木村隆之一覧

  • 最高の顧客が集まるブランド戦略 ボルボはいかにして「無骨な外車」から プレミアムカーへ進化したのか
    4.3
    経営は「データ」「アイデア」「ストーリー」だ! ボルボ・カー・ジャパンの窮地を救った社長が明かす 顧客を惹きつけるブランド戦略と経営術を凝縮した一冊 スウェーデン生まれの自動車ブランド「ボルボ」。 若者の車離れやカーシェアの普及が進む環境変化もあり、 2014年時点では日本市場で苦戦を余儀なくされていた。 しかし2014年に木村隆之氏がボルボ・カー・ジャパンの社長に就任し、 同社はそれから2018年までの4年間で売上1.6倍のV字回復を遂げる。 この躍進の裏には、木村社長が推進したブランドイメージの転換があった。 ボルボの顧客層は他のプレミアムブランドと遜色ないという事実を発見し、 プレミアム感という面では中途半端であったボルボを「プレミアムカー」へと進化させたのだ。 木村社長のブランド戦略・経営術は、レクサス、ユニクロ、ASEAN日産での経験から導き出されたものである。 本書にはそのノウハウがふんだんに詰め込まれている。 また、各章の最後には自動車ジャーナリスト、小沢コージ氏のコラムを掲載。 第三者の視点で木村社長の経営ノウハウに切り込むことで、内容をより深く理解する助けになるだろう。

    試し読み

    フォロー
  • 世界一やさしい アパート一棟不動産投資の実践帖 1年生
    4.0
    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。 また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。 本気で不動産投資をやるなら、区分所有よりも1棟からはじめなさい! [問題]もし、あなたの世帯年収がが550万円を超えているなら [問題]もし、あなたが不動産投資で不労所得を得たいと思っているなら それなら、答えはカンタンです! [回答]区分マンションを購入するのではなく、迷わず、1棟自分で建てましょう。 区分マンションを購入していては資金回収に時間がかかりすぎてしまいます。 中古のアパートや新築のアパートを購入していては、利回りがよくありません。 利回りや投資効率で見ても、新築アパートを建てるのが1番効率がいいんです! 区分所有のマンションを複数個持っているのと同じ感覚で1つの建物を管理したほうがはるかに効率よく稼ぐことができます。 1棟ではじめる不動産投資を、安全かつ確実に利益に結びつかせるテクニックを徹底的に解説しました!

    試し読み

    フォロー

最近チェックした本