【感想・ネタバレ】孤独という道づれのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年02月25日

16編のエッセイが掲載されている。日本とフランスの両国で生きた女優・岸惠子の本音が綴られているエッセイ集。愉しく読ませてもらった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月02日

パリ在住の大女優である岸恵子さん。日本に拠点を移していたとは知らなかった。 元祖『君の名は』の真知子さんも、2018年のお正月で85歳らしいけど、相変わらずお洒落で可愛い。いつまでも憧れの人でいて欲しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月17日

タイトルと装丁がとってもステキだったので読んでみた。

若くしてフランスに渡って、いろいろ大変なことがあったのはわかる。
岸さんが、これからどのように孤独と向き合って、どのように付き合っていくのか、どんなふうに孤独を楽しんでいるのかが書かれてるのかと思ったんだけど。
正直ちょっと期待はずれだった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月26日

岸惠子 著「孤独という道づれ」(2019.5)、86歳数か月の半生を語ったエッセイ、字が大きく行間も空いていて読みやすかったです。一人で何もかもやりながら、グローバルに生きて行く、大変なご苦労と思います。「お若く見えるわあ!何か秘訣があるんですかあ?」「わっ、いつまでも若いわねえ、お化けみたい」には...続きを読む、「若く見えているんじゃないの。若いの!」と返してるんだとかw。「皺なら私だって売りたいほどある。違いは、私の皺は上等なの。」(^-^)

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年07月17日

奇跡の86歳だわ。全然おばあちゃんじゃない。
歳は忘れてるって言うからそれがいいのかも。
けっこう波乱万丈な人生だったんだね。
著者がその内容にほれ込んで訳したという”パリのおばあさんの物語”読んでみたくなった。

このレビューは参考になりましたか?