国内小説 - 小説 - 東洋出版一覧

  • 青い風のささやき
    -
    1巻550円 (税込)
    小さな優しさが世界を豊かにすると思わせてくれる物語。4作品を収録。
  • あの世界2巻
    -
    1巻1,100円 (税込)
    あの世界とは永遠の試練なのか それとも祝福なのか 娘・久美の妊娠をきっかけに少しずつ明らかになるさま ざまな出来事。 はじめて明かされた両親の過去と家族の秘密。 父親の死にまつわる謎、母の過去と夫への想い、久美の知られざるいまわしい過去の黒い記憶、生まれてくる子どもの父親である不思議な青年白也とはいったい何者なのか。そして、あの世界とは…。 1巻発売から19 年、この世界で物語がふたたび動き出 す第2巻。
  • いつか~Someday soon
    -
    1巻550円 (税込)
    落ちこぼれ医師のひろ子は、前途有望な勝ち組医師の彼氏、直樹との間に小さなズレを感じ始めていた。 そんな矢先に、地元の中学の同級生、福山と偶然再会する。福山はかつては極めて成績優秀で、東京の名門高校に進学するため地元を離れたのだったが、「実は自分も落ちこぼれだ。就活で全敗した」と打ち明けられる。 「自分達は負け組。似た者同士」と、ひろ子は福山に心惹かれるが、完璧な彼氏の直樹とも別れられない。 そんな三人をコロナ禍が襲い・・・。
  • 糸杉
    -
    1巻550円 (税込)
    ドヴォルザーク作曲の~弦楽四重奏のための『糸杉』~と不思議な経緯で出会った。 この曲はドヴォルザークが、かつて振られた女性への特別な思いを込めて書いたらしい。そして私に、『本当に好きな人はどうやっても忘れられない。その思いは絶対に断ち切れないものだ』と知らしめているように思えた。 そう、私には忘れられない人がいた・・・。
  • うさぎ
    5.0
    1巻330円 (税込)
    中学二年の夏休み。バイクでケガをした和巳は入院中にある小学五年生の少女と出会う。しかし……。その後の和巳の話も含めた、短編2話を収録。さわやかで甘酸っぱい青春小説。
  • うそつき
    -
    1巻330円 (税込)
    子供の入学式以来のママ友、霧子が深刻な病に冒された。目の前で少しずつ、少しずつ敗北していく霧子…。霧子は私に問い続ける。「なぜ私なの、どうして助けてくれないの」と。臆病者の私。偽善者の私。私は逃げていく…。私でなければいいのだ。私が死ななければいいのだ…。どうしようもない、どうしようもない…。友人関係の心の奥底・感情のうねりを描いた小説。
  • 海に還る(前篇)
    5.0
    1~2巻880円 (税込)
    企業家の立場、父親の立場、母親の立場、そして生きることへの信念。どのように生きることが本当の意味で幸せなのだろうかと考えさせられる作品。
  • 運命
    -
    1巻550円 (税込)
    高校の同級生の智昭と十二年ぶりに再会した。私は医師に、智昭はエリートサラリーマンになっていた。  何度かのデートの後、意気投合して同棲がスタート。コロナ禍の中、幸せな生活が一年程続いた。  しかし、ある日を境に、智昭は口をきいてくれなくなった。代わりに、私が何か言うと音楽を流すようになった。すれ違いの毎日。  そんな智昭に耐えきれず、遂に私は別れを切り出した。智昭の三十二歳の誕生日の前日の事だ。
  • エンジェル・イン・ザ・レイン
    -
    届きそうになると逃げて行く「幸せ」 顔半分がただれている美夜子。 暗闇の中でようやく出逢った優しい人は・・・・。 終始独特な雰囲気に引き込まれるシリアスかつ ミステリアスな詩小説。 全く予想できない展開に最後はどうなるのか・・・・・
  • 音霊
    -
    1巻550円 (税込)
    アマチュアオーケストラでクラリネットを吹く洋一と不本意な経緯で付き合い始めたひろ子。当初は何度別れようと思ったかしれないが、洋一のクラリネットを聴いた日から迷いが生じた。 仮に洋一自身を好きでなくても、このクラリネットの音だけで自分は洋一と付き合ってゆけるのではないか? と思い始めていた。しかし、その気持ちの確認のために訪れたコンサートで、かつての恋人星野と再会する。 二人の男性の間で揺れ動くひろ子の下した結論は…
  • 想い出バイヤー
    -
    1巻880円 (税込)
    『人の記憶のメカニズムと、幸せ探しの落とし穴を描いた表題作「想い出バイヤー」、周りに流されて虚飾生活を送る主婦の悲哀を描いた「餓鬼の歩く街」など、 小説4編、シナリオ2編を収録』
  • 鏡越しのラブストーリー
    -
    1巻838円 (税込)
    「鏡の精」があなたに贈る泣ける7つのラブストーリー

    試し読み

    フォロー
  • 花粉の季節
    -
    1巻550円 (税込)
    心療内科医として勤務する私の病院に、病院待望の血管外科医として新たに勤務することになったあなた。一目見た時からこの人だと思った。結婚とか恋愛とかそんな次元を超えて、私はこの人に会いたかったのだ。ずっとこの人を待っていたのだとなぜか思った。そして不思議な懐かしさに胸が熱く震えた。 私とあなたとの不思議な関係。そして二人はどのような結末を迎えるのか。
  • 昨日の奇跡
    -
    1巻550円 (税込)
    ある日、iPhoneが乗っ取られていることに気が付いた。 あらゆる手を尽くし対処したが、つわもののハッカーはどこまでも私を追いかけてくる。 憎きハッカーに翻弄されるなかで、ひょんなことからハッカーとの言語対非言語の奇妙な交流が始まる。 不運続きで辟易していた私はいつしか、執拗につきまとうハッカーに救いと癒しを見出していた。
  • 君へ~To my Dear~
    -
    1巻550円 (税込)
    少年が好きな私。 同じ健診クリニックに勤務する少年のような君に惹かれている。 ある大雪の夜二人きりでクリニックで過ごしたことをきっかけに自分の過去を思い出す。子供時代に受けた傷。存在の否定。 やがて成長し少年を好きになるまでの私の物語。
  • 金曜日はタイムマシン
    -
    1巻880円 (税込)
    インパクト、新鮮さのあるテーマであり冒頭から深く引き込まれ、予想できない展開。 細胞や実験がテーマとなっている本作品は自ら仮説を立て、それを自らの手で実験して、試行錯誤しながら証明していく実験科学者なればこその醍醐味が味わえる一冊となっています。
  • 屈折した翼
    -
    1巻838円 (税込)
    心に病を抱える女性、恋人との幸せな時間、男の裏切り、殺人、そして・・・・。救われていく魂。

    試し読み

    フォロー
  • 黒い少女
    -
    1巻550円 (税込)
    お腹の中に見つけた自分の分身、リトルひろ子に導かれて、かつて好きだった人と再会したひろ子。不本意な別れ方をして以来、お互いが不本意な人生を送っていたが、無意識開拓療法と出会い自分達の深層心理を知り、これでようやく不本意な生き方から解放される。やっと自分達は結ばれると思った矢先、リトルひろ子の正体が判明する。
  • 恋のうず潮
    -
    1巻550円 (税込)
    初恋、結婚、再会、老い…… 超高齢社会の大人の恋の行方を描く! どっちが僕の初恋だろう。 「恋人ってのは、一人しかないんだよ。つまり初恋の人ひとり。そして初恋は消えるのさ」 こう言ってしまうと、僕は淋しくなった。恋人だった結花は夫を失った。再婚して人生の後半を楽しく過ごしているはずだと思いたい。遠くからその様子をそっと確かめたい。 紆余曲折を経て老いを迎えた時、第二の人生の恋はどう花開くのか。
  • 獄道者
    -
    1巻838円 (税込)
    刑務所内「鎮静房」の実態を赤裸々に描いた監獄小説! 鎮静房……独立した区域・空間に建設された特殊拘禁房であり、一般受刑服役収容監房とは完全に隔絶された房。この鎮静房内で、看守等が囚人にどのような非人道行為、制裁を加えようとも、一切外部に伝わることはない。この特殊拘禁房を、囚人たちは恐怖をもって、拷問・殺人房と呼んでいる。
  • 作品集「ハイ、チーズ。パチリ」
    -
    1巻660円 (税込)
    ちょっと不思議。だけどあたたかい。日常に寄り添う14の奇譚集。 結婚してから20 数年。真面目で仕事一筋の夫に、妻はここ数年で気色悪さを感じ始めた。歳とともに衰えはじめた見た目は耐えがたく、顔を見るのが苦痛なのだ。しかし別れるという選択肢は持ち合わせていなかった。この事態を回避する方法を友人に相談すると、神頼みがいいと言われ実行に移すことに。すぐに自宅近くの神社へお参りをするが、変化が起こる様子はない。しかし諦めずに何度かお参りを繰り返すと、神様からのお告げを得ることができた。そのお告げのとおりある呪文を唱えると、夫と顔を合わせずにすむようになり、平和な日常を取り戻す。
  • しあわせの唇
    -
    1巻880円 (税込)
    “しあわせの唇”は、今日も空を飛んでいます。 男性は悩んでいました。ある女性が好きなのです。“しあわせの唇”がピタッと男性の唇に張り付き、女性が両手を拡げて男性の首元に抱きつきながらに唇を合わせました。男性は女性の肩にそっと両手を置いて告げました「愛してます」。
  • 沈まぬ記憶
    4.0
    1巻838円 (税込)
    既婚者の男性、年下の同性。二人の好意に気持ちが揺れ動く駒原優子。 しかし彼女には、忘れられない「暗い過去」があった… はかなくも切ない「淡い恋」を描いた渾身の一作!
  • 疾走 高度成長世代の青春残照
    -
    1巻550円 (税込)
    アメリカ・ボストンに駐在中の主人公・味岡誠。かつて出逢った、しかし選択しなかった女性たち。過去の記憶がたちのぼる。
  • シャーク
    -
    1巻550円 (税込)
    医学部の同級生のシャークとひょんな事から意気投合し、デートを重ねるようになる。シャークは、工学系大学院を出たのち、医学部を再受験したのだが、 「本当は、アップルのエンジニアになり、スティーブ・ジョブズに認められるのが夢だった」 と私に話してくれた。そんなシャークに私は惹かれてゆくが、ある日シャークは、 「自分は性欲のない男だが、それでも自分と付き合うか?」 と私に確認を求めてくる。 私はシャークを失いたくなくて嘘をつく。 そんな二人の同棲生活は・・・。
  • 職業としての編集者―沈黙は“禁”―
    -
    1巻1,100円 (税込)
    日本を良くしたいと思わない日本人はいない。政治・経済・社会のあらゆる面で劣化している日本のために、ある者は金銭で、ある者は労働力でまたある者はアイデアで一肌脱ごうと考えている。 本書は、このうち、アイデアで貢献しようと考えて企画したものである。本書は、出版社の企画という形で次のようなアイデアを提案する。 「政治の仕組みを変えようー選挙制度から議会までー」「こんなに簡単日本の財政再建」「こんな法律が欲しい こんな法律はいらない」「日本の劣化を救う適格者制度の創設」「東京大学経済学部を変えてみよう」「こうすれば簡単日本の景気回復」「少子化対策の切り札雇用制度を元に戻す」「日本の法律をアメリカの法律に合わせよう」 以上の企画には読者が目をむくアイデアがあるかもしれない。しかし、企画以上に重要なことは、日本を覆っている空気すなわち沈黙を破っていることである。 企画以上に沈黙を破っていることに本書の貢献があると考えている。
  • 新イソップ物語
    -
    1巻880円 (税込)
    犬、猫、鳥、猿、ネズミ、アリ、セミ……動物や昆虫が繰り広げる現代版イソップ物語。計53作品を収録した短編集。
  • 自由からの逃走
    -
    1巻880円 (税込)
    誰のための、何のための株価か!? ブラックだということにも、いじめの存在にも目をつぶり、ただ、 バブルだけを膨張させた。あの狂乱のバブル期を証券マンとして経たからこその作者、そして主人公の誠実さが光る。―石坂 啓
  • 0円相談室
    -
    1巻550円 (税込)
    現代をたくましく生きるすべての女性へ カウンセラーの資格取得を目指す女性。 口が開かなくなる難病にかかった女性の挑戦。 ギャンブル依存から抜け出したい女性。 夫から離婚を言い渡された女性。 新築した住宅に泥棒に入られた女性。 「いん石宝くじ」に思いを馳せる女の子。 自宅が道路建設予定地内にある女性の葛藤。
  • ソロ -独唱-
    -
    1巻550円 (税込)
    あなたが突然豹変したあの夜、凍えながら部屋に帰り着いた私はふと気がつくと、無意識のうちに作業をしていた。身も心も、何もかもがぼろぼろになりながらそうして震えながら私は無意識のうちに、あなたと過ごした一番楽しかった想い出の場面を、箱に閉じ込め砂を流し入れていた。
  • ダフニスとクロエの物語
    -
    1巻550円 (税込)
    同窓会の幹事に加わってくれないかと、突然の電話で頼まれたひろ子。かつて好きだった高橋君も幹事の一人で、更にその高橋君が自分を推してくれたのだと言う。ひろ子には高橋君のお姉さんを自殺に追い込んでしまった過去がある。なのに、いったいなぜ? 戸惑いながらも、何かに導かれるように幹事を引き受けた。果たして二人の行く末は。
  • 小さき者達
    -
    1巻550円 (税込)
    実の両親なのに分り合えない。 勝手気ままでまわりのことが考えられない父と、そんな父をかばう母。どちらも大嫌いだ。 友だちもいないこんなわたしはある日、職場で『あなた』と出会った。あなたは周囲からはまったくよく思われておらず、むしろ嫌われているが、わたしはあなたのことが気になって仕方がない。わたしならあなたをわかってあげられる。そのあなたの純粋な心を汲み取ってあげられる。きっとあなたもわたしのことわかってくれる。そんな二人の関係は……。
  • 超女性伝説
    -
    1巻550円 (税込)
    中世の頃よりヨーロッパに伝わる伝説。 見た目は女性だが実際は女性ではない「超女性」という存在に、惹かれていく比呂子。ある日超女性の研究をしている知人に肖像画を見せられ驚愕する。そっくりというよりまるで自分そのものに見えた。場所や宗教を超え、自分の存在につい考えてみると、幼いころから母に聞かされていた話を思い出していた。果たして比呂子は現代版の超女性なのか。
  • 超短編集サファイア・シルク・ライムストーン
    -
    1巻990円 (税込)
    神秘で華麗で陰惨で不可思議な、珍しい超短編集。
  • 償いのうた
    -
    1巻880円 (税込)
    ぼくは友のために悩んだ 彼女のために生きようとした そして、人々のために「償いのうた」を奏でようとした 戦後の混乱の中、懸命に生き抜く 一人の青年の姿を描いた力作!
  • 鉄路の月
    -
    1巻838円 (税込)
    幼い姉弟が母の病気を治したい一心で百キロも遠い医者の元へ薬を貰いに鉄道線路を伝って歩いて行く。しかし、帰って来ると母は亡くなっていた…。
  • 天空のラブレター
    -
    1巻838円 (税込)
    愛おしさが炸裂する物語 田原 剛さまへ 私は本当に嬉しかった。嬉しくて涙が浮き上がってきましたが、私にとってその涙は宝石のように尊いものでした。そして宝石越しに見た貴男の顔は澄んだ眼でとても哀しげに見えました。あの瞬間、私はそれまでずっと探し求めていた本当の男の眼に出逢えたのです。 篠原 綾より
  • トラになれなかったねこ 大人のおとぎ話
    -
    1巻838円 (税込)
    人生の機微を知る筆者が、小動物に託して描いた、小さくても重みのある21編のドラマ。大人にも、現実を忘れ、夢に浸る時間があっていい。そんな想いを結実させて書き上げた大人が読むおとぎ話。
  • 夏の海
    -
    1巻330円 (税込)
    母を助けてください! 少年は神に祈った。少年は病の母を助けるために、素潜り漁を始めた。しかし、彼はそこで自然の厳しい洗礼を受けることになる。 戦後をつつましく生きる家族と、家族や友たちや自然に育まれながら成長する少年を描いたものがたり。困難に立ち向かうあきらめない気持ちが少年を変える。
  • 遥かな青春の軌跡―ぼくたちの戦後
    -
    1巻1,320円 (税込)
    いかに生きるべきか 敗戦後の混沌とした社会状況の下で、 明るい未来を切り開くために、 一人ひとりがよりよい生き方を求め、 自らの道を模索し続けた学生たちの青春を、 多元的な視点から描いた長編小説。
  • 春のない四季
    -
    1巻838円 (税込)
    戦時中を描いた淡く儚い物語。 淡い恋心を抱いていた少年は、その思いを振り払って十五歳で航空兵として戦争という苦難の道を進んだ。 だが、終戦となり少年はいきなり特戦隊を命じられ、マッカーサー襲撃という作戦で厚木へと向かった・・・が、その先に待っていたのは春のない現実だった。
  • バトラー夫人
    5.0
    1巻880円 (税込)
    「風と共に去りぬ」ファン必読。その後のスカーレットとレット・バトラーをいきいきと描いた意欲作。レットへの想いを胸に懸命に生きるスカーレットの力強い姿、その新しい魅力が解き放たれる。
  • バンバの少年王子 前篇
    -
    1巻660円 (税込)
    世界が宇都宮だけなら モメ事も随分少ないだろうに
  • 悲哀
    -
    1巻330円 (税込)
    昭和十八年、集団疎開命令を受け、親元を離れ徳島の寺に疎開した少年良太。 しかし翌年春の大阪大空襲で、母にはもう会えなくなった。今は亡き著者の実体験をもとにした短編小説。
  • フォルモサ
    -
    1巻1,320円 (税込)
    『イラ・フォルモサ、麗しの島』 「かつてポルトガル人が台湾を眺望して、麗しの島と呼んだ。 儂は、彼処に、その名に相応しい国を造る。治政も文化も国力もだ」 時は1600年代、オランダが台湾を占拠していたころ、明王朝による大陸支配の終焉を迎え鄭成功の台湾政権樹立、さらに清による支配にいたるまでの歴史の舞台裏を、ある一人の男の人生を通して描いたダイナミックな歴史小説。
  • 冬桜
    -
    1巻770円 (税込)
    女優 音無美紀子さん 大絶賛! 「かたくなに真実を隠し、愛する人のために尽くそうとする登場人物たちの心情に寄り添いながら、先の読めない展開にワクワクドキドキの連続でした。私の一押しです!」 シングルマザーの清美は、祖母が経営する居酒屋の板前「元さん」に思いを寄せていたが、ある事件がきっかけで、元さんが女子大生強姦殺人事件の指名手配犯なのではないかとの疑念にかられる。強姦された過去を持つ清美が、元さんの知られざる過去を調べていくうちに、いくつもの殺人事件が絡み合った意外な真相が明らかになっていく……。
  • 振り返ればいつも
    -
    1巻550円 (税込)
    研修医時代にお世話になった医局長の教授昇格祝賀記念会に参加するため、十年以上ぶりに金沢を訪れた。 なつかしい顔ぶれの中に、独特な雰囲気を感じ取る。それは私だけにわかる存在。唯一私と同じ感覚を持つ人。そして、ずっと会いたかったその人との再会は、意外な形へ展開していく。
  • 別宅
    -
    1巻550円 (税込)
    「別宅に行って来るよ」 誰にも阻害されない自分だけの空間が欲しいと思っていた。 日常から解放された特別な場所で、少しの痛みもなく、 身体が骨だけを残して少しずつ消失してゆく……。 ありふれた日々に寄り添う、不思議な短編18話を収録。
  • 牧神の明日への前奏曲
    -
    1巻550円 (税込)
    弟の数幸は幼少期から超問題児。 思った事を全部顔に出すし、人の嫌がる事も平気でする。 それ故、公立小学校でいじめに遭い中学校からは無理して私立に通わせたが、いつまで経っても人として成長してくれない。 成人してからも、私の結婚をぶち壊し、職場では不審者と言われ、果ては訴訟騒ぎまで起こして私たち家族を困らせる。 こんな弟、死んでほしいと本気で思いながらも、何とか弟を理解しようと模索する。
  • マッチ箱の家
    -
    1巻330円 (税込)
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 おとぼけ奇想天外ストーリー!! パパの教育方針で転校させられた少女・正美は、貧しいながらもたくましく生きる少年・公太と知り合い、今まで経験しなかった世界が広がっていく。とぼけたキャラクター&破天荒な展開に、笑いがこぼれる漫画作品。
  • 「美智子」―その愛と背信〈作品II〉
    -
    1巻1,320円 (税込)
    「愛は小さじ一杯で人を狂わせ、人を殺してしまうと、あなたは言われましたね」 ―運命の糸に操られ、男と女は愛に錯乱し、死の淵へ流れ落ちて行く さりげない小話(随想)が、池に投げた小石の波紋のような感動となって、読む人の心の中に静かに広がって
  • 蓑蟲の朝
    -
    1巻880円 (税込)
    火事だ!「正幸! お前の家が燃えてるらしいぞ!」村の大火の火元となった諸原家。 全てを失った主人公、諸原正幸の流転の人生が始る。そして43年後、驚くべき事実が…… 人生のちょっとしたボタンの掛け違いで運命が大きく変わってしまう儚さや人が生きていくという事を考えさせられる作品!
  • 無知の暴走
    -
    1巻990円 (税込)
    元福島第一原発運転員が明かす真実。これが福島第一1~4号機の事故の実態なのだ。肩身の狭い思いをしている原子力発電業務に携わる全ての人に捧げる。 あの事故の内実をやさしい言葉で知ることのできる小説。
  • 妄想と錯覚の果て  ―小説現代長編新人賞落選の弁―
    5.0
    1巻880円 (税込)
    いつか必ず願いが叶うと信じ35年もの間1人の男性を待ち続けた一人の女。最後は願いが叶うのか。まさに作品のテーマである純愛そのものであり、読み終えた後、大変清々しい気持ちになれる作品です。
  • 物語の山脈
    -
    1巻2,750円 (税込)
    いくつもの物語を越えた先にはたして何が見えてくるのか。十四の物語を縦走する、極上の小説集。
  • 桃の花
    -
    1巻178円 (税込)
    短編ながらも登場人物にそれぞれ奥深さがあり、物語に入り込みやすい小説。
  • 燃ゆる命のおとずれ
    -
    1巻367円 (税込)
    高校受験を目の前に苛立ちを覚える達也、そしてそんな息子を追いつめていく母悦子。二人の心は灰色に染まりつつあった・・・。しかし、不思議な女性との出会いによって、変わっていく。子を持つすべての親へ送る心温まる一冊。
  • 四十代の同窓会
    -
    1巻880円 (税込)
    今世紀最高の青春群像文学!! 出逢い 初 恋 片想い 別 れ 再 会 高校時代の恋はあれからどうなったのか…
  • 流血する宝石
    -
    1巻880円 (税込)
    『60年安保反対闘争の嵐の中、地方から無邪気な一青年が上京してくる。かれは夢うつつのように怠惰で空虚な大学生活を送るが、ある日突然「死」という不条理に直面させられる。その絶対的不条理を前にして、かれの「実存」がはじまる・・・』
  • 老女の愛
    -
    1巻550円 (税込)
    妻、続いて若かりし日の恋人にも先立たれ、80歳を超えた主人公・聡はさらに続く余生をどう過ごすのか? いつも何かに夢中になって生きてきた。来る日も来る日も、今日を生きるだけの連続では余生が長すぎる。三百数十年咲き続ける石割桜の堂々たる姿を見ているうちに、いつも自分を支え続けてくれた仕事仲間・和子の存在に気づいた。

最近チェックした本