【感想・ネタバレ】これでもいいのだのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年02月28日

ジェーン・スーさんの本が好きで、ほとんど読んでいるけれど、その中でもこれはかなり面白かった!
45歳を過ぎて堂々おばさん宣言をしたスーさんは、女子アナにも子連れのお母さんにも等しく公平で優しい。
なにを選んでも、そこそこ大丈夫。間違えてもそこからリカバリーする力があると自分を信用して、損得に拘泥しな...続きを読むいで生きる。中年ライフに希望が持てる本

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月27日

スーさんはいつも先陣を切ってくれる。
結婚について、年の取り方、親との距離、、
当たり前だけど、どれもリアルだからいい。
素敵なライフスタイルじゃないかもしれないけど「これでもいいのだ!」

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月23日

90パーセント共感!
あとの10パーセントは、違いがあるってことで。
田原俊彦ネタなんかは最高に同じ!
私はスーさんのお友達のグループに入りたいと思ったよ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年02月19日

2020/01/13リクエスト

P224
大人にだって、子どものしっぽは残っている。誰かに安心させてほしくなるときだって、背中をさすってほしくなるときだって、あるのだ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月12日

スーさんコラムオンリーの1冊は久しぶりだろうか。クリスマス前の発売告知に胸が躍った。
表紙と挿絵のイラストが可愛い!表紙は金箔もあるし!!
そしていつもスーさんのタイトルがツボ。これで「も」いいのだ。どんな読み手でもどんな心境でもいいんだよ、という受け入れ態勢の寛容さ。

今回は
第1章 女友達は、...続きを読む唯一元本割れしない財産である
第2章 中年女たちよ、人生の舵をとれ
第3章 世の中には物語があふれている
第4章 大人だって傷付いている
おわりに
から構成されているので、いつもとは違う読み進め方をしてみた。気になった所から読んでいこうと。
章毎にページの色が変わるのも読んでいて楽しい。

エンターテインメントは命の糧
を一番最初に読んだ。SMAP解散話だったけど、すみませんがJanneに置き換えて。

全て読み終えてから心に残ったのは、
ゴッドマザーを頼まれて
私の私による私のためのオバさん宣言
我が家の「賢者の贈り物」
それぞれの背景
“現役”のアップデート
生きる糧の更新
スタンプカードの罪
「性格が良い」とはどういうことか
「大丈夫だよ」と言ってほしかった
生きてさえいれば

白黒つけがちな自分に「これでもいいのだ」と呪文を唱えよう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月28日

他人と比べて落ち込んだり悔しさを感じることが多い性格だけど、これを読むと少し肩の力が抜けて、年を取るのが楽しみになった。肩の力は抜けてもそれでもまだ「私だって」と思ってしまうのはまだ私が若いからなのかな。それはそれで良いのかも。これでもいいんだ。そうやって自分を肯定できる本でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月21日

スーさんのエッセイ好きだーー!

ぐおぉぉとテンションが上がるところがあったりしんみりしょぼぼってなりはするのものの
ジェットコースターのように激しい上がり下がりがあるわけではなく、じわっと口角が上がったりうんうんと頷けたり、、、あるところでは胸にキュウってきたりとスーさん特有のあの感じがよく伝わる...続きを読むエッセイでした。
ビヨンセのライブ『ホームカミング』の話や
スーさんが自転車から落ちてこけてしまった話なんかは特に印象にのこってる。
こんなこともあるよね、こんな選択もあったらいいよね
私や私の友達はこんな感じだよ、あなたはどう?みたいな優しい感じがとても良かった。
すーさんのエッセイ好き!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月02日

思ってた未来とは違うけど、これはこれで、いい感じ。疲れた心にじんわりしみこむエッセイ66篇。
自分で言うのもなんだけど、私は社会的地位も収入もそれなりで仕事も楽しいしそれなりに充実した人生だ、多分。だけど、正直先のことは分からないし、自由な人生最高だけどこのままでいいのかなと不安になったりもする。私...続きを読むにとっては人生の先輩に当たるスーさんのエッセイを読むと、肩の力が抜けるのに、なぜかまた頑張ろう!という気力がわいてくるから不思議だ。多分、スーさんが取り繕ったりうわやっちゃった!ってことも含めてユーモアと温かさでくるんでくれるから。外面は気をはってるけど、素の私はずぼらでちゃらんぽらんだ。だけど、それでもいいじゃないって背中を押してくれる気がする。ツイッターだったら「いいね」を押しまくる感じ。あ~自分が心の中で思ってくれることを的確に言葉にしてくれるって気持ちいいことだなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月02日

‪一見(一読?)すると何ということはない日常系エッセイ集。でも実は全編を通して長い人生を甘受して生きていく(これは「楽しむ」とは微妙に異なる概念なのかもしれない)ヒントが散りばめられている。僕はまだ32歳の独身男性だけどこの先の人生まだまだ希望が湧いてきた。スーさん、この本いいよ!‬

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月18日

大好きなジェーン・スーさん。面白い。「コンプレックスと欲のバランス」のところしっくりきたなあ。わたしはスーさんほど不器用ではないというか、器用ではないし能力も高くないし自慢できるポイントはそんなにないけどめちゃくちゃに自己肯定感が強いのでウルトラハッピーに生きていますが、だからと言ってなにも悩まない...続きを読むというわけではない。なにが正解か間違いかはわからないけど、正解にも間違いにもなる可能性はあるし、もうそれなら自分で自分をハッピーに保つしかない。よく考えて、楽しく、毎日ハッピーな大人になっていきたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月16日

40代の今が人生で一番楽しい。20代30代の焦りやジタバタが何だったんだろうと思うほど。けれどもソフトの楽しさと反比例しハードは経年劣化でさすがにガタが来始めた。飲み会はサクッと短めがいいし疲れがなかなか取れなくなってる。そんな愉しさとちょっぴりの切なさが錯綜する40代代表のジェーン・スーの言葉はそ...続きを読むうだよそうなんだよ!よくぞ言ってくれたと心の中で小さく拳を振り上げる。
親、女友達、パートナー。人との関わりも若い頃とは変わってくる。育児や介護など自分だけの日常に他者の世話が介入してくる。"大人だってたまには背中をさすってほしくなるときだってあるのだ'
そんな気分の時にジェーン・スーの言葉がストンと腹に落ちてくる。そしてあぁ大人になったよかったなと思えるんだ。

楽しかった一冊の旅の「おわりに」を読んでまたグッと来る自分がいる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月11日

テンポよく小気味のよいエッセイ66編
パートナー氏が家事を受け持ち、著者はお金を稼ぐ担当だそうな。何かTVドラマに出てきそうな時代の先端を行くできるピリピリとした女性のイメージだが、エッセイを読むと、とても自然体で共感したり、クスッと笑える部分も多かった

2018年45歳、真のおばさんには、「私、...続きを読むおばさんだから」
というオールエリアパスが発行される
「もうおばさんなんで」「だって、おばさんだもの」と
首からこのパスを下げ、この呪文を唱え、世間のおばさんのイメージを逆手にとってじゃんじゃんいろんなことをしてみようと語る著者

開き直りと言われようが、何と潔く清々しいことか

パートナーとの生活で毎週火曜日の午前0時から24時までは、お互い一切干渉せず好き勝手に過ごすルールを作り、とても楽になったこと

小金持ちだった父上が70代で全財産失ってからは、光のような速さで生き方を変え、魂のアップデートをして生き生きと楽しんでおられる話 等々、興味深かった

何が正解かなんて、誰にも分からない。正解は、それぞれ人によって違う
私はどうにかやれるという矜持は持って、前もって正解を決めないで生きていきたいという

若者よ、加齢はいいぞ。なぜならあきらめがよくなるから毎日が楽しいのは、私が変わったからだ

私たち、『これでもいいのだ』

終始一貫して流れている自己肯定感の姿勢が、読む者をほっとさせてくれる

このレビューは参考になりましたか?