B・J・ダニエルズ一覧

  • 凍りついた微笑
    完結
    -
    犯罪心理学者のオーガスタスは、ある殺人事件の調査でモンタナ州ユートピアにやってきた。チャーリー・ラーキンという人物が事件に関与していると推理して本人を探し出し、オーガスタスは驚いた。チャーリーはとびきりの美人だったのだ。プロファイルによれば、彼女は連続殺人犯の典型なのだが、調査すればするほどチャーリーという人物がわからなくなる。いつしか彼は謎めいたチャーリーに惹かれ、無理やりキスを奪った。すると彼女は思いがけない反応を示して…?
  • ミステリー・ブライド
    -
    私立探偵のサマンサは前夜の熱いキスを思い返して吐息をついた。調査のためパーティーに忍び込んだところ、見つかりそうになり、そばの男性にとっさにキスして逃げだしたのだ。男性は、地元の名士ウィル・シェリダン。裕福でハンサムな彼は、あらゆる女性のあこがれの的だ。聞くところによると、パーティーでは花嫁候補を探していたらしい。私は資産家の令嬢ではないし、レディらしいふるまいもできない。彼と結ばれるわけがないわ……サマンサは自分に言い聞かせた。だが、再会のときは思いがけなくやってきた。張り込み中のサマンサの目の前に、いきなり彼が姿を現したのだ。ウィルだわ! 彼はこんなところで何をしているの?■北米人気作家B・J・ダニエルズの作品をお届けします。息をつかせぬ展開と綿密に練られたプロットが特徴的です。
  • 仮面舞踏会の謎
    -
    仮面舞踏会に出席したジルは、仮面をつけたフィアンセを追って湖畔のコテージに駆け込んだ。なかに入るなり、無言で強く抱きすくめられ、気の遠くなるような熱い口づけを受ける。最近冷たかった彼の愛情を確認できたように思えて、ジルは胸を高鳴らせ、暗闇を利用して奔放に愛を交わした。その後ひとり自宅に戻ると、保安官代理が待ち受けていた。驚いたことに、先ほどフィアンセが他殺体で発見されたと告げ、さらにジルを疑ってアリバイまで要求してくる。それなら、わたしが愛を交わした人物はいったい誰なの?■謎が謎を呼ぶ本格派ミステリー登場! 北米では人気作家の地位を確立したB・J・ダニエルズの実力がいかんなく発揮されています。
  • 凍りついた微笑
    -
    チャーリーは魔女だ。それが町でのもっぱらの噂だった。どういうわけか彼女が関わった人物は不吉な運命をたどる。ゆえにひっそりと暮らすチャーリーの日常は、さらに暗転した。小説家と称する男が現れ、彼女を殺人犯だと触れ回っているのだ。私は無実なのになぜ?怒りに震え、チャーリーは男に詰め寄った。前途ある若者を湖に沈めて殺すとは許せない。実録犯罪小説家オーガスタスは憤怒を抑えきれなかった。調べによると、チャーリーという女性が犯人の可能性が高い。あらゆる手段を講じて彼女を必ず捕まえてみせる!オーガスタスは巧妙な罠を仕掛け、獲物を待つことにした。
  • 消えた愛人
    -
    このままでは犯人が逃げてしまう!カレンは殺人犯とおぼしき怪しげな男を追ってホテルを飛び出し、愛車を駆って尾行を開始した。だがその途中、スピード違反で捕まってしまう。「自分が何をしたかわかっているの?」憤りのあまり、カレンは相手の刑事をにらみつけた。ジャックと名乗るその長身の刑事は、事情を説明しても信じず、反抗的なカレンを警戒してボディチェックをおこなう始末だ。恥ずかしさに耐えかね、赤面するカレンに、彼は氷のように冷たい表情を保ったまま言った。「動くな」★本格的なサスペンスを得意とするB・J・ダニエルズの作品をお届けします。深まる謎とスピーディーな展開、そしてホットなラブシーンは読み応え充分! 読み手の推理の裏をつく意外な結末をお楽しみに。★

最近チェックした本