。「確執がなければ、お兄様は私と結婚してくれたかもしれないって、ずっと思っていたから……」クレアの言葉にアレクシスが自分を選んだのは両親との確執のせいではないかと、ジュリアは疑いをもってしまって……!?
  • 美貌の王子と夢みる伯爵令嬢 前世なんか信じない!
    4.4
    王女マリアーヌに侍女として仕えるソフィアは、留学から帰ってきたマリアーヌの兄ノエル王子に、会うなり前世からの恋人だと言って熱烈な求愛をされる。彼らは有名な悲恋の物語、ミレイユとワイアットの生まれ変わりだというのだ。際立った美貌のノエルに真摯に口説かれてトキメキを覚えるものの前世だのなんだのはとてもソフィアには受け容れられない。しかしノエルは持ち前の知略と執着でミレイユを追い詰め、ミレイユも何故か彼を強く拒むことができない。「もしかしてこれだけで気持ち良くなっちゃった?」とろとろに蕩かされ、純潔も奪われたというのに、ノエルに嬉しそうに微笑まれると許してしまうソフィア。前世なんてないはずなのに!?
  • 敏腕伯爵とおっとり令嬢の溺愛新婚事情
    2.0
    子爵令嬢のアイリスはオペラや音楽鑑賞が好きで社交は苦手。両親と侍女に言われていやいや出た舞踏会で皆の憧れの伯爵ライオネルに迫られて困惑する。強引に連れてこられた彼の部屋で優しく触れられて変わっていく身体。拒んでも諦めず求愛を続ける彼にほだされ、流されるように結婚したけれど、次第にライオネルの視野の広さや優しさに惹かれていくようになっていく。「そんな声を出して。なんて可愛い人だ」溺愛系新婚ラブロマンス。
  • 竜王さまに食べられない方法
    4.0
    ミルフィーユは湖で溺れていたところを公爵令息で飛竜軍少佐のライアンに助けられる。気が付くと彼女は別人の体に変わり、記憶をほとんど失っていた。ライアンはその体は彼女の婚約者の王女、フィージーのものだと言う。ミルフィーユとフィージーが入れ替わったらしいと推測し、フィージーを探しにいく二人はお互いに惹かれはじめ!? 恋と冒険のスペクタクルラブロマン!!
  • ロクサリーヌ夜話~夜の王女と輝ける海~【イラスト付】
    5.0
    その名を知らぬ者はない高級娼婦、『黄金のロクサリーヌ』。彼女は客として訪れながら自分に指一本触れようとしない海軍士官、ガッシナと言葉を交わすうちに急速に惹かれていく。そしてガッシナもまた――。生き別れの妹を救うため、良い条件の金持ちに身請けされねばならないロクサリーヌと海将メムノンの元で将来を嘱望されるガッシナ。許されるはずのない恋は一途な二人を呑み込み、激情の渦に運んでいく。「私はぜんぶ、あなたのもの」鬼才、榛名しおりが放つ渾身のヒストリカルロマン! ※このコンテンツはさらさ文庫にて2011/9/30に出されたものの復刊です。重複購入にご注意ください。

無料で読めるTL小説 - CLAPコミックス