【感想・ネタバレ】能面検事の奮迅のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

このページにはネタバレを含むレビューが表示されています

ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年09月20日

大阪・岸和田の国有地払い下げに財務局職員の賄賂疑惑が持ち出し、捜査が始まる。だが、担当検事の書類の改竄が浮上して不破検事は捜査に乗り出すが…

 岬検事も登場し、不破検事と直接対決だが、向上心も野心も持ち合わせない真っ当な検事の不破の捜査が爽快でした。中々食えない岬検事のやり方は流石ですね。

 事...続きを読む件の犯人もまさかのノーマークでしたが、納得でした。
 容疑者二人の学生時代の淡い恋心が、ここまで結びつけるなんて思いもよらなかったです。
 ドラマ化とかして欲しいです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2022年06月10日

シリーズ第二弾。

森友問題をモチーフにして、全く別の事件の展開とするところが肩透かしだったのですが、著者のファンとしては、岬検事との共闘や昔の御子柴事件がちょっと顔を出すところは楽しかったです。
どんでん返しも、ちょっと無理筋なところもあったり、事務官の成長のなさに呆れたりとマイナス点はあるものの...続きを読む、一気に読ませる力量はさすがでした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年09月02日

 学校法人に対する国有地払い下げに関して持ち上がった財務局職員の収賄疑惑。捜査過程で担当検事による文書改竄疑惑が持ち上がり、最高検から調査チームが派遣される。そのチームには、東京地検の岬検事の姿もあった。そして、要請を受けて不破も調査を始める。

 大山鳴動して…はいつものこと。岬検事の登場は面白く...続きを読む、息子相手でなければ、好感すらもてそうな有能検事である。他の検事や事務官たちが情けなさ過ぎて、対比したいのだろうが、やり過ぎのように思える。やり過ぎといえば、事務官の美晴がいちいち反応するのがうっとうしい。これも不破との対比なのだろうが。

このレビューは参考になりましたか?

「小説」ランキング