ジェシカ・レモン一覧

  • 大富豪のロマンス休暇
    -
    突然の嵐がもたらした、大富豪との儚い蜜月。 感謝祭目前のある日、ミリアムは元恋人と偶然再会した。チェース・ファーガソン──10年前、私を財産目当てと決めつけ、冷酷にも追い払ったダラスの石油王が、なぜここにいるの?驚いたことに、チェースはふたりが愛を交わした湖畔にある別荘を密かに買い取っていて、そこで一人で休暇を過ごすのだという。作りすぎた料理を届けるだけ……ミリアムは甦る想いをひた隠し、車で別荘へ向かうが、天候の急変で彼と共に閉じこめられてしまう。永いわだかまりはしだいにほぐれ、暖炉の炎が情熱を焚きつけた。チェースのキスにこたえながら、ミリアムは自分を戒めた。今だけよ。嵐が去れば、彼もまたいなくなるのだから……。 ■ディザイアからの鮮烈なデビュー作で、本作とも関連する『始まりは大富豪の嘘』が大ヒット! その実力は、すでにNY編集部のお墨付きという期待の作家、J・レモンが描くドラマティックな再会の物語です。飾らぬ等身大ヒロインは好感度大。要注目です!
  • 時計じかけの恋物語
    4.0
    時計の針が止まればいいのに……。この恋が、終わらないように。 半月後に迫る、妹の結婚式。シアトルで働くアンドレアは焦っていた。5人姉妹の中で自分だけ女らしくないという劣等感があり、同伴する相手もいないことを気に病んで、“恋人”を探しているのだ。それなのに、マッチングサービスはまったく役に立たず、勇気を振り絞ってバーで声をかけたハンサムな男性にも断られる始末。悩みを抱えたまま、ある日アンドレアが仕事で取引先の大企業へ赴き、ゲージという名の重役を待っていると、そこへ現れたのはなんと、先日のバーで彼女の頼みをにべもなく断った“ハンサム”だった!あまりの恥ずかしさにアンドレアが顔を赤らめ逃げようとしたとき、彼の口から驚きの提案が――やっぱり君の恋人役を引き受ける、と。 ■スーツを颯爽と着こなすゲージが魅力的であればあるほど、アンドレアのいたたまれなさは増すばかり。一度は断った偽りの恋人役を無償で演じてやると言いだしたゲージの真意とは……? 『始まりは秘密の接吻』の関連作。ベストセラー作家J・レモンの快作です!
  • 始まりは大富豪の嘘
    -
    お腹の子と3人で温かい家庭を……。その夢が叶うことはないの? ペネロープは半月前に一夜を共にした大富豪ザックと再会し、彼の予想外の行動に驚いた。パーティの席で、彼女の腕をとるなり、周囲に宣言したのだ。「彼女はぼくの婚約者。ぼくたち、結婚するんだ」じつのところ、ザックは元恋人につきまとわれて困り果て、相手をあきらめさせるため、思いつきでペネロープを利用したのだった。ところが、ペネロープは新しい命を――ザックの子をお腹に宿していた。この婚約はしょせん偽り。本物の結婚に変わるはずもない。すでに彼に本気になっていたペネロープの胸は張り裂けそうだった。現にザックから愛されていないと感じた彼女は、いっそ離れたほうがいいと、身を引く時機と方法を考え始めるが……。■大富豪がついた嘘に乗せられるうち、あれよあれよと彼の魅力の虜になってしまったペネロープ。けれども、彼は過去の恋愛がもとで、もう二度と女性を愛さないと固く心に誓っているようで……。ニューヨーク編集部も絶賛する気鋭のロマンス小説家の日本デビュー作!
  • 始まりは秘密の接吻
    完結
    -
    旧友フリンの結婚式でサブリナはこみあがる想いを押し殺した。私、彼のことが好きだったんだわ。今さら気づいても遅いのに! それから3年後。フリンは妻の浮気が原因で離婚し、サブリナの働く大企業の新社長となった。プライベートで傷つき、トップに君臨する重圧でも追いつめられていく彼を、サブリナは見ていられなかった。彼の心を慰めたい…。会社の仲間と協力してフリンに1か月の休暇をとらせ、彼が仕事をしないよう監視する計画を立てるサブリナだが?
  • 始まりは秘密の接吻
    -
    情熱と戸惑いの口づけは、もどかしい愛の萌芽……。 サブリナが働く巨大企業の新社長フリンは、彼女とは旧知の仲。彼が結婚してしまってからは疎遠になっていたが、昔は一緒に街を歩いたり、身の回りの世話を焼いたりしたものだった。それが恋心だと、サブリナは自分でも気づいていなかったけれど。今、トップに君臨する重圧で、かつては屈託がなかったフリンが非情な仕事人間に変わっていくのを、彼女は見ていられなかった。そんな折、重役の提案でフリンが休暇をとることになり、彼が仕事をしないよう、サブリナが見張り役を命じられる。迎えた休暇初日、青天の霹靂ともいうべき事態が起こる――ふだん黒縁眼鏡に隠れている彼女の美しさに気づいたフリンが、初めて見る熱っぽい表情で、唇に迫ってきて……。 ■フリンが悪妻との離婚を経て、学生時代に親友と交わした“独身の誓い”を最近復活させたばかりだと知るサブリナ。たとえ彼と過ごす時間がめくるめくものになろうと、それは休暇が明ければ消えるうたかたの恋……。ニューヨーク編集部絶賛の新進作家が魅せます。
  • 日陰の妹の白い秘密
    -
    彼を好きになっても将来はない。だけど、好きな気持ちは増すばかり……。 ドリューは病に倒れた友人の代役として、ある親睦会に出席した。そこででくわしたのは、兄の親友であり同僚でもある、会社重役リード――これが生身の人間かと疑うほどの美貌を持つ男性だ。彼とは、ドリューが十代の頃に会ったきりになっていたが、体重を気にする冴えない少女だった彼女は、密かに恋をしていた。当時は見向きもされなかったけれど、9年ぶりに会うリードは、努力して見違えるほど魅力的になった彼女に熱い視線を注いできた。「クリスティーナというのか。かわいい名前だ」友人名義の名札を見てそう言った彼は、親友の妹と気づいていない。なのにドリューは本名を告げられぬまま、彼の誘いに抗えずに……。 ■叶いそうもなかった長年の片想いが、今この瞬間だけでも花開くのなら……。親友の妹として扱われるより、情熱的な恋人関係を結びたいと思い、正体を隠したドリュー。この罪のない秘密が行き着く先は? 『始まりは秘密の接吻』『時計じかけの恋物語』の関連作。

最近チェックした本