【感想・ネタバレ】燃える部屋(上) のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年01月14日

ハリー・ボッシュ・シリーズ最新刊。相変わらず、とても現実味のあるLAPDを舞台とした話。このシリーズは全部面白いので全てお勧めだが、主人公がリアルタイムで年を取っていくため、できれば古い本から読むのをお勧めします。昔の話や昔の出来事がその後の話に出てきて、ハリー・ボッシュの警官人生をそのままなぞるこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月04日

ハリー・ボッシュ・シリーズ。

いよいよ定年延長制度の最後の年を迎えているハリー、
政治がらみの殺人事件だけでなく、
相棒の新米女性刑事の過去にかかわる事件も追うことに。

二つの事件共に解決に向かいそうながらも、
終わりそうにないところを、
急転直下のラストにもっていくところはさすが。

でも全体...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月04日

ボッシュシリーズ。最近は年齢のせいもあってかだいぶおとなしく、落ち着いてきたボッシュ。今作は新しい相棒ソトとの捜査で指導する立場でもあり抑え気味。それはそれで面白いけれど。ひとつの事件の捜査から別の事件への繋がりが見え始め、それがソトの過去へと繋がっていく流れは上手い。あとボッシュと娘の関係もいい。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月28日

マイクル・コナリー『燃える部屋(上)』講談社文庫。

ハリー・ボッシュ・シリーズの第17作目。新米女性刑事のソトとコンビを組むボッシュの定年延長制度最後の年が描かれるが、シリーズ自体はまだ続くらしい。

本の帯には『コナリー作品のベスト・オブ・ベスト!』という派手な惹句が踊るが、上巻を読んだ限りでは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年08月30日

キャデラック弁護士のシリーズは読んだけど、ボッシュシリーズは昔ナイトホークスとか読んだ記憶が有るけどさほど感銘を受けなくてこのシリーズは久しぶり。
アマプラでボッシュ観て興味を持った。
定年延長で刑事引退秒読みのボッシュ。
しかし昼夜、土日もよく働くよなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月15日

出版されていたのをうっかり見過ごしていました。
次作も出ているので、慌てて読みました。期待を裏切りませんね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月08日

まだまだ序盤です。

本書中で、定年延長契約を結んでいるという描写がある事から、まぁまぁな年齢なんですよね?それでいて、未だにぴか一の刑事(デカ)と言う設定の作品は珍しい気もします。しかも、この手の刑事小説のベテラン刑事(デカ)は、一匹狼であったりすることが多いのですが、主人公のボッシュはむしろ、人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月28日

定年延長制度最後の年をロス市警未解決事件班で迎えたボッシュはメキシコ系新米女性刑事ルシア・ソトとコンビを組むことに。ふたりが担当するのは、10年前広場で演奏中に銃撃され、体に残った銃弾による後遺症で亡くなったオルランド・メルセドの事件。体内から取り出した銃弾を手掛かりに捜査が始まった。

シリーズ第...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?