【感想・ネタバレ】ゆるキャラの恐怖 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活3のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2019年06月30日

世の中のギラギラした大人やウジウジした大人の生態を面白おかしく描き出し笑のめす。筋立てもエンターテイメントとして見事。また、吾輩は猫であるを彷仏とさせる漱石的な文体に挟み込まれる、現代の若者の喋りの文体 。その見事なこと。特にモンジが教育勅語について語る部分は圧巻。今後もこのシリーズの続編がハイペー...続きを読むスで出されることを強く望む。とにかく笑えます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月21日

クワコー最高! 相変わらずの一冊ですが、今回はセミとキノコがテーマ?で、クワコーの食生活は相当豊かになりつつあり、羨ましい限り。蝉はすごいな。みうらじゅん先生も特別出演しています。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年03月15日

自分の中での空前の岩波文庫ブーム(古典ブーム)?の、小休止。仕事が忙しくその日に読書の時間を取ることすらままならないが、疲れた頭にちょうど良い、相変わらず軽快で面白い(というかこの本は意図してリラックスしたい時のためにとっておいた)。
クワコー先生はじめおバカな集団を面白おかしく描いているが、作者は...続きを読むきっとキャラクターたちに愛着を持っていると思う。私自身、大学関係者なので、大学という業界?の独特さ、先生方の苦労なども身近なこととして読めるが、作者自身も大学教授で、きっとこの独特な世界に疑問もありつつ、親しみを感じているのではないか。
表題作はテンポ良く読めたが、もう一作はやや導入部が長く、謎を解く過程がやや短かった…かもしれないけど、自分が本作のシリーズに求めているものは当然、満たされているので、何も文句なし。すなわち、(愛すべきおバカなキャラたちを描いているにもかかわらず、)語り口は軽妙、または上品、お洒落ですらあること。「探偵」たちに好感が持てること。力を抜いて読めること。つまり、作者の奥泉さんの文章が個人的に非常に好感を持てるということに尽きると思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月28日

クワコー&たらちね文芸部再び。「ゆるキャラの恐怖」と「地下迷宮の幻影」の二作が収録された、ユーモラスでほどよく緩い、まさしく脱力のミステリ。馬鹿馬鹿しいのに文学的な格調の高さもそこここに感じることができるという、不思議な作品でもあります。
相変わらずいろいろと大変なことに巻き込まれてしまうクワコー。...続きを読むしかしそれでもめげない逞しさには愛すべきものがあるなあ(多くを求めない無欲さがいいのか?)。そして彼の繰り出す節約レシピがなぜかおいしそうに思えてしまうのは、私だけなのでしょうか(笑)。セミ……自分で料理する気にはなれませんけれど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月28日

お久しぶりのクワコーは、
前作から年月がたってない設定なのね。

相変わらずの文芸部の学生の会話がほんと凄い。
偏差値最底辺の大学って設定だけど
こと文芸部の学生たちはそんな感じしないなぁ。
喋り方がそうなだけで、みんな社会でやってけそうだ。
クワコーよりも逞しい感じ。

しかし、
益々貧乏キャラが...続きを読む板につくクワコー、
彼の職業は日本文学の准教授。
専門は「太宰とかぁ」

貧乏クワコーの今回の節約食材はセミとキノコ。
なかなかのチャレンジャーである。
虫嫌いの私ははセミの調理のところはちょっと飛ばした。

ゆるキャラの中の人になるのも
キノコで酩酊もクワコーらしいと言えばらしいけれど
紀要論文まで委託しちゃう、クワコー、クワコーどこへ行くぅ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年05月30日

文体のおかげで十二分に楽しめるけど、さすがにちょっとマンネリ感があるかも。ストーリーに起伏を求めちゃいけないけど、クワコーらしくて読者がビックリする大事件って設定が難しいよね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月27日

なんだかんだで毎回読んでるので、面白いのだと思いますが、ミステリーとしては微妙で、どちらかというと日常系と言うべきなんでしょうね。まぁクセにはなります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年06月24日

本当にくだらないんだけど、出ると読んでしまうこのシリーズ。なんやかんやで激はまりしてしまうある意味危険な小説。
クワコーはとりあえず節約本でも出したらいいんじゃなかろうか。本業よりそっちのほうが収入得られそうな気がする。アパートの浴槽はザリガニの生け簀というくだりで笑ってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月12日

 クワコーワールドがすごい。
 いくら何でもこんなにバカじゃないだろうって思いつつ、うかつにありそうなところが怖いというか面白い。
 この隙の多さはなかなかまねできないよな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月28日

クワコーシリーズ第3弾で中編2作収録。
クワコーこと桑潟幸一准教授に上司から下された指令は、大学対抗ゆるキャラコンテストに着ぐるみで出場せよというものだったが、コンテスト出場をやめろという脅迫状が届き、他大学のいくつかのゆるキャラが実際にアクシデントで出場を取りやめることに。それでも着ぐるみに身を包...続きを読むんだクワコーを待ち受けていた事態とは…
相変わらず超絶バカバカしい脱力系ミステリでクワコーの自覚あるダメっぷりも炸裂だが、次々と襲いかかる不幸にもしぶとく立ち直る彼はある意味すごいかも。
今回はモンジの教育勅語批判が光っていた。

このレビューは参考になりましたか?