星野加奈一覧

  • 王子様の快感マッサージ~息が出来ないくらい…濡れちゃう
    -
    「とても疲れているんだね。ぼくの指先で、身体も心も癒してあげる」…王子様の天使のような声が、たまらなく嬉しい。直属の上司が身に覚えのない仕事の失敗を愛美に押し付けてきた。役員会議で責任を取らされそうになった。一生懸命真面目に仕事をしてきた愛美のプライドはずたずたになり…今日はとても疲れていた。だから、王子様の癒しが欲しかった。「さあ、服を全部脱いで、オイルをたっぷり使った特別メニューをしてあげるから」こんな、快感、初めてなの──身体の痙攣が止まらない──快感の嵐のなかで、会社であった嫌なことを全部忘れられそう。究極の絶頂感が最高の癒しになるから…愛美を支えて、救ってくれたのは、同僚の親友と、整体院の王子様、独身のイケメン社長だった。王子様に特別のマッサージで癒されて、イケメン社長の正義感に惹かれて…二人を好きになってしまう愛美の恋の結末は? ちょっと刺激的でエロチックな心温まるラブストーリー
  • 俺様若社長は取り扱い注意。~過激な快感玩具遊戯で素敵な恋が~
    -
    何事にも積極的でない性格のせいで、出会いのない五年が過ぎてしまった。もうじき、二十八歳になってしまうと焦る桐谷舞《きりたにまい》は一大決心をした。──婚活のためにイケメン社員のいる会社へ転職しよう。同僚で、隣の席の中村礼子《なかむられいこ》のお陰で、イケメン社員のいる会社に転職できた。そこで、舞の担当上司はまだ三十歳になったばかりなのに、業績優秀で役員候補になっている織田名月《おだめいげつ》係長だ。背が高く福山雅治似の礼子さん一押しのイケメン。その憧れの上司と高級料亭でバイブ責めの入社歓迎会が……「バイブは当然初めてだよな」「えっ、はっ、はっ、はーいっ!」「凄く気持ちがいいだろう」「はっ、はっ、はーいっ!」絶妙な振動は快感に火がつき始めた真珠玉を燃え上がらせる。身を焦がすほどの快感の焔が激しく渦を巻いて、舞の身体を熱くした。素肌に汗が滲み、布団を濡らす。織田係長の視線に舞の秘所がさらされながらバイブを宛がわれていると思うと、大切な部分から溢れ出た愛液を弾くバイブの振動が厭らしくグチュグチュと音を立てる。シリコンの柔らかい感触のバイブの先端がまんべんなく割れ目の中心部分を弄繰り回す。女の感じる箇所を熟知している動きは舞をさらに官能の渦に陥れてしまう。
  • 社長王子の快楽変態調教愛~切なく激しく燃えちゃうの~
    2.0
    会社で会長に犯されそうになった。逃げる途中廊下でぶつかった男に上着をかけてもらった。上着には何故か懐かしい匂いが…。大学生の夏休み、ボランティア活動でカンボジアにいたときに、綾瀬雪菜≪あやせゆきな≫はミステリアスな男に恋をした。王子と呼ばれたその男は地雷処理のボランティアをしていた。誰もが尻込みする危険な処理に、何故か、あえて志願していた。雪菜は無口な王子に濃密なジャングルの中で抱かれた。自ら望んだことだ。王子は雪菜の身体を調教し始めた。変態的な調教の施しに、とりとめのない快楽の虜に……王子に愛を感じた雪菜は男のもとを去ったのだが……官能的なエロチック感動ラブロマンス。
  • セクハラの罠とロマンスのささやき
    -
    詩織は両腕をネクタイできつく縛られていた。動くほどに結び目がギリギリと締まる。声を絞り出しても、エレベーターの中なので、声が届かないみたいだ。しかも遅い時間で会社にはもう誰もいない。 「心配しなくてもいい。気持ちよくしてやるだけだから……、大人しくしてろって!」 「やめてっ! これは犯罪……、んんっ!」  唇を塞がれると、常務の臭い息とタバコの匂いにむせかえった…。  普段会社で目立たない広瀬詩織が突然秘書室に配属された。そこで、常務からとんでもないセクハラにあう。それは詩織が常務と隼人の恋人がラブホテルから出てくるのを偶然に目撃してしまったから…!? それとも、詩織の片思いのせい!?  詩織の上司の江月隼人は社長の一人息子。リーマンショックのときの会社の危機を救った人物だ。父親の秘書という仕事だけではなく、会社全体の実務をこなすようになっていた。  仕事が出来て、センスも良くて、かなりのイケ面。女子社員の憧れの的だ。当然、隼人には恋人がいた。とてもきれいな人で、センスが良く、自信をもって仕事をこなしていた。隼人とお似合いの人だ。同じ秘書課の簗瀬美加がその人。詩織の仕事は美加のアシスタント…。そこにとても危険な罠が潜んでいるのを…詩織はまだ気付かない!?

    試し読み

    フォロー
  • 眼鏡スーツ課長と蜜愛の虜
    -
    眼鏡とスーツがとても似合うクールな吉田課長は会社の女子たちの憧れの的。地味な美咲が相手にされるわけがない。課長のことを思うと胸が苦しい。切なくて、泣きたくなる。

    試し読み

    フォロー

最近チェックした本