竹薗水脈一覧

  • 転換オメガは愛を知る
    4.0
    1巻385円 (税込)
    15年間ベータとして生きてきた日高葵(ひだかあおい)は、ある日突然オメガとなり、友人に犯されてしまう。また襲われてしまうかもしれない。震える葵を抱き締めてくれたのは、アルファの桐島璃玖(きりしまりく)だった。 「俺が、葵を守るから」 葵は璃玖に傷付いた心を癒され、しだいに惹かれていく。ところが璃玖は、葵が目の前でヒートを起こしても噛んでくれる様子はない。 璃玖は運命の番ではないのか? はたして葵は、璃玖の番になれるのだろうか。
  • あした世界が終わっても
    -
    樋口勇太は、向陵学園高校の野球部に在籍する三年生。夏の大会の地区予選で左足を負傷し、病院に搬送される。チームの負けを告げられたのは、病院のベッドの上だった。八月七日、全国大会が開幕した。地区予選の決勝で戦った国枝猛彦がノックアウトされる場面をテレビで見てしまい、勇太はショックを受ける。足を運んだ屋上で、昨年教育実習に来ていた一色静加という女性と再会する。勇太は入院中、静加に国語の宿題を見てもらうことになり……。傷付いた少年が出会った、一生の恋。

    試し読み

    フォロー
  • 過保護なドクターの純愛セラピー
    -
    メンタルクリニックで医療事務として働き始めた南野加利奈(みなみのかりな)。彼女は、人との接触に恐怖を感じてしまう症状に悩まされていた。 そんな加利奈を、院長の赤池比呂(あかいけひろ)がいつも気遣ってくれる。 赤池は「診療時間が終わった後に、少しずつ君の治療をしていこう」と言い出す。見詰め合うことから始まった治療のはずが、いつのまにか先生とキスしてる!? ドクター×医療事務のドキドキオフィスラブストーリー!
  • キレイなお坊さんに求愛されています!
    -
    1巻385円 (税込)
    「良佑さん。あなたは、私が幼少のみぎりより思い描いていた理想の方だ。――どうか私のところに、永久就職していただけませんか」 ハウスキーパーの寺本良佑は、たった1ヶ月で勤め先をクビになってしまった。落ち込んでいた矢先、父の十三回忌の法要のために寺本家を訪れた美坊主・磯川蓮哉に、いきなり求愛されることに! わけがわからないまま、磯川に仕事を依頼されてしまう。 磯川は良佑を部屋に連れ込み、良佑が男性と付き合えるか試すと言い出して……。
  • 少女
    -
    1巻330円 (税込)
    「触れたいという思いは、どこから来るのだろうか」 少女たちが犯した罪と罰。四年前に少女たちが犯した罪は何だったのか。金井里沙には誰にも言えない秘密がある。高校生になった里沙は、幼なじみの琴美と再会した。赤みを帯びた茶色の髪。色素の薄い大きな瞳。透き通るような白い肌。世良琴美は、美しく成長していた。
  • ペガサスの泉
    -
    1巻330円 (税込)
    星野郁は小説家を目指す23歳のフリーライターだ。 ある日、中学の同級生である瀧本霜介から連絡があった。霜介は郁に、「一緒に小説家をやらないか」と持ちかける。 『こちらは、【ペガサスの泉】です。わたしたちと一緒に、一冊の本を作りませんか? 「一生に一度は本を出したい」。そんなあなたの夢を実現します』 霜介は、ゴーストライターに小説を書かせて、自分たちの作品として発表しようと言うのだ。 作家になりたい青年が、作家になりたいあまり、破滅へと向かっていく物語。

    試し読み

    フォロー
  • 保健室の先生の立派なアレ
    -
    1巻550円 (税込)
    大椿琳(おおつばき・りん)は高校二年生。BLアニメ『亡国の王子(プリンス)ジュール』に夢中な隠れ腐男子だ。 琳は高校の入学式で、BLアニメ『亡国の王子ジュール』に登場する、ジュール王子とアンリ王子そっくりの教諭に出会う。養護教諭の櫻河典雅(さくらがわ・てんが)と、生物教師の小林春馬(こばやし・はるま)だ。【ジュール×アンリ】もしくは【アンリ×ジュール】は、琳の推しカプでもある。典雅と春馬のツーショットは、今日も琳の腐男子妄想を掻き立てる!
  • ほしいのは姉のあなただけ~美しき僧侶の執愛~
    -
    1巻385円 (税込)
    辻堂美也子は26歳になったある日、父である慈圓(じえん)から、妙臨寺の副住職の清親(せいしん)が、美也子に会いたがっていると聞かされる。降って湧いたような結婚話に困惑する美也子。 美也子は幼少の頃から、ふたつ年下の義理の弟・白蓮(びゃくれん)に、密かに想いを寄せていた。 清親と二度目のデートをした日、美也子は朝帰りをする。待ち構えていた白蓮は美也子を押し倒して、「あの男に、何もかも捧げてしまったのですか」と告げるのだった。
  • 夢見るシンデレラは王子様を逃がさない
    -
    「私が本当にシンデレラなら、王子様は気付いてくれますか?」 ――思い続けていれば、きっと恋は成就する。 17歳の特、そう占師に言われた。 蓮見愛里は夢見る女子大生。幼なじみの狩谷貢に片想いをしている。「初体験は20歳」と占師に言われ、童話のシンデレラのように、お城の舞踏会を夢見てきた。けれども、もう待っていられない。 (ストーカーに狙われているって嘘をついたら、きっと、みーくんは助けてくれる!) 夢見る乙女のほとばしる恋心が止まらない!

最近チェックした本