エリザベス・ベイリー一覧

  • 一夜の刻印
    -
    小さな村で幼い娘と身を隠すように暮らすアナベルは、表向きは未亡人で、夫は戦死したことになっているが、ほんとうは初めから夫などいない。父の強い勧めで都会を離れて3年がたったある日、アナベルのもとに牧師が訪ねてきて、驚くべきことを告げた。ご主人が亡くなったというのは間違いで、無事に帰還した、と。牧師が伴ってきた男性を見るなり、アナベルは口を覆った。ヘンリー・コルトン大尉――かつて私が愛した人!いったいなぜ、彼がここにいるの?★本作のヒロインは第2話『美徳の戯れ』に登場したアナベル・レット。ある事情から未亡人になりすまさざるを得なかった彼女の悲しい愛の物語です。2月刊『愛の忘れもの』もお楽しみに。
  • 美徳の戯れ
    -
    ウィンダム子爵は無邪気なセリーナにすっかり魅了されて父親のリース卿のもとへ求婚しに行ったが、娘が心変わりしたという見え透いた理由で拒絶された。一方、セリーナは子爵からの求婚を心待ちにしていたところ、彼が堕落した放蕩者だと教えられ、別れるよう命じられる。代わりに父がすすめたのは、粗野で品のないヘイルクーム卿との結婚だった。あんないやらしい男に嫁ぐのだけはいや!セリーナは子爵への思慕をつのらせた。ウィンダムもまたリース卿への疑念が日に日にふくらんでいった。■「侯爵のお気に入り」に引き続き、スティープウッドを舞台に繰り広げられる恋物語をお届けします。十九世紀初頭の華やかなりし英国摂政期、放蕩者子爵と無垢な令嬢セリーナの恋のゆくえは……?

最近チェックした本