【感想・ネタバレ】トマス・ピンチョン帝国、戦争、システム、そして選びに与れぬ者の生のレビュー