【感想・ネタバレ】三体のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年05月18日

勉強してて良かったしもっと研究したいな…と思えるSF、作者の頭めっちゃいいんだろうなー想像力最高だなあ、と言う感じ

>つまり、人類のすべての行為は悪であり、悪こそが人類の本質であって、悪だと気づく部分が人によって違うだけなのではないか。人類がみずから道徳に目覚めることなどありえない。自分で自...続きを読む分の髪の毛をひっぱって地面から浮かぶことができないのと同じことだ。もし人類が道徳に目覚めるとしたら、それは、人類以外の力を借りる必要がある。この考えは、文潔の一生を決定づけるものとなる。

>クモの巣やミツバチの巣は、人類のもっとも優秀な材料科学者や構造学者さえ驚嘆するほどのレベルにある。進化の過程で、自然は人類に知識を与えることもできただろうし、先天的に宇宙の本質を知らしめることも可能だったはずだ。しかし、結局はそうしなかった。それにはなにか理由があるのかもしれない。

ヒェっ

>地球人を虫けら扱いする三体人は、どうやら、ひとつの事実を忘れちまってるらしい。すなわち、虫けらはいままで一度も敗北したことがないって事実をな」
うんカッコよいぞ

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年05月16日

ものすごく面白かったです!SFの素養は全くなく、話も難解で読むのに難儀しましたが、わかりやすい訳文と何より面白い話の筋に支えられてグングン読み進められました。文化大革命に父を殺され人類に絶望した女科学者文傑と、ナノマテリアル研究者の汪ミャオを主軸に物語は進みます。研究者の相次ぐ死とそれに関連している...続きを読むと見られる怪しげな組織科学フロンティア、そして突如として現れるゴーストカウントダウンを初めとする超常現象などが、本格的な物理学知識に裏打ちされた描写に支えられつつ展開されていきます。展開の突飛さと面白さはもちろんのこと、ここまで科学的知識に基づいている本格SFがこれらの事象にどう説明をつけるのかとページを捲る手が止まりません。こちらの想像もつかないほどのスケールに話が広がっていき、何だかあんぐり口を開けた様な状態になってしまいました。
三体の真実が明らかになっていくにつれ明かされる思想も、現代社会ならではというか、この本が世界中でこれだけ売れている事実が全てを物語っている気がします。人間中心社会の行き詰まり、失望を感じている人は自分だけじゃないんだなと言うか、正直文傑やエヴァンズの考えに強く共鳴してしまった人は多いのではないでしょうか。特に文傑の物語は丁寧にその絶望が描かれるので、私は強く彼女の心情やその思想に寄り添ってしまいました。彼女が三体文明に向けて力強く滅びのメッセージを送信したところなどは爽快感すら感じました。ずっと世界と組織と人類社会の悪性になぶられ続けてきた文傑があの瞬間何もかもから自由になり、反抗して自分の足で立ったのだと思うと、あの行動に拍手を送りたい気分になります。もし現実に文傑が居て、そして目の前でメッセージのボタンを押そうとしているのを見たとして、私は彼女の行動を止めるだろうかとぼんやり考えてしまいました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月11日

ヒューゴー賞受賞という謳い文句と、知人の評価の高さがあり読み始めた本作。
いきなり文革時代の内ゲバと武力闘争の場面が描かれ、正直あまりついていけないまま物語が始まったものの、
葉文潔の過去、そして汪淼の身に降りかかる出来事が語られ始めてからは、先が気になりグイグイと読み進められる文章だった。
ゴース...続きを読むトカウントダウンの謎を追いかけるサスペンス的パート、謎のVRゲーム「三体」、
汪淼が謎を追いかける現代、紅岸基地での出来事を描く過去編など、舞台が目まぐるしく変わりながら、一つの物語に収束していく。
地球の科学を打ち砕くための策謀は、そんな方法があったのかと言う気持ちになった。
筆者の知識に裏打ちされた科学的な描写とハッタリによる文章の、特に後半は正直難しくついていくのがやっとではあったものの、
圧倒的な説得力を感じさせられた。
登場から胡散臭さの塊だった史強が読み進めるごとに頼りがいのある存在に感じられ、登場すると安心感すら感じるようになっていく。
現実に打ちのめされてしまうインテリと、どんなときでも力強い生命力を持った史強の対比はとても印象的。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月05日

凄いスケール感!圧倒的!
古典的とも言えるこのテーマが、様々な要素と新結合する事で、素晴らしい作品に!
これがイノベーション!
しかも、これが3部作の第1作。
ありがたい!まだ読める!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月04日

一言で表すなら、圧倒的世界観。三部作の一部目にして映画3本くらいつくれそうなボリューム。設定は唯一無二と言うほどではないが、科学に関する専門的な内容(これらの多くは具体的で詳細)を多く含む点は珍しく、それらによってより一層現実味を帯び、他のsf作品より各段に刺激的である。読めば誰しも一度は今現実に起...続きを読むこっているのではないかと思ってしまうのでは...。二部目が楽しみだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月04日

読むのにかなり体力のいる本ではあったが、めちゃくちゃ面白い。。
天文学や物理学について改めて勉強しようかと思わせる内容。第二編「黒暗森林」も楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月03日

買ってからしばらくはじわじわと読んでいたのだが、話が現代へ移ってからは手が止まらずに一気に読み終えた。
出てくるワードや設定は難解ではあるものの、翻訳ものにしては訳文がとても凄く読みやすい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月03日

ハリーポッター以来久々にハマった。
最初は中国語の人物名に慣れなかったが、徐々に慣れてくる。
早く続編が読みたい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年04月29日

舞台は文革に揺れる中国から始まり、マクロからミクロへと視点を変えながら大陸的とも言える壮大なスケールで進むSFの世界にドップリとはまった。今年6月に次作の翻訳が出版されるとのことだがとても待っていられない。中国語の素養はないのでひとまず英語版をオーダーした。コロナウイルスと闘う人類の様子とオーバーラ...続きを読むップするところが多いと感じたのは僕だけだろうか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月23日

なんだこれは!というのが最初に出た言葉。
考えに考え抜かれたセッティングに言葉をのんだ。
宇宙には地球のような太陽系にある惑星、生物が生存している惑星が五万といる。
私たちが知っている宇宙は5%のもしかしたらそれよりもはるかに少ない情報しかもっていない。
そんな中で、宇宙戦争が起こるかもしれない。ほ...続きを読むかの惑星が私たちを狙っているかもしれない。
地球としては何もわからない。
そんな中で、中国という超共産党コミュニティで生きる科学者がどう立ち向かうのか。
地球を自分の惑星のように考えてくれた彼には感謝したい。
だからこそ、私たちも私たちの惑星を大切にしなければいけない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月21日

まず、文章の上手さに驚かされる。とにかく綺麗。特に情景描写は中国の雄大な自然の想像を容易にしてくれる。それでいてSFらしい、べたつきのないさらっとした文体なので、いくらでも読める。個人的な所感だがら今まで触れた中国の文は割と冗長な言い回しが多く、勝手に「日本人と文章を味わう感覚が違うのかな」と思って...続きを読むいたけれど、これは訳者が上手いのか、違和感がなく読める。いや上手い。美しい。
そしてその文章によって引き込まれる、本格的なSFの世界。正直物理学は高校で諦めているので、書いてあることはさっぱりだ。でも想像出来る。文章が上手いから。訳が上手いから。設定が上手いから。そして想像出来るから面白い。
まるで回し者のようになってしまったが、一切嘘は書いていない。はず。
本作は三部作の一部作目ということなので、続編の訳を待つばかりだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月13日

これは面白い。中国近代史ノンフィクション、現代科学、science fiction、ゲームフィクション、随筆、内部文書、混ざり合っている。混ざり切っている。誰もこの物語りは予想していなかっただろう。ロダーリの摩訶不思議な空想物語も驚く、科学を刻み込んだ想像を超えた異空間。中国の体制批判であり、人類の...続きを読む狂気批判であり、ミステリーであり、純粋な異世界への羨望と想像意欲でもある。恐ろしいのに、くらくらするのに、引き込まれずにはいられない。これは面白い。
Three Body Problem. It is an amazing book; successful mixing up science fiction, mystery, modern Chinese history, critics to politics, critics to humanity, etc. whole time the author hacked our brains as the mysterious countdown and the game Three body hacked the scientists mind. So interesting.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月05日

とんでもなくすごい小説だ。壮大なスケールに目まぐるしい展開、宇宙・科学・VR・思想などSFらしい要素が盛り沢山ながら物語の疾走感も現代社会に対するメッセージ性も損なわれていない。専門用語連発で難解なはずなのにページをめくる手が止まらない、次の場面が気になって仕方がない。純粋にエンタメとして面白いのだ...続きを読む。久しぶりにここまでのめり込んで小説を読んだ。これは続編も絶対に読まないと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月04日

久々に(多分、5年ぶりぐらい?)小説一冊読み終えた。
本のページを繰るのが楽しいなんて!
活字を読む意欲が湧いてきたよ。ありがとう。

続編まだかな〜

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

SF傑作

kota 2019年11月25日

迷った挙句やっぱり読んでしまったら大当たりだった。過去から未来に渡るまでスケール大きく、物理学の様々な分野や未知との遭遇、国としての中国など、いろんなトピックが練りこまれまくってる。続編のdark forestを英語で読むか、来年発売の日本語版で読むか、悩みどころ。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

audibleから

mayusan 2019年11月07日

先にaudibleで聴いているうちに、音声では掴めない呼称が知りたくなって電子書籍版を購入しました。書籍版だと中国名が正確に読めずストレスになります。それを差し引いてもハマる!2作目3作目が早く読みたくなりました。三部作で出ている英語訳のペーパーバックにまで手を出してしまったくらいです。早く次が読み...続きを読むたい!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月24日

ある一箇所以外はサクサク進む。

この物語の中では、終盤の三体人の陽子加速の下り。

SF小説でどうしても止まってしまうのは、物理や化学などの技術的な解説を読み込む箇所が…。

文化大革命の狂乱の時代
葉文潔の生き方
三体ゲーム
ミステリアスな科学フロンティアの活動

三部作のためか、最後まで読んで...続きを読むもまだまだ終わりそうに無い。

今後の展開に期待。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年05月17日

長いなーと思ったけど、あっという間に読みきった。一個引っ掛かったのは、三体人がお前らは虫ケラだって対抗意識むき出しにしてたけど、文明は進んでるのに、精神レベルは地球人と同レベルなんだなってこと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月12日

これは面白い。ぐいぐい引き込まれてしまった。三体世界のこうきとらんきの話が今の現代の地球の世界にも当てはまるような気がしていて今の時代だからこそ読んで良かった。続編も読んでみたい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月08日

ところで史強の見た目は「なワケないで署」の刑事さんみたいなイメージで合ってますかね? 脳内ではそんな感じで読んでましたが。

話はいやまぁ確かにまぁまぁ面白かったけど、「星を継ぐもの」を引き合いに出すとか冗談は顔だけにしてくれ。だいたい話が途中で終わってるし。やっと面白くなってきた!ここからどうなる...続きを読むんだ!?とページをめくったら「あとがき」って書いてあってなんのドッキリだよ、これ。あ!もしかしてモニタリングか!?と思ったほどだよ。その意味では終わってる。それこそホーガンを見習えよ、と。

それとそれ、自殺するほどのことじゃあない。疑えよ、もっと。ていうか普通もっと疑うっつーの。人類が積み上げてきたものをなんだと思ってるんだ。そんな薄っぺらいもんじゃないんだよ。科学者なめんな。

っと、すまん、あまりに絶賛が多いのでちょっと辛めのレビューになってしまいましたネ。^^; そこそこ面白かったですよ。ただ、一般の評価は過大なのでそこは注意ね。

このレビューは参考になりましたか?