【感想・ネタバレ】震える天秤のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年05月24日

染井さん3作目。ぼくが読んだのでも、刊行順でもある。アクセルとブレーキの踏み間違いでコンビニに突っ込んだ事故の取材のため、福井県を訪れたフリーの週刊誌記者。ありがちな高齢者による事故だと思わせながら、取材の過程で次々に明らかになる驚愕の真実とは……。昨夜から読み始めたが、徹夜しそうな予感があり、むり...続きを読むやり本を閉じた。引き込まれた。タイトルの意味が不明(天秤=弁護士かと思った)だったが、最後まで読んで納得した。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年02月28日

評価は4.

内容(BOOKデーターベース)
北陸のコンビニで高齢ドライバーによる死亡事故が発生した。86歳男性の運転するトラックが店舗に突っ込み、店員を轢き殺したのだ。アクセルとブレーキを踏み違えたという加害者は認知症を疑われている。事故に違和感を覚えたライターの俊藤律は、加害者の村を訪ねるが、村...続きを読む人の過剰な緊張に迎えられて―「この村はおかしい。必死で何かを隠している」。取材に乗り出した律は、目撃者の少女をきっかけに、続々と予想外の事実を知ることに…。

真相はそんな昔にまで遡るのか・・・元々は被害者のダメ男がまいた種とはいえ、その父親が屑とは言え殺人はダメよって話か。
元妻とのまったりとした関係が良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月20日

高齢ドライバーによる死亡事故、それは本当に〈老いの宿命〉だったのか?

北陸のコンビニで高齢ドライバーによる死亡事故が発生した。
86歳男性の運転するトラックが店舗に突っ込み、店員を轢き殺したのだ。
アクセルとブレーキを踏み違えたという加害者は認知症の疑いがあり、警察は責任能力を調査している。

...続きを読む故に違和感を覚えたライターの俊藤律(しゅんどう・りつ)は加害者の村を訪ねるが、村人の過剰な緊張に迎えられて――
「この村はおかしい。必死で何かを隠している」。

取材に乗り出した律は、目撃者の少女をきっかけに、続々と予想外の事実を知ることに……。

村の閉鎖性と団結力がちょっと異常で怖い感じ。
そして、人が「自分の良心に従い、自分が正しいと思うことを行う」というのは、正しそうに見えて、実は怖い。
どんな理由があったとしても、人を殺す正当な理由にはなり得ない。

まー、正しくないとわかってても殺したいんだ!と言われたらそれまでなんだけどー。

そんな重い話は横に置いとけば、なかなか引き込まれる話で、良き読書の時間を過ごせた。

他の著作も読んでみたい作家さんです!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月11日

10月-8。3.5点。
田舎町で、高齢者の運転する軽トラがコンビニに突っ込み、店長が死亡。
高齢者ドライバーの危険性をテーマに、取材をはじめる主人公。事件の真相は妙な方向へ。

丁寧な描写。少しずつ解かれる謎。
少し哀しい結末。動機がイマイチ弱い気がした。

このレビューは参考になりましたか?