【感想・ネタバレ】三体のレビュー

書店員のおすすめ

全世界で大ヒットした中国ハードSF!

本作は、文化大革命で物理学者の父が殺害されるところを、娘の葉文潔(イエ・ウェンジエ)が目の当たりにするシーンから始まります。葉文潔は、科学者として最後まで革命に抗った父が惨殺されたことから、人間に失望し、先の見えない日々を送ることに。
そんな彼女は軍事基地の極秘プロジェクトにスカウトされ、基地で働く中で、人類の命運を握る大きな決断を下すことを決意します。
それから数十年後の現代中国。研究者・汪淼(ワン・ミャオ)は、著名な科学者が連続自殺している事件に巻き込まれます。やがて、葉文潔の関わっていた極秘プロジェクトと、連続自殺事件との関係が明らかになり、汪淼の生活は一変してしまうのでした。

SF以外にもさまざまな要素を含んだ骨太なストーリーと、時空や世代を飛び越える壮大な世界観が本作の魅力です。絶望に打ちひしがれる汪淼を、刑事・史強(シー・チアン)が励ますシーンにはヒューマンドラマ要素があり、謎が謎を呼ぶ展開にはサスペンス要素があり……と、まるで超大作の映画を観ているような気分で読み進めてしまいました。
筆者はあまりの情報量の多さに、物語前半部分はついていくのに必死でした(笑) 
しかし、葉文潔と汪淼、それぞれの事件がつながり始めてからは、真相が気になって、ページをめくる手が止まりませんでした。

圧倒的スケールで中国SF小説史を塗り替えた、読み応えのある本作。ぜひご一読ください。

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2022年01月16日

三体と呼ばれるゲーム内で、各時代の偉人たちが3つの太陽の軌跡を解明し、文明を発展させていく。

ヴァーチャルとリアルが混ざりあい、しんかんかくのsfだな、と。

続編も読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月14日

圧倒的スケールのSF小説!!
本当に面白かった!

宇宙の彼方に他の文明、生命が存在していることを想像するのは楽しい。人類の飽くなき知的好奇心の集約点の一つだろう。はたして我々以外に生命は存在するのだろうか? 存在するとしたら、どこにいるのか?
その疑問に答えるために、現代でも巨額の資金と人々の知恵...続きを読むと労力が宇宙探査に注がれている。たとえそれが大きな危険を孕むものだとしても……。

『三体』第一部の本作では、地球の人類文明と新たな文明のファースト・コンタクト(最高‼︎)が描かれる。
この小説の背景にあるのは中国における文化大革命であり、これこそが、主要人物、葉文潔が人類の存亡に関わるある決断をした事件であった。

中国の小説を読むのはこれが初めてであるが、大いに気に入った! 中国の史実を絡また、圧倒的なスケールでのSFだった。
内容は一見小難しいように見えるが、しっかりと読めば理解しやすかった。史実などをより理解して読み進めたいのであれば、ネットなどを活用して歴史を紐解くのもよいのかも。

とにかく一刻も早く第二部を読まねば‼︎ そのためにこの辺で感想はやめることにします。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月12日

読み始めは中国人名や文化、天体物理学の描写に読みづらさを感じたがそれ以上に圧巻のストーリーに読み進める手が止まらなかった。

宇宙、星や生命の興亡、それに根ざしたさまざまな立場からの思想や宗教、死生観が複雑に絡み、そこに地球外知的生命体との接触がさらなるインパクトを生む。

高度な文明をもつ地球外知...続きを読む的生命体は地球を滅ぼす悪魔となるか、人類の文化的道徳的価値をさらに飛躍させる救世主となるか。

続きが楽しみです。


このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2022年01月09日

めちゃくちゃ面白い❗️

日本の小説と比べて
よりコンプライアンスの無い
(もしくはそれ以上にガチガチな)
時代背景と政治思想、文化

キャラ設定も人間臭く描かれていて
SFなのに読みやすい。

続きが楽しみ。

魏成の生き方が好き。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月08日

舞台の広がりも、時間軸の広がりも、本自体のボリュームもまさに大作。

よくわからないけどすごい感じがする科学感も程よい。

言い回しや情景描写も引き込まれる。これは元の文章のよさはもちろんだろうけれど、翻訳もすばらしいと思っていたら、巻末の訳者解説を読んで納得。

次を読むのが楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月04日

本当に面白いです。あっという間に読み終わってしまいました。あとがきにもありましたが、翻訳がリライトされているため読みやすかったのがありがたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月02日

とんでもないスケールのでかさのモンスター小説。SFと一言で言い表せれない。

①ホラー要素
一流理論物理学者たちの不可解な自殺と主人公の汪淼の身に降りかかる不可思議な現象はホラーサスペンスそのもの。
②エンターテイメント要素
作中のVRゲーム「三体」はゲーム要素が加わることでホラーから一転して面白す...続きを読むぎる展開になっていく。
③中国歴史
冒頭でいきなり文化大革命(1967年)の糾弾集会という中国でも闇歴史として扱われている側面に触れる。そしてもう一人の主人公、葉文潔の三体世界への接触を決意させる重要な要素を担っている。中国歴史に疎い私は、Wikipediaで予習してから読みました。笑
④SF要素
上記3つの要素だけでも面白いのに、そこにスケールのでかすぎるSF要素を絡めて、伏線回収もしてしまう。え?なに?そんなのあり⁈と思わず唸ってしまう。がしかし、理論的にSF要素を展開していくため安定感と腑に落ちる感覚が同居し、どんどんのめり込んで行く。


ざーっとこんな感想だけど、こんだけのボリュームなのに……「接触編」…つまり冒頭ってこと。笑
この後に三体Ⅱ上下、Ⅲ上下と佳境に進んでいくらしい…。いや、やばいでしょ笑。こっちもモンスターと対峙する体力いるわ。笑
アメトークの読書芸人で絶賛されてたのも納得。面白すぎるから、一日10ページぐらいで長く楽しむのがいいかもね笑。



このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年12月14日

噂の中国SF。評判に違わぬ超大作エンターテイメントだった!冒頭の過激な文革の描写に面食らったが、ハードSFだけでなく、サスペンス・ホラー、犯罪ミステリー、VRゲームもの、その他諸々の複合ジャンル小説のようになっていて、ひとつひとつの要素が面白いうえに、それらが有機的に壮大なスケールの物語を織りなして...続きを読むいるのがすごい。人物も皆、個性的な魅力にあふれ、特に史強の引力は強烈。文革の背景があるため、文潔先生の心情にも深く共感させられるのが巧みだ。物理の部分は少し難しいけど、奇想天外な三体世界を説得力のある筆致で描いているのが面白い。物語での人類の行く末も気になるが、この世界観はリアルの人類社会の未来についても深く思惟するきっかけになりそう。すぐに続巻へ進みます!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年12月08日

アメトークの読書芸人を観て読んだが
読むのに時間かかって何度か繰り返し読んだけど終わってみればめちゃめちゃ面白かった。中国の話だから分からんとこもあったけどストーリーはとても良き

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年12月05日

「三日後の――つまり、十四日の――午前一時から午前五時まで、全宇宙があなたのために点滅する」

文系でSF好きだけど鉄板物すら未読の読書初心者が挑むにはやや早計かと思いつつ、我慢するほど掻き立てられる読みたい欲に負けて読んでしまった。
まだ10代後半だけどついに幼少期から自分が追い求めてきた究極の作...続きを読む品に出会えた気がするから後悔は無い。
とにかくスケールが超大で複雑で難解だったけど尋常じゃない面白さ。一巻の時点でこの規模なのに、まだあくまで序章という感じがするからこの先が楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年12月04日

なかなか読みことができなかったけど、やっと読むことができた。最初想像していたようなSFとは全く違い、壮大でごちゃ混ぜのエンターテイメントSFだった。なんとなく中期の筒井康隆的かもしれない。
続編がこの後『三体Ⅱ』上下と『三体Ⅲ』上下の4冊あるので、登場人物の名前を忘れないうちに一気に読んでしまおう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年12月02日

面白かった。Ⅱを早く手に入れたい。
三体という宇宙物理の事象など知らなかった事や、人間という生命の時間と光年の時間の意味についてよく考えた事がなかった事に気付けた。
しかし、小説としては非常に読みづらかった。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

SF傑作

kota 2019年11月25日

迷った挙句やっぱり読んでしまったら大当たりだった。過去から未来に渡るまでスケール大きく、物理学の様々な分野や未知との遭遇、国としての中国など、いろんなトピックが練りこまれまくってる。続編のdark forestを英語で読むか、来年発売の日本語版で読むか、悩みどころ。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

audibleから

mayusan 2019年11月07日

先にaudibleで聴いているうちに、音声では掴めない呼称が知りたくなって電子書籍版を購入しました。書籍版だと中国名が正確に読めずストレスになります。それを差し引いてもハマる!2作目3作目が早く読みたくなりました。三部作で出ている英語訳のペーパーバックにまで手を出してしまったくらいです。早く次が読み...続きを読むたい!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月15日

すごい情報量だった。
文革時に絶望を経験した天体物理学者の葉文潔と、人智を超えた力に翻弄されるナノマテリアル研究者の汪。二人を柱に文革期と現代の物語が進む。
科学技術に関しては理解が難しかったけれど、<三体ゲーム>がおもしろかった。
これ第二部は一体どうなってしまうんだろうか。
あと史強が登場すると...続きを読む常少将や汪教授だけでなく私も安心した(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月15日

最初こそ慣れない中国語名や用語に読みづらさを感じたが、慣れてからはのめり込むように読んでしまった。スケールが大きい。登場人物たち皆の眼差しがあまりにも遠くにあることに息を呑む。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月09日

ちょっと難しい内容ではあるけれど、ストーリーがとても良い。
中国の作家ってすごいんだな。
続編が楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月09日

SF
かかった時間 5時間くらい

なぜか突然、うわさの「三体」を読んでみたくなり、読んでみた。めちゃくちゃ面白かった。

ネタバレまで踏み込む気はないが、真ん中パートのネトゲの話がめちゃくちゃ面白かったし、おそらく適度にそれっぽい科学数学系の話もものすごくよかった。宇宙とか文明とか歴史とか発展とか...続きを読む人類とか、スケールがでかいのもすごくよかった。

これは…第2部・第3部を読まなければ…

追記
思ったこと① 映画で見たい、邦画でなくハリウッドのやつ
思ったこと② これ、本国でいずれ発禁になるくね?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月08日

アメトークで勧められていたので購入。
中国人名や専門用語が多く、かつ話のスケールがでか過ぎるので、読むのに体力が必要。
普段いかに頭を使わずに読書しているかを良くも悪くも思い知らされた。
ただ話自体はおもしろく続きが気になるので、続編も体力かけて読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月04日

内容が難しくてあんまり理解できなかった…
のと、学問的な説明?が長くて途中からちょっと飛ばしながら読んでしまった

とりあえず地球人と三体人の戦いが始まったんだなということだけ分かった
登場人物のキャラクターはわかりやすくて、史強はいいキャラしてるなと思う

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年12月25日

内容や設定が面白く続きが気になり、どんどん読んでしまった。だけど、内容が難しくかなり気合入れて読まないと理解が追いつかなかった。
この後の続きが気になる。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年12月21日

構成や設定等は大きく今後の展開が気になる

ただ読むのはしんどかった
海外文学独特のクセのある文章、専門用語、覚えにくい人名など理由をあげたらきりがない
次回作を読むのはかなりの覚悟が必要
既に次回作を購入済みなので気合で読むつもり

同環境、同条件で毎回結果が異なる現象が発生する導入はとても引き込...続きを読むまれた
ただそれが今の人間の論理から遥かにかけ離れている智子によるものと分かったなんでもありじゃんと少し萎えてしまった

キャラとしては史強が良かった
態度はよろしくないがマインドと考えに好感が持てた

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年12月10日

中国人作家の本を読むのは初めてかも知れない。
文化大革命でどんなに強制されようとも物理や科学は間違っていないと言い続けた葉哲泰。
それで父を殺されてしまい、もう人類は滅んだ方が良いと思っている葉文潔が、アルファケンタウリの三体世界と交信に成功した。
葉文潔が絶望するような世界でも、三体世界から見ると...続きを読む安定して恒期を過ごせる地球は、信じられないほど美しく羨ましい世界なのが面白い。(なぜなら三体世界は乱期が多く、すぐに全滅してしまう世界だから)
また三体の1379号の不幸な監視員の優しさが印象に残った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年12月10日

過去に読んできた中で一番面白いSF
目の前に広がる光景のスケールと物語の展開に圧倒される。設定の細かさも好きなポイント。
ある程度の予備知識があるとさらに面白いと思う。
具体的には中国の文化大革命および共産党とは何か
、著名な天文物理学者やコンピュータの仕組みと三体問題と言われる天体物理学について少...続きを読むし予習してから読むとズンズン読み進められると思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年12月08日

三部作の一作目は異星文明とのファーストコンタクトがテーマ。
細かい天文学や物理の法則、エンジニアが使う専門用語には馴染みがなく難しさを感じたが、あまり執着せずに読み進めてみた。そうする中で、文化大革命で犠牲となった人々、地球視点での環境問題、核兵器の問題、物理学や天文学が持つ役割の大きさなどを知り考...続きを読むえる機会となった。
壮大なスケールの中で、社会的な問題を扱う小説であり、とても面白かった。

核兵器に対する意見として新鮮だと思ったフレーズ
「天体物理学者として、文潔は核兵器に反対する立場だった。原子力は恒星だけに帰属すべき力だと知っていたからだ。宇宙にはもっと恐ろしい力があることを知っていた。ブラックホールや反物質が持つ力に比べたら、核爆弾などちっぽけな蝋燭にすぎない。そういう力のひとつでも、もし人類が手に入れてしまったら、世界は一瞬で消える。狂気の前では、理性などなんの力もない。」

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年12月08日

期待を裏切らず面白かった。
あまり馴染みのない中国の文化革命時代から始まって、終始理解は難しく頭をこんがらがらせながらなんとか読み終えた第一部。
物理学も中国社会も宇宙もこんなに知らない世界があって、構成要素そのものも、その展開も引き込まれた。
ダーシーがだんだん好きになる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年11月25日

今まで短編のSFばかりを読んできたので長編のSFは虚構船団以来だと思います
どんどん引き込まれる...

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

難しかったです

けいちゃん 2020年07月14日

物理学の知識やゲームをしたことがないので、文章が頭に入ってくるのにとても時間がかかりました。未だに分からなくて、半分くらいぼやぼやと内容を理解している程度です。ただ、スケールがとても大きくて、作者はとても博識だということはわかりました。SFは読んだことがないのですが、中国のSF、すごいと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月16日

普段読み慣れないSF作品。
難しかったー
内容理解にもう一度読まないとダメかなぁ。
登場人物から頭に入って来なかった。
でも、途中途中でグッとくる盛り上がりがあって、高評価も頷ける。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2022年01月10日

真実とSFが混同する世界 すべての自然現象を意味づけてしまいたくなるそんな世界。
ただ簡単に陳腐な表現をすると、なかなか攻めてこない宇宙人SFもの。
どちらの解釈であってもとっつきにくい。ただ締めが最高なんです。わかりにくい理解が追いつかない不安のもとたどり着いた最後に「虫けらはいままで一度も敗北し...続きを読むたことがないって事実をな」ですべてが何故か救われた。

文化革命で父を失い、「人類」に絶望。地球外の力に望みを。謎多き「三体」の正体。物理学者の相次ぐ死。謎の進行を続けるVRゲーム。追々わかる真実が多すぎて途中読むのが正直しんどい。
文句ばかりに聞こえたかもしれないが、続編に期待!!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2022年01月05日

視点が新しい。テレビドラマでありそうな、刑事物、ミステリーものぽい雰囲気も多分にある。何より理系のそれらしい理屈に裏付けされた内容がメインと言え、好き嫌いが分かれそうだがヒットしてらということは大多数に受け入れられてるのでしょう。登場人物の描き方は丁寧で、善悪がはっきりしないまま、一巻は終わる。表現...続きを読むは少し生々しい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年12月21日

潘寒(ファン・ハン、生物学者)は長期にわたって遺伝子組み換え農作物を食べ続けると出産異常の可能性が高まると予測、実証。また、中国ではじめての実験コミュニティを建設したことでも有名だった。自然に帰れ式の西洋的なユートピアグループと違って、彼の”中華田園”コミュニティは、郊外ではなく、中国最大の都市のひ...続きを読むとつにつくられている。コミュニティは一銭も財産がなく、食べものを含むすべての生活必需品は、都会のゴミから調達する。当初の予想を大きく裏切り、中華田園は潰れないどころか、あっという間に大きくなり、いまではもう、三千名を超えるメンバーがりう。しかもその人数には、不定期に体験生活をする人の数は入っていない。科学技術革命は人類社会の一種の病変であり、技術の爆発的な発達はがん細胞の休息な拡散と同じく、宿主を死亡させると主張する。

「でも、あの子は女だった。女は流れる水のように、どんな障害にぶつかっても、融通無碍(むげ)にその上を乗り越え、まわりを迂回して流れていくべきなのに」

地球外文明とのコンタクトが確立したら、人類社会はどんな影響を、どの程度受けるだろう。大多数の人々の美しい願望とは反対に、人類全体がひとつの文明として地球外文明とコンタクトすることは得策ではないというのが、研究の結論だった。コンタクトが人類社会に与える影響は、団結ではなく分断であり、地球上の異なる文化間の対立は、解消するどころか悪化する。

「空は無ではない。空は存在の一種だ。そなたは、空をもってみずからを満たす必要がある」

イスラエス人です。三年前、十四歳になる息子が交通事故に遭いました。それでわたしは、息子の腎臓を尿毒症のパレスチナ人の少女に提供しました。ふたつの民族の平和的共存という、わたしの願いを表すために。この理想のためなら、わたしは自分の命すら差し出すつもりです。多くのイスラエス人とパレスチナ人が、わたしのように真実の努力を重ねてきました。ですが、すえべては無駄でした。わたしの故郷はいまも憎悪と報復の泥沼の中であがき、沼はどんどん深くなっています。

文明というゲームのルールがこれだ。人類の生存と快適な生活を保障することが最優先事項で、それ以外のすべては小さな問題だ。

豊かな国はどうだ?彼らは自国の環境だけを守り、汚染源となるような産業は貧乏国に移転する。文明が発展しつづけるかぎり、遅かれ早かれみんな絶滅してしまう。時間の問題でしかない。

「見てみろよ。これが虫けらだ。こいつらとおれたちの技術力の差は、おれたちと三体文明の技術力の差よりずっと大きいよな。そして、おれたち地球人は、この虫けらをなんとか滅ぼそうと、全力を傾けてきた。殺虫剤をヘリから散布したり、天敵を育ててけしかけたり、卵を探し出して処分したり、遺伝子操作で繁殖を防いだり、火で焼きつくしたり、水で溺れさせたり。どの家庭にも殺虫剤のスプレー缶があるし、どのデスクの下にも蝿たたきがる。この果てしない戦争は、人類文明の開闢以来ずっとつづいてきた。しかし、まだ結果は出ていない。虫けらどおはまだ絶滅してないどころか、我が物顔でのさばっている。人類が出現する前と比べても、虫の数はまるで減ってない。地球人を虫けら扱いする三体人は、どうやら、ひとつの事実を忘れちまってるらしい。すなわち、虫けらはいままで一度も敗北したことがないって事実をな」

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年11月27日

三部作の一作目。
これだけ長編のSFを読むのははじめてな気がする。
ジャンルの性質上、世界観の説明だけでなく科学的な裏付けまで書かなければならないので、1巻はかなり長いプロローグといった感じ。
2巻も読みたいと思うので期待!

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

出版社にクレーム。

Carrots 2021年07月24日

幅広い方々から評価の高い本書。ここはかっこよく、無茶苦茶凄い と言いたいところですが、素直に言うと、そこまで引き込まれる感覚になれず。中国人の登場人物が振り仮名無しで登場するので、最初の方は誰が誰だか全く物語に入り込めず。漢字を中国読みさせるのだから、せめて振り仮名は振り続けて欲しい。慣れてきた頃に...続きを読むやっと物語が本質に入ってくるので、そこまでに何度か挫折しそう。結局、登場人物の名が勝手に脳内変換された日本語読みの適当な名前に変換されて物語は進んでしまいました。でも、続きは読みたくなります。中国も文化大革命は批判しても良いのですね。そこは新たな気づきです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

詩湧士 2019年08月02日

最初の文革のところは、とても惹きつられました。科学やそれに携わる人達のイメージは自分には馴染まないものもありましたが、物語としては面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

「SF・ファンタジー」ランキング