【感想・ネタバレ】グーグルが消える日のレビュー

値引き価格 990円 (税込) 6月11日まで
通常価格 1,980円 (税込)
3.4
9件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年04月12日

タブレットコンピュータの出現を数十年前に予測し、スティーブ・ジョブズのiPhone開発にも影響を与えたと言われているジョージ•ギルダーがGoogleの凋落を予言した本。

Googleの次に世界を作り替える可能性がある具体的な技術やサービスが紹介されている点が貴重な情報です。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月06日

‪『グーグルが消える日』‬
‪グーグルは「無料」を餌にユーザーを従える中央集権型‬。
‪次の時代は個人が各自で自分を管理できる分散型‬。
‪ブロックチェーン!仮想通貨!‬
ビットコインは交換手段というより価値貯蔵手段。役割の分離化へ。
‪個人の広告嫌悪‬。時間泥棒。
-----
‪巨大政府債務、巨大...続きを読むデータセンターは維持不能‬。
データセンターはハッキング対象。
個人情報のセキュリティ問題。
「無料」だから責任回避する姿勢、広告は見せるし個人情報は取る、時間も取る。
-----
‪AIは「意識」を持てない!‬=‪著者の思い込み(信念)。
テレビ視聴形態の変化を20年以上前に予測。
著者はえらい高齢、それでこれ書けるのはすごい。
-----
‪とりあえずブラウザBraveを使う。
広告を見るとカネもらえる仕組み。次の時代は始まってる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月14日

2019年になって半年が過ぎましたが、今年になって初めて大部な本を読みました。最近は新書サイズを読むことが多くなっていましたが、普段はネットで買うことが多い私が、久しぶりに本屋さんで見つけた興味をそそる本でした。

私が本を読み始めたら、今年から社会人になった長女が興味をもって「読み終わったら私も読...続きを読むみたい」と言われたので、なおのこと、頑張って読みました。タイトルにある「なぜグーグルがなくなるのか」の作者の結論は、最終章の最後の方に書かれていたと思いますが、その結論に至った過程は、それまでの章に詳しく書かれていたと私は思っています。

以下は気になったポイントです。

・18世紀の世界システムについて、ニュートンは2つのテーマを結び付けて考えた。ひとつは、微積分学と物理学において物理的な世界は予測可能で測定可能とした、もうひとつは、世界にあまり知られていないが、取引されるモノの経済的評価は、物理的な評価と同じように測定可能で信用できるもの、としたこと。これが金本位制の確立において主導的役割をした(p27)

・グーグルの基本原則の中で「価格がゼロ」というのは何よりも無害に思える。しかし、それこそが何よりも有害でグーグルの失敗を決定づける致命的な欠陥であることがまもなく証明されるはずであろう(p42)

・セキュリティの脆弱性、人を集めて広告を見せるビジネスモデル、無料へのこだわり、顧客データの縦割り、人工知能のビジョン、これらをグーグルが続ける限り、分散型ピアツーピア技術による抜本的な改革が行われた世界(クリプトコズム)を生き残ることはできない(p70)

・通貨の安定は、時間の希少性を意味する、逆に安定していなければ、社会は時間と権力だけに支配される(p73)

・グーグル後の世界では、好きな時に広告を見られるようになり、その時間と注目に対して費用が支払われるだろう、その先駆けは「Brave」である(p77)

・人間の推計エネルギー消費量が14ワットなのに対して、コンピュータ・ネットワークでは、ギガワット単位の電力を消費している(p107)

・波形の強さは振幅の2乗に比例する、さざ波よりも津波の方が力強いように、大規模な長期投資は、連続的な小規模の取引よりも影響力が大きい、なので高頻度取引は最終的にはあまりもうからない(p131)

・富というのは、モノでもランダム連鎖でもない、時間をかけて懸命に手に入れた知識そのものに根付くもの(p138)

・ビットコインとイーサリアムの大きな違いは、ビットコインが安全性と簡潔性、イーサリアムが、可能性と機能性を重視している点にある(p206)

・マイクロソフトがネットスケープの挑戦を退けられたのは、スパイグラスが保有するブラウザ関連のライセンスを手に入れたから、スパイグラスではネットスケープ出身の二人がブラウザのデザインを手がけていた(p225)

・仮想通貨は、セキュリティと認証を組み合わせることによって、従来の貨幣の抜本的な改善を実現する(p243)

・トークンの発売は、間違いなくIPOを始めとする株式発行に代わる、スタートアップの資金調達手段となっている(p249)

・分散化ネットワーク、携帯電話での顔認証、自動車や可動コンテナのデータセンター化といった時代が新たに訪れようとしている、するとクラウドコンピューディングは姿を消すことになる(p278)

・今やインターネットはグローバルなコピー機と化している、それに対してブロックチェーンは、データをいったん登録すれば一切変更できないデータベースを提供し、新たに信頼できる仕組みを構築しようとしている(p299)

・金本位制により、交換レートの大幅な変動混乱が解消した、交換比率が固定されたので、時間という暗闇の中で事業に取り組んでいた起業家が、金利という信頼できる指標を持てるようになった時空間を超えた活動をできるようにした(p359)

・ビットコインがシステムとして成功するためには、通貨量を増やすか、コインの価値を高めなければならない(p368)

・負債は世界総生産額の成長率をはるかに超えるペースで累積しているので、わずかなデフレは巨額の負債を抑えるのには有効である(p369)

・社内コストがアウトソーシング費用を上回っている場合、ある技術が史上の需要を満たしていないときには、アウトソースよりも、インテグレーション(実質的なバンドリング、コンポーネントを一体化)が望ましい(p374)

・国際単位系が定めた7つの重要な測定単位(秒、メートル、キログラム、ケルビン、アンペア、モル、カンデラ)はいずれも物理定数に基づいている、私たちはこの恩恵を受けて豊かさを享受している(p378)

・時間の流れる方向性は、熱力学エントロピーによって決まっているので、時間はあらゆる指標価値にとって究極の枠組みである(p379)

・経済生活を見れば、あらゆる商取引は、光の速さ・人生のスパンに大きく左右され、時計の周期と宇宙のリズムに従わざるを得ない、「グーグルの世界」は終わりを迎えつつある。モノやサービスを無料で提供して、経済的希少性と安全性という要件をごまかしているから(p379)

・VR(仮想現実)の原則、まれ(rare)、不可能(impossible))、危険(Dangerous)、コスト高(Expensive)である(p394)

・VRは、人間の能力を高めトレーニングを充実するために使われており、機械学習を進める人工知能の研究とは正反対である。モノではなく人間の頭脳が一番優れていると考え、機械の優位性を説く「まやかし」ではなく、人間の頭脳の優位性を信じている(p399)

2019年7月14日

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月24日

数学・技術論や哲学的視点、ビジネスが入り混じっているが、一般ユーザーにとってはグーグルのサービスは無料のようでいて、不要な広告等で貴重な時間を無駄に費やされている…。
「グーグル」を「テレビ」に置き換えても同じことなのだが
危険なのはセキュリティの不安が付きまとうという点はそのとおりだと思う。
今の...続きを読む形がずっと続くとは思わないがそれが利用者の混乱を伴う崩壊でないことを願う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月09日

グーグル、グーグルの世界の特徴について、それがどのように「悪」なのかを説明。それに対し、グーグル後の世界ではどうなるのかについて、筆者の予測を説明している。

前者はこれでもかというほどに説明されているが、後者については、一部説明が不十分であるように感じた。

また、他の方が仰られているように、文章...続きを読むが非常に分かりづらい。そして、冗長である。ITに疎い方は読むのが辛いかもしれない。

タイトルにあるグーグルの消滅シナリオについては、セキュリティーに関するところが有力なのかなぁ。

逆に言えば、それ以外の問題点に関しては、対応できないこともないのでは?と感じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月18日

グローバルなコピーマシンであるインターネットには、独自性、事実、真実、タイムスタンプ、基盤としての役割、アイデンティティの確立は期待できない。ブロックチェーンで書換不可なデータを蓄積することで、信頼と真実の新たな仕組みを構築すれば、人間の創造性と成果につなげられる。

すごそうではあるのだけれど、論...続きを読む理が追いにくく、良いと言いたいのか悪いと言いたいのかよくわからなかったです。ブロックチェーン・仮想通貨・5G、いろんな新しい動きが起きているのは、なんとなくわかりましたが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月30日

‪難しかった…まぁそもそも一介のサラリーマンである自分があっさり理解できるレベルの話ではないわけだが。セキュリティーとプライバシーの観点からグーグルによる中央集権的支配に警鐘を鳴らし、それに対抗できるのはブロックチェーンによるP2Pネットワークという主張なのかな?やはり綻びがあるとしたら個人情報の管...続きを読む理からなのだろうか。‬

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月21日

何とか読み切った、というのが正直な感想。
グーグルのセキュリティの脆弱性は最近も話題に挙がるが、この本ではそこから仮想通貨に話が移っていく。展開としては凄いなと思いつつ、ボリュームも相まってか話が非常に難解に感じ、果たして著者の主張をどれだけ理解できたのか不安になってしまう。ある程度仮想通貨などの概...続きを読む念や言葉を知っていないと、読むのは辛いのではないかと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月17日

ブロックチェーンの台頭により無料により情報を独占してきたグーグルの地位が低下もしくは消滅する可能性があるとのこと。情報の集約化から分散化。グーグルの広告モデルが同社の大きな収益元であること。ユーザーは見る必要のない広告を見ることで貴重な時間を奪われるとか。グーグルがあろうが無かろうがよりオープンな世...続きを読む界になることで少しでも良い世界になればと思います。

このレビューは参考になりましたか?