カーラ・ネガーズ一覧

  • 霧にひそむ影
    -
    写真家のカリーンはボストンの高級住宅街に立つ、ある歴史的な邸宅の撮影を請け負っている。ある日カリーンが昼食を終えて邸に戻ると、血の海でうつぶせに倒れている警備員ルイスの死体があった。親しかった知人の死、容赦ない事情聴取。だがさらに彼女を動揺させたのは、元恋人タイラーの出現だった。1年前、故郷の山中で何者かに狙撃されたカリーンは、助けてくれた特殊部隊員の彼と電撃婚約した。しかし結婚式の1週間前になって、突然タイラーから婚約破棄を告げられ、今やっと心の傷も癒えはじめたところだったのだ……。
  • 摩天楼に日は昇り
    -
    自然を愛するペイシェンスは、山の湖畔の静かなキャビンで、少し間の抜けた愛犬ジェイクとの素朴な暮らしを楽しんでいる。そこへニューヨークの名士と結婚した姉から電話がかかってきた。長旅に出るので、その間、留守番と猫の世話を頼むというのだ。断りきれずに摩天楼の街へやってきたペイシェンスだが、姉の家にはジェイクという名の見知らぬ男性が泊まりこんでいた。そんな話は聞いていない。いったいどういうことだろう?しかも犬のジェイクと違い、彼はなんともセクシーときている。わけもわからぬまま、波瀾含みの共同生活が幕を開けた。
  • 夜明けにただひとり
    -
    別荘のある島でハネムーン中に夫が殺されて以来、アビゲイルは結婚記念日を独りで過ごしてきた。犯人不明のまま7度目を迎えたその日、一本の電話が入る。気味の悪いささやき声が「君の夫の友人や隣人には秘密が多すぎる」と告げ、まだ事件は終わっていないと示唆した。謎を暴くべく、彼女は島へ渡った。容疑者は、取り巻く人間すべて。そんななか隣人のオーウェンに再会し、誰も信じるべきではないと知りつつ、アビゲイルは彼の魅力に心を奪われてしまう。以前、独自調査に励む彼女を冷たく追い払った男だということも忘れて……。

最近チェックした本