【感想・ネタバレ】本屋の新井 のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年08月11日

本売る人は本読む人で本書く人だった。さらっと読めるけど楽しかったし、何冊か読む気にさせてくれた。すごい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月01日

ザーっと時間を掛けずに読めた。
そんな読み方で、図書カードの手数料と紙袋の話が心に残った。現役書店員からすると闇を陳列したような一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月12日

「1銭も出ない内職とかやってます」
この一言に書店員のすべてがつまっている気がします。
「本で働く事に特別な意味を見いだせていない」
と前置きしながらも、新刊を早く並べたいから
麻酔なしで治療をしたり、紙袋の経費に思いを馳せみたり。
エッセイでもあり、お仕事本でもあり、
読書案内本でもあります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月08日

ゴロウデラックスで知った本。
三省堂書店の書店員、新井さんのエッセイ。
神保町の三省堂のPOPって斬新で凝ってるなぁって思っていたら新井さんが担当だったんだなぁ。

そんな新井さんが気負うことなく書いているエッセイは本当に読みやすい。書店員になってみないとわからないようなことがたくさん書かれている。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月04日

ぱらぱら見るよりも、読んでみる方がずっと面白かった。
本屋の店頭での仕事の楽しさや大変さややりがいが
ゆるく清々しく伝わる。
堅苦しい問題意識の高い熱量ではないのが
最近読んでいる本屋系の本では珍しくていい。
ブックガイドの面もあり、興味のわく本がいろいろ。
「美味しくて現状維持」は秀逸なコメントだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月17日

遅ばせながら、今年の第1冊め。ゴローデラックスを見て、新井さんの企画力や発想力に感動して手にした一冊。本や作家に対する純粋な愛が伝わってきたし、本屋の裏話も知ることができて面白かった。新井さんの企画に今度ぜひ参加してみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月22日

TV番組「7ルール」で取り上げられてるのをみて、面白い人だな~と思って読んだ。1つずつのエッセイの目の付け所も感じ方も面白い!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月13日

ゴロゥデラックスで拝見して
本屋さんで探して買ってみた
さくっと読めてよい

「本屋で働くことに特別な意味も見出せてないし、無理に続ける気もないのだ。仕事がなくなれば別の仕事を探すまでよ。」
という序文がまずよかった
あと本は日用品て、本当にそうだなあと
気軽に読んだり買ったり捨てたりしようと思った

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月30日

前作のエッセイより、こちらの方が私は好きでした。
著者独自の書店員の仕事への愛が感じられます。
中にはものすごく共感したり、初めて知ることも。書店の紙袋やビニール袋の経費…なるほど!と思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月22日

現役書店員の日々の出来事&感じたことのエッセイ。
2~4ページのエッセイがたっぷりと。装幀が実に良い(^^♪
短い文章でありながら、書店員の目線たっぷりのエピソードが
ぎゅっと詰まっていて、楽しくさらっと読めました。
レジ袋に紙袋、図書カードの話は本屋の実情。
「仕入れ」という特殊部隊、時間がかかる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月28日

前作は本屋のエピソードが少ないと聞いていたので読んでないのだけれど、今作は本屋のエピソードが多くてとても楽しかった。
本屋のお話が綴られる中に、さらっと本のレビューが挟まれる。どれも面白そうで次はそれを探してみようかなーという気になった。
それにしても寄藤さんの極力簡潔に太い線で描かれる絵は本当にす...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月20日

2018.11.18
面白かったー!前作より読みやすかった。
エッジが効いた部分が少しなくなったからかな?
電子書籍と紙袋の話が印象的。
「小脇に抱えて様になるのは、断然、水菜より本である。」いや〜〜その通り。
「袋は2円」システム、導入してくれて構わない。それで本屋さんが生き延びられるのなら。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月27日

逆転の発想で楽しく生きていく術を知っている気がする。
物語の世界は現実の私を救い上げてくれる。
本は、映画は、読めば読むほど、見れば見るほど、
自分のことを知って、自分のことがわからなくなる。
言葉にできないこの思いに物語の中には抱えている人がいて、認められたような気持ちになる。
そんな本を好きとい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月18日

前作みたいな脱線はないけれど(あの脱線好きでした笑)
日常の出来事とかに本を絡めてちょいちょい薦めてくる!!笑

読みながらも本文に出てきて知った本が気になる…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月05日

本屋で働く著者が日々感じていることを綴ったエッセイ集。
「本好きあるある」や「本屋の豆知識」が満載で楽しい。
例えば、図書カードの利益率は5パーセント。でも図書カードで買ってもらった時には、手数料が5%かかってしまう。だから図書カードを買ってもらって、それを自店で使ってもらってもプラスマイナスで儲け...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月07日

SNSの投稿とか普通に話してる言葉とかを読んでる感じでとても読みやすかった。
その為内容が特に濃かった訳ではないけれど気になる本が何冊か出来た。さすがカリスマ書店員です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月05日

書店の中で三省堂を一番利用するので、新井さんが辞めてしまって少し寂しい。勤務中のところを見かけたこともあるし、新井賞を楽しみにしていると伝えたら喜んでくれたこともあった。日比谷コテージは少し遠いんだもの。
ところで、私は本を所謂大人買いすることが多いので、三省堂の紙袋が家にいくつもある(何かと便利だ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月31日

ゴロウデラックスで見て気になってた一冊!
放送翌日にこっそりその本屋に行って新井さんにひっそりと会いに行って闇ボックスに手を入れたときの興奮を思い出しました!!!

面白かったー!一気読みしちゃった!すごく読みやすいし今すぐ本屋さん行きたいです
まずは新井ナイト行ってみたいいいい

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月25日

三省堂の名物店員新井さん。
図書カードを売ってもほとんど儲からないのに、綺麗に包むという大変な作業があること。
本屋の紙袋も当然ながら無料ではないこと。

どんどん本屋が潰れる時代に、頑張って本を売る
書店員さんたち

手書きのPOPにはやはり惹かれるし、 棚卸しの大変さもわかる。

やはり紙の本が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月12日

本屋新井さんのエッセイ。今回もたまに本の話が出ますがあとは日常なので本屋さん本屋さんしたエッセイかと思う人はちょっと違いますかね。本人も新井家のカレー出すけどお店のカレーは出ないと前書きされてます。
本屋という職業が神聖というわけではないけど、やっぱり独特かなとは思います。本が好きなので興味ある職業...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?