【感想・ネタバレ】インタビューズのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年02月20日

この1989~2019は時代を客観的にみてこられなかった。そういう意味ではこの時代を振り返る意味はあった。マーケティングの世界から実業への切り替えは、世の中の事象を冷静に眺めるということを許さない。1987年に日本で最初の携帯電話企画会社を立ち上げた時、規制の中に押し留めようとする勢力があり、その先...続きを読むを読めない官僚にいかにいじめられたものか。「手のひらにコンピュータを」といったとき、ある郵政の部長はそんなもの誰が使うんだと怒鳴った。この事業をできる時の嬉しさは誰にもわからなかっただろう。
このインタビューに登場するポケベル(私は双方向ポケベルを期待したが、郵政はそんなことは考えていないと一蹴された)やSNS、インターネット接続(i モードがいわれているがその2年前に簡便的なアクセスはj フォンがやっている)I-phone など時代を読み取り、進めるものは、客観的分析と予兆に対する読みの『勘』であり、後追い分析ではない。
このインタビューは多くの時代の足跡を知らせてくれる。小説でもルポでもないこのスタイルが知らしめるものは大きい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月28日

「あなたの今年一番の事件は何ですか?」

平成30年間、渋谷の交差点でインタビューし続ける壮大な定点観測。

ベルリンの壁崩壊、ポケベル、音楽CD全盛、地下鉄サリン事件、win95、電子書籍登場…

小説としては異色だけど、
昭和生まれとしては感慨深い。

このレビューは参考になりましたか?