西本真司一覧

  • 潰瘍性大腸炎・クローン病が治る本
    -
    自らの潰瘍性大腸炎を完治させて 23年間、再燃がまったくない 医師からのメッセージ ◎メッセージ1 ガイドラインの治療法だけではない 薬や手術以外の治療の選択肢もある 難病に認定されている病気でも治る可能性はある ――潰瘍性大腸炎・クローン病で苦しんでいる人たちに それを伝えることが 難病を完治させた私の使命だと思っています ◎メッセージ2 私のクリニックでは、 ガイドライン以外の方法で、 潰瘍性大腸炎とクローン病の人165人が、 薬から離脱できています ◎メッセージ3 では、なぜ難病といわれる病気が治るのか? そのメカニズムが理論的に説明できるようになりました。 潰瘍性大腸炎もクローン病も、自己免疫疾患なので、 免疫の暴走で起こります。 最近の研究で、この免疫の暴走をコントロールする 「制御性T細胞」が注目されています。 制御性T細胞を活性化させることができれば、 難病でも治る可能性がある、ということです。 ●体験者の声 【クローン病】 ・星状神経節ブロック療法でリラックス! 体調がよく妻の手料理も食べられる (44歳・男性) 【潰瘍性大腸炎】 ・階段昇降や手振り体操、畑仕事を続け副作用に苦しんだステロイド薬から脱却 (73歳・男性) ・細胞に必要な栄養とスピリチュアルな癒しを得て12年間苦しんだ難病を克服 (54歳・女性) ・支えとなる出会いやカラオケで精神が安定し薬から離脱できて病気も悪化しない (32歳・女性) ・失敗をくり返して学んだ難病克服の秘訣は生活の改善と爪もみ、呼吸法、運動 (26歳・男性)
  • 潰瘍性大腸炎は自分で治せる
    値引きあり
    -
    克服のカギは「自律神経」「セロトニン」「ケトン体」! 薬をやめて自らの難病を根治させた医師が、 その方法をわかりやすく紹介。 食事・運動・呼吸で治す「西本メソッド」の集大成。 103人の患者の詳細なデータとともに「治るメカニズム」が明らかになった! 第1章:最後の再燃から15年 第2章:潰瘍性大腸炎とは 第3章:潰瘍性大腸炎を自分で治すには 第4章:薬をやめて潰瘍性大腸炎を克服した体験者の手記 第5章:薬からの離脱に成功した103人 ※電子化にあたり、著作権・使用権のない記事、写真、図表は掲載しておりません。

無料で読める西本真司